道の駅の社員 さん プロフィール

  •  
道の駅の社員さん: 今日の田舎
ハンドル名道の駅の社員 さん
ブログタイトル今日の田舎
ブログURLhttp://kyounoinak.exblog.jp/
サイト紹介文岩泉町の日々のできごと。 地域の食と農、暮らし、ばぁちゃんたちとの交流…そして本業の商品情報。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2010/09/16 12:54

道の駅の社員 さんのブログ記事

  • 岩泉・大川渓流ロードの紅葉2016
  • 岩泉町では台風10号災害の痕跡はいまも川、道路に生々しく残り、そして避難生活や生活、商売の再建に向けた動きも続いています。そんななかではありますが、落ち着きを取戻した岩泉の山は、今年も変わらず美しく、大川渓流ロード上流部でも紅葉がピークを迎えています。大川渓流ロードは各所に道路の損傷はあるものの、カフェぶるっく、手づくり工房朱利も営業しています。(ただし冬季は休業となります)櫃取湿原など源... [続きを読む]
  • (株)岩泉産業開発の現在の状況(2016.10.9)
  • 台風10号からあっという間に40日が経過しました。これだけ大きい災害ではありましたが、被災施設については、職員が力をあわせて、さらにボランティアの皆様にも協力いただきながらの泥出し、そして事務所の仮復旧、さらに早期再開できる事業についても、復旧作業を進めてきたところです。多くの皆様の応援も頂き、少しずつ先が見えてきました!何と言ってもBIGニュースは、龍泉洞の水の生産の再開です。充填工場ミネ... [続きを読む]
  • 岩泉町8月30日〜31日の状況記録。豪雨災害からの再出発。
  • 本日、ようやく岩泉町の山間部の孤立状態が解消されたとのニュースがありました。まだまだ山間部の道路は仮復旧のような状態で、本格復旧には時間がかかります。とはいえ道路が通じる事で電気などの復旧なども進むことになりますし、滞っていた牛の飼料輸送なども動き出しますし、少し安心です。まだまだ災害は続いている。そんな状態ではあるものの、物事は徐々に、動いています。片付け作業も時間がかかりますが、この週末... [続きを読む]
  • 源流で飲むコーヒーは格別。カフェ「朱利」のひととき
  • 本日は台風接近中の岩泉町です。徐々に雨風も強まってきていますので、皆様気を付けてお過ごしください。さて、秋の気配を感じに、岩泉町の源流「櫃取」へやってきたら、なんと気温16度、肌寒いぐらいでした。それでも今年は暑い夏だったそうですよ。源流のカフェ「朱利」で360度広がる森と源流の流れの音を聞きながら、コーヒーと手作りのお菓子を頂く時間はとても贅沢。おかみさんから聞く最近の櫃取湿原の様子、牛... [続きを読む]
  • まめつぶ農園2016 Vol.11あっという間にまもなく実りの秋
  • 昨日は久々に本格的に農作業。お盆やらその後雨続きやらで、なかなか取れなかった野良仕事の時間をようやく取れました。たぶん、お盆明けの雨は、休めということだったんでしょうね。さて、だんだんと30本ほど植えておいたヒマワリ「東北八重ヒマワリ」も見ごろになってきました。そして、昨日はのばしのばしになっていたじゃが芋堀りを、手伝ってもらいながらようやく完了させました。昨日は北海コガネ、ワセシロ、レッド... [続きを読む]
  • ニッポン持続的農業&放牧紀行〜山口・ふるさと牧場の林間放牧
  • 岩泉町には先週より「岩泉型インターンシップ」により、大学生のみなさんが各受入れ事業所で職場研修を続けています。驚いたことに私の直接の後輩にあたる学生も2名参加しており、嬉しいところ。私もOBOGの話を聞く会に参加し、岩泉町の仕事、暮らしのリアルなところを若干ですが皆さんにお伝えしました。そんな私も8年前、大学3年生の夏のインターンシップでは農山村でお世話になりました。久慈市山形町「バッ... [続きを読む]
  • 台風7号報告。増水で「神滝」が大迫力!
  • お盆最終日、8月16日の夜遅くから雨は降り始め、昨日8月17日は岩泉町でも台風7号による暴風雨に見舞われました。私はお盆期間中ずっと道の駅勤務でしたので昨日はお休み。家で普段ないようなゆったりとした休日を過ごさせていただきました。今日からまたミート工房での短角牛のお仕事を頑張ります。さて、Twitter「今日の田舎」でもお伝えしたとおり太平洋は大荒れでした。茂師の漁港の様子です。台風に... [続きを読む]
  • 2016夏 岩泉へおかえりなさい&ようこそ岩泉へ!
  • 早いもので今年もお盆を迎えます!道の駅いわいずみ&三田貝分校でも、お盆の準備を慌ただしく進めています。お盆は、「龍泉洞の水」「特産品」「短角牛」部門のスタッフも一緒に道の駅・ふれあいらんどに勤務し、さらには高校生アルバイトさんにも手伝ってもらいながら、皆さまをお迎えします。例年、混みあうためお客様にはお待ちいただくこともございますが、なにとぞよろしくお願いします。それでは、多くのお客様のご来... [続きを読む]
  • 大川七滝で自然観察〜滝を登る魚たち〜
  • さて夏の岩泉の自然満喫コース第3弾、早坂高原で短角牛を眺め、カフェ「ぶるっく」で美味しいランチを味わったら、だんだんと大川渓流を眺めながら下流へと向かい「大川七滝」に到着します。ここでちょっぴり涼んでいきますか。幾重にも段差の小さな滝が連なる大川七滝、水量が多いためそれぞれの滝から聞こえてくる水音はごうごうと音を立て、たいへんな迫力があります。なんだかごうごうとした水音に包まれると自分が自然... [続きを読む]
  • 渓流沿いのカフェ「ぶるっく」はピザも美味しい。
  • 涼しい渓流沿いの木陰で昼寝でもしたくなるような暑い夏・・・渓流に誘われて早坂高原から釜津田の里へと降り、大川渓流ロード沿いにある釜津田のカフェ「ぶるっく」へと久々にやってきました。裏のピザ釜にはいつの間にか立派な屋根が付いていました。薪の火を入れる昼時間帯のみ提供しているんだそうですよ。週末なら確実かも?パスタが好きなのでついつい、いつもの季節のパスタを注文。とれたてのアスパラのパスタですよ... [続きを読む]
  • 真夏の短角牛〜涼しい場所を求め、広大な放牧地を移動中〜
  • 「梅雨明け10日」とよく言いますが、ここ数日夏らしい青空が広がっています。早坂高原から眺める岩手山も夏らしい雰囲気。いまごろ大勢の登山者が山頂を目指している頃でしょうかね〜大学生の頃は一時期、毎週登山!と目論んであっちこちの山を攻めていました。いまでも北アルプスの稜線とか、裏岩手縦走とか、ものすごく憧れるんですが、夏は色々忙しいのと、山に囲まれているので正直、登らなくても満足してしまうので、... [続きを読む]
  • 短角牛との出会い、そしてバッタリ―村に感謝。
  • 人生で初めて出会った短角牛は、たしか岩泉町・早坂高原の短角牛でした。9年前、1泊2日の合宿の2日目、雨上がりで潤う標高1,000mの牧草地に群れていた牛の群れをバスから眺めた、そんな景色をなんとなく覚えています。一方で、短角牛に染まるきっかけになったのは、久慈市山形町にありました。「大地を守る会」との提携を農協勤務時代に推し進めた「バッタリ―村」の徳じいこと、木藤古徳一郎さんとの出会いでした... [続きを読む]
  • 岩泉も夏本番!〜夜のBGMは水音とトラツグミの鳴き声〜
  • 岩泉町にもいよいよ本格的な夏到来!!なんとなく落ち着かない天気が続いているのでイベント関係の皆様はやきもきされているかもしれません。今日から8月。そして盛岡さんさ踊り!(行きたい!輪踊りに加わりたい!)岩手に訪れる方々も多くなりますね。私たちも、元気に岩泉に来るお客様をお迎えしていきます。夏になると、夜は体を冷やしたくて散歩に行くことが多くなります。もっぱら清水川沿いで流れの音を聞きながら、... [続きを読む]
  • まめつぶ農園2016 Vol.10じゃが芋を収穫
  • 晴れた日を見計らって、いよいよ自給菜園のじゃが芋の収穫を開始しました。まずは一番早く茎が枯れてきた男爵芋から。ちょっと、肥料が多すぎたようで品質があまりよくないのですが、自家用には十分です。収穫前の畑の様子です。写真左からレッドドラゴン、ワセシロ、北海コガネ、男爵、アンデスレッドと続きます。男爵は中央部の枯れてきているもの。5品種植えておくと収穫適期が微妙にずれるので、一気に掘らなくてすんで... [続きを読む]
  • 土手に咲くネジバナ〜梅雨の晴れ間に彩りを探して〜
  • ぐんぐん草が生い茂る季節になりました。圧倒的な緑のなかにも可憐な花々があちこちに咲いているこの季節。田んぼの土手をネジバナが彩っています。ネジバナはラン科の植物。明るい場所を好むため草刈りが行われる芝生や、土手などに生えていますが、草刈りのタイミング次第では、花は刈られてしまう、そんな運次第な花です。この土手にはあちらこちらにネジバナが咲いています。色々な家の田畑、山を見ていると、美意識?... [続きを読む]
  • 【2016安家地大根】今年もまもなく作付開始!
  • 岩泉町には国際スローフード教会「味の箱舟」に指定されている伝統品目が2つもあるんですよ。「日本短角種」と【安家地大根】!!今年も安家地大根、いよいよ作付がスタートします。今年の春に人知れず、日本中で安家だけで咲き誇った安家地大根の花!現在、この花から実った種が乾いて「種取り」できるのを待っています。8月に入ることには種まきできることでしょう。秋には今年も紅白... [続きを読む]
  • ニッポン持続的農業&放牧紀行〜埼玉小川町の有機農業〜
  • いまから、14年前、埼玉県小川町・霜里農場で有機農業による地域づくりに出会いました。山の落ち葉と牛糞が発酵の力で堆肥や育苗のための熱源になること、畦草が乳牛のえさになること、そんな伝統的+最先端なあり方を見て、「漠然とした」地域、里山、放牧畜産へのあこがれは強まりました。霜里農場には数頭のホルスタイン、いまでは短角牛も竹林に放牧されています。数頭の家畜と一緒に生活を営む。高度経済成長期までは... [続きを読む]
  • 【岩泉チーズ登場!】岩泉酪農の新たな歴史、始まる
  • 岩泉酪農に新たな歴史が刻まれます。「岩泉ヨーグルト」で大躍進を遂げた岩泉の酪農。いよいよ、「岩泉チーズ」の挑戦がはじまりました。岩泉乳業さんの「岩泉チーズ」道の駅いわいずみにて7月5日、販売開始しました。売り場は、岩泉ヨーグルト横の特設ショーケースとなります。今回発売となったチーズは3種類。岩泉乳業の職人さんによる数量限定生産となる、貴重なチーズをぜひご賞味ください。「岩泉モッツァレラチ... [続きを読む]
  • まめつぶ農園2016 Vol.9黒豆が順調に生育中。
  • まめつぶ農園の黒豆はおかげさまで順調に生育しています。おおむね1か所に2本ずつ。だんだんと雑草の芽が見えてきたので、小さいうちに抑えてしまおうと管理機で畝間を起こすことにしました。じゃが芋も同じく順調です。もうここまで成長すると雑草の心配もなく、あとは1か月後の収穫を待つのみです!芋掘り頑張らなくちゃ!そういえばじゃが芋を観察していたら、シマヘビが一匹、茎葉のあいだで顔をのぞかせていました。... [続きを読む]