心理カウンセラー椎名雄一 さん プロフィール

  •  
心理カウンセラー椎名雄一さん: 不登校の子供の輝かせ方
ハンドル名心理カウンセラー椎名雄一 さん
ブログタイトル不登校の子供の輝かせ方
ブログURLhttp://ameblo.jp/hutoukou-kagayaku/
サイト紹介文高校教師、心理カウンセラー、セラピストをしています。不登校・ひきこもりが治る方法をお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/09/18 13:38

心理カウンセラー椎名雄一 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【体験談】冷たい医師のひとこと
  • 職場の人間関係 || カウンセラーの求人 || 成功報酬型カウンセラー現在49歳になった私ですが36歳のころうつ病と診断されました。その頃、とても多忙な日々の中、管理職でもあったので自分の身体と精神が病んでいるなんで思ってもいませんでした。まさか私がという一人でした。仕事で疲れていたのに加えて身近な人が亡くなって気力を失い鼻に腫瘍ができて手術もして何もいいことないのに毎日仕事はあるという日々。そんなある日、 [続きを読む]
  • 【体験談】むち打ちが原因で
  • 職場の人間関係 || カウンセラーの求人 || 成功報酬型カウンセラー私は仕事中の事故から全てが始まりました。事故によりむちうちになり思うように仕事ができなくなりました。仕事も通院のために休んだり、むちうちの痛みで休んだりしました。社員からは休むと冷たい目で見られ、心無い言葉も飛んでくるようになりました。次第に会社の中で人の目が気になるようになり、「あいつおおげさなんだよ」とか「事故して休む口実ができて [続きを読む]
  • 【体験談】同棲の彼女にどう伝えよう
  • 職場の人間関係 || カウンセラーの求人 || 成功報酬型カウンセラー私がうつ病になったのは本当に突然のことでした。ある日会社に出社しようとしたら、ビルを目の前にしてなんとなく嫌な気持ちを覚え、吐き気・めまいがするようになり2・3日同じような症状が続いたので大学病院の精神科で診断を受けたところ「不安障害」(うつ病の一種)という診断を下されました。自分とは無縁だと思っていた病気を宣告されたとき、色々なことを考 [続きを読む]
  • 【体験談】期待を裏切れないからうつ病と言えない
  • わたしが、初めて自分はうつ病なのかなと思い始めたのは、高校2年生の春でした。でも、誰にも言えなかった、いや、言いたくなかったです。自分で自分が選んだ高校生活。ずっとずっと憧れていた進学高校。母や父の自慢の長女。皆から期待されていました。期待を裏切ることなんて出来ない。常にその思いが、頭の中にありました。でも、頑張りたいのに、もっと頑張らなきゃいけないのにヤル気が起きなかった、意欲が沸かなかった。う [続きを読む]
  • 【体験談】今でも死にたくなる
  • 小学生の頃に無視される虐め、その後中学へ行き始めると体調不良が続き小児科へ。そこでの診断は自律神経失調症と過敏性腸炎。精神科を紹介されました。子供ながらに辛かったのは親に引きずられながら学校へ行ったこと。今よりも、もっともっと「そういう事」に理解が無かった時代。具合が悪いと伝えた教師には蔑んだ目で見られ無視されました。そのような経緯で不登校に。外は怖い、人は怖い。今みたいにネットは普及していない [続きを読む]
  • 【体験談】インコを保健室で飼育する日々
  • 私は不登校でした。高校生の時に特に酷く学校に行けなくなりました。小中学生の時は、ほとんど保健室登校で、保健室が大好きでそこにいる先生も好きでした。小学生の時は先生がたも大目に見ているのか、いつまでも保健室に居ても教室に連れ戻すことは少ないように思いました。先生が不在時には「一人では寂しいでしょう。」と言ってインコを保健室で飼育していました。中学生の時にはほとんど仮病を使っていました。ベットに潜り [続きを読む]
  • 【体験談】交通事故がきっかけで
  • 中学に入学して新しい友達ができて楽しい毎日を送っていました。勉強も部活も毎日とても充実していて学校が大好きでした。でもある日私は交通事故にあいリハビリのため午前中のみしか学校に行けなくなりました。最初は友達も優しくしてくれて荷物持ってくれたりしていたのですが次第に私に対する態度が冷たくなり陰口を言われるようになりました。教室に入るとみんなの視線が怖くて日に日に学校へ行かなくなり2年生になる頃にはま [続きを読む]
  • 【体験談】パニック障害と過呼吸
  • パニック障害が出始めたのは20歳の時でした。仕事中失敗をしてしまいたいしたことではなかったものの失敗してしまったショックからか胸が苦しくなり始め息を吸うのもやっとという状態になり過呼吸になってしまいました。ハァハァと短い息しかできず自分はこのまま死んでしまうのではないかと思いました。周りの方達が背中をさすってくれたり袋を用意してくれたり5分程で落ち着きましたが、その日から緊張したり不安になったりイラ [続きを読む]
  • 【体験談】自己犠牲をしてもつぶされる
  • 皆さん、私の話を聞いてください。私は現在28歳の会社員で、うつ病で会社を休職しています。私は、もともと臆病な性格で、内気でいろいろとストレスをため込んでしまう方のタイプの人間でした。学生時代の人間関係にも相当苦労しました。クラスの関係、クラブ、バイトの人間関係でも、私は変人扱いをされて、日々を過ごしていました。自分でもなぜ変人扱いをされてしまうのか、理由がわかりません。直接危害を加えたことも、まし [続きを読む]
  • 【体験談】職場の人間関係と同僚の豹変
  • ・同僚たちが豹変し、職場の人間関係に自信がもてなくなる私は、以前出向先の会社で職場の同僚からいじめを受け、休職を余儀なくされた過去があります。出向先では、大手ケータイ電話販売ショップの店長代理を任されていました。赴任した当初は、少しでも店の売り上げを上げ、利用してくれる方に何度も足を運んでもらえるような地域で一番のショップにするんだと意気込んでおり、今思うと部下や同僚に対しても熱く接していたと思 [続きを読む]
  • 過去の記事 …