taketomo さん プロフィール

  •  
taketomoさん: 月間5%以上の利益を上げる、実況!
ハンドル名taketomo さん
ブログタイトル月間5%以上の利益を上げる、実況!
ブログURLhttp://gekkan5per.seesaa.net/
サイト紹介文月間5%以上の利益を上げる!実況中継。オプションの売りがメイン,
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供504回 / 365日(平均9.7回/週) - 参加 2010/09/29 12:20

taketomo さんのブログ記事

  • 絶好のオプションチャンス到来!!!
  • 金曜日のナイトで急落急騰反落と大きな動き。月曜日からも、日中はともかくナイトは大きな変動が見込める。来週のNY市場は、押し目買いのチャンスで大きく上昇。又は、金曜日の数時間で戻り先物ならスリルある上か下かですが、オプションなら「大きく動くなら上でも下でも」OKなポジションが取れる。今週の中で500円レベルの上か下かの動きがあっても不自然でないだろう。私の想定は米国FRBの金融の歴史的変化から「下」シンプルに [続きを読む]
  • 日経225先物はナイトが本番です。
  • 日本時間の日経225先物は細かいドル円と公的の買いで、動きにくいようだ。ドル円は欧州勢が出てきて下落し109円が、維持できるか。の状態です。本日は昼過ぎにはプットボラが早々に剥げ19400円÷ムードはなかった。書いているソバからドル円が109.07となった。ダウの調整に期待。4時間足を見ていると「まだまだ」下値がありそうに見えます。 [続きを読む]
  • NY市場はトランプ・金の舌戦時より下落。
  • 目立った材料なき下落です。これで北朝鮮問題での下落はキッカケに過ぎなかったことが解った。メディアでは株から債券と書かれているが、大口投資家では、バフェット氏のようにキャッシュも多いだろう。バフェット氏の会社は1000億ドルをキャッシュにしたそうだ。債券もグリーンスパン氏に言わせればバブルで破裂前夜とのこと。金銀銅とVIXが上昇です。(笑)株価とドル円の水準は日経225先物がNY市場に遅れていることになった。追 [続きを読む]
  • 2日連続でオールオプションがマイナス引け!
  • 出来高も24000枚以下ですが、コールプット共インしているものを除くとすべてマイナスの結果が2日連続となり、ガンマショート派はウハウハです。ドル円が急落でも日経225先物が下げない不思議ダウの堅調と日銀ETFのトピ型の買いでしょう。NT倍率が下がり、本日分だけでもNT裁定は大きな利益率(使用資金から見たら4万円は大きい)10:12のミニの場合です。夏休みとすると今週いっぱいは、こんな出来高なのか?今朝 [続きを読む]
  • 上は重く、下は堅いが再び!
  • NY市場も材料が無くなってきた。余程のサプライズが無いと金融政策は変わらない。利上げの有無は12月ですから先が長く、9月のバランスシート縮小の結果も見てからになる。ジャクソンホールのイエレン氏も12月利上げに関しては「指標を見てから」になるでしょう。結果、ドル円を大きく上昇させる材料はない。下落に関しては筋の円売りの巻き戻し程度か。昨夜のFOMC議事録はタカ派分を「先食い」して2円も上昇していたから横バ [続きを読む]
  • IV上昇3日分を日経225先物上昇で2日で失った。
  • 日経225先物が▼10円出来高はラージで23500枚と低ボラ夏枯れ相場が帰っていたのか。単純にFOMC議事録待ちなのか?再び上昇したらボラは下落もしくは変わらず急落したらボラの上昇の局面。今週の米材料は本日のFOMC議事録明日に3点米8月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(21:30)米7月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)米7月CB景気先行総合指数(23:00)本日は全てのオプション価格が下がった日です。9月限10月限 全て! [続きを読む]
  • 米小売りサプライズの好結果でダウ上がらず。
  • 米国株式市場は個別銘柄の決算に暴騰暴落するが、過去の数字である経済統計には、12月利上げの有無で反応しているようだ。小売りサプライズで12月利上げ確率が高くなり10年債、日経225先物、ドル円が棒立ちになった。しかし10年債を除き高さを維持できなかった。明日の深夜3時にFOMC議事録がでる。その前にハト派のイメージあった。その後タドリ―NY連銀総裁が12月利上げもの発言でドル円が上昇した(月曜日)昨夜は小売りの [続きを読む]
  • 戻り売りか、押し目完了か。
  • 日経225先物は安値から260円戻しダウは200ドル戻しドル円は1円強の戻し月曜日の戻し幅。ブル、ベアで意見・売買が分かれるところ。FOMC議事録前で本日は休戦かも知れないが、相場が動意づいているのは感じられる。相場が外れることで有名なD氏(米)が相場の終了を述べた。「ブルマーケットは終わった」反面教師の意見でNY株は高値更新期待派が増える。暴騰暴落は「云い続けていれば」何時か当たる!1年前からリーマンショ [続きを読む]
  • 日経225はボリバン−3σ以下と弱い。
  • 一時はボリバン−3を越えて上昇して「ふむふむ」など思ったが弱く現物のローソク足は陰線に上下の髭となった。場味から云えば「戻り売りムード」夜はダウに支配されるだろうから、なんとも言えない。NY市場は日本と比べれば軽症。FOMC議事録、ジャクソンホールが控えていて夏休みと併せて「模様眺め」と思われている。オプションは、木曜日のナイト引けよりプットが大幅下落。木曜日ナイト2時以降ボラの予言力が正解だった。 [続きを読む]
  • ビットコインの爆騰爆騰は日本人の買い。
  • 仮想通貨のビットコインが爆騰している。下は日足チャート買いの約半数が日本人らしい(円建て分が半分)短期筋ならマザースとか任天堂ここら辺の資金が仮想通貨に向かっていると想像される。木曜日の日経225は小幅下落ですが任天堂、そーせいは▼2%以上も下落している。マザース関連が多いツイッターを読んでいるとビットコインの話題が急増している。マザースは日計り組も多く短期に動くことを好む人が多い。そこに、上のチャー [続きを読む]
  • 両建てでも利益の確率が高い月曜日
  • 金曜日の日米株式は予想外に「下がらなかった」、「上昇しなかった」、「戻り売りになった」。自己のポジによっての感想だろう。米国の一般論調は、戦争は起こらないで前のように危機がなくなるだろう。もしくは、ないことにして目を瞑るだろう。経済情勢は悪くない。順調だ。低インフレから利上げの可能性も減り、低金利の高業績。だから株は戻る。または、修正程度の下落で完了する。ドル円109円割れを招いた米10年債の利回り低 [続きを読む]
  • 米国の専門家のコンセンサスは「押し目買い」
  • 15時半まで大きく戻していた日経225先物とドル円ですが再度下落。MY時間から0時で結果が出るのだろうが、理由が北問題だけなら日曜日までに大きく変化する可能性がある。NY市場は高過ぎた、急ぎ過ぎた上昇の修正を探していたことも確かでキッカケ(トリガー)になったのだろう。値幅もNY市場は1%前後と日経225先物と比較して大きくはない。ただVIXは急騰した。月曜日に日経225先物(CME)が19300円以下だと寄り付きのオプションが非 [続きを読む]
  • ダウと日経225先物は昨日安値を切った!
  • だが、ズルズルとは下落しない。日経225先物は19650を切ったら19500台が早いと思っていたがダウの顔色を窺いながらのようだ。本日は14:45から日経225先物が50円戻しの中プットが高値を付けた。この場合、ナイトで下落する確率が高く、今夜も「今のところ」安い。今日はドル円が下落している中、日経225が上昇して「?」日銀ETF用の買いが入っていると思われたが、為替無視の無理買いの分がナイトに表れたのだろう。そのウラ事情を [続きを読む]
  • 気が付けば、ダウ―日経225=2200に拡大
  • 昨日の結果として日経225は大きく下げダウは「たった」の▼36ドル日経225>ダウ の時代もダウ―日経225=500ダウ―日経225=1000ダウ―日経225=1500・・・・ここで日経225先物を買うと儲かる時代も差が500まで詰まったこともある。今や2200になった。2000以上はダウ売り日経225先物買いになるのか?差はFANG株でしょうね。アップル、フェイスブック、アマゾン、グーグル皆、日本でもお世話になっている。日銀とFRBの差政治家の差 [続きを読む]
  • MY市場も下降トレンド入りになるか。
  • 日経225は下に離れそうだ。なんとSQ最終営業日に急落して、1%以上の値幅。引けにかけて戻したが▼250円ボラも底這い~から離陸した様子。とは言っても9月の外プットで2倍になっていない程度。19640円から19730円まで90円戻したので仕方ない。外プットの代表で出来高の多かった17750円で@25から高値@60、引けは@39 と激しい!!戦闘ボラに着火寸前で消された。低ボラから「低いボラ」に戻った程度で本番は [続きを読む]
  • 朝の7時からダウとドル円が下落
  • 突然のダウとドル円の下落昨日(今朝)の安値を切って来た。つれてCMEも19905円の安値ドル円は110円切りそうな110.10台にいる。9時までにどうなるかは解りませんが、買い方には嫌な感じで売り方は期待がでる。現状のボラ(IV)は急落以外に盛り上がりそうにない。コールの9月限も8%台で「騰がりそうもない」と思ってもショートする気にならない。異常と思っているボラが正常になるとは思わないがあまり長い超低ボラは困る。SQ最終営 [続きを読む]
  • 煮詰まり、揉み合いの限界だが。
  • NY市場は、だんだん狂乱になってきた感じがする。株式バブルの話より債券バブルの話題の方が多い。S&P500の個人投資家のカラ売り比率は84%と減っていない。踏んだか、踏んでから再ショートか解りませんが、ダウやナスダックも似た数字だろう。ダウは上昇三羽カラスが大きく上昇したアップル、ロッキード、G・サックスです。昨日は3社で?54ドルほどFANG株が上昇したことでナスダックも高い。日経225先物のナイトは値幅30円で出来 [続きを読む]
  • 恐ろしや!ダウが更に上昇してちる。
  • 9時からダウ(CFD)が、約60ドル上昇している。仮にこのままいけば10連勝となります。なんで? 知らない!いよいよ踏み上げ相場になるのかもしれない「NYブルマーケットは永遠に続くかも知れない」話すと記事になる有名人の意見2007年の狂喜の再来。とか。住宅を担保に借金をして投資のスタイルです。投資は仮想通貨が代表かもしれない。ビットコインの値上がりが凄い。徐々にバブリーな世界に入って来た米国市場。最後が一番おい [続きを読む]
  • マグマは溜まったか? 弓は目いっぱい引かれたか?
  • 日経225先物はボラが記録的に低下し、ボリバンも詰まった移動平均線も詰まり「一発触発」のムードながら不発が続いている。ついでに出来高も最低ライン連続だ。トレーダーのイライラは最高?雇用統計後のNY市場は上昇後から横ばいFRBの政策コンセンスは9月バランスシート縮小12月利上げ。これが動かない状態。一部に12月利上げ反対派がいるのはインフレなき利上げは正当性がないからだ。利上げはイエレン議長続投に絡む景気下降時 [続きを読む]
  • 出来高18023枚 値幅50円、NT倍率更に低下。
  • ボラ・出来高・値幅・ボリバン 陰の極になっている動きで仕事するデイトレーダーの気分は、イライラだろう。ダウが高いのに何故?ドル円下落なのに何故?イライラしている間にSQは着実に近づきオプション価格は着実に下落。米国人はどうだろう?売り方が多いようですから下落を待っている人が人数的には圧倒的だろう。雇用統計で下がらなければ踏むか?下落を願う人が多いほど相場は下がらないのが常ですが上がり続ける相場はない [続きを読む]
  • 米雇用統計は時給が注目される。
  • 今晩の雇用統計は雇用者数よりも平均時給がドル円を動かすと予想されている。ややハト的になっているFRBを見て昨日のISM非製造業悪化の数字を見てドル円が売られた。12月利上げの確率が下ったからだ。常識的に考えて目標インフレに届かないうちに利上げは正当化されない。イエレン議長は景気後退時に利下げする「のりしろ」を欲している。来年の議長職も不明なこともある。従ってFRBの監視はインフレ率につきる。インフレなら賃金 [続きを読む]
  • ラージ25682枚。本当に夏枯れ理由だけか?
  • 1日値幅1%以下は継続薄商いも継続NT倍率の下落も継続ついでに5月過ぎからの持ち合いも継続本日、20000円攻防がなければラージも▼2000枚は少なかっただろう。相場巧者ゴールドマンの仕掛けアムロのラージ5万枚売買クレージースイスの一方通行のバカ買いアホ売り全く影も見せない過去の話になった。知らない人も多いかもしれない!ボラ着火とか戦闘ボラが懐かしい。そのかわりショートストラングル退場者が出ない。ヘッジファン [続きを読む]
  • プットオプション、稀に見るチャンス!!と云える。
  • 理由を書いてみる。情勢の有利性・ダウがバブル的に急上昇中!・債券もバブル。・米国金融政策が転換点(QEの逆転現象)・史上最低のプットボラ(日経225オプションでは特に期先)・米国に昨年トランプラリーから5%の調整もない・日経225でも7月は1%以下の値幅しかない・日経225で1月~7月までの値幅が記録的に小さい(後半が大きい確率が高い)・北朝鮮が9月の建国記念日に「核実験の噂」・ロシアゲートは終わって [続きを読む]
  • プットにとっては先物200円上昇爆弾レベル
  • 日経225先物が「90円高」でプットが半額以下に叩き売られた。ポジション的には当然ながらプットショートが不足するが明日にもインする可能性が0%でない19750円が@32 ▼33円売り頃だった19500円が@17 ▼21円とてもじゃないが怖くて新規ショートできない。気分はすでに9月限になる。ボラは本日は絶対に20000円割れはないと見ているのだろうか?ダウはアップル効果で瞬間?50ドル(アップル8ドル高はダウを56ドル上昇させる計算) [続きを読む]
  • アップル好決算の陰で自動車販売が酷すぎる。
  • 米国と云えば自動車大国フォードGMなどの7月販売が激減した。(トヨタだけが+3%)賢い米国ではダウ採用銘柄に自動車株が無い不思議。米国経済の現実を表すよりダウの数字を上げたい銘柄入れ替えのためで成功している。自動車販売量にびっくりしてドル円が110円を一瞬割り込んだ。110円割れから急反発には実需買いの指値買いか多かったためとされている。米国のインフレ率に影が差し込んで12月利上げが出来ない可能性が高くなったこ [続きを読む]