minamihorie さん プロフィール

  •  
minamihorieさん: 河内のおっさんの中国語苦闘歴
ハンドル名minamihorie さん
ブログタイトル河内のおっさんの中国語苦闘歴
ブログURLhttp://ossann.exblog.jp/
サイト紹介文中国語の教室に週1回6年通って中国語検定2級に合格した50代後半の おっさんです
自由文良くも悪くも日本の隣人は韓国人と中国人。
人民服時代から、中国と中国人に興味を持って約30年経ちました。  毎回中国に旅行するたびに、新たな発見が。  
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2010/09/23 11:44

minamihorie さんのブログ記事

  • 籠池さんという人生
  • 豊中市で小学校開校を目指していた大阪市西淀川区の森友学園の籠池さんは気の毒な人です。安倍晋三総理夫人と仲良くなって、念願の小学校開校まであと一歩まで来ていたのに。元々それほど値打ちのない、伊丹空港の騒音対策地域を有難がって、建設省から安く購入出来たと喜んだのが間違いでした。いわば国に騙されたようなものです。建設省も、騒音公害の住民対策上で、当該土地の価格を高い目に発表していたのでした。安く見積もる [続きを読む]
  • 遼寧省見てきたまま ② 9・18記念館訪問
  • 1931年の9月18日、柳条湖という瀋陽駅から近い場所で、南満州鉄道の線路が爆破された。これを日本軍に敵対する中国の軍事勢力(国民党、共産党、軍閥)の仕業だとして、日本は満州へさらに介入を強めていった。日本軍はわずかな期間で、長春やハルビンを占領した。この流れの延長に、清朝のラストエンペラー溥儀を担いだ満州国の建国があった。そして、満州への過剰な思い入れ、軍人たちの手柄争が、我が国の敗戦、満州国崩壊 [続きを読む]
  • サンクトペテルブルグ見てきたまま 終 初のバレー鑑賞
  • 人生初のバレーを鑑賞ロシアが世界に誇る、マリンスキー劇場当日の演目は、バヤデルカというタイトルの古代インドの舞姫と戦士の悲しい恋の物語でした。チケットはロシア旅行社に手配してもらいました。白鳥の湖とかクルミ割り人形などと違いストーリーが分かりにくかったけど、50Pでパンフを買って(英文あり)なんとか食らいつきました。とにかく、ダンサーの滞空時間の長さ、回転の速さに圧倒されました。  さらに、緞帳や、 [続きを読む]
  • 遼寧省みてきたまま ① 満州の記憶
  • にほんブログ村意地になる性格です。何卒応援の をお願いします。 遼寧省の瀋陽と黒竜江省のハルビンへ旅した。数年前に吉林省の長春と遼寧省の大連に旅して以来の旧満州国(中国では偽満州国と言う)である。泊まったホテルは瀋陽駅から徒歩10分くらいにあり、何処へ行くにも便利だった。アパートメントタイプの部屋にしたので、2つのベットルームにそれぞれのトイレが付いていた。使わなかったが、洗濯機や電子レンジも [続きを読む]
  • サンクトペテルブルク見てきたまま ⑧ ファベルジエミュージアム
  • アレキサンダー三世やニコライ二世が皇后や皇女のために作らせたイースターエッグ、アクセサリーなどの身の回りの光り物を展示している美術館です。時計、煙草いれ、ブローチ、体温計、食器、などの超豪華な小物たちが輝いています。エナメル細工の粋を極めたイースターエッグは現存しているものが少なく、一つ何億円だかの値打ちがあるそうです。どれもロマノフ王朝の支配力の強さを体現していて怪しく輝いています。この美術館は [続きを読む]
  • サンクトペテルブルク見てきたまま ⑦ ロシア料理
  • ロシア料理は、寒冷な風土という条件の下で、保温性のよい料理方法で仕上がっている。ピロシキ、パイ包み、煮込み料理、シチュー、などが思い浮かぶ。寒いとこだから、料理は一皿ずつ運ばれてきて、これがコース料理の起源になったとか。サンクトペテルブルクは、ロマノフ王朝の都だったから、食べることに関してもレベルが高い。スタローバヤ、という大衆食堂から高級レストランまで、街中に点在している。まずは高級レストランの [続きを読む]
  • 大阪のおばちゃん頑張る
  • 大丸梅田店の地下2階には、オムライスの北極星というカウンター10席にも足らない店があります。店の前で何だかもめているので様子を伺うと、おばさんの前に、中国人の若い女性が2人順番待っていた。そしたら、仲間の3人が後から来て、前の2人の所へ入ろうとした。おばさんは、敢然と中国人グループのやり方に抗議、「並んでないのに私の前に入り込むな?」ということです。中国人も負けずに入り込もうとする。おばさんは絶対 [続きを読む]
  • インバウンドはもうたくさん
  • インバウンドに席巻される日本インバウンドが猛威をふるう難波周辺インバウンドに荒らされる京都や奈良の観光地もうやめて日本人の町でなくなった大阪市特区でやりたい放題の安倍政権は退陣だ地下鉄御堂筋線心斎橋駅ホームで子供3人と弁当食べるインバウンド大家族で地下鉄御堂筋難波駅、一つの乗り降り場所を占領するインバウンド [続きを読む]
  • サンクトペテルブルグ見てきたまま ⑥ 個性的な教会たち
  • ロシア正教会の大教会が、サンクトペテルブルグを代表する観光名所になっている。一つは、はナポレオン戦争の戦勝記念の場所として建立されたカザン大聖堂と呼ばれる、市内の大通りに面した大教会です。 こちらは厳然たる宗教施設で、内部は撮影禁止脱帽して十字を切って入らなければなりません。ロシア政教では十字を切るのは、頭→みぞおち→右胸→左胸の順になります。次が血の上の救世主教会、玉ねぎ頭の独創的な姿で、とても [続きを読む]
  • 天王寺七名水巡り
  • 今日は晴天に恵まれた。NHK文化センターのプログラムで、「天王寺七名水巡り」というのがあり、80歳のボランティアガイドさんの案内で、天王寺界隈を散策。大阪に住んでいながら、初めて訪れた場所もあり、大変勉強になりました。天王寺動物園のゲート前で集合し、茶臼山から一心寺→安居神社(真田幸村戦死の場所)→清水寺→四天王寺→庚申さんまで約2時間のブラタモリでした。また、天王寺動物園前の銅像は元の大阪市長の池 [続きを読む]
  • 安倍政権は勝手に外国人在留要件を緩和するな
  • 安倍政権は、やれ人手不足だ、やれ優秀な外国人を取り込めと、外国人受け入れに前のめりな姿勢が目立つ。今後長きに渡り我が国の在り方に関わる問題に勝手な結論を出すな。移民、準移民受け入れの問題は、若い世代も含めて、国民投票にかけろ。単なる出稼ぎネパール人、ベトナム人、中国人を呼び込むな。関係者、企業の勝手で孫子につけを払わすな。 [続きを読む]
  • サンクトペテルブルグ見てきたまま ③ ロマノフ王朝
  • サンクトペテルブルグは、ロマノフ王朝の首都であって政治、経済の中心地として成長した現在の名所旧跡の多くは、ロマノフ王朝が手間と費用を惜しまず建設した宮殿や教会である。これらの宮殿や教会は恐るべき財宝で埋め尽くされていてロマノフ家の経済力は想像できないくらい凄まじい。ロマノフ家の経済力は貴族や地主から徴収した税金で賄われていたわけであるが。当然のことながら、貴族や地主は、農民(農奴)からしぼりあげた [続きを読む]
  • サンクトペテルブルグ見てきたまま ② ロシア人
  • ロシア人は冷たいとか、笑わないとか、マイナスのイメージが多いのではないか。おそらく、スターリンとか、ドストエフスキーとか、プーチンなどの、ロシアを代表する人物のイメージによるところがあって酷薄、重苦しい、などを思い浮かべる。今回の旅行では、確かに愛想笑いや、ニコニコしているロシア人にはお目にかからなかったが、では不親切かというと、そうでもない。入国審査で並んでいると、後ろのロシア人が、「かばんのフ [続きを読む]
  • サンクトペテルブルグ見てきたまま ①
  • ロシア共和国サンクトペテルブルグに4月16日から22日まで旅行してきました。 以前大阪大学の留学生で我が家でお世話した女性を訪ねて行ってきました。 何度か、ぜひ来てくださいと招待を受けていたので、こちらも思い切って訪問しました。直前に現地の地下鉄で爆弾テロが発生し、また、朝鮮半島の情勢が緊迫したので、少しばかりビビりました。伊丹→成田→モスクワ→サンクトペテルブルグ のルートで約24時間近くかかり [続きを読む]
  • 稲盛哲学に引かれない就活生
  • 稲盛哲学とかがもてはやされているそうだ。京セラの創業者、稲盛和夫さんはカリスマ経営者で、多くの経営者が、稲盛さんを囲んで勉強会を開いている。松下幸之助さんを知っている世代が少なくなり、今は稲森さんの時代。一方、昨日の日本経済新聞の大学生が就職したい企業のランキングでは、残念ながら、京セラの名前はベスト100位のなかには無かった。就活生の見る目がないのか、それとも彼らは本能的に稲盛哲学の胡散臭さに気 [続きを読む]
  • ロシアより愛をこめて
  • このタイトルがわかる方は、恐らく昭和の40年以前の生まれ。まだ国旗が赤地に鎌とハンマーコスイギンだかブレジネフの時代を共有今やプーチンのロシアに16日から1週間行ってきますビザ以外に、旅行日程の明記されているバウチャーも必要な書類で、携帯していないとダメとにかく緊張感の強い国そんなこんなのおそロシアへ出発です。 [続きを読む]
  • 人口1億人の何が悪い
  • 厚生労働省の人口問題研究所が2053年の日本の人口が1億人を下回るとの将来推計を発表した現在の水準の生活を維持するには、毎年75万人の移民を受け入れる必要があるとの見解を表わしている。毎年75万人の移民  どうして必要なのか意味不明30年で2000万人以上 それに、この移民たちから生まれる子供の数を加えると、(彼らは子供の数が多い)3000万人以上の移民人口を日本は抱えることになる日本の人口の三分 [続きを読む]
  • 京都の観光地魅力度が6位に後退
  • 世界の観光地の魅力度について発信している組織が、京都の魅力度を格下げ、京都は2年連続首位だったのが6位に後退したその理由として挙げられているのが、混雑インバウンド4000万人を目標に掲げる安倍政権はLCC航空各社の積極招聘や、VISAの廃止などで、強引な日本観光地化を推進したため、受入れ体制や、国民意識とのかい離から現場に深刻な悪影響を与えている。特に日本人の京都ファンから、敬遠されているのが痛い京都に [続きを読む]
  • 日本語学校栄えて国滅ぶ
  • ついに今週の週刊新潮で、日本語学校の闇が特集記事として掲載された。串カツのだるま、では法律の限度を大きく越えて、ベトナム人、ネパール人の日本語学校生を働かせていた事実が発覚。何万もの出稼ぎ労働者が、働いて仕送りするために、日本語学校に形だけ在籍するという、本末転倒の状態が目に余ります。ベトナムやネパールの公式に作成された(賄賂を払って)収入証明などで、修学ビザを取得してやって来るのだ。安倍政権はそれ [続きを読む]
  • 森友問題の本質 鑑定地価は正しいか?
  • 森友問題、籠池問題で、豊中市の市議会議員グループから、「かわら版」なる文書が配信された。問題の国有土地に関する情報だが、オッサンの違和感がどこから来ていたのか、自分で納得する内容が含まれていた。問題の国有土地は、鑑定価格が9億6千万円で、そこから8億3千万円値引きして、森友学園は1億3千万円で入手したと報道されているが、そもそも9億6千万円が高すぎるのではないか。この資料によると、隣接地の野田中央 [続きを読む]
  • 做作? 做文章
  • <<学???的契机>> 我的学生?代,无????是??都?道了中国文化大革命活?。同?1972年,我国首相田中角???了北京跟周恩来?理握手了。??的消息?我留下了深刻的印象。活??束后我第一次去北京旅游是1982年。我?眼看?了北京人的表情?感?他?都有明天比今天好的精神。十几年后有个朋友在上海?了一家?易公司。?一会儿我跟女儿去找他了那?侯在上海市内高楼大厦,高?酒店都建起来了。我 [続きを読む]
  • 瑞穂の国記念小学校 強烈な違和感
  • 昨日地下鉄御堂筋線江坂駅から歩いて、籠池さんの瑞穂の国記念小学校へ野次馬しに行った。何人ものおっさんと同じ野次馬がカメラ撮影していた。小学校の完成間近の校舎を見て、強い違和感が湧いてきた。どんな違和感かというと、校舎の豪華さである自己資金が少ないはずなのに、(3種類の金額を、大阪府や、空港会社などに提示してごまかそうとした) どうしてこのような豪華な校舎が必要だったのか。ここには、籠池さんの性格が [続きを読む]