不動産鑑定士クリスタル さん プロフィール

  •  
不動産鑑定士クリスタルさん: そこのあなた、そんな不動産を選んではいけません!
ハンドル名不動産鑑定士クリスタル さん
ブログタイトルそこのあなた、そんな不動産を選んではいけません!
ブログURLhttps://ameblo.jp/appraisal01/
サイト紹介文不動産鑑定士の立場から、不動産について思ったことを書きます
自由文北海道のオホーツク出身、主婦不動産鑑定士です。不動産が大好きです。今までの経験を踏まえて不動産のことを書いていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供318回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2010/09/17 19:57

不動産鑑定士クリスタル さんのブログ記事

  • リノベーションされた マンションを購入するときの注意点
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたはリノベーションされたマンションを購入するときの注意点を知ってますか?』 ◎皆様からの質問 「最近よく見かけるリノベーション物件の注意点について教えてください。」■回答 リノベーション物件は、業者が個人から安く買って綺麗にリフォームし、その後転売する物件のことです。 業者さんの利益が乗っています。また古い物件であるこ [続きを読む]
  • 基準地価発表の 内容をご存知ですか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは基準地価発表の内容をご存知ですか?』 19日に基準地価が発表されました。「7月1日時点の基準地価で、商業地が全国平均で上昇した。 工業地は26年ぶりに下落から横ばいに転じた。 住宅地と全用途では8年連続で下げ幅が縮小した。 回復が先行してきた東京、大阪、名古屋の3大都市圏が上げ幅を広げた。 札幌、仙台、広島、福岡の「 [続きを読む]
  • 日銀がリートの大株主
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは日銀がリートの大株主であること知っていますか?』 『日銀、不動産投信でも「大株主」』 というニュースを読みました。 「日本銀行が金融緩和で買うJ―REITについて、全59銘柄のうち2割で、日銀が5%超の「大株主」であることがわかった。 日銀のリート買いは、不動産市場を活性化させ景気回復の「呼び水」にするのが狙いだが [続きを読む]
  • 一人暮らしの高齢者が 増えている
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは一人暮らしの高齢者が増えているのを知っていますか』「1人暮らしの高齢者は急増している。」というニュースを読みました。 「高齢社会白書(2016年版)によると、1980年に男性19万人、女性69万人だったのが、30年後の10年にはそれぞれ139万人、341万人に増加。 2035年には高齢女性の4人に1人は独居と推計 [続きを読む]
  • 地価公示ポイントの土地が 売り出された場合
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは地価公示ポイントの土地が売り出された場合、公示価格と一致していると思いますか?』◎皆様からの質問 「地価公示価格について教えてください。例えば、公示価格が1億円となっていた場合、1億円で買い手がつくのですか?」■回答 「地価公示価格」は、国土交通省が年に一度発表する価格です。 その年の1月1日現在の価格で、不動産鑑 [続きを読む]
  • 生涯小僧の行を 続けていますか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは、生涯小僧の行を続けていますか?』 福聚山慈眼寺の住職、塩沼亮潤さんの記事を読みました。 『修業は人生を終える最後の一息まで続きます。千日回峰行は1000日間の行。その翌年には「食べず、飲まず、寝ず、横にならず」を9日間続ける「四無行」を満行しましたが、これも9日間の行。 すべては通過点です。ひとつの行を終えたら、 [続きを読む]
  • 境界標を明示してもらいましたか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは戸建を購入の際に、境界標を明示してもらいましたか?』 ◎皆様からの質問 「中古の戸建を購入する際、境界を確認する必要はありますか?不動産屋さんは、「杭なんてたいしてあてにならない」といいます。」 ■回答 売買契約書には、「境界の明示」に関する条項があります。 境界の明示は売主の義務であり、境界標がない場合には、引渡し [続きを読む]
  • 自宅を高く売る良い方法を 知っていますか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 「あなたは自宅を高く売る良い方法を知っていますか?」 ◎皆様からの質問 「自宅の売却を検討しています。 査定価格が高い不動産会社と専任媒介契約を結ぶと、高く売れますか?」 ■回答 不動産には「相場」があります。 相場よりも高い不動産は、売りづらく、相場よりも安い不動産は、早く売れます。 本来は「相場」で売却するのが、いいと思いま [続きを読む]
  • マンションのリスクが 顕在化しつつある
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたはマンションのリスクが顕在化しつつあるのを感じていますか?』「大手マンション販売が活況の中、本質的なリスクが顕在化しつつある。」 という日経ビジネスの記事を読みました。 「なぜ、低成長で人口減少が続く日本で、大型マンションがこれほど売れているのか。 需要を支えているのはシニア層と投資家。 シニア層は老朽化した住宅から [続きを読む]
  • カジノ法は不動産価格に影響を与えるか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは、カジノ法が不動産価格に影響を与えると思いますか?』楽待さんにコラムをアップしました。 「カジノ法が不動産価格に与える影響は?」 http://www.rakumachi.jp/news/column/211097 2016年12月にIR整備推進法(カジノ法)が可決され、国内でも横浜、大阪、長崎などで誘致に向けた検討が進んでいます。 政府がモデルとしているのは、シ [続きを読む]
  • 不動産取引には、 3つの取引態様がある
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 「あなたは不動産取引には、3つの取引態様があるのを知っていますか?」 ◎皆様からの質問 「新築の一戸建てを購入するのに、中古ではないのに仲介手数料がかかると言われました。 これはなぜですか?」■回答 不動産の「取引態様」には、3種類あります。 「媒介」、「売主」、「代理」です。 「売主」、「代理」の場合は、手数料はかかりませんが [続きを読む]
  • 2022年問題対策に 乗り出す
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは農林水産省と国土交通省が、2022年問題対策に乗り出すのを知っていますか?』「農林水産省と国土交通省は、都市部の農地「生産緑地」を維持するための対策に乗り出す。」 というニュースを読みました。 「地主の相続税を猶予したり、硬直的な土地の貸し借りの仕組みを柔軟にしたりして、企業やNPOが借りやすくする。市民農園など [続きを読む]
  • あなたの勉強するスクールの基準は 何ですか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたの勉強するスクールの基準は何ですか?』 ◎皆様からの質問 「不動産投資の勉強をしたいと考えています。スクールや塾、コミュニティを選ぶとき、何を重視して選べば良いでしょうか?」■回答 講師の質や分かりやすさ、経験、コストパフォーマンス等も、選ぶ基準としては大切ですが、 一番大切なのは、失敗してしまった時やトラブルに見舞 [続きを読む]
  • あなたはサブリース問題を 知っていますか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたはサブリース問題を知っていますか?』 『「家賃10年保証します」甘言で誘う業者の実態』 という記事を読みました。 「家賃の固定期間であるにもかかわらず、減額を迫られたケースが少なからず報告」 「12年目まで家賃は減額されなかったが、13年目で6%の減額、14年目で12%下がり、15年目には30%もの大幅減となってしまった。」 「サブリ [続きを読む]
  • 1Kニーズは、将来なくなるか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは1Kニーズは、将来なくなると思いますか?』◎皆様からの質問 「不動産投資を考えていますが、少子高齢化で1Kなどの単身者用はニーズがなくなるのではないですか?」■回答 確かに学生や若者のニーズは少なくなるかもしれませんが、ひとり暮らしの年配者のニーズが増えると思います。 日本の65歳以上の人口は2016年に約3500 [続きを読む]
  • 訪日客に変化
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは訪日客に変化があるのを知っていますか?』 「中国人による「爆買い」が沈静化した訪日消費。 だがここに来て、全体に勢いを取り戻している。」 という記事を読みました。 「今年1〜6月に日本を訪れた外国人旅行客は、前年同期に比べて17.4%増えた。消費は上半期の累計で、初めて2兆円突破。 こうした勢いを支えるのが韓国人旅行客で、42 [続きを読む]
  • 先に起こりうる事象に集中していますか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは先に起こりうる事象に集中していますか?』 日本電産の「永守重信」さんの記事を読みました。 『今業績がいいと思っても、それが続くと考えるとたちまち足をすくわれる。 大事なのは環境の変化に敏感になること。 苦難の時を思い起こして、いつも先に起こりうる事象に集中し続けることだ。』 ■雑感 確かに今の世の中、ものすごい速度で [続きを読む]
  • 社員寮に入りたいですか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは社員寮に入りたいですか?』 「社員寮が復活!ショールームや災害拠点併設など新タイプ続々」 という記事を読みました。 「各社が新設している社員寮は、ただの福利厚生施設ではない。 商材のショールームとしての役割や、災害時のBCP拠点としての機能、社内コミュニケーションを促進させる仕掛けなど付加価値を付けている。 こうした [続きを読む]
  • 今週末は、投資スクールを開催します。
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 8月も今日で終わりですね。 昨夜は強化セミナーと懇親会で超盛り上がりました。飲みすぎ?かしら(笑) 今週末は、投資スクールを開催します。 ●第一部は、弁護士今井多恵子さんによる「不動産投資の法律」 ●第二部は、天野真吾さんによる「3年で年収1億円を稼ぐ「再生」不動産投資」 ●そして、浅井佐知子の「実践!不動産投資」 皆様の参加、 [続きを読む]
  • 契約を白紙に戻したい場合、どうしますか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは契約を白紙に戻したい場合、どうしますか?』 ◎皆様からの質問 『不動産売却の契約後、諸事情で契約を白紙に戻したいです。違約金を払うしかないでしょうか?』 ■回答 契約の時に買主は「手付金」を支払います。 一定の期間内であれば、買主は手付金を放棄して、売主は手付金プラス同額の金額を支払うことで、契約を白紙に戻すことが可 [続きを読む]
  • 私道にも値段が付いていると思いますか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは私道にも値段が付いていると思いますか?』 ◎皆様からの質問 「私道持分のある土地を購入する場合、私道にも値段が付いているのですか?」 ■回答 私道は道路なので、通常値段は付いていません。 「購入した土地の価格に含まれている」と考えたほうが良いかもしれません。 ただし、私道の持ち分を持っていない隣接の人に売却するときは [続きを読む]
  • あなたは不動産業者に対してどんなイメージがありますか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは不動産業者に対してどんなイメージがありますか?』 「スマイスター」による「不動産業者のイメージ」についての調査を読みました。 1位「強引」30.7%、2位「しつこい」28.9%、3位「地域に詳しい」28.5%、4位「高収入」28.1%、 という結果のようです。 私から見ると、 売主さんに対しては、1位の「強引」と2位の「しつこい」は当てはま [続きを読む]
  • 楽街さんのコラムニスト納涼会に参加
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 昨日は楽街さんのコラムニスト納涼会に参加しました。 色々な投資家さんにお会いできて、とっても面白かったです。会場は六本木のとある場所。会場に着くと、とっても奇麗で20代の若い女性がたくさんいてびっくり! この人たちがみんな不動産投資のコラムニストなんだ〜。 と驚きつつも、受付で手続きをして、シャンパンを飲みながら、ゆったりし [続きを読む]
  • 主要都市の地価は
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは主要都市の地価はまだ上昇基調なのを知っていますか?』地価LOOKレポート、主要都市の高度利用地地価動向報告を読みました。 「平成29年第1四半期(1/1〜4/1)の主要都市・高度利用地における地価動向は、上昇が85地区(前回84)、横ばいが15地区(前回16)、下落が0地区(前回0)となり、上昇地区が全体の約8割(前回約8割)となった [続きを読む]
  • 高層マンションが幹線道路沿いに多い理由
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたは高層マンションが、幹線道路沿いに多い理由を知っていますか?』 ◎皆様からの質問 「高層マンションが大きな道路沿いに多いのはなぜですか?」 ■回答 容積率の問題が大きいと思います。 前面道路が広いと、容積率を制限なく使えるため、高い建物が建ちます。 逆に前面道路が狭いと、容積率の制限を受けます。 効率の面から考えると、幹 [続きを読む]