京都古民家鑑定 さん プロフィール

  •  
京都古民家鑑定さん: 京都府古民家再生協会
ハンドル名京都古民家鑑定 さん
ブログタイトル京都府古民家再生協会
ブログURLhttp://ameblo.jp/kominka-okuda/
サイト紹介文日本人の美意識「もったいない」精神を尊重し大切に使い続ける意義を提案します。
自由文人と環境に優しい住まい方、伝統・文化を未来の子供達へ・・・グリーン建築に貢献しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/09/20 10:14

京都古民家鑑定 さんのブログ記事

  • 聖徳太子に誓う技術と気質
  • 3月22日には不足する職人育成の一環として【平成の太子講】が執り行われました。 太子講(タイシコウ)とは、聖徳太子を工匠の祖として信仰する大工を中心とする職人の集まり。この日の京都・月讀神社には全国から30名強の関係者が集い、神職によるご祈祷を行い、太子像を前に会合が行われた。 最近は行われなくなった行事ですが、全国古民家再生協会では若手大工の育成にも力を入れています。技術と気質「 [続きを読む]
  • 古民家の保存・活用に古民家インスペクション
  • 古民家のインスペクション、【古民家鑑定】は実際の古民家に調査員(古民家鑑定士)がむかい519項目をチェックしています。 依頼者の目的は、リフォームする前にどこを直すべきか判断する。古民家の購入前にコンデションを判断しておく。 最近では行政からの依頼も増えています。【古民家鑑定】【古民家床下診断】【古民家耐震診断】 3つ同時に診断しています。 写真は静岡県松崎町からの依頼で12件実 [続きを読む]
  • この日古民家は動いた
  • 二回目となる「古民家再生議員連盟」の会合が衆議院会館で執り行われました。全国から支部長が出席し多くの要望を「議員連盟」に聞いていただき、内閣府・国土交通省・観光庁・厚生労働省の皆様にも古民家の現況とともにお聞きいただきました。 ・古民家インバウンド・大工棟梁の育成・フラット35基準・古民家エコポイントの導入 古民家の再生団体「古民家再生協会」は、古民家を再生し活用する団体としても地域創生に [続きを読む]
  • 4月例会のご案内
  • 京都府4月度の例会は、右京ふれあい文化会館で開催いたします。 4月からの新たな年度、「第二回古民家再生議員連盟 進捗報告」「亀岡市シルバー人材センター・古材鑑定士講習 開催報告」「平成の太子講 開催報告」など大きなご報告をいたします。当日は、井上顧問もお越しいただき、全国最新の情報などもお話しいただけます。皆様ご多忙とは存じますがご出席いただきますようよろしくお願いいたします。 なお、親睦を [続きを読む]
  • 28年度最後の例会を終えて
  • 3月11日京都第一支部3月例会を執り行いました。4月より新たな年度を迎えることになります。 日頃よりご尽力いただく会員様はじめ、連携協会様へは何かとご迷惑をおかけした一年でしたが、おかげさまで、「古民家再生議員連盟の設立」「フラット35制度活用」「耐震助成」「床下診断ロボットの導入」「ハンドプレカット工場の設置」「平成の大工棟梁検定の開催」「ポリテクカレッジ・ポリテクセンターとの連携」「シルバー [続きを読む]
  • 全国縦断「住教育セミナー」
  • 全国を縦断してきた【住教育セミナー】は、沖縄・石川・東京、残す3ブロック。 大阪では、全国優良工務店支援協会 大沼講師による『住んでから本当に喜んで頂ける住宅』をテーマでした。 各会場ごとの専門テーマで、ご注目いただきたいのは講師の面々。「建造物」のお話しではなく「住まい」で幅広く活躍される方々です。楽しく住生活を学んでいただけるはずです。お時間ある方はぜひ参加してくださいね。 & [続きを読む]
  • おくどさん作りワークショップ☆参加者募集拡大!
  • 話題のおくどさん作りワークショップ、いよいよ開講です! お申し込み先着順です。お早めに☆ おくどさんの「くど」とは「竃(かまど)」のこと。古民家には竃を中心としたダイドコが設けられ、食事の煮炊きでおくどさんが大活躍したものです。土や煉瓦などの自然素材で作られるおくどさんには、先人の知恵が詰まっており、また左官職人の腕の見せ所でもあります。 今回のワークショップでは、それら体験を通 [続きを読む]
  • 古民家リフォームの安心・安全は日々向上しています
  • 滋賀県長浜しでは古民家の再築が着実に進んでいます。この古民家では「長期優良リフォーム事業」が活用されています。 この度、古民家として全国で初めて【長期優良リフォーム補助金】を受けることできました。 【古民家耐震】には、伝統再築士により耐震診断を行い基準の数値も確保できていました。 古民家でも【リフォーム瑕疵保険】掛けています。 古民家にも【フラット35融資】ご利用いただけます。&nbs [続きを読む]
  • ジャパトラ3〜contents紹介
  • 後世に伝えたい日本の伝統「ジャパトラ」。消費者の皆様からも来月号が待ち遠しい♪とリニューアルされますますご好評いただいております。 「古民家が日本を元気にする」のコーナーでは、未来の子どもたちのために 古民家で国を元気にしていく日本のリーダーの想いと、各支部からの事例を合わせて紹介されています。 3月号では、古民家再生議員連盟 会長代行 塩崎恭久氏から、全国古民家再生協会と緊密に連携し、古民 [続きを読む]
  • 京都府3月例会のご案内
  • 京都府3月度の例会は、ハートピア京都で開催いたします。 おかげさまで京都第一支部では今年度最後の例会になります。4月からの新たな年度を控え、「古民家再生議員連盟の官邸訪問2/23」「シルバー人材 古材鑑定・京都府開催3/20」「平成の太子講開催3/22」など大きなご報告もございます。皆様ご多忙とは存じますがご出席いただきますようよろしくお願いいたします。 京都第一支部3月度例会■開催日:201 [続きを読む]
  • 「平成の太子講」を執り行います
  • 「平成の太子講(3/22)」を京都・月讀神社にて開催します。 太子講(タイシコウ)とは、聖徳太子を職能神として信仰する同業の職人達が集まって、太子像を祀り、飲食、会合などを行うこと。太子講は大工や桶屋、畳屋などの職人の間で行われる行事で、旧暦1月21日か22日に聖徳太子をお祀りします。 この日に行われる講は飲食をしたりするほか、賃金の協定をしたり、様々な申し合わせをしたり、職人仲間の [続きを読む]
  • 日本の伝統的な家屋(古民家)を後世へ〜日本伝統再築士会
  • 「伝統再築士」講習と試験が大阪で行われました。 【伝統再築士】とは、再築基準検討委員会の答申に基づいて策定された再築ガイドラインに基づき、 次世代に引き継ぎたい文化的価値の高い伝統的な木造建造物を残す為の専門 の知識を有するものを育成することを目的とした一般社団法人住まい教育推進協会が認定する資格制度です。 伝統再築士 取得講習日程等は→ https://hepa.or.jp/credential/dentousaichik [続きを読む]
  • 全国に先駆け〜シルバー古材鑑定士
  • シルバー人材センターの皆様への「古材鑑定士」。講習と試験が各地ではじまっていますね。 全国に先駆け、愛媛県では【午前】座学を終え、【午後】には実際の古民家で実技講習会も開催され、43名の方々が受講されました。 シルバーの皆さんのご活躍心より応援しています。京都府でも着々と準備が進んでいます。今しばらくお待ちください! &n [続きを読む]
  • 古民家議員連盟が官邸へ訪問
  • 【古民家再生議員連盟】上野幹事長、山本幹事長代理と共に古民家再生協会常任理事を中心に菅官房長官へ官邸訪問されました。 全国の古民家再生協会を代表し常任理事にて・古民家を活用してのインバンウド・古民家再築でのフラットの活用・古材のエコポイント導入 などを目指します。 〜KOMINKAを世界の共通語に〜 [一般社団法人全国古民家再生協会]全国各地にある古民家再生 [続きを読む]
  • 住教育セミナーが日本を縦断
  • 【住教育セミナー】が日本列島を縦断します。特色ある講演者が招かれた【専門テーマでの講演】を各会場でお聞きいただけます。 「住まい」というのは、モノとしての住宅という意味だけでなく住生活も含まれます。豊かで快適な生活を送るために必要なもの、それが住まいです。 『住教育』とは・・・住まい手の勉強を通し、より良い住まいづくりや 住まい選びができるノウハウを提供する取り組みです。 北海道会場: [続きを読む]
  • 土を知る!MYおくどさんを作る本格ワークショップ
  • 話題のおくどさん作りワークショップ、いよいよ開講です! お申し込み先着順です。お早めに☆ おくどさんの「くど」とは「竃(かまど)」のこと。古民家には竃を中心としたダイドコが設けられ、食事の煮炊きでおくどさんが大活躍したものです。土や煉瓦などの自然素材で作られるおくどさんには、先人の知恵が詰まっており、また左官職人の腕の見せ所でもあります。 今回のワークショップでは、それら体験を通 [続きを読む]
  • 古民家の資財を活かす
  • インスペクション(住宅診断)は、建物の現状を調査し そのコンディションを把握することです。【古材鑑定】は、古民家に利用されている古材について、第三者の視点で評価を行うことです。 長い年月をかけ、強度を増した古材は『捨てれば廃材 活かせば資財』です。古材は大きな可能性を秘めています。 「古材鑑定書」という形で鑑定結果を提示いたします。・古材の価値を明確にできる・古材の再活用(リフォーム・新 [続きを読む]
  • 古民家の活用で協定
  • 亀岡市では古民家を活用するため、アレックス・カー氏(全古連 特別会員)と連携することで、古民家保全・地域活性化する。「まずは再生モデルをつくり、古民家が魅力的なものに生まれ変わることを 市民に知ってもらいたい」と話される桂川市長。町家のイメージが強い京都で、「古民家」という見出しが力強い未来を感じました。『古民家の活用』を素晴らしい文化にしてほしい。[一般社団法人全国古民家再生協会]全国各地にある古 [続きを読む]
  • 古民家を地震から守る
  • 【伝統耐震診断】を簡単に説明すると、大きな地震が起こった際に建物がどのように変形していくかを解析します。 通常の耐震診断では、図面上の壁配置などで強さを計算するだけなので、施工技術やそもそも図面が正確なのか不明点が多いため実際の地震に強いかどうかの実証が難しいのですが、現地で測定器を設置し 地盤と建物の微振動を捉えることで、測定数値で強さも見えるため安心感が違います。 報告書から建物 [続きを読む]
  • ロボット活用による古民家再築
  • 沖縄県で「ロボット活用による古民家再築」が報道されました。築250年以上の古民家は琉球王府時代の歴史ある邸宅。戦後否定されてきた沖縄の木造「古民家」ですが、ここでも消費者が抱く「住」の意識が変わり始めたことを嬉しく感じます。日本伝統再築士会 京都からも「伝統耐震診断」の指導に木村支部長が駆けつけてくれました。[一般社団法人全国古民家再生協会]全国各地にある古民家再生協会で構成される全国組織 [一 [続きを読む]
  • 古民家をシロアリから守る
  • インスペクション(住宅診断)は、建物の現状を調査し そのコンディションを把握することです。 私たち全国古民家再生協が実施する【床下インスペクション】は、古民家におけるシロアリなど害虫診断を行い、床下コンディションを調査する古民家の床下診断です。床下点検ロボット(モーグル)の導入により、高性能カメラから画像をとおし、リアルタイムで床下をご確認いただけます。 「古民家床下調査報告書」には、床下 [続きを読む]