CAMくん さん プロフィール

  •  
CAMくんさん: CAMくんのビデオ動画情報・デジカメ撮影日記
ハンドル名CAMくん さん
ブログタイトルCAMくんのビデオ動画情報・デジカメ撮影日記
ブログURLhttp://smileweb.seesaa.net/
サイト紹介文ビデオ動画情報・デジカメ画像紹介。観光・ブライダル・保育園情報など
自由文ビデオ撮影と同時にデジカメ撮影もしている。動画とデジカメ画像で全国に秋田県と各被災地の情報を発信していきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2010/09/13 14:25

CAMくん さんのブログ記事

  • 加戸守行前愛媛県知事が加計問題の核心に触れる
  • 一体何社のTVや新聞社がこの証言を報道するだろうと思ったついに○日放送の報○ステーションの夕べの放送では一度もなかった産○新聞では加戸守行前愛媛県知事「報道しない自由も印象操作も有力手段。マスコミ自体が謙虚に受け止めていただくしかないこの加戸氏の証言でもっと重要な証言は「私も霞が関で三十数年生活して、私の知る限りいままで、メディア批判をして勝った官僚、政治家は誰一人いないだろうと思っていますし、こ [続きを読む]
  • セクハラの覚えがないのに
  • 自分は覚えがないのに通常の感じ方が判断の基準となりますが、相手個人の感じ方によって変わってきます一般的という概念もあいまいで、同じ行為をされても相手によって感じ方に違いがあるようですたとえば・・・・・・触ったり、近づいたりしなくとも1.何歳ですか2.ご結婚されているんですか3.既婚者に子供さんいますか4.服装のセンスいいですね5.自分の家族のことを話す普段何気なく話していることが、相手側を深く傷つ [続きを読む]
  • 各メディアの偏向(捏造)報道が多すぎる現在
  • 各報道機関が阿部内閣の支持率低下を報道した 地元新聞は一面に内閣支持率35%(第2次安部政権で最低)という見出しで掲載されていた放送法第4条放送事業者は国内放送の放送番組に当たっては、次の各号の定めるところ1.公安及び善良な風俗を害しないこと2.政治的に公正であること3.報道は事実を曲げないですること4.意見が対立している問題については  できるだけ多くの角度から論点を  明らかにすることにも拘わら [続きを読む]
  • 絵どうろうの一枚目がなかなか完成しない
  • 湯沢市の七夕絵どうろうまつりまで20日余り一枚目がなかなか完成しない今まで2基(表と裏計4枚)描いたが人物よりバックを簡単に仕上げていたからだでも、今年は人物は画家「鶴田一郎氏」の絵を真似ているがバックは葛飾北斎の有名な波の絵を描いているからだ仕事の休みを利用して描いているためかなりきついすでの先生はボクの絵より4倍くらい大きい絵を4枚目に取り掛かっているのだでも、絵どうろうを描く人たちも高齢化し [続きを読む]
  • また地元の新聞で共謀罪で逮捕「いいね」だと!
  • 地元新聞の2面の片隅に共謀罪で逮捕「いいね」という見出しがあった安倍首相の街頭演説に「辞めろ」とやじを続けた聴衆(?)を共謀罪の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法を適用して逮捕するよう求めるFBに「いいね」をした自民のある議員を名指しした記事だったまず、またその一部だけを切り取って共謀罪で逮捕「いいね」とタイトルが問題だFBを知らない人はどう思うか正に、これが印象操作だこれで、自分は今月いっぱいで、こ [続きを読む]
  • 安部総理の最終日街頭演説でのデモ隊の異常性
  • 首相の反応「軽率・未熟」街頭やじに「こんなひとたちー」 身内から冷ややかな声もという見出しで地元の新聞に掲載されていたこんなひとたちとは誰でしょうか聴衆全体のことではないことは明らか安倍首相は、今まで北朝鮮・中国・韓国の挑発行為に冷静沈着過ぎたように思うその前に民〇党のある議員がツイッターで「聖地」が「墓標」に変わる画期的な街頭演説会がはじまります と投稿していた拡声器で「辞めろ!」「帰れ!」コー [続きを読む]
  • 安部総理の最終日街頭演説でのデモ隊の異常性
  • 首相の反応「軽率・未熟」街頭やじに「こんなひとたちー」 身内から冷ややかな声もという見出しで地元の新聞に掲載されていたその前に民〇党のある議員がツイッターで「聖地」が「墓標」に変わる画期的な街頭演説会がはじまります と投稿していた拡声器で「辞めろ!」「帰れ!」コールで一部の人たち(?)が妨害していますそれがわかっているかのように放送メディアがすぐ近場で撮影している そして、それが一斉に各TVで放送 [続きを読む]
  • 小〇百〇子都知事と民〇党蓮〇代表との違いは何か
  • 今回の都議選で小池知事が率いる都民ファーストが圧勝 自民が大敗という中それでも(笑)民〇党は5席を獲得したまず都民ファーストへの支持というより小池知事への支持力の圧倒的力が動いたとのことだろうと思うリーダーシップには「有能さ」と「温かみ」の2つの要素が必要とされる男性の場合は「有能さ」があれば、ある程度は許される場合がある女性の場合は「温かみ」の度が過ぎると弱弱しさ、女々しさと思われがちとなり「強 [続きを読む]
  • 守秘義務とは何ぞや
  • 守秘義務と言う言葉がある調べると一定の職業や職務に従事する者従事した者・契約をした者に対して、法律の規定に基づいて特別に課せられた「職務上知った秘密を守る」べきことや、「個人情報を開示しない」といった、法律上の義務のことを指すさらに公務員の場合においては公務員法違反による処罰が待っており、慰謝料請求などの民事訴訟もあり得る さらにマスコミ報道にさらされれば社会的経済的な損失は、はかりしれないと記載 [続きを読む]
  • 稲〇防衛相の問題発言で自民党崩壊か
  • 豊〇真〇子衆院議員の元政策秘書に対しての暴言・暴行の報道から時間も経たないうちに、今日は、この議員の新たな「赤ちゃん言葉」と言うタイトルでのバラエティ番組(?)で各お笑いタレントや物まねタレントたちが嘲笑しながら言いたい放題 そして昨日は、今度は稲〇防衛相が都議選の応援演説で「防衛省・自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と言ったことが大きな問題となっている何が問題か?1)防衛省と自衛隊も [続きを読む]
  • 沖〇メディアが偏向報道に走る理由は
  • 沖縄は翁〇知事を始め名〇市町の稲〇進氏などの行動と言動は何かがおかしい?それに追従している極左翼運動家たちと基地反対派の人たちそして、現地の二大紙、「琉〇新報」と「沖〇タイムス」の報道は、どのように沖縄県民に伝えているだろうか日本国民でありながら沖縄は日本の友人で、中国は親戚と言った驚くべき人物もいた沖教組は反米軍基地闘争や反日運動に走り、未来の沖縄の子ども達には反日教育をしているここは、日本かと [続きを読む]
  • 市川海老蔵氏が小林麻央さんを亡くした3日後の舞台公演が
  • 人はそれぞれ、中に入るといろんな悩みを抱えて生きている一見幸せそうな家族であっても不幸が突然訪れることがあるかつて、トンネル崩壊で娘を亡くした父親の言葉の中で「毎日神棚と仏壇を拝んでいる親孝行な娘だったのに何故・・・・・・」と言っていたのが鮮明に思い出す市川海老蔵氏が小林麻央さんを亡くした3日後の舞台公演が人生の教訓となる 辛い悲しい出来事に耐えた公演この気丈な舞台公演が出来ること事態奇跡か強い精 [続きを読む]
  • 豊〇真〇子衆院議員の家族にまで
  • 豊〇真〇子衆院議員(埼玉4区)による元政策秘書への暴言・暴行が週刊誌で報じられたその日のうちに自民党離党届を提出した豊〇氏は当選2回で党や政府の要職にはついていない過去に不祥事を起こした議員はこんなにいますここ1年半近くで4件のトラブルが起き、離党、議員辞職、離党、役職を辞任などが相次いだ中には常識的判断能力の欠如いわゆる社会常識が欠如している議員もいた自民党一強独裁・暴走と言われかねないでも、そ [続きを読む]
  • 沖縄高江のヘリパット反対の真実はあるか
  • 高江ヘリパッド問題は、沖縄県国頭郡の国頭村と東村にまたがるアメリカ海兵隊の基地である北部訓練場の過半の返還の条件となる6ヶ所のヘリパッド移設工事に高江区区民総会が反対決議を採択したことから端を発する工事着工の2007年7月からゲート付近の路側帯に建てられたテントでの座り込みによる抗議が続けられていた2015年2月に沖縄防衛局が沖縄県国頭郡東村高江に2カ所の(ヘリコプター着陸帯)を建設して米軍に先行提供したためオ [続きを読む]
  • 近所の同級生の家のバラが
  • ボクの近所に昔ながらの老舗旅館があります その長女がボクと小学校の時はずっと同級生であった頭もよくスポーツは万能であった驚くことに身体も柔らかくブリッジなどは簡単に出来、そのままひっくり返ることも出来ました 当時自分はおなご(女の子)でも、こんなこと出来るんだと、当時羨望の目と言うかライバル意識を燃やしていましたボクも決して運動神経は鈍い方ではなかったので、練習するに連れてどんどん出来るようになっ [続きを読む]
  • また、父の日のプレゼント
  • 今度は娘と長男の嫁から父の日のプレゼントが届きました娘からは、こんな静岡のプレゼントが長男の嫁からは、こんなプレゼントでした自分は父や母にプレゼントをしただろうかこんな年になっても、未だにプレゼントが送られてくる なんて自分は幸せなんだろう子供たち3人は全て大学を卒業させた皆、出世出来たでしょうか妻には苦労かけているが、これからは旅行や観光をしようね 残り少ない(笑)人生を楽しむ余生を送っていきた [続きを読む]
  • 一枚のセミヌード写真
  • 〓結婚した当初友人から一眼レフカメラをお祝いに頂いたそれからです カメラ撮影に興味を持ったのは美しい風景・花などを撮影していたミス・・・・や小町娘なども撮影していましたそして、いよいよセミヌード写真に挑戦カメラマンの行き着くところはここなんですWhen getting married, we received a single-lens reflex camera from my friend in a celebration.And I had an interest in camera photography. And I was taking [続きを読む]
  • 父の日に家内からプレゼントに書き添えた文が?
  • 家内から父の日なのでプレンゼントをいただきましたワイシャツ2枚でしたが、そう高価なもではありません 高価なものでもなくてもその気持ちがあればと思っているが何か、書き添えた文面が変なんですお父さん、いつも家族を明るくしてくれてありがとう身体を大事に、これからもなるべく、仲良くしていきましょうね★このなるべくと言う言葉の意味がわかりませんでしたので、聞いたら「ケンカしないようにと言う意味です」と応えて [続きを読む]
  • 地元新聞が反共謀罪成立一色に
  • 我が家に長年家庭に有料購読配布されて来る地元の新聞が共謀罪反対一色となっている一面が「共謀罪」法成立へ参院委採決、異例の省略野党抗戦、内閣不信任案横暴のそしり免れず北○星には市役所のエレベーターの監視カメラ設置の不愉快さが掲載されている2面に 「共謀罪」法案採決 懸念は残されたままだ野党猛反発「空極の拒否」中間報告 「民衆主義否定」批判も3面に 捜査、処罰対象どこまで 疑問解消されぬまま標識論者  [続きを読む]
  • 何故自衛隊は違憲なのか
  • 何故自衛隊は違憲なのか?この現実が正しいのかボクが、またこのようなブログを掲載するとボクのような名もない一国民に対しても「馬鹿野郎?」「馬鹿か、おまえは」などのバッシングのコメントが来る 一方では言論・表現の自由などと訴えている人もいるが・・・・・・・・どのような団体が記載しているのかはある程度想像はしているボクがあの悲劇の東日本大震災が起きて二ヶ月後に宮城県石○市で瓦礫の処理の仕事をしていたとき [続きを読む]
  • 子育てママ応援イベントに行って来ました
  • 今日はじぃじぃと孫の優○と二人でお留守番ばぁばぁもいないし、どこに行こうか迷った挙げ句横手市内のワイワイプラザに行くことになりました何か駐車場がいっぱいです何かあるのか、またミニコンサートか何かでしょうか何とお母さんたちと小さな子どもたちがたくさん★ママと子どもの秘密基地★子育てママ応援イベントあり作って遊ぶコーナーありました〓太田一杯の味噌汁プロジェクトアイシングクッキー〓アイシングクッキー(マ [続きを読む]
  • フィリピンシンガーを舞台裏で撮影
  • かつてフィリピンを訪問したときフィリピンのナイトクラブに行きました一番前の席で生バンド演奏をバックに一人の小柄な女性シンガーが歌っていたMy WayとEndless LoveだったMy Wayはソロでも歌えるが、Endless Loveはライオネル・リッチとダイアナ・ロスとのデュエットソングであるMy Wayを歌った直後であるある出来事が起こったのである聞いているホールのお客様に、その女性シンガーが自分と一緒にEndless Loveを歌ってくれる人 [続きを読む]
  • 最新の建設技術を大公開(EE東北’17)
  • 東日本大震災の経験が活かされたか27回目の開催となるEE東北’17Engineering Exhibition「広げよう新技術つなげよう未来へ」のテーマ292の出展者による869の技術の展示ごく一部を紹介します〓EE東北’17(夢メッセみやぎ) の映像展示場の中でも一際目に付く美しきキャンペンガールたち皆さん快く応じてくれましたブログ掲載OKでしたタレント・女優・グラビアアイドル・キャンペンガールレースクィーンのように綺麗 [続きを読む]
  • 極左翼運動家とは?
  • 極左翼団体、極左翼運動家とは?右が保守(保守系資本主義) 左が革新(共産主義) 極右が民族主義の過激派 極左が共産主義の過激派だと言う人もいます※最近では今の安部政治が右寄り民〇党・共〇党・社〇党などの野党が左寄りと言われていようです※今沖縄辺野古基地移転反対運動家やヘリパット反対運動家で妨害・居座り・暴力が現在問題視されていますSEALDs(シールズ:Students Emergency Action for Liberal Democracy - s) [続きを読む]
  • 河野〇平元衆院議長が首相を呼び捨て批判に思う
  • 「安倍という不思議な政権」河野〇平元衆院議長が首相を呼び捨て猛批判外交も「中国の嫌がることばかり」「9条は触るべきでない」と講演を行った他に、「理解のしようもない」「自民党は改憲党ではない」「対中包囲網」これを聞いただけでも現野党が喜びそうな言葉を並べ立てている 元自〇党総裁とは思えない言葉だ大東亜戦争終結から70年、国際社会は大きく変わった憲法第9条があるから、日本も平和でいられた確かに戦後の日 [続きを読む]