げんじい さん プロフィール

  •  
げんじいさん: げんじいのブログ
ハンドル名げんじい さん
ブログタイトルげんじいのブログ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/ooya164
サイト紹介文主に、四季の花と風景の写真を投稿。 他に文化財探訪、庭作り、大菊栽培、など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供407回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2010/09/19 20:53

げんじい さんのブログ記事

  • いなべ梅林公園
  • 昨日、良い天気に誘われて三重県いなべ市の「いなべ梅林公園」に行ってきました。 今年は開花がやや遅く、これからが見ごろです。(昨年は3月11日でほぼ満開でした) 続きは「ゲンジイ」のブログへhttp://outdoor.blogmura.com/sanpo/img/sanpo88_31.gif [続きを読む]
  • 長浜盆梅展
  •  昨日(2/27)、長浜市の慶雲館で開催されている長浜盆梅展に行ってきました。 平日だったため比較的すいていて、梅の良い香りに満たされた会場内で、ゆっくり至福のひと時を楽しめました。  樹齢400年の「不老」が丁度見ごろでした。 続きは「ゲンジイのブログ」で。http://outdoor.blogmura.com/sanpo/img/sanpo88_31.gifhttp://localchubu.blogmura.com/gifu/img/gifu88_31.gif [続きを読む]
  • 長浜盆梅展
  •  昨日(2/27)、長浜市の慶雲館で開催されている長浜盆梅展に行ってきました。 平日だったため比較的すいていて、梅の良い香りに満たされた会場内で、ゆっくり至福のひと時を楽しめました。  樹齢400年の「不老」が丁度見ごろでした。 続きは「ゲンジイのブログ」で。 [続きを読む]
  • 三島池と伊吹山
  •  三島池から見た伊吹山です。 今日は良い天気に恵まれて伊吹山が綺麗でした。 しかし、池は半分以上が凍っていて、逆さ伊吹は見られませんでした。http://outdoor.blogmura.com/sanpo/img/sanpo88_31.gifhttp://localchubu.blogmura.com/gifu/img/gifu88_31.gif [続きを読む]
  • 中山道・赤坂宿ぶらり(14)・完
  • 中山道・赤坂宿の散策の続きです。 照手姫の水汲み井戸を後にして、中山道にもどります。 街道に戻った所に円願寺(芦竹庵)跡があります。 「圓願時・芦竹庵」の碑の横に設置されている石碑には以下のように刻されています。  美濃國青墓里長者屋敷  照手姫の汲給ひし清水  源義経の挿給ひし芦竹  照手姫守本尊千手観音   昭和五年木山書 ここには傘をかぶったお地蔵さまが祀られており、横に「 [続きを読む]
  • 中山道・赤坂宿ぶらり(14)・完
  • 中山道・赤坂宿の散策の続きです。 照手姫の水汲み井戸を後にして、中山道にもどります。 街道に戻った所に円願寺(芦竹庵)跡があります。 「圓願時・芦竹庵」の碑の横に設置されている石碑には以下のように刻されています。  美濃國青墓里長者屋敷  照手姫の汲給ひし清水  源義経の挿給ひし芦竹  照手姫守本尊千手観音   昭和五年木山書 ここには傘をかぶったお地蔵さまが祀られており、横に「 [続きを読む]
  • 中山道・赤坂宿ぶらり(13)
  • 中山道・赤坂宿の散策の続きです。 粉糠山古墳を後にして、中山道へ戻り西へ。 青墓宿の西寄りまで進むと照手姫水汲み井戸の案内板があります。案内板に従って、左折して進みます。 照手姫の水汲み井戸 歌舞伎や浄瑠璃の「小栗判官 照手姫」の伝説で知られ、青墓宿に売られてきた照手姫が主人から無理難題の苦役を強いられ、かごで水汲みをしたと伝えられる井戸の跡です。[「小栗判官 照手姫」 常陸の国の郡 [続きを読む]
  • 中山道・赤坂宿ぶらり(13)
  • 中山道・赤坂宿の散策の続きです。 粉糠山古墳を後にして、中山道へ戻り西へ。 青墓宿の西寄りまで進むと照手姫水汲み井戸の案内板があります。案内板に従って、左折して進みます。 照手姫の水汲み井戸 歌舞伎や浄瑠璃の「小栗判官 照手姫」の伝説で知られ、青墓宿に売られてきた照手姫が主人から無理難題の苦役を強いられ、かごで水汲みをしたと伝えられる井戸の跡です。[「小栗判官 照手姫」 常陸の国の郡 [続きを読む]
  • 宝光院のはだか祭
  • 昨日、大垣市野口の宝光院で恒例の「節分会はだか祭」が行われ、見てきました。 毎年2月3日、節分の日に行われる「節分会はだか祭」は、一年間のわざわい・厄を杭瀬川に入って身を清め、厄除開運を祈願するという伝統の行事です。 ーーー 続きは「ゲンジイ」のブログへ ーーー  [続きを読む]
  • 宝光院のはだか祭
  • 昨日、大垣市野口の宝光院で恒例の「節分会はだか祭」が行われ、見てきました。 毎年2月3日、節分の日に行われる「節分会はだか祭」は、一年間のわざわい・厄を杭瀬川に入って身を清め、厄除開運を祈願するという伝統の行事です。 ーーー 続きは「ゲンジイ」のブログへ ーーー  [続きを読む]
  • 中山道・赤坂宿ぶらり(12)
  •  中山道・赤坂宿の散策の続きです。 JR東海道本線(下り)のガード下を通り抜けると青墓(おおはか)町です。 青墓(おおはか)は別名が色々ありますが、元は大墓と呼ばれたが最終的には大を青に置き換えたようです。 ほかに青波賀,遭墓,奥波賀,青波加,青冢とも書いたようで、良い字を当てたいとの思いが伝わります。 ここには平安時代の東山道の宿場が有ったそうで、当時は遊女で賑わったようです。江戸時代に中山道が [続きを読む]
  • 中山道・赤坂宿ぶらり(12)
  •  中山道・赤坂宿の散策の続きです。 JR東海道本線(下り)のガード下を通り抜けると青墓(おおはか)町です。 青墓(おおはか)は別名が色々ありますが、元は大墓と呼ばれたが最終的には大を青に置き換えたようです。 ほかに青波賀,遭墓,奥波賀,青波加,青冢とも書いたようで、良い字を当てたいとの思いが伝わります。 ここには平安時代の東山道の宿場が有ったそうで、当時は遊女で賑わったようです。江戸時代に中山道が [続きを読む]
  • 中山道・赤坂宿ぶらり(11)
  • 中山道・赤坂宿の散策の続きです。 昼飯大塚古墳から中山道に戻り西へ向かいます。 少し歩くと右手にお寺(如来寺)があり、その入り口に昼飯(ひるい)町の名前の由来と如来寺の説明板があります。昼飯(ひるい)町の由来 むかし、善光寺如来という仏像が、大阪の海から拾いあげられ、 長野の善光寺へ納められることになりました。 その仏像をはこぶ人々が、青墓の近くまで来たときは五月の中頃でした。近くの [続きを読む]
  • 中山道・赤坂宿ぶらり(10)
  •  二ツ塚古墳(大塚1号古墳、大塚2号古墳(車塚古墳))を見た後、150mほど西にある「昼飯大塚古墳」へ向かいました。 昼飯大塚古墳は今から約1600年前に築かれた岐阜県最大(長さ150m)の前方後円墳です。 特徴は構造が三段築成となる点、後円部の頂上に竪穴式石室、粘土槨、木棺直葬という3つの埋葬形態が存在する点です。手前は縮尺1:70の模型です。  古墳と伊吹山 ここから北へ90mほどの中山道に戻り、西へ [続きを読む]
  • 中山道・赤坂宿ぶらり(9)
  •  赤坂宿の西の端にある「赤坂宿御使者場跡」を過ぎると大垣市昼飯町に入ります。 ここには岐阜県で最大の前方後円墳である「昼飯大塚古墳」などいくつもの古墳があります。 先ず「昼飯大塚古墳」の東150mにある小さな二ツ塚古墳に寄ります。二ツ塚古墳 赤坂総合センターを挟んで南北に大塚1、2号墳の2基の小古墳があり、合わせて二ツ塚古墳と呼んでいます。 中山道に近い北側の大塚1号墳は径15mくらいの円墳に見えますが [続きを読む]
  • 中山道・赤坂宿ぶらり(8)
  •  岡山(勝山)周辺をゆっくり散策した後、中山道に戻り、子安神社への入り口を右に見て、さらに西へ向かいます。 数分歩くと左側に「赤坂宿御使者場跡」の碑があり、ここが宿場の西の入り口になります。 御使者場跡の碑の後ろの丘が兜塚です。 階段を登ったところに大きな石碑があり、「関ヶ原の決戦の前日9月14日、杭瀬川の戦にて戦死した東軍の中村隊の武将野一色頼母を葬り、鎧兜を埋めた」と伝えられています 。 兜塚 [続きを読む]
  • 中山道・赤坂宿ぶらり(7)
  • 中山道・赤坂宿散策の続きです。 安楽寺には、大垣藩上席家老戸田権左ヱ門も葬られています。 戸田権左ヱ門は忠臣蔵で有名な浅野匠守の「江戸城刃傷事件」の処理に正使として播州赤穂藩に赴き、大石蔵助ら幹部要人と折衝し、赤穂城の無血開城に成功した人物です。 安楽寺の敷地である岡山(勝山)には関ヶ原合戦の前日(9月14日)徳川家康が着陣た本陣跡があります。 安楽寺の駐車場から見た岡山です。 本陣跡のある山頂には [続きを読む]