くるみもち さん プロフィール

  •  
くるみもちさん: ぐうたら鉄雑記
ハンドル名くるみもち さん
ブログタイトルぐうたら鉄雑記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/jwfbf618
サイト紹介文ヘタレな鉄息子とのおでかけ記や、おやじ鉄の昔話などをポチポチと綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供167回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2010/09/15 23:13

くるみもち さんのブログ記事

  • 糸魚川快速・お名残り乗車(2)
  • 糸魚川バス 根知線 (いすず?+富士重7E)湿った雪が降る中、糸魚川駅前のホテルに到着。この街は路線バスが比較的多く存続しており、新幹線効果の活性化と共に今後の期待が持てます。昨年末に引き続きお世話になるこのホテル。大火の際にも多くの中継映像に映っていたのですが、駅前の一角は無事だったようで何よりです。一旦ホテルに荷物を入れ、息子と作戦会議。そうは言っても、会議の主な議題は夕食について。行路的には、 [続きを読む]
  • 糸魚川快速・お名残り乗車(1)
  • 時は遡って2月の週末、元々夜行日帰りで糸魚川快速の撮影に行く予定でしたが、ダイヤ改正前に息子と予定を合わせられる最後のチャンスという事で、急遽一泊でプチお名残り乗車をすることに。プチとは言っても往復の道中はそれなりの距離。明け番で早目に帰って来たのですが、なんやかんやで自宅を出たのは13時過ぎになってしまいました。もはやおなじみとなった感のある関越道〜上信越道のコースで日本海を目指します。アルピコ交 [続きを読む]
  • 東武快速ラスト撮影(4・終)
  • それまでは余裕があった車内が、北千住から一気に込み合いました。2ドアクロスシート車6両で間に合う程度とは言え、平日日中の下り列車としては中々の乗車率でしょう。ここからしばらくは複々線区間を走ります。北千住からは日比谷線直通が普通列車の主体。この5扉車も先が見えてきました。通過線で越谷を通過。待避線にはクレヨンしんちゃんラッピングの50050系。今後は、この通過線を走るのは有料列車だけになります。急行を追い [続きを読む]
  • 東武快速ラスト撮影(3)
  • 43レ 区間快速 (6050系 6両)会津車を先頭とした区間快速が到着。以前は、一部の特急は停車しても快速、区間快速は通過していた「とうきょうスカイツリー駅」、その停車扱いもわずか4年で終焉となってしまいました。せっかくなのでここから快速に乗車。最後部の東武日光行編成は観光客でいっぱいです。新藤原行編成の中ほどには空きボックスもありましたが、前面展望を撮りたかったので先頭車両へ。東武6050系と言えばこの方向 [続きを読む]
  • 東武快速ラスト撮影(2)
  • 墨田公園から東武浅草駅へ数年前に化粧直しした駅ビルから10000系の顔が覗いています。先ほどの6050系が快速ホームに停車しています。快速の乗車ホームとなる5番線には観光客の他、ラスト撮影に来た同業者で普段より賑わっていました。窓には快速のお別れコンテンツが展示してあり、花形特急の影で長く親しまれてきた列車であることを改めて感じました。特急乗車ホームの3,4番線と違い、改札の無い一般ホームである5番線。しかし会 [続きを読む]
  • 東武快速ラスト撮影(1)
  • 明後日のダイヤ改正で消えてしまう東武線の日光・鬼怒川快速。明日の最終日は都合がつかないのですが、今日どうにか時間がとれたのでラスト撮影に。1116レ 「きぬ116号」 (100系 6両)やって来たのは浅草の墨田公園。スカイツリーを絡めて撮れる名所ですが、橋が車体を半分隠してしまうので今まで敬遠していました。今日は天気も良く、6050系が隅田川を渡る最後の姿を納めようと思いこの場所へ。ちょうど日光詣スペーシアがやっ [続きを読む]
  • 八高線ネタ
  • この春、長男が就職して独立しました。独立とは言っても真の一人暮らしではなく府中にある独身寮のお世話になるのですが、荷物の運び込み等で外環道〜中央道を何回か往復。普段は休憩をするような距離ではないのですが、ある時電話を掛けるため立ち寄った石川PAの下り線売店で気になるネーミングのお菓子を発見。とりあえずバラで買って帰りました。美味しいことは美味しいのですが、八高線との関連は???です。で、あとから息子に [続きを読む]
  • 元地下鉄車
  • 20017.4.10 東武練馬〜下赤塚手前の木が満開になったので、もう一度下赤塚へ。ちょうど、新旧の「元」地下鉄乗り入れ車が離合しました。お越しいただきありがとうございます。どうか、 で応援をお願いします。 [続きを読む]
  • 年末の糸魚川旅行記に大変時間を費やしてしまいました。まだ温めている撮影旅行記があるのですが、とりあえず時系列を現在に戻す一枚。東上線「ももクロ」トレイン 20017.4.6 東武練馬〜下赤塚いよいよ春本番ですね。お越しいただきありがとうございます。是非、 で応援をお願いします。 [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(46・終)高崎から帰路へ
  • 東京まではまだ100kmあまり。高崎からも多くの人を乗せた「とき」を見送ります。この乗車位置案内もいつまで見られるでしょう、と思いながら撮ったのですが、その後、新潟の485系R編成とほぼ一緒にお別れしてしまいました。しかし、ホームをよく見ると上越新幹線の歴史が刻まれています。息子に「あおば」「あさひ」と言ってもピンときませんが、こういう記録を残すことも大切だと思います。高崎で一旦途中下車。師走の駅ビルは若 [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(45)燕三条から高崎へ②
  • クリスマス時期の越後湯沢とは思えない、地肌が露出した景色。何度も書きましたが本当に今年は雪が少なかったと思います。新潟県最後の駅を発車するとすぐに国境越えのトンネルへ。長いトンネルの中で群馬県に入りますが、この列車は関東地方最初の駅「上毛高原」をあっという間に通過。再び長いトンネルを出ると吾妻川を渡り、吾妻線の上を通りって三たび長いトンネルへ。榛名山の裾野をトンネルで越え、関東平野に降り立ちます。 [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(44)燕三条から高崎へ①
  • 色々乗り継いで楽しんだ越後路ともお別れ、新幹線で帰路につきます。8368C 「とき368号」 (E2系 10両)みちのくから越後へと舞台を移して活躍するE2系J編成。北陸新幹線を見慣れると、稼働柵の無いホームが珍しく感じます。選んだのは大窓の8号車。上越新幹線は国境越えの区間以外主に平野部を走るので、高架橋からの車窓を多く楽しめます。信越本線の線路が近付き、ターミナルが見えてくると長岡。県内でも有数の広さと都市圏 [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(43)燕三条
  • 高速道路の下をくぐり、弥彦へ向かうE127系をお見送り。ここは新幹線と在来線のジャンクションですが、一般的な乗換駅の雰囲気とは風情が大きく異なります。弥彦線のホームは一面一線の棒線駅。しかも、実質的に無人駅扱いです。階段を上がってコンコースに向かうと、ホームとは大きく違う明るい雰囲気。コンコース側から弥彦線への通路にはICカードの簡易改札機があります。通路全体は弥彦神社をイメージした装飾があり、観光地ら [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(42)東三条から燕三条へ
  • 初めてホームに降り立った東三条。長岡へ向かう列車を見送って跨線橋へ向かいます。この路線はかつて日本海縦貫線の一部であると共に、太平洋側と日本海側を結ぶ大動脈でした。「白鳥」、「とき」や「佐渡」が長編成を連ねて行き交っていたのも今は昔。国鉄テイストな跨線橋もリニューアルされるようです。なぜか箱に収められている時計とデジタルの行先案内表示器の対比が面白いですね。かつてはここが中間駅だった弥彦線は、その [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(42)東三条から燕三条へ
  • 初めてホームに降り立った東三条。長岡へ向かう列車を見送って跨線橋へ向かいます。この路線はかつて日本海縦貫線の一部であると共に、太平洋側と日本海側を結ぶ大動脈でした。「白鳥」、「とき」や「佐渡」が長編成を連ねて行き交っていたのも今は昔。国鉄テイストな跨線橋もリニューアルされるようです。なぜか箱に収められている時計とデジタルの行先案内表示器の対比が面白いですね。かつてはここが中間駅だった弥彦線は、その [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(41)新潟から東三条へ
  • ここから戻る信越線もやや長い乗車なので、どうせならクロスシートの前向きに座りたいと早めにホームへ。それなりに待っている人はいますが、「18きっばー」らしき人はあまり見当たりません。440M (E129系 6両)新津までは頻繁なれど、そこから南は時間1本程度になってしまう信越本線。それなりの混雑を覚悟していたのですが、嬉しいことにこの列車は6両の運行でした。ヤマが外れ、並んでいた乗車位置は両側ロングシーのドアで [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(41)新潟から東三条へ
  • ここから戻る信越線もやや長い乗車なので、どうせならクロスシートの前向きに座りたいと早めにホームへ。それなりに待っている人はいますが、「18きっばー」らしき人はあまり見当たりません。440M (E129系 6両)新津までは頻繁なれど、そこから南は時間1本程度になってしまう信越本線。それなりの混雑を覚悟していたのですが、嬉しいことにこの列車は6両の運行でした。ヤマが外れ、並んでいた乗車位置は両側ロングシーのドアで [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(40)新潟③
  • なかなか頻繁なBRTの発着。やはり都市部の交通は「運行頻度」が重要です。およっ、見慣れないスタイルのバスがやって来ました。連接車です!行先表示器には「BRT快速」の表示。「スカニア」シャーシのボルグレン製連接バスです。後ろ姿もカッコいい!今回の旅行、新潟市内はノーマークでした。下調べをして、少しでもこの連接バスに乗る行程を組むべきでした・・・。まあ、導入したばかりなのですぐに廃止されることも無いでしょう [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(40)新潟③
  • なかなか頻繁なBRTの発着。やはり都市部の交通は「運行頻度」が重要です。およっ、見慣れないスタイルのバスがやって来ました。連接車です!行先表示器には「BRT快速」の表示。「スカニア」シャーシのボルグレン製連接バスです。後ろ姿もカッコいい!今回の旅行、新潟市内はノーマークでした。下調べをして、少しでもこの連接バスに乗る行程を組むべきでした・・・。まあ、導入したばかりなのですぐに廃止されることも無いでしょう [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(39)新潟②
  • 久しぶり、とは言っても実はまだ二回目の新潟駅前。前回は2009年の11月に来たのがはじめてで、およそ12年ぶりです。昭和時代の色濃い駅舎も、連続立体化工事で余命宣告されてしまっています。以前来た時には記憶にないロータリーに「BRT」の系統表示をしたエルガが。新潟にBRTという話は全く把握していませんでした。ロータリーに設けられたBRTの乗り場。BRTと言っても鉄道代替路線ではなく、名古屋の基幹バスや東京の都市新バスの [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(39)新潟②
  • 久しぶり、とは言っても実はまだ二回目の新潟駅前。前回は2009年の11月に来たのがはじめてで、およそ12年ぶりです。昭和時代の色濃い駅舎も、連続立体化工事で余命宣告されてしまっています。以前来た時には記憶にないロータリーに「BRT」の系統表示をしたエルガが。新潟にBRTという話は全く把握していませんでした。ロータリーに設けられたBRTの乗り場。BRTと言っても鉄道代替路線ではなく、名古屋の基幹バスや東京の都市新バスの [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(38)新潟①
  • 糸魚川快速でやって来た、新潟駅。到着したホームは行き止まり式のため、駅名標の隣接駅案内も一方向のみ。従来からのホームを見ると、見慣れた115系はすでに少数派になっていることを実感します。このターミナル駅もかつてのような長編成の発着が無くなってから久しく経ちます。仮設ホームである8、9番線は1番線の端を切り欠いて延伸する形で作られています。元ホームである通路部分に設けられたフェンス、同じく高架化工事が続い [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(38)新潟①
  • 糸魚川快速でやって来た、新潟駅。到着したホームは行き止まり式のため、駅名標の隣接駅案内も一方向のみ。従来からのホームを見ると、見慣れた115系はすでに少数派になっていることを実感します。このターミナル駅もかつてのような長編成の発着が無くなってから久しく経ちます。仮設ホームである8、9番線は1番線の端を切り欠いて延伸する形で作られています。元ホームである通路部分に設けられたフェンス、同じく高架化工事が続い [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(37)「糸魚川快速」で新潟へ⑩
  • 高架化の工事が進む駅新潟駅構内。 振動を直接ノイズとして拾ってしまい聞きにくいのですが、到着放送時の車窓動画です。やはり到着時のオルゴールはありませんでした。かなり速度を落として進行し、新潟駅に到着。糸魚川からゆったりと2時間半の旅路でした。高架化に伴い設備された9番線ホームに到着、ホームの高さは電車区間のそれではなく、他のホームに合わせてあるようです。お世話になった車両を改めて撮影。真っ黒なヘッ [続きを読む]
  • 2016年末糸魚川紀行(37)「糸魚川快速」で新潟へ⑩
  • 高架化の工事が進む駅新潟駅構内。 振動を直接ノイズとして拾ってしまい聞きにくいのですが、到着放送時の車窓動画です。やはり到着時のオルゴールはありませんでした。かなり速度を落として進行し、新潟駅に到着。糸魚川からゆったりと2時間半の旅路でした。高架化に伴い設備された9番線ホームに到着、ホームの高さは電車区間のそれではなく、他のホームに合わせてあるようです。お世話になった車両を改めて撮影。真っ黒なヘッ [続きを読む]