げんじい さん プロフィール

  •  
げんじいさん: げんじいのブログ
ハンドル名げんじい さん
ブログタイトルげんじいのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ooya164
サイト紹介文主に、四季の花と風景の写真を投稿。 他に文化財探訪、庭作り、大菊栽培、など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供339回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2010/09/19 20:53

げんじい さんのブログ記事

  • 若草山と阿倍文殊院
  •  元正天皇陵へ行った日(5月23日)に若草山山麓の「菊一文殊四郎包永」で昼食をとり、「阿部文殊院」を訪れました。 阿部文殊院  大化の改新の際に左大臣となった阿部倉梯麻呂が一族の氏寺として建立した寺で、我が国では、最古に属する寺院です。 天橋立の切戸文殊、山形の亀岡文殊とともに三大文殊の一つ。 ↓ 客殿五台閣     ここで抹茶とお菓子を頂き、住職のお話を拝聴しました。  ↓ 本堂 本尊は獅子に跨 [続きを読む]
  • 全日本愛瓢会の総会・展示会
  •   養老町中央公民館にて昨日と今日の二日間、全日本愛瓢会の第42回総会・展示会が開催されました。 ヒョウタンを町のシンボルとする養老町は全国から愛好者が集う総会・展示会を招致し、養老改元1300年祭の記念行事の一つに位置付けています。 昨日は名誉総裁の秋篠宮殿下をお迎えしました。  ーーー 続きは「ゲンジイ」のブログへ ーーー [続きを読む]
  • 元正天皇陵
  •  西暦717年(霊亀3年)9月、養老を訪れ、当地の美泉がもつ若返りの効能に感心された元正天皇は、元号を「霊亀」から「養老」へ改元。以降、この出来事は、当町の成り立ちに強い影響を与え、養老町は元号を町名として取り入れる数少ない地方自治体となりました。 西暦2017年(平成29年)には、養老改元から1300年という記念の年を迎え、「養老改元1300年祭」の行事が色々計画されています。 3月20日に例年通り養老の菊水 [続きを読む]
  • 彦根城と長浜城の桜
  •  今日は風が有りましたが雨が上がりましたので、彦根城と長浜城の桜を見てきました。 どちらも丁度満開になったところで、風が有っても散ることもなく、良かったです。 彦根城  長浜城 続きは「ゲンジイ」のブログへ投稿します。 [続きを読む]
  • 満開の桜をはしご
  • 4月9日、天気が回復しましたので近場の桜の名所(10ヵ所)を回りました。「養老公園」「墨俣一夜城と犀川堤」「水門川と大垣城」「つちや垂井工場」「相川堤」「杭瀬川堤」「霞間ヶ渓」「大津谷公園」「弓削寺」「粕川堤」どこもほぼ満開でした。 墨俣一夜城 大垣城 つちや垂井工場 相川堤 霞間ヶ渓 大津谷公園 弓削寺 杭瀬川堤 粕川堤 [続きを読む]
  • いなべ梅林公園
  • 昨日、良い天気に誘われて三重県いなべ市の「いなべ梅林公園」に行ってきました。 今年は開花がやや遅く、これからが見ごろです。(昨年は3月11日でほぼ満開でした) 続きは「ゲンジイ」のブログへhttp://outdoor.blogmura.com/sanpo/img/sanpo88_31.gif [続きを読む]
  • 長浜盆梅展
  •  昨日(2/27)、長浜市の慶雲館で開催されている長浜盆梅展に行ってきました。 平日だったため比較的すいていて、梅の良い香りに満たされた会場内で、ゆっくり至福のひと時を楽しめました。  樹齢400年の「不老」が丁度見ごろでした。 続きは「ゲンジイのブログ」で。 [続きを読む]
  • 長浜盆梅展
  •  昨日(2/27)、長浜市の慶雲館で開催されている長浜盆梅展に行ってきました。 平日だったため比較的すいていて、梅の良い香りに満たされた会場内で、ゆっくり至福のひと時を楽しめました。  樹齢400年の「不老」が丁度見ごろでした。 続きは「ゲンジイのブログ」で。http://outdoor.blogmura.com/sanpo/img/sanpo88_31.gifhttp://localchubu.blogmura.com/gifu/img/gifu88_31.gif [続きを読む]
  • 三島池と伊吹山
  •  三島池から見た伊吹山です。 今日は良い天気に恵まれて伊吹山が綺麗でした。 しかし、池は半分以上が凍っていて、逆さ伊吹は見られませんでした。http://outdoor.blogmura.com/sanpo/img/sanpo88_31.gifhttp://localchubu.blogmura.com/gifu/img/gifu88_31.gif [続きを読む]
  • 中山道・赤坂宿ぶらり(14)・完
  • 中山道・赤坂宿の散策の続きです。 照手姫の水汲み井戸を後にして、中山道にもどります。 街道に戻った所に円願寺(芦竹庵)跡があります。 「圓願時・芦竹庵」の碑の横に設置されている石碑には以下のように刻されています。  美濃國青墓里長者屋敷  照手姫の汲給ひし清水  源義経の挿給ひし芦竹  照手姫守本尊千手観音   昭和五年木山書 ここには傘をかぶったお地蔵さまが祀られており、横に「 [続きを読む]