三田 ゆき さん プロフィール

  •  
三田 ゆきさん: 木の床には木の家具が
ハンドル名三田 ゆき さん
ブログタイトル木の床には木の家具が
ブログURLhttp://ameblo.jp/woodfurniture/
サイト紹介文2010年に買った中古マンションをリノベして、床を無垢板に。この床に合わせた手ごろな家具をご紹介します。
自由文ナラの無垢の床を意識してレンジ台を探したつもりだったのに、天板と背板が合板〜!フツーのフローリングなら違和感のない合板家具を、無垢の床に置いた時のせつなさときたら、とほほ・・・状態でした。この失敗をいかし、他の家具は、木質と(手ごろな価格に)こだわって探しました。遊びに来てださ〜い!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供287回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2010/09/26 21:59

三田 ゆき さんのブログ記事

  • 赤坂プリンスクラシックハウス 5
  • 玄関を入ったホールは、とても重厚な雰囲気です。 照明も重々しい。奥に見えるのがこちら。 こちらでティータイムを楽しんでおられたのでしょうね。振り返るとこんな感じ。 当時は、この広いホールでお客様が迎えられたのでしょうね。今はこんなカウンターがあって、こんな再利用もあるんですね。当然ながら、庶民は近づくこともできなかったはずの邸宅ですが、この日、参加 [続きを読む]
  • 赤坂プリンスクラシックハウス 4
  • 玄関へ入った正面にこちらの空間があります。このねじねじの柱が特徴的な待合室だったと思われる場所です。 その手前には、重厚なコーナーが。素敵ですね。 待合スペースの方は、一段上がるようになっています。 その奥には、美しいステンドグラスが。。。うっとりです。 小さなスペースですが、立派な暖炉がついていました。 窓側から玄関の方を振り向くと、こんな風に [続きを読む]
  • 赤坂プリンスクラシックハウス 3
  • 赤坂プリンスクラシックハウスには、階段室に大きなステンドグラスがありました。 車寄せの横の部分です。 この大きなステンドグラスのお陰で、階段室は、かなり明るい♪ チューダー様式で、手すりには細かい彫刻がびっしり。この角度だと2本に見えると思いますが、実際は・・・ 四葉のクローバーのような形になっていて、この形を追うように、手摺も床板もカーブしたデザイ [続きを読む]
  • 悪魔の勉強術
  • 先日、佐藤 優氏の「悪魔の勉強術」を読み終えました。以前、ご紹介した本を読んだ後、いくつか時事を扱った佐藤氏の本を読んだのですが、この方の思考のベースを理解できないと、ずっと氏の時事解説本を読むことになるな〜と気付き、この本を読みました。 悪魔の勉強術 年収一千万稼ぐ大人になるために [ 佐藤 優 ]価格:702円(税込、送料無料) (2017/3/19時点)今回は、佐藤氏の母校、同志社大学神学部の学生への [続きを読む]
  • 赤坂プリンスクラシックハウス 2
  • こちらの建物については、手持ちの本だと、これらに紹介されています。Wikipediaでも、李王家について紹介されていました。韓国併合に伴い、明治時代に、李氏朝鮮の歴代国王を出した家系に、日本の皇族に準ずる待遇をしていたそうです。(日本敗戦後、日本の多くの皇族同様に廃位) 東京レトロ建築さんぽ Amazon お屋敷拝見 (らんぷの本) Amazon 内側から見ると、こんな風にな [続きを読む]
  • 赤坂プリンスクラシックハウス 1
  • 先日、赤坂プリンスクラシックハウスへお邪魔してきました。 ずっと行きたかったのですが、工事中だったので、延び延びになってしまってました。 旧李王家東京邸 だった建物。先生によると、当時、アジアで力を増していた欧州勢に対抗するため韓国と日本の皇室を血縁でつなごうということで、結婚されたお2人に旧宮内省内匠寮 が用意した建物なのだそうです。もう、出かける時間になったので、詳し [続きを読む]
  • 滝乃川学園 2
  • こちらは、聖三一礼拝堂です。国登録有形文化財に指定されています。係の方によると、今はなき、築地にあった聖三一教会を小さくしたものだそうで、築地にあった建物がどんな様子だったのか想像することができるのだそうです。そして、この建物を上から見ると、十字架の形になっているんだとか。 入り口は、最初の建物の裏側へまわったこちら。なんだか、絵本に出てきそうな入り口です。 中はこんな [続きを読む]
  • 滝乃川学園 1
  • こちらは、日本最古の知的障害者のための教育実践施設です。創設者の石井亮一氏は、能美地震で多くの孤児が出ていて、「いと小さきものに為したるは我になしたるなり」という方針のもと、その中でも、人身売買の被害にあっていた孤女救済に取り組み、聖三一弧女学院を開設したそうです。 そんな中、更なる弱者である知的障害者の救済に携わるようになっていったそうです。 そして、この学園の維持に [続きを読む]
  • 国立さんぽ 3
  • こちらは、旧 柳澤家住宅 です。青柳村にあった農家を移築、復元したもので、復元の時に、江戸時代後期の建物と分かったそうです。 先生によると、当時の写真には、写真にある防風林的なものは無かったんだとか。 中は、囲炉裏があり、天井などは真っ黒です。一時は、養蚕をしていた時期もあったようで、機織り機もありました。また、漬物業も営んでいたようです。 土間の部分には、沢山の農機 [続きを読む]
  • 国立さんぽ 2
  • ランチを終えて、以前、見学にいった「本田家住宅」などの外観を見学しながら歩き、谷保天満宮へやってきました。こちらは、参集殿という建物です。先生に教えて頂くまで気付かなかったのですが・・・ 注連縄と紙垂を取り換えなくていいように、彫刻されていました!ん〜、画期的!(笑) 駅から来る参道から、鳥居をくぐり、少しくだった先に本殿があるので、初めてだと、ちょっと戸惑うつくりになっ [続きを読む]
  • 国立さんぽ 1
  • 先日のはるごはんを頂いたのは、こちらの「うさぎ屋」さんでした。建物は、それ程古くないそうですが、いい雰囲気の建物でした。 私の席から、奥の離れを見たところ。 離れの中心は吹き抜けになっていて開放感があります。 個室は其々品のある造りになっていました。 下の障子を開けることもできるようになっていて、お庭が分割して見えるんです。見せ方が面白く、「なるほど [続きを読む]
  • 東京国立博物館 黒田記念館
  • うっかり、全体像を撮ってくるのを忘れました〜。なので、ご興味のある方は、2014年5月の写真をご覧ください。 その時は、耐震補強工事中で中の見学ができなかったのですが、今回は中に入れました。 こちらが入り口。白とグリーンが効果的に使われています。 まあ、中が見学できると言っても、建物的に古き良き建物の面影を残している部分が少ないのですが。。。 見学できるス [続きを読む]
  • 国立国会図書館国際子ども図書館 2
  • 中庭側は、こんな風に、古い建物の外壁の外側にガラス張りの廊下があって、歩けるようになっています。そして、写真左奥には、子供たち用の図書館があります。 以前、ウチの子が3〜4歳の頃、こちらの図書館があるのを知り、「世界中の絵本が見られるのかも?」と期待して、子どもと来たことがあったのですが、その時は、1階の一部に絵本が置いてあるだけ。子どもが座れる椅子も見当たらず、子どもの気配がないの [続きを読む]
  • 国立国会図書館国際子ども図書館 1
  • 国立博物館の敷地を出て、国立国会図書館国際子ども図書館へやってきました。旧帝国図書館として竣工した建物で、当初の計画では、中庭を囲んだロの字型の建物になる予定だったそうですが、お金がなく、計画の1/5で完了となったもの。その古い部分は、この左側だそうです。 その後、昭和4年に、第2期工事で増築されたものの、戦争で中断、結局、当初の1/3の規模のままが、見えている範囲なのだとか。ちなみに [続きを読む]
  • 東京国立博物館 法隆寺宝物館
  • 東京国立博物館の敷地の奥に、平成11年に建てられたこちら法隆寺宝物館があります。 建物の内側からの眺め。。。入り口近くにある大きな3つの建物がほとんど見えません。 中には、明治11年に奈良の法隆寺から皇室に献納され、戦後、国に移管された宝物300点が収蔵・展示されています。 仏さまのお部屋などに下がっている飾りが階段のところに下がっていました。 展示を見 [続きを読む]
  • おひなさま
  • 本当は、上野さんぽに戻るところですが、紹介するタイミングを逃しそうなので、先にお雛さまだけご紹介します〜。 このタイプのお雛さまを、間近に見ることが少ないので、ほれぼれと見入ってしまいました。 「くにたち郷土文化館」に展示されていた、御殿雛(ごてんびな)です。元々は京都を中心に人気のあったお雛様だったけれど、後に、百貨店でも扱うようになったもの。こちらは、化粧道具に「伊」と入ってい [続きを読む]
  • はるごはん
  • 建物見学にいった日に、春の気配を感じるご飯を頂いてきました☆ うう・・・何のお魚が入っていたのか忘れちゃいましたが、お出汁がすごく美味しかったです。 先生は東大卒、大学院で建築史を極めた松本裕介先生。江戸時代、佃の漁師は、漁業権の代わりに、白魚を幕府に献上していたんだそうです。へ〜。 一足はやい、さくら〜。待ち遠しいですね☆ 今シーズン、初たけのこ。 [続きを読む]
  • 上野さんぽ 3
  • 午後は、東京国立博物館からスタートです。渡辺 仁氏の設計です。ここは、以前、中をご紹介したので省きますが、中も見学してきました☆ こちらは表慶館。こちらも、以前中をご紹介してますが、この日は、中へは入れませんでした。 今回、初めて入ったのが、東洋館。谷口吉郎氏の設計です。東京国立博物館というのは、大きい建物が4つあって、この中を全部見てまわろうと思うと、1日がかり。いつも [続きを読む]
  • 上野さんぽ 2
  • 雨も上がり、確定申告も終わってスッキリ〜!!!明日からは、心置きなく遊べます(笑)。 さてさて、上野さんぽの続き。国立西洋美術館のお向かいにある東京文化会館です。 こちらの屋根の形は特徴的ですが、これは、コルビジェのロンシャン礼拝堂へのオマージュではないかと紹介されていました。・・・大家的には、屋根の防水をきちんとしないと、水が溜まっちゃうんじゃ?などと、余計なことを考えてましたが(笑 [続きを読む]
  • 上野さんぽ 1
  • すっかり、確定申告時期でブログ更新をサボっておりました〜。(あ〜、でも、昨日はサボって舞台を観に参りました。はい。) 少し前のことになりますが、本業のお友達に誘って頂き、上野の建物の見学ツアーへ参加してきました。 コルビジェによる、国立西洋美術館です。こちらは、以前も見学ツアーに参加したことがあるのですが、やはり、ガイドさんが違うと、違うお話が聞けるので、今回も楽しく見学してきまし [続きを読む]
  • それでも、日本人は「戦争」を選んだ
  • 前回の佐藤さんの本をレボートしたのが11月末、その後、読み始めて、読み終わるのに約3ケ月かかってしまいました〜。それでも、日本人は「戦争」を選んだ [ 加藤陽子 ]価格:810円(税込、送料無料) (2017/2/22時点) というのも、知らないことが沢山でてきて、「なにそれ?」「誰?それ」ってことが多く、ちょっと他の資料や本を調べたりしてたら、全然進まず、とうとう、途中で、自分の教養のなさは一旦おいておいて [続きを読む]
  • 吉祥寺さんぽ 4
  • 成蹊学園の前の道を渡って少し行くと、カトリック・ナミュール・ノートルダム修道女会の建物が見えます。 こちらの建物は、アントニン・レーモンド氏の設計による元は個人宅「赤星邸」だった建物(1934年築)なのだそうです。本当はコンクリート打ちっぱなしの建物だったのに、米軍に接収されてた時に白く塗装されてしまい、後にそれを見たレーモンド氏がひどく怒ったという話も伝わっているようです(笑)。 & [続きを読む]
  • 成蹊大学へ 5
  • こちらは、ブリツカー賞を受賞した坂 茂氏による情報図書館です。写真だと見えにくいのですが、ガラスの向こう、図書館の中心のホール部分に、透明なキノコのような物体がニョキっと2つ見えます。両翼には、書籍や資料が陳列され、学生が勉強や調べ物をするため私語禁止なのですが、この透明キノコの中は閉ざされているため、会話ができ、ゼミなどで使えるのだそうです。坂氏といえば、ニュージーランドの紙のカテドラルがエコ [続きを読む]
  • 成蹊大学へ 4
  • こちらの建物は、トラスコン。今は改装されて、トラスコン・ガーデンというカフェになっています。全く古そうに見えませんが、実は、大正13年に建てられた屋内運動場(体育館)だった建物です。外壁を見ると、普通の建物とは違い、金属製のパネルのような素材が使われているのがわかります。これが、当時、米国のTRUSCON STEEL COMPANY から輸入した鋼材だったので、トラスコンと呼ばれるようになったとか。こういう再利用の仕方 [続きを読む]
  • 成蹊大学へ 3
  • 建物の中を上がってきました。この手摺を見ても、シンプルです。以前の静嘉堂文庫のご紹介を読み返しても、岩崎小弥太氏はシンプルが好きだと書いていましたが、すっきりですね。こちらのお部屋へ通して頂きました。ここからは・・・正面の欅の並木道が見えるのです。白い車のちょっと先にあるのが門で、その先も並木道が続きます。右には、新しくできている図書館がチラリと見えます。こちらは、後日ご紹介します(入り口までしか [続きを読む]