不動産鑑定士クリスタル さん プロフィール

  •  
不動産鑑定士クリスタルさん: そこのあなた、そんな不動産を選んではいけません!
ハンドル名不動産鑑定士クリスタル さん
ブログタイトルそこのあなた、そんな不動産を選んではいけません!
ブログURLhttp://ameblo.jp/appraisal01/
サイト紹介文不動産鑑定士の立場から、不動産について思ったことを書きます
自由文北海道のオホーツク出身、主婦不動産鑑定士です。不動産が大好きです。今までの経験を踏まえて不動産のことを書いていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供326回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2010/09/17 19:57

不動産鑑定士クリスタル さんのブログ記事

  • 「築地を再整備」派ですか? それとも豊洲移転派ですか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは「築地を再整備」派ですか?それとも豊洲移転派ですか?』『毎日新聞の世論調査 「築地を再整備」21%を上回る』と言うニュースを読みました。『毎日新聞が実施した電話世論調査で、豊洲市場(江東区)の移転問題については、「移転すべきだ」が28%で、「移転を中止し築地市場を再整備すべきだ」の21%を上回った。』■雑感土壌汚 [続きを読む]
  • 利他の心を 大切にしていますか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは利他の心を大切にしていますか?』カルチュア・コンビニエンス・クラブ社長増田宗昭さんの記事を読みました。『僕のポリシーは、日本人が持っている利他の心を大切にすること。つまり人を浮かび上らせて自分が浮かび上がるということです。利他の心は、グローバルで評価される一番の根源だと思っている。つまりビジネスで言うと顧客中心主 [続きを読む]
  • 金融庁もべた褒めの 銀行を知っていますか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは金融庁もべた褒めの銀行を知っていますか?』スマイスターさんに、「金融庁もベタ褒め!地銀のホープ、スルガ銀行を解説」と言う記事を書きました。日経新聞は社説の中で、「スルガ銀行のように戦略を工夫することで連続最高益を計上する地銀も出てきている。業界内では再編や大胆な提携が増えてきた。あらゆる選択肢を視野に、生き残りの [続きを読む]
  • 鉄道各社が ホテル事業を拡大している
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは鉄道各社がホテル事業を拡大しているのを知っていますか?』「5月中旬に訪日外国人旅行者数が過去最速で1000万人を突破した。と言うニュースを読みました。「都市部を中心に宿泊施設の需給逼迫がささやかれる中、鉄道各社がホテル事業の拡大にかじを切っている。人口減少で鉄道事業の先細りが避けられない中、鉄道インフラとの相乗効果も [続きを読む]
  • 和室の部屋は 好きですか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは和室の部屋は好きですか?』◎皆様からの質問「1棟のアパートを所有しています。和室が1部屋ある2LDKが、なかなか決まりません。和室を洋室に変え方がいいですか?」■回答和室の部屋が好きか嫌いかは好みによりますが、今はフローリングの洋室のほうが人気があるかもしれません。ただし、小さなお子さんがいらっしゃる場合は、和室があ [続きを読む]
  • 楽待さんにコラムを書きました
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは、「中国の不動産バブル崩壊による日本への影響」があると思いますか?バブル懸念が再び強まっている中国ですが、皆様は中国の不動産の動向が日本に影響を及ぼすと思いますか? 中国は今や日本のGDPを抜き、アメリカに次ぐ世界第2位の経済大国となっています。「中国の不動産バブルが崩壊した場合、日本にどんな影響があるか?」につ [続きを読む]
  • あなたは先頭を走っていますか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは先頭を走っていますか?』TOTO社長、喜多村円さんの記事を読みました。『技術的に一番手を走り続けるのは正直きついです。研究開発にはコストがかかりますし、最先端技術を搭載した商品でも、ヒットするかどうかは確信を持てません。二番手は、新技術が評価されたかを確認してから商品を出せばいいので、先行投資はいりません。それでも他 [続きを読む]
  • 土地区画整理事業の 価格への影響
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは土地区画整理事業の価格への影響を知っていますか?』◎皆様からの質問「検討している物件が土地区画整理事業地区内にあります。価格への影響はありますか?」■回答価格への影響は、事業の段階にもよります。・使用収益開始日・清算金の有無・工事の進捗状況などを調べる必要があります。仮換地指定前か後かで、評価の場所が変わるので、 [続きを読む]
  • 日本郵政が 野村不動産を買収するのを 知っていますか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは日本郵政が野村不動産を買収するのを知っていますか?』日本郵政が不動産大手の野村不動産を買収検討する」というニュースを読みました。「野村不動産は大手デベロッパー5社に入る企業で、「プラウド」というブランド名でマンションを展開しているほか、オフィスビルの運用を行っています。」■雑感日本郵政は、もともと「かんぽの宿」や [続きを読む]
  • アパートを売却する際、 敷金の取り扱い
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたはアパートを売却する際、敷金の取り扱いを知っていますか?』◎皆様からの質問「アパートを売却する場合、入居者から預かっている敷金はどうしますか?」■回答預り金である敷金は、入居者に返すものなので、新所有者に引き継ぎます。したがって契約金から敷金分を引いて支払われます。ちなみに礼金(権利金)は、入居者に返さなくても良い [続きを読む]
  • REITが低迷 しているのを知っていますか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは、REITが低迷しているのを知っていますか?』REIT関連のニュースを読みました。「昨年から欧米や日本のREITの動きが低迷している。米利上げ、Brexit(英EU離脱)、トランプ政権誕生などがネガティブ要因として挙げられているが、結局は高リスクな不動産信託の需要の低下が根本にあるのではないかとの見方が強い。極論的には、REITが倒産、 [続きを読む]
  • 大阪あいりん地区の隣に、 都市型観光ホテルができる
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは2022年に、大阪あいりん地区の隣に、都市型観光ホテルができるのを知っていますか?』星野リゾートが2022年に大阪の「あいりん」地区に近接する敷地にホテルを建て、開業するという記事を読みました。全608室、宿泊料は1泊2万円前後の予定だそうです。「ディープな大阪を体験できる斬新さで、観光客にアピールする。地域の課題解決に貢献 [続きを読む]
  • サ高住で事故が 多い?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたはサ高住で事故が多いのを知っていましたか?』「安否確認が義務づけられたサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)で、2015年1月から1年半の間に、死亡や骨折など少なくとも3千件以上の事故が報告されたことがわかった。制度上は民間の賃貸住宅に近いが、要介護者が入居者の大半を占める例も多く、国土交通省が改善に乗り出す。」■雑 [続きを読む]
  • 不動産鑑定士という 資格を知っていましたか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは不動産鑑定士という資格を知っていましたか?』「不動産鑑定士、受験者1/3に」という記事を読みました。「公共事業や都市開発に欠かせない、不動産鑑定士の受験者数が激減している。リーマンショック後の環境変化や知名度不足がその大きな理由だ。世代交代も控え、業界団体や国土交通省は学生の取り組みに力を入れる。」■雑感不動産鑑定 [続きを読む]
  • 中国でバブル懸念が 再び強まっている
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは中国でバブル懸念が再び強まっているのを知っていますか?』「中国国内にあふれたマネーが不動産市場やインターネット金融などに集中し、バブル懸念が再び強まっている。」というニュースを読みました。「膨らむバブルは中国経済の安定を損なう波乱要因になりかねない。」■雑感中国の不動産は、バブル崩壊が何度も叫ばれていますが、いま [続きを読む]
  • あなたはすべてのことに 疑問を持っていますか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたはすべてのことに疑問を持っていますか?』トヨタ生産方式の普及に尽力した大野耐一さんの記事を読みました。『最も大切なことはすべてのことに疑問を持つこと。夕焼けはなぜ赤い。タンポポの花はなぜ黄色い。なぜと疑問を持つことは勉強することにつながる。いわゆる考える人が養成される。』■雑感疑問のないところに、勉強はないのかもし [続きを読む]
  • 融資条件を引き締めたのは、どの金融機関?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。「融資条件を引き締めたのは、どの金融機関?引き締めor緩和、どちらに転ぶ?」最近、日銀・金融庁によるアパートローンの引き締めに関する報道をよく目にします。本当のところはどうなのでしょうか? お付き合いのある金融機関にリサーチしました。楽待のコラム、読んでくださいね。http://www.rakumachi.jp/news/column/204182?uiaid=sitx1hvigg& [続きを読む]
  • 良質な中古住宅を 安心して買える制度ができる
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは良質な中古住宅を安心して買える制度ができるのを知っていますか?』「国土交通省は、良質な中古住宅を認定する制度を今年夏にも導入する。」というニュースを読みました。「耐震性や住宅診断の実施など一定の基準を満たせば、国のお墨付きを示す認定マークを、中古住宅の仲介事業者に交付する。日本では売買が限られる中古物件のイメージ [続きを読む]
  • 長い間住んでいる入居者の リフォーム代
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは長い間住んでいる入居者のリフォーム代が心配ですか?』◎皆様からの質問「都心の区分マンションを検討しています。現入居者が既に8年入居されており、あと2年間の契約があります。長期に入居している部屋は、退去時に多額のリフォーム費用がかかると浅井さんの本に書かれていました。今回の検討にあたりどのくらいのリフォーム費用を想定 [続きを読む]
  • マンションの価格が47か月上昇!
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたはマンションの価格が、47か月上昇しているのを知っていますか?』国交省の不動産価格指数によると、マンションは13年3月分から47カ月連続でのプラスとなっているそうです。2010年平均を100とした全国の住宅総合指数は住宅地は前年同月比で4・8%増。戸建て住宅は2・7%増。マンションは5・2%増。■雑感マンション価格は47か月も上昇している [続きを読む]
  • あなたは「空中権」を 知っていますか?
  • おはようございます。不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたは「空中権」を知っていますか?』◎皆様からの質問「日本では、トランプタワーのように近隣の容積率を買い取り、超高層ビルってないのですか?」■回答はい、あります。「空中権」です。建物の容積率のうち、未利用容積率分を移転する権利のことをいいます。2000年に特例制度が新設され、隣接地などに容積率を譲渡できるようになりました。 [続きを読む]
  • あなたはミステリー小説、 好きですか?
  • おはようございます!不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。『あなたはミステリー小説、好きですか?』作家の赤川次郎さんの記事を読みました。『自分や自分が大事にしている家族や恋人がこんな境遇に追い込まれたらどうなってしまうのか。小説という虚構の世界を通じて、読者に登場人物と同じ体験をしてもらう。そうすれば、読んだ人は自分のこととして感じたり、考えたりすることができます。フィクションで [続きを読む]