ほっくん さん プロフィール

  •  
ほっくんさん: 私の好きなミステリと海外旅行 
ハンドル名ほっくん さん
ブログタイトル私の好きなミステリと海外旅行 
ブログURLhttp://ameblo.jp/kunkun2010/
サイト紹介文新刊の本格ミステリと海外旅行・国内旅行を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2010/09/17 17:03

ほっくん さんのブログ記事

  • ●西尾維新 『掟上今日子の裏表紙』 講談社
  • 西尾維新 『掟上今日子の裏表紙』    講談社 2017.5.23発行掟上今日子の裏表紙/講談社¥価格不明Amazon.co.jp★本の内容(Amazon.co.jpより)強盗殺人事件の容疑者として逮捕された忘却探偵・掟上今日子。現場で血まみれの凶器を握りしめて眠っていたところを発見された彼女は、事件の記憶を忘れていた。檻の中から事件の調査をしたいと申し出た今日子さんに対峙するのは「冤罪製造器」の異名 [続きを読む]
  • ●有栖川有栖 『ミステリ国の人々』 日本経済新聞出版社
  • 有栖川有栖 『ミステリ国の人々』  日本経済新聞出版社  2017.5.11発行ミステリ国の人々/日本経済新聞出版社¥価格不明Amazon.co.jp★本の内容(Amazon.co.jpより) ミステリ小説という「国」には作家が造形した様々な「人々」が住んでいる。誰もが知る名探偵、事件の鍵を握る意外な人物、憎めない脇役、不可解だけれど目が離せない人……そんな人たちを通して、ミステリを読むおもしろさが何倍にも膨らむ「ツボ」を刺激して [続きを読む]
  • ●東野圭吾 『素敵な日本人』 光文社
  • 東野圭吾 『素敵な日本人』 光文社 2017.4.5発行素敵な日本人 東野圭吾短編集/光文社¥価格不明Amazon.co.jp★本の内容(Amazon.co.jpより)登場する人物がどこか知人に似ていたり、あなた自身にも経験のあるトラブルだったり、つい思い浮かべてしまう妄想の具現化だったり、読み心地はさまざま。ぜひ、ゆっくり読んでください。豊饒で多彩な短編ミステリーが、日常の倦怠をほぐします。 ★ここ [続きを読む]
  • ●高田崇史『神の時空 京の天命』講談社ノベルズ
  • 高田崇史『神の時空 京の天命』      講談社ノベルズ 2017.4.5発行  神の時空 ―京の天命― (講談社ノベルス)/講談社¥価格不明Amazon.co.jp  ★本の内容(Amazon.co.jpより引用)松島、天橋立、宮島。日本三景と呼ばれる名勝が次々と崩壊炎上し、籠神社では神職が惨殺される。高村皇らの最大の仕掛の始まりだった。神々を鎮めるため、辻曲兄妹と関わりのある女性たちが全国の神社に散る。摩季が亡くなり六日目、「死 [続きを読む]
  • ●竹本健治 『しあわせな死の桜』 講談社
  • 竹本健治 『しあわせな死の桜』         講談社 2017.3.14発行しあわせな死の桜/講談社¥価格不明Amazon.co.jp★本の内容(Amazon.co.jpより引用) 『このミステリーがすごい! 2017年版』国内編第1位『涙香迷宮』の竹本健治が贈る、軽やかにして深遠なミステリの精華12篇。非日常への裂け目はすぐそばにある。優美な文章で綴られる、奇想と幻想が入り交じり、妖しい夢のような綺譚がずらり。待望の「トリック芸者」シリ [続きを読む]
  • ●早坂吝『双蛇密室』講談社ノベルズ
  • 早坂吝 『双蛇密室』   講談社ノベルズ 2017.4.5発行  双蛇密室 (講談社ノベルス)/講談社¥価格不明Amazon.co.jp  ★本の内容(Amazon.co.jpより引用)「蛇の悪夢」に関わる「地と天」の密室。過去の扉を「援交探偵」が開く!前代未聞の大仕掛けでミステリランキングを席巻する「らいちシリーズ」新作!「援交探偵」上木らいちの「お客様」藍川刑事は「二匹の蛇」の夢を物心付いた時から見続けていた。1歳の頃、自宅で二 [続きを読む]
  • ●森博嗣『ダマシ×ダマシ』講談社ノベルズ
  • 森博嗣『ダマシ×ダマシ』    講談社ノベルズ  2017.5.2発行ダマシ×ダマシ Xシリーズ (講談社ノベルス)/講談社¥価格不明Amazon.co.jp★本の内容(Amazon.co.jpより)「もしかして、ある人に騙されてしまったかもしれないんです」上村恵子は、銀行員の鳥坂大介と結婚したはずだった。求められるまま口座を新設し、預金のすべてを振り込んだ。だが、彼は消えてしまった。預金と共に。鳥坂の捜索依頼を受けたSYアート&リサ [続きを読む]
  • ●東川篤哉『さらば愛しき魔法使い』文藝春秋
  • 東川篤哉 『さらば愛しき魔法使い』        文藝春秋 2017.4.15発行 さらば愛しき魔法使い/文藝春秋¥価格不明Amazon.co.jp★本の内容(Amazon.co.jpより)「魔法使いマリィ」シリーズ第3弾!『魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?』『魔法使いと刑事たちの夏』に続く、人気ユーモアミステリーシリーズ第3弾が登場!魔法の力を借りつつ、八王子界隈の事件を解決してゆく魔法使いマリィ&小山田刑事の名コンビ。今回もアリ [続きを読む]
  • ★世界遺産・仁和寺の桜
  • 世界遺産・仁和寺の桜 見事な色彩の饗宴です。 二王門は重要文化財に指定されています。 中門です。このころ雨は小降りになってきました。 これが有名な「御室桜」です。 ライトアップされました。 絶景ポイントは五重塔がのぞめる場所です。 幻想的でもあります。 今年は満開時期が多少遅れたことでちょうど良い時に京都に来たことになりました。大変満足できた日帰り旅でした。   [続きを読む]
  • ★世界遺産・上賀茂神社の桜
  • 世界遺産・上賀茂神社の桜 この神社の桜の木は、1本1本が明確な主張をもっているような気がします。 斎王桜。 御所桜。 上賀茂神社は正しくは加茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)で御祭神は加茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)です。そして伊勢神宮に次ぐ全国の神社の筆頭でもありました。その歴史は京都で最も古く、2600年以上にさかのぼるといわれています。 晴れてのどかささえ感じる [続きを読む]
  • ★京都・鞍馬山の桜
  • 京都・鞍馬山の桜 京都の中心から少し離れているのでなかなか行く機会の少ない鞍馬を訪ねてみました。 叡山電車の市原駅から鞍馬線に乗りました。駅の周辺の桜、満開です。 2両編成の電車です。 終点の鞍馬駅。 大きな天狗がお出迎え。 仁王門をはいります。 かわいいケーブルカーが中腹まで運んでくれます。 降りるとすぐに多宝塔があります。 しばらく階段を上り続け、汗をかき始 [続きを読む]
  • ★京都・平野神社の桜
  • 京都・平野神社の桜 平野神社の歴史は古く、奈良時代には平城宮の御所の中にありました。その後、平安遷都と同時に京都に移りこの平野の地にずっとあり続けています。 鳥居をくぐると参道両脇の桜が満開でした。 最初に参拝を済ませてから、境内を歩くことにします。ちょうどこの時、雨が降ってきました。 拝殿付近の桜です。 みんな軒下から出ないで撮影。 急に人影がまばらになりました。 平 [続きを読む]
  • ★世界遺産・二条城の桜
  • 世界遺産・二条城の桜 朝早くの新幹線で東京から京都にやってきました。最初に訪れたのは世界遺産の二条城です。 国宝・二の丸御殿は撮影禁止。外国からの観光客は、以前は欧米の方が多かったのですが、最近はアジアからの団体がこれを上回っていました。 本丸御殿です。 本丸庭園にはところどころ桜の木が見えます。 しかしながら二条城の中で一番行きたかったのは「桜の園」と呼ばれている場所です。そ [続きを読む]
  • ★それぞれの地、それぞれの桜・2017
  • それぞれの地、それぞれの桜・2017 今まで載せてこなかった場所にも印象に残る桜の花がありました。 東京駅八重洲口から日本橋高島屋方面に続く道。(撮影:2017.4.2) 西葛西の桜です。(撮影:2017.4.2) 市ヶ谷の東郷元帥記念公園の桜です。(撮影:2017.4.3) 四ツ谷駅近くの桜です。(撮影:2017.4.3) 靖国通り、市ヶ谷駅付近です。(撮影:2017.4.3) 千駄ヶ谷、将棋会館付近の鳩森 [続きを読む]
  • ★少し足を延ばして、川越の桜
  • 少し足を延ばして、川越の桜 朝からあいにくの雨模様。ですが、傘をさして川越の街を歩いてきました。 最初は東照宮から。 次は喜多院の桜です。 川越城本丸御殿。 三芳野神社に向かいます。満開の桜、いっぱいでした。 久しぶりに来たので、菓子屋横町へ。 川越といえば「時の鐘」。 そして「蔵の街」。 「亀屋」も健在です。 蓮馨寺の桜、一番見事でした。 最後は熊野神 [続きを読む]
  • ★天沼山蓮華寺の桜
  • 天沼山蓮華寺の桜 近くにありながら、今回初めて足を運びました。 室町時代に造られた真言宗のお寺です。 満開の桜に囲まれています。 ごくごく小さな虫も見えます。 帰りに立ち寄った妙正寺川のしだれ桜。杉並区清水の台所床下遺体事件の住宅のすぐそばだったことにあとで気がつきました。毎日テレビニュースで映し出されていたしだれ桜が連なっています。 3月29日にはまばらだった妙正寺公園の [続きを読む]
  • ★江戸川区の新川千本桜
  • 江戸川区の新川千本桜 船堀公園周辺の桜並木です。3分咲きくらいでしょうか。 都営地下鉄新宿線の船堀駅から新川(旧船堀川)に向かいます。朝から船に乗って桜見物をしている人たちを見かけました。 新川は江戸時代の「塩の道」として利用された河川です。現在は江戸情緒あふれる景観を残し、桜の名所として売出し中といったところかもしれません。 この日は地元の健康ウォーキング大会が複数開催されていて [続きを読む]
  • ★荒川スーパー堤防上の小松川千本桜
  • 荒川スーパー堤防上の小松川千本桜 JR総武線の平井駅、初めて降りました。駅前商店街を歩いているだけで、予感めいたものを感じます。 見事!鮮やかな色に圧倒されます。 小松川千本桜 は荒川スーパー堤防の整備によって造られました。このあたりは海抜ゼロメートル地帯で、洪水や高潮から地域を守る目的でした。約2kmの堤防上に30種・1000本の桜が植えられています。 各種の桜がもう少し育ってくると、都内 [続きを読む]
  • ★太平山と出流原弁天池の桜
  • 太平山と出流原弁天池の桜 栃木県の太平山(おおひらさん)は標高343mの山ですが、山腹の道路は桜のトンネルで有名です。ですが、残念なことに全く咲いていませんでした。先週、テレビのニュースでそれは見事な桜のトンネルが映し出されていてこんな風にすごいのか、と驚きました。 やっと見つけた2輪。 参道途中の隋神門。 階段で一気に登ります。 山頂には太平山神社があります。 頂上からの風 [続きを読む]
  • ★古河総合公園の桃の花
  • 古河総合公園の桃の花 茨城県の古河(こが)市にやってきました。こちらの桜は2〜3分咲きというところです。 古河総合公園は桜ではなく、桃の花でにぎわっています。 鮮やかな桃色をしています。 古河総合公園には約1500本の桃の木が植えられています。桃源郷と呼ぶにふさわしい風景が見られます。 桃の花もいいものです。         (撮影:2017.4.1) [続きを読む]
  • ★権現堂桜堤の風景
  • 権現堂桜堤の風景 埼玉県幸手市にある権現堂桜堤。 中川のたび重なる氾濫を防ぐために造られた堤に、桜の木が植えられました。河原の菜の花と桜堤。黄色とピンクの世界は、ポスターなどでよく見かける美しい景色です。 ソメイヨシノ以外にも各種の桜が見られ決して飽きさせません。 全体的には3分咲き程度。でも人手が少なくて、歩きやすかったことは事実です。 ところどころ頑張っている木もあります。 [続きを読む]
  • ★こちらも満開! 井の頭公園の桜
  • こちらも満開! 井の頭公園の桜 満開の桜と動きのとれないボートたち。 スワン型ボート、漕いで進むのは大変です。 こういう桜の姿が、井の頭公園らしさを演出しています。 ちょうど池の反対側までやってきました。 きれいですね。何年も続けてこの時季に来ています。ですから、花見スポットと撮影スポットは大体いつも同じです。 今、まさに花見時。昼からこの人出でした。   [続きを読む]
  • ★満開! 善福寺川緑地の桜
  • 満開! 善福寺川緑地の桜 この通り、満開となっていました。 このあたり善福寺川に沿う形で都立の公園となっています。約1.5kmの間に約400本の桜並木が続いています。 ソメイヨシノ、見事です。 毎年必ずウォーキングを兼ねて桜を見に来ます。 川の両岸からせり出しています。 青空に映えます。 もう、何も言うことはありません。 [続きを読む]
  • ★善福寺公園の桜たち
  • 善福寺公園の桜たち 善福寺池の対岸には桜の木が多いのですが、遠目にはまるで枯れ木のようにうら寂しい状態です。 ですが、部分的には2〜3分咲きといえるでしょう。 このくらい見られれば、満足というものです。 カンヒザクラはもう終わりに近いようです。 菜の花は日光をたっぷり浴びて、まばゆいばかりでした。 コブシです。 シャクナゲです。 家に戻る途中の観泉寺幼稚園の桜。&nbs [続きを読む]