shun さん プロフィール

  •  
shunさん: 玉川上水日記
ハンドル名shun さん
ブログタイトル玉川上水日記
ブログURLhttp://kaeru-tama.jugem.jp/
サイト紹介文この日記を読むだけで、宝くじが当たった!病気が治った!恋人できた!などの報告が多数寄せられています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2010/09/25 21:53

shun さんのブログ記事

  • ちがうだろ
  • ▼豊田真由子衆議院議員の秘書への暴言テープを聞く。思ったよりすごいので驚く。あんな人もいるのだなあ。 到底処理できない量の仕事をよこしてきた時、メールの返信として使わせてもらっている。「ち・が・う・だ・ろ! ...続きを読む >> [続きを読む]
  • 血液型
  • ▼千羽鶴を折る。高校生のとき、学校からいわれて折った以来だろうか。下手だけど折るのは早いので5羽ほど手伝う。4羽目で飽きた。千羽鶴自動折り機が欲しい。 ▼「踊るさんま御殿」を観る。噂にき...続きを読む >> [続きを読む]
  • 新メンバー
  • ▼会社、新メンバーが加入して一緒にご飯を食べる。その場で、あだ名の話になった。彼女は学生時代は「みみちー」と呼ばれていたという。小柄な彼女に似合うかわいらしいあだ名に思えた。なぜ、みみちーというあだ名なのか理由を当てようとするも、なかなか当たら...続きを読む >> [続きを読む]
  • ファスナー
  • ▼今使っているエアコンが冷えなくなってきたので買い換えなければ。家は変な間取りなので、なかなか冷えない。エアコンも、もう15年ぐらい前のものである。価格を調べると工事費込みで一畳一万円というのが、だいたいの相場らしい。百畳だと百万円ということに...続きを読む >> [続きを読む]
  • 父の日
  • ▼父の日、お父さんにパソコンを贈ろうという宣伝メールがDELLから来る。DELLでパソコンを買う人は、自分用にカスタマイズして注文するイメージがある。それこそ、勝手にパソコンを贈られたら怒りそうな人たちが顧客だと思うのだけど。マイクロソフトは嫌いだから...続きを読む >> [続きを読む]
  • 倉廩
  • ▼CREATIVERSE今日も今日とて穴掘りゲーム「クリエイティブバース」である。最近ずっとこのゲームのことしか書いてないような。古代中国、斉の国の宰相管仲の言葉に「倉廩(そうりん)満ちて礼節を知り、衣食足りて栄辱を知る」という言葉がある。日本...続きを読む >> [続きを読む]
  • 箱庭
  • ▼CREATIVERSE(STEAMで無料でできます)今日も今日とてサンドボックスゲーム「クリエイティバース」である。材料を掘って組み立て、掘って組み立ての日々。子供の頃やったブロック遊びに似ているなあと思う。 続きを読む >> [続きを読む]
  • 気分の伝染
  • ▼風邪を引いたら周りにうつさないように早く治そうとする。それは当たり前に思える。だけど、機嫌の悪さはみなそれほど意識して直そうとはしない。機嫌の悪さも周囲に伝染するし、気をつかわせてしまう。だから、早く直して機嫌よくしていなければいけない。機嫌...続きを読む >> [続きを読む]
  • CHRONICLE
  • ▼4月に種を撒いたバジルが育ってきた。まだ2、3センチぐらいだけど。サイトを見ると、育ちの悪い芽は取り除いて間引くらしい。ふーむ、間引かなくても、ちょっと離れたところに植え替えれば大丈夫じゃないのかなあ。わたしなど、最初に間引かれそうな出来の悪...続きを読む >> [続きを読む]
  • ▼人は何歳ぐらいから演歌を聴くようになるのだろう。子供の頃は、40歳ぐらいになったら演歌に移るのかと思っていたが、そんなこともない。最近はSuperflyの「Wildflower」をよく聴いている。まだ演歌に移行しそうもない。 でも、歌...続きを読む >> [続きを読む]
  • メガネ
  • ▼打ち合わせ。初対面の方だったが打ち解けて話せた。その方のツイッターのIDを教えてもらい「よかったらのぞいてください」といわれる。雑談では映画の話になった。どの映画か忘れたのだけど、主人公の頭がよくなったときに、場面が変わったら急にメガネをかけて...続きを読む >> [続きを読む]
  • まや道
  • ▼打ち合わせと打ち合わせの間に時間があり、近くにあった図書館に入る。1時間ぐらいで読めそうな本を探していたらアナウンサー小林麻耶さんの自伝「まや道 向かい風でも笑顔の理由」を見つけた。「道」は「みち」と読みます。 続きを読む >> [続きを読む]
  • CREATIVERSE
  • ▼お世話になっている会社へ。隣席のTさんを見ると両耳に輪ゴムをぐるぐると巻いていた。新しい宗教を始めたのかもしれない。温かい気持ちでそっと見守る。午後になってTさんが「輪ゴム、耳にかけてたの気づいてました?」と訊くので、うなずいたら怒られた。「...続きを読む >> [続きを読む]
  • 読む意味
  • ▼野球が始まったが今年も中日はダメそうである。中日の闇は深い。わたしが注目しているのは今シーズンから加入したゲレーロ選手。続きを読む >> [続きを読む]
  • 方向
  • ▼ゴールデンウィークも終盤。今年もまたゴールデンではなかった。竹藪で1億円拾えなかったし。 何かゴールデンぽいことをしたかな。SPEEDのGo! Go! Heavenが掛かっているスーパーで買い物をした。この場所ではいまだにSPEEDが現役。...続きを読む >> [続きを読む]
  • 二歳児
  • ▼甥がやってきた。わたしの二歳の頃はどんなだったかなあ。当然ながら記憶はないのだけど。 言葉は単語ならば話せることもあり、二語文(お腹+空いた)はまだのようである。わたしが作ったタラコのスパゲッティは「美味しい」といっ...続きを読む >> [続きを読む]
  • ▼ゴールデンウィークは甥が来る。来るんだねえ、甥というやつは。2歳である。「お腹空いた」ぐらいは喋れるらしい。チンパンジーの知能は3、4歳というからチンパンジーのほうがまだ賢い。チンパン以下の奴が来るのだから怖い。何をされるかわからない。以前、...続きを読む >> [続きを読む]
  • 欲の排除
  • ▼NHKではゴールデンウィークという言葉は使わないらしい。というのも、この言葉は1951年の現在のゴールデンウィークにあたる期間に上映された「自由学校」という作品の興行成績が良かったため、当時の大映専務であった松山英夫氏によって造られた言葉とのこと。民...続きを読む >> [続きを読む]
  • 情熱
  • ▼地元で迷子。オロオロ。子供が迷ったら迷子だが、おっさんが迷ったら不審者。気をつけよう。 手作りシュークリームの店を見つけて購入。迷ってみるもの。 ▼友人夫婦の...続きを読む >> [続きを読む]
  • 閉塞感の正体
  • ▼冬物とストーブを片付ける。バジルは日々、成長する。芽がそこかしこに出始めた。間引いたり、移し替えたりする必要があるのかもしれない。まだ全然育ってないけど。 ゴールデンウィークの予定はバジルをあれやこれやいじる。ああ、...続きを読む >> [続きを読む]
  • ▼4月の頭に種を撒いたバジルが芽を出した。ほんの小さな芽で、まだ1ミリか2ミリほどの大きさしかなく心細い。だが、鮮やかな緑が美しい。植物は水をやれば芽を出す。人間と違ってきちんと応えてくれるからいい。 何かありましたか...続きを読む >> [続きを読む]