CAMくん さん プロフィール

  •  
CAMくんさん: CAMくんのビデオ動画情報・デジカメ撮影日記
ハンドル名CAMくん さん
ブログタイトルCAMくんのビデオ動画情報・デジカメ撮影日記
ブログURLhttp://smileweb.seesaa.net/
サイト紹介文ビデオ動画情報・デジカメ画像紹介。観光・ブライダル・保育園情報など
自由文ビデオ撮影と同時にデジカメ撮影もしている。動画とデジカメ画像で全国に秋田県と各被災地の情報を発信していきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/09/13 14:25

CAMくん さんのブログ記事

  • 日本人として知りたいこと何故報道しない
  • 加戸守行前愛媛県知事の国会での証言※前川喜平氏は想像を全部真実のように 発言している 何故獣医師が必要なのか 何故加計学園に決まったかライダイハンの真実※ベトナム戦争で韓国軍兵士がベトナム女性を 性的暴行して生ませた混血児の真実と 生存者の証言吉田清治の長男の「父の謝罪碑を撤去します」※父の発信続けた虚為によって日韓の不必要な 対立を生んでしまったこと 世界各国に慰安婦 少女像を拡散させてしまった [続きを読む]
  • ライダイハンとは?(韓国兵士の性的暴行で生まれた子供たち)
  • ライ?混血、ダイハン?大韓ライダイハンとは、ベトナム戦争時に韓国軍兵士がベトナム女性を性的暴行して生まれた混血児12日、英国の民間団体で「ライダイハンのための正義」の設立のため英国のP.キャロル氏が「ベトナム戦争で韓国軍兵士の性的暴力に遭った女性たちが苛酷な人生を送っている」と訴えた同団体メンバーのS.ヘンドリー氏も「人間として恥ずべき行為が、ベトナムで行われた 国際社会が被害女性と子供たちを救うため立 [続きを読む]
  • 豊田真○子議員の過剰報道について
  • 元政策秘書への暴言・暴行問題で自民党を離党した豊田真由子衆院議員元秘書の男性に「ハゲーー!」などの暴言を浴びせた上、暴行を加えたなどと「週刊新潮」に報じられた毎日のように元秘書が録音した過激な暴言が放送された確かに録音の暴言だけを聞けば高学歴。超エリートが何故?と人間として失格だと誰でも思ってしまうが、二人だけの車の中いわば誰も知らない密室の中ということになりますが、その前後に何があったか当初、自 [続きを読む]
  • 里帰り出産を終え、今日帰る
  • 娘が里帰り出産を終え、一ヶ月半で帰って行きました仙台駅からの新幹線でいろいろとお騒がせな日々でしたが帰路についたボクたちは、何て淋しんだろうと痛感している可愛い孫はボクたち夫婦にとっても宝物ですどんな大人に成長して行くんだろうもう何年この子を見届けていけるんだろうか元気な泣き声も、しばらくは聞けないと思うと淋しさと悲しさが心を交差していくただ元の生活に戻るだけなのにもう少し、家内と頑張っていかねば [続きを読む]
  • かつての東成瀬村立椿川小学校に来て
  • 自分がまだ若かりし頃この椿川小学校に来たときがあった当時は大変な豪雪地帯で、車で来るにもかなりの時間を要したものでした言葉では言い表す事は出来ないが交通が、あまりに不便なため閉ざされた村のようでした そのため自分が初めてこの学校を訪れたときは多くの児童たちと先生方が大歓迎してくれたことを鮮明に思い出します児童たちはボクに対して特別な警戒心もなく素朴で人懐こく、中にはボクの手を握って来たりおんぶした [続きを読む]
  • 手打ちそばヤマトの揚げそばの味が
  • 揚げそばは外はサクサク、中はもちもちの食感で独特の味です三個出てきますが、結構お腹いっぱいになります 本格的な手打ちそばです開業して十年も経ったでしょうか奥様が「やっと利益が出るようなりました」と言っていました かつて、ご主人が自分と同じ仕事をしていましたご夫婦でお店を切り盛り出来るなんて何て素晴らしいことでしょう美味しい味です お勧めですこれから一ヶ月も経てば栗駒山の紅葉が始まります 是非お近く [続きを読む]
  • 毎日英会話を勉強しているが
  • 久しぶりに英会話を始めて4ヶ月経っただろうか車の中でも毎日の通勤での往復で聴いているがなかなか覚えられない若い頃は確かに覚えが早かったような気がするが、年老いてゆくと皆さん覚えにくくなるようですね特に、このSpeed Learningは難しい英会話だと思う TVCMでは聞き流すだけで覚えられると言っているが、自分は無理です毎日書いて覚えるしかないと思う 諦めずに頑張るしかないまず、この一巻を完璧に覚えられたらまた、 [続きを読む]
  • 狸がやってくる家
  • ボクの友人宅に毎日深夜に狸がやって来るという実は、この場所は飼っている猫の餌置き場であるここに毎日2匹、3匹の狸がその餌を目当てにやって来るらしいときどきは、飼っている猫と一緒に餌を食べているとのことでしたいつか、その映像を撮ってみたいものだ【送料無料】信楽焼7号福々狸(オス)/信楽焼たぬき縁起物タヌキ/陶器タヌキ/たぬき置物/やきもの/しがらきやき/焼き物/狸/タヌキ/信楽/たぬき[ta-0066]価格:3070円(税込 [続きを読む]
  • 横手市Y2プラザのふれあい喫茶のランチ
  • 先日同じ施設内4階のトレーニングジムに行って来ました昼に20分前だったので、午前中の受付は終了と言われ、午後からは13:00からの受付と担当者に言われましたそれで、その間1階のふれあい喫茶くつろぎでランチを食べましたこれで、このカレーは二度目です本当に美味しいカレーですボクはカレー専門店のカレーより好きですボクが食べたインスタントカレートップ3はこれだ!!あぶくま高原の地鶏【川俣シャモとひよこ豆のスパイシ [続きを読む]
  • 昨晩の夕食は
  • 娘が里帰り出産を迎え8月7日に無事男の子を出産して22日目男の子なので、しっかりと泣きますそんなとき我が家の夕飯に松茸のお吸い物が出た それとちょっと贅沢な塩ふり焼きも長男の孫も可愛いですが、こちらの孫も可愛いですよね。これで三人目の孫が出来ました来月には帰るそうです 淋しくなります【1,000円以上買うと200P】【送料無料】中国産 ”松茸” 約1kg 原体・ほんのちょっと訳あり つぼみ〜開き 大きさおまかせ【予 [続きを読む]
  • 大洪水に負けなかった大曲の花火
  • 今年の大曲の花火の会場は前日の大洪水で開催が危ぶまれましたが、商工会の皆さんや関係者各位の皆さんのお陰で、何とか開催することが出来ました本当に、ご苦労様でしたその最後の15分間の映像を皆さんにお届けします〓大曲の花火(行雲流水・ラスト15分間) 秋田讃歌2/メール便/全国一律送料250円/代引不可/まとめ買い不可/大曲の花火の思い出に/秋田県民歌の叙情的な詩とメロディーも聴きどころ/秋田の夏の思い出にこの一枚 [続きを読む]
  • ALT英語教師がモデル(Costume sketch )
  • この度Y2プラザ内でコスチュームデッサンがありました モデルさんは地元ALT英語講師のJackieさんです驚くことに日本語ペラペラでしたでも英語話したときは英語で応えてくれました手足が長く美人さんでしたThere was a costume sketch in Y2 plaza this time.Model is Miss Jackie of a local ALT English lecturer.She spoke Japanese fluently to be surprised.But when I spoke English, she responded in English.Hand and fo [続きを読む]
  • 民進党代表選に思う
  • 民〇党の枝〇幸男元官房長官は9月1日に行われる代表選への立候補を正式に表明した。漠然としています「多様性を認め合い、お互い様に支え合う」社会の構築ということほか原発ゼロ政策の前倒しなど民〇党政権時代に起きたこの未曾有の災害と事故に、枝野氏は官房長官、経産相などとして対応に当たったしかしその後、自〇党が政権を奪還して4年半がたったが、今日本は「大変な危機を迎えている」と民主党が、そのまま続いていたらも [続きを読む]
  • 国民を命がけで守る自衛隊員に感謝
  • 今日はお盆で里帰りや国内海外へ旅行しているご家族も多いと思いますでも、忘れてはならないと思う北朝鮮がグアム沖に弾道ミサイルの発射を表明したため一部の日本の上の通過ルートの危険のため日本の中四国4県の陸上自衛隊駐屯地に空自の地対空誘導パトリオット(PAC3)を配備した誤って日本にミサイルのや一部の部品が落下を迎撃するためだ。国民のほとんどが盆を迎え、家族と過ごしている間自衛隊の皆さんは「国民を命がけで守 [続きを読む]
  • 地元新聞を止め、産〇新聞をとってから
  • 台風5号も温暖低気圧になり東北地方も幾分沈静化に向かって来ている先月の大豪雨で大仙市と横手市の一部が甚大な被害を受けた まずお盆を迎える頃被害を受けた皆さんを心から気の毒に思います地元新聞があまりに偏向報道が強いので今月から産〇新聞に切り替えた右よりと言われている産〇だが実際10日も毎日見ていると安倍政権も批判もあるが、賛同もあるつまりいろんな角度からの報道であるそれに地元新聞とは違い、世界の情報 [続きを読む]
  • この世に、また一つの生命が誕生
  • この日本にまた一つの生命が誕生した8月7日長女に待望の男の子が生まれた2680gだ 里帰り出産である家内もそうだったが、本人は苦しかっただろうが意外に安産だっただろうと思う長女が生まれたときと似ているような気がする長女は350gほどあったので少し小さいかも知れないが、大きな声で泣くとの事祖父としては健やかに育ってくれることを願うばかりだ [続きを読む]
  • 今年の絵どうろうは背景に力を入れた
  • 今年で湯沢市七夕絵どうろうへの参加は平成25年度を始め、昨年度と3回目だ 今、家族に反対されているその理由は?大きくて家の中に置く場所がない事と制作までの20日までの間ほとんど家の仕事も顧みず没頭したことが原因だ平成25年に友人の勧めで初めて参加したときはその素材を何にしようか、随分と迷ったネットでいろんな美人画を検索した中でも鶴田一郎と言う画家を見つけたとき一瞬衝撃が走った そしてこれだと思った [続きを読む]
  • 代表辞任しても、安倍政権を批判し続ける蓮〇氏
  • 安倍政権の内閣改造にまた吠えたあの野党議員(?)まだ民〇党代表だが「全く印象のない内閣だ」閣僚経験者の多用を指摘し「とにかく失言やスキャンダルでミスを犯したくないという思いが透けて見える」この人が叫ぶ、批判するたびに、嫌悪感が広がるばかりだ何故、いつまでも、この人のコンメントを報道し続ける意味が全くわからん安倍内閣打倒・安倍内閣批判・安倍首相に喧嘩腰安倍内閣の支持率低下に伴い野党民〇党が上昇するか [続きを読む]
  • 際だつ横一線の各報道機関の偏向報道
  • 何をどこを信じればいいんでしょうか報道の自由は悪か、表現の自由は酷か隠蔽・捏造・過剰・偏向報道が際だつ現代芸能タレントの政治素人にまで意見を求めるTV局 ある若い芸能タレントが稲田元防衛相を女を武器にした政治を行っていると言った防衛大臣と言えば国民の安全と国益を守る最も重要なポストだこんなチャラチャラした小娘が稲田元防衛相を批判出来るだけの能力があるだろうか こんな小娘まで安部内閣の倒閣の材料とし [続きを読む]
  • 加戸守行前愛媛県知事が加計問題の核心に触れる
  • 一体何社のTVや新聞社がこの証言を報道するだろうと思ったついに○日放送の報○ステーションの夕べの放送では一度もなかった産○新聞では加戸守行前愛媛県知事「報道しない自由も印象操作も有力手段。マスコミ自体が謙虚に受け止めていただくしかないこの加戸氏の証言でもっと重要な証言は「私も霞が関で三十数年生活して、私の知る限りいままで、メディア批判をして勝った官僚、政治家は誰一人いないだろうと思っていますし、こ [続きを読む]
  • セクハラの覚えがないのに
  • 自分は覚えがないのに通常の感じ方が判断の基準となりますが、相手個人の感じ方によって変わってきます一般的という概念もあいまいで、同じ行為をされても相手によって感じ方に違いがあるようですたとえば・・・・・・触ったり、近づいたりしなくとも1.何歳ですか2.ご結婚されているんですか3.既婚者に子供さんいますか4.服装のセンスいいですね5.自分の家族のことを話す普段何気なく話していることが、相手側を深く傷つ [続きを読む]
  • 各メディアの偏向(捏造)報道が多すぎる現在
  • 各報道機関が阿部内閣の支持率低下を報道した 地元新聞は一面に内閣支持率35%(第2次安部政権で最低)という見出しで掲載されていた放送法第4条放送事業者は国内放送の放送番組に当たっては、次の各号の定めるところ1.公安及び善良な風俗を害しないこと2.政治的に公正であること3.報道は事実を曲げないですること4.意見が対立している問題については  できるだけ多くの角度から論点を  明らかにすることにも拘わら [続きを読む]
  • 絵どうろうの一枚目がなかなか完成しない
  • 湯沢市の七夕絵どうろうまつりまで20日余り一枚目がなかなか完成しない今まで2基(表と裏計4枚)描いたが人物よりバックを簡単に仕上げていたからだでも、今年は人物は画家「鶴田一郎氏」の絵を真似ているがバックは葛飾北斎の有名な波の絵を描いているからだ仕事の休みを利用して描いているためかなりきついすでの先生はボクの絵より4倍くらい大きい絵を4枚目に取り掛かっているのだでも、絵どうろうを描く人たちも高齢化し [続きを読む]
  • また地元の新聞で共謀罪で逮捕「いいね」だと!
  • 地元新聞の2面の片隅に共謀罪で逮捕「いいね」という見出しがあった安倍首相の街頭演説に「辞めろ」とやじを続けた聴衆(?)を共謀罪の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法を適用して逮捕するよう求めるFBに「いいね」をした自民のある議員を名指しした記事だったまず、またその一部だけを切り取って共謀罪で逮捕「いいね」とタイトルが問題だFBを知らない人はどう思うか正に、これが印象操作だこれで、自分は今月いっぱいで、こ [続きを読む]
  • 安部総理の最終日街頭演説でのデモ隊の異常性
  • 首相の反応「軽率・未熟」街頭やじに「こんなひとたちー」 身内から冷ややかな声もという見出しで地元の新聞に掲載されていたこんなひとたちとは誰でしょうか聴衆全体のことではないことは明らか安倍首相は、今まで北朝鮮・中国・韓国の挑発行為に冷静沈着過ぎたように思うその前に民〇党のある議員がツイッターで「聖地」が「墓標」に変わる画期的な街頭演説会がはじまります と投稿していた拡声器で「辞めろ!」「帰れ!」コー [続きを読む]