keiko さん プロフィール

  •  
keikoさん: あじさい通信・ブログ版
ハンドル名keiko さん
ブログタイトルあじさい通信・ブログ版
ブログURLhttp://kurakeiko.exblog.jp/
サイト紹介文倉敷在住の主婦のお出かけ&活動記録。日本全国の旅行レポートもあります。倉敷友の会の会員。
自由文花のいのちは結構長い、イキイキ咲きたい私の日常!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供264回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2010/09/18 21:28

keiko さんのブログ記事

  • NHK「ファミリーヒストリー」 ショーン・レノン&オノ・ヨーコを見て
  •  18日夜の「ファミリー・ヒストリー」、ショーン・レノンとオノ・ヨーコ編は興味深く見ました。小野家の先祖が岡山藩にいたとのこと、岡山大学に資料が残されている、という部分では地元だけにビックリ。戊辰戦争で敵味方になっていた女性と結婚したという話にもまたドラマチックなものを感じました。そしてそして、皆さんすごいお家柄、すごい経歴の持ち主ばかり。お母さんが安田財閥のお嬢様というかお姫様のような人だったのだ [続きを読む]
  • 亭主元気?で留守な半日は
  •  お盆の行事も、長男の協力で祭壇やお供え物を片付けて無事終えることが出来、日常が戻ってきました。 夫は先日の人間ドックで大腸と胃の要精検になったので、川崎医科大学で大腸と胃の内視鏡検査をこの日に予約を入れていたので、朝7時半ごろ出かけて行きました。少なくともたぶん3時ごろまではかかるだろうと踏んで、久々の縫物を始めました。 まずはボタンの取れたブラウスが2枚あるのになかなかつけられないでいたので、ボ [続きを読む]
  • 亭主元気?で留守な半日は
  •  お盆の行事も、長男の協力で祭壇やお供え物を片付けて無事終えることが出来、日常が戻ってきました。 夫は先日の人間ドックで大腸と胃の要精検になったので、川崎医科大学で2つの内視鏡検査の予約を今日に入れており、朝7時半ごろ出かけて行きました。少なくともたぶん3時ごろまではかかるだろうと踏んで、久々の縫物を始めました。 まずはボタンの取れたブラウスが2枚あるのになかなかつけられないでいたので、ボタンいろいろ [続きを読む]
  • 墓参りツアー
  •  8月13日(日)お盆の始まりは墓参りから。 我が家の「墓参りツアー」は、先日墓掃除をした、夫の両親の眠る墓地から。先に着いた次男から「まだあ?」という電話で慌ててこちら、長男の運転する3列シートの車に長男とお嫁さん、孫2人、私たち夫婦が乗って出発。墓掃除のときにお供えしたシキビに加えて持参の花束をお供えし、「おじいさん、おばあさん、皆で来ましたよ。どうぞあなたの孫やひ孫たちが幸せに暮らせるように見守 [続きを読む]
  • お盆に思う
  •  毎年お盆の準備は、墓掃除から始まります。 若いころは墓掃除なんてしたこともなかったけれど、舅姑を送ってからは、私たち夫婦の、そして一緒に住む長男夫婦、孫が生れてからはお嫁さんは来られなくなり、長男と私たちの3人で、11日くらいの早朝に行っています。今年も、長男と3人で。 と思ったらなんと、夫がその朝忘れて散歩に出てしまっており、長男と車で出かけたら、帰ってくる夫に出会い、車で拾って行きました。  墓 [続きを読む]
  • 息子一家とお出かけ。
  • 息子のお嫁さんが、ママ友から「行ってみたら案外よかったそうです。一緒に行きませんか」と誘ってくれたので、喜んで一緒に3列シートの車に同乗して出かけました。 お盆の休みの時だったので、2号線は渋滞、思ったより時間がかかりました。11時過ぎ、「笠岡に行くなら笠岡ラーメンじゃろう」と、息子が目指していた「笠岡ラーメンの名店」というのに到着。え、ここ? 見るからに失礼ながら掘っ立て小屋。息子が言うには、「名店 [続きを読む]
  • ゴーヤーの棚が。 そしてゴーヤー取れ過ぎて
  • 台風5号は各地に大雨の被害をもたらしているようで、被害にあった方々にはお見舞い申し上げます。さて、我が家的な台風被害といえば・・・ トマトの木?の幹が2本、ぽっきりと折れたのと、もう一つ、わかりにくいかもしれませんが、グリーンカーテンのゴーヤーの支柱を、軒の幕板(?)にもたれかからせていたのですが、台風の影響の大雨で地面が柔らかくなったのと、育ったゴーヤーの重みとで、軒の支えのところがはずれ、窓に向 [続きを読む]
  • 道央の旅 その10 札幌・羊ヶ丘、ノーザンホースパーク、千歳
  • 札幌ラーメンで昼食をとった後、羊ヶ丘展望台へ。三浦綾子さんの小節にも「羊ヶ丘」というのがあったなあと思いつつ。広い広い農業試験場のようなところ。刈り取った牧草が乾燥のためにその場に置かれていました。あの円筒形のにまとめる前に、その場で広げて乾かしていたのですね。展望台には腕を伸ばすクラーク博士の像や、日本ハムファイターズの結成当時の選手の手形だとか、「恋の町札幌」の歌碑(裕次郎さんと浜口倉之助さん [続きを読む]
  • 道央の旅 その9 札幌
  •  2017年8月4日(金)、この日は1日個人タクシーで札幌市内観光をしました。朝9時から、夕方5時に千歳へ送ってもらうという約束です。レンタカーで回るとどうしても時間が読めないので効率よく回れないことから。お願いしていた旅行業者さんが格安の料金のところを見つけてくれました。朝8時45分には迎えに来てくれました。この人、個人タクシー組合から依頼があったようです。名札には小原とありましたので、夫と「こはらさんかな [続きを読む]
  • 道央の旅 その8 帰り道の小樽、そして札幌
  • 積丹半島からは札幌へ行く予定でしたが、途中2時ごろには休憩を入れようね、と言っていたらちょうどその時間は小樽でしたので、前の晩泊ったホテルノルド小樽の横を通りました。外装は大理石なのだそうでした。古風な外観、1階のエレベーターホールのところは、時計みたいに矢印で階を示すようになっていて、クラシック調でした。駐車場を探して入れ、こちらへ。一番有名な小樽運河の端のところです。観光客がいっぱい。そばの電光 [続きを読む]
  • 道央の旅 その7 積丹半島・神威(カムイ)岬
  •  余市から古平(ふるびら)を経て、積丹半島の先端部の神威岬へとドライブしました。途中、うにがよくとれるらしく、赤い旗がたくさん立っていると思ったらそれは「密漁禁止」の旗でした。高価なウニを狙って密漁者が多数いるのでしょう。 また「ウニ丼」を提供する地元の食堂の看板も多数ありました。岬までは思ったより遠い道のりでした。こちら、岬の駐車場の脇に建てられた記念碑です。駐車場は車がいっぱい。50台位もいた [続きを読む]
  • 道央の旅 その6 ニッカウヰスキー余市蒸留所
  •  8月3日、朝8時半ごろホテルを出発。目指すはかつてNHKの朝のドラマ「マッサン」でその夫婦の様子を描かれていたニッカウヰスキーの醸造所です。 以前私は竹原の竹鶴酒造の建物を見学したこともあり、ニッカウヰスキーの創業者の家だといたこともあったのに、あのドラマを見るまでは奥さんがスコットランドの出身者だったことは知りませんでしたし、竹鶴政孝さんの功績も知りませんでした。ドラマを見て、遠い異国の地で結ば [続きを読む]
  • 道央の旅 その6 ニッカウヰスキー余市蒸留所
  •  8月3日、朝8時半ごろホテルを出発。目指すはかつてNHKの朝のドラマ「マッサン」でその夫婦の様子を描かれていたニッカウヰスキーの醸造所です。 以前私は竹原の竹鶴酒造の建物を見学したこともあり、ニッカウヰスキーの創業者の家だといたこともあったのに、あのドラマを見るまでは奥さんがスコットランドの出身者だったことは知りませんでしたし、竹鶴政孝さんの功績も知りませんでした。ドラマを見て、遠い異国の地で結ば [続きを読む]
  • 道央の旅 その5 小樽の夕食
  •  小樽のグルメといえば、お鮨、というのが定番だということは、何年か前に行ったときには私は知りませんでした。で、小樽に赴任していた高校の同級生行きつけの店を教えてもらい、その年に行ったのはこちら、「松尾ジンギスカン」おばさんにその同級生の紹介だといってお世話になりました。その後夫が、せっかくの小樽だったのに鮨を食べなかったと文句たらたらだったので・今回はホテルマンに尋ねると、近くにサイドメニューも充 [続きを読む]
  • 道央の旅その4 トマム、夕張メロン、小樽
  • 朝です。こちらでは「雲海テラス」という山の上のほうまでロープウエイで行って、雲海が見られる(かも)、というのが売りなのですが、何しろ雲海を見るには朝4時起きで出かけないといけないのと、14℃くらいになるということで、起きはしたもののやめました。右下のほうに夕食を食べたレストラン棟がありました。朝食は、広い敷地内に点在する3つほどのレストランで提供されるとのことでしたが、朝っぱらからよその棟へでかけ [続きを読む]
  • 道央の旅その3 青い池、後藤純男美術館、ファーム富田
  •  旭川のホテルの朝食です。家ではパン食なのですが、旅先のビュッフェ形式だといわゆる腹持ちがよい和食を基本にしています。この日は出発日の朝と似たメニューで、冷奴、温泉卵、ポテトサラダ含むサラダ、きんぴら、だし巻き卵(卵が2種になった)お味噌汁、お漬物、ごはんでした。美瑛の道の駅「びえい丘のくら」。名前の通り外観は石造りの倉庫で道の駅のイメージが違いました。青い池。文字通りコバルトブルーというのでしょ [続きを読む]
  • 道央の旅その2 三浦綾子記念文学館と夕食
  • 旭川といえば私の中では小説「氷点」の三浦綾子さん。文学館にはぜひ行きたかったのです。見本林の傍らに立つ、文学館。動物園に時間を取られ、着いたのは閉館間際の4時半、駆け足でざっと、それでも彼女の生きざまや、ご主人の三浦光世さんのことなど感動しつつ拝見。もっとゆっくりと見たかったのでしたが、結構小説も読んでいたので、よかったです。見本林のたたずまいも見ることができました。ホテルについて夕食はタクシーで [続きを読む]
  • 道央の旅その1 旭山動物園
  •   旭川空港は地面が濡れていました。レンタカーを借りていざ。 旭川は雨でした。でも傘を持たない人にはオレンジ色の傘の貸し出しがあって、園内にはオレンジ色の傘と持参の傘がまじりあってにぎやか。おかげで雨にぬれる人もおらず、子供は持参のカッパを着せてもらうなどしていました。 話に聞いていた通り、動物のその動物らしい行動がよく見える展示にびっくりしながらの見物。オランウータンが高い高い所を平気でぶらぶら [続きを読む]
  • 待ち時間に「空弁」
  • 羽田空港では約2時間待ちでした。岡山をもう一つ後の便でも間に合ったのですが、何しろその飛行機の到着が遅れると乗り継ぎする便に間に合わない恐れもあるので、1便早いので行ったためです。で、夫、11時までに食べるのは早すぎると言い張るので、では機内で空弁と行きますか、といなりずしの一口サイズの食べやすそうなのを買ったのですが、結局食べたのは搭乗口を前にしたベンチでした。あーあ、それなら空港内のレストランにし [続きを読む]
  • 空港で朝食
  • 7月31日(月)、朝4時起きで5時出発、岡山空港へ。途中日の出を車中から見ました。着くとまだ搭乗手続きは始まっておらず、少し待ってからeチケットで手続き。朝ごはんは空港レストランが6時15分にあくので(ネットで調べて)、シャッターの前で待っていると、次々にANAのCAさんやパイロットの方々が横手のドアから中へ。職員の人もそこで朝食をとるらしかったです。やっと開いて中へ。メニューのうち一番ヘルシーそうな「お [続きを読む]
  • 輪くぐり
  • 7月30日は「輪くぐり」だそうで、近所の小さなお宮に息子たちが行ってきました。小さな茅の輪をもらって帰り、玄関先に魔除けにつるしておきます。私にしても長い間行っていなかったし、お嫁さんが見たことがないと言うので息子たち一家で行ってきました。iPhoneから送信 [続きを読む]
  • 朝から
  • 朝5時半起きで庭の草取りを少し。でもなあ。5時台というのに28℃、湿度93%とは。ほんの30分ばかりの草取りでも汗びっしょり。草ぼうぼうの庭に一人立って鍬で溝の中に生えた草を取ったりしながら、私一人でこの庭を管理しているのだけれど、私が出来なくなったら、息子たちやってくれるのだろうか、大変だからというのでコンクリートで覆ったりするかもしれないな、などとふと考えました。 暑い夏、熱中症で倒れたり亡くなったり [続きを読む]
  • カナリヤたちの同窓会
  • 28日(金)、かつて「同じ釜の飯」を合宿で食べ、苦楽を共にしたグリークラブの同級生たちが集まりました。JRで行ったので岡山駅から汗を拭きふき歩いていると、前方に似たような年恰好のオバサン2人がずっと同じコースを行くので、よく見るとそのお仲間でした。ちょうど時間の11時半に到着、すでに朝6時過ぎに東京から出た来た人が最後で、予定メンバー集合。 学生時代には80人くらいの大所帯で、同級生も20人くらいいたはず。  [続きを読む]
  • 病院内のアンケートに
  •  夫の2か月に1度の定期受診に、栄養指導を組み込んでもらっていて、例によって食事の写真をリストにして持参していました。3つの科を受診する合間に栄養指導に出向き、そこの待合で待っていると、栄養士の卵?の人から「アンケートに答えてもらえますか。近頃の市販のお弁当について」というので、そういえば、私がいないときには夫は外食だし、私が外出するときは手作り弁当持参なので、市販のお弁当を買ったことがない、と答え [続きを読む]
  • 蜂に刺されたら?
  •  先日、知り合いの人のフェイスブックで、蜂に3か所も刺されて腫れあがったので、お医者さんに行ったけれど、何の処置もしてくれずお薬も出してもらえなかったとの事でしたが、また別の高齢男性が同じように蜂に刺され、3日で腕がはれ上がっている、というのを見せてもらいました。 私の知識では、蜂に刺されたらアンモニア水を塗る、というのが処置なのですが、後の方の男性の話によると、アンモニア水では効かないそうで、救急 [続きを読む]