Lucas さん プロフィール

  •  
Lucasさん: cafe y copa
ハンドル名Lucas さん
ブログタイトルcafe y copa
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/cafe_lucas
サイト紹介文2006年7月〜2012年3月迄チリに住んでいました。現在は都内在住です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供221回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2010/10/01 07:12

Lucas さんのブログ記事

  • 櫻岡大神宮の御朱印♪
  • [御朱印] ブログ村キーワード6/23(金)から二泊三日のプチ旅行をしてきました♪行った先は、仙台目的は牛たんと御朱印です♪仙台駅到着後は、まずは”伊達の牛たん”の”芯たん定食”でお腹を満たす♪その後、櫻岡大神宮へ向かいましたホテル近くのバス停から二つ目の、”立町小学校前”のバス停で下車。運賃は100円。入口の鳥居をくぐってどんどん進むと、見慣れないものが目の前に。この輪っか(ちの輪)の前で足が止まりました。ま [続きを読む]
  • 初!駆け込みセーフ(汗)
  • 水槽の掃除をしていたら、新幹線に乗り遅れそうになった。人生初の駆け込みセーフどの車両でもいいから乗ればいいと、緑の列車に飛び乗って車両を移動していたら、私が乗るべく車両は別連結の赤の列車だった。緑の列車から飛び降りてホームを走る!きゃ〜、乗りますぅ〜!!とか言いながら走りました。.....バスじゃないって赤の列車に飛び乗ってすぐにドアが閉まる、セーフ いつも時間に余裕を持って行動する私だけど、今回は子メ [続きを読む]
  • クチバシの花♪
  • [クチバシ] ブログ村キーワード今日の東京、風がすっごいですねw( ̄o ̄)w大きく育ったアボカドの木が、わっさわっさと・・・今にも根っこごともげそうな勢いです。。。  そんな今日は、先日見つけた” 花 ”を紹介しま〜すヾ(・ω・o)ノ♪いつもの通り道に、真っ赤な花をたくさんつけた大きな樹木を発見。それは、チリ在住時、不思議で仕方なかった真っ赤な花でした。その時の様子はコチラ(←ココを )日本にも普通にあったんで [続きを読む]
  • 羅臼の絶品ご当地バーガー♪
  • [ご当地バーガー] ブログ村キーワード知床旅行記は終了したんですけど、羅臼で食べたご当地バーガーが、すっごく美味しかったので、紹介しておきますお店の場所は、”道の駅知床らうす”内。ご紹介したいのはコレヾ( ̄∀ ̄*)羅臼ご当地バーガー、ホッケフライバーガー(400円)まっっったく期待してなかったんですけど、すっっっごく美味しかったです一口食べたら目が丸くなりました! また食べたーーいっ(`o´)これだけの為に羅臼 [続きを読む]
  • 国内最北端の刑務所
  • [網走刑務所] ブログ村キーワード5/6(土)”知床〜網走旅行”の最後を締めくくった観光。それは、 網走刑務所 国内最北端の刑務所です。明治23年に、札幌と網走間の北海道中央横断道路の開削を受刑者によって施工する為、現在地に収容所が設けられたのが、網走刑務所の始まりです。往時は長期刑の受刑者を収容していましたが、現在は、概ね刑期三年程度の受刑者を収容しているそうです。金網の隙間からパチリ博物館・網走監獄ではな [続きを読む]
  • 網走市の先端、能取岬へ♪
  • [能取岬] ブログ村キーワード5/6(土)網走市立郷土博物館の次は、能取(ノトロ)岬を目指しました博物館からは車で20〜30分位です。綺麗な白樺並木を抜けたら、いきなり視界が開けて、嬉しくなるようなこの景色ヾ(・ω・o)ノ♪気持ちよかったです〜〜♪” 能取岬 ”オホーツク海に突き出た岬で、冬には流氷が押し寄せる所。ご覧のとおり、広〜くて、何もなさげですが💦とりあえず一周してみようという事で、散策開始〜開始直後、 [続きを読む]
  • 増えすぎたメダカの稚魚
  • [メダカの稚魚] ブログ村キーワード久々のメダカ観察記です。これはメインの水槽で元気なメダカ用。13匹入ってます。こちらはちょっと具合が悪いメダカ用の水槽で、4匹います。で、これは、メダカの稚魚用。以前27匹入っていたんですけど、現在10数匹と・・半分以上減りました。で、このボールの中にも稚魚がうようよいるんですが💦、これは・・メインの水槽からメダカの卵を拾ってこの中に入れていたら、こんなことになってし [続きを読む]
  • 見応えある網走市立郷土博物館
  • [網走市立郷土博物館] ブログ村キーワード網走神社でお参りした後は、網走市立郷土博物館へ行きました。網走神社から徒歩5分位の所にありますヾ( ̄∀ ̄*)建物がレトロっぽくて素敵です北海道を代表する建築家、田上義也氏の設計だそうです。博物館に入ってまず最初に目にしたモノ。それは・・・トドやアザラシ、ラッコの剥製Σ(・ω・ノ)ノ! でっか〜い!手が届く近さに展示されてます(;´・ω・) 触っちゃう人もいるかも!?壁にはオホ [続きを読む]
  • 網走神社、再び
  • [網走] ブログ村キーワード5/6(土)この日は東京へ戻る日。なもんで、大急ぎで観光してきました。・・・やっぱり時間が足りなかった💦まずは、網走神社今年の2月にも訪れたんですけど、また網走に来れたのでお参りすることに3ヶ月でこんなに変わってました♪5月と2月の景色を交互にご覧くださいヾ(・ω・o)ノ《 鳥居周辺 》5月2月《 境 内 》5月2月《 手水舎 》5月2月《 網走護国神社 》5月2月個人的には、雪深い2月の神 [続きを読む]
  • しじみ汁が美味しい、ドーミーイン網走♪
  • [網走] ブログ村キーワード第一幾品川橋梁を見学した後は、網走へ向けて車を走らせました前回(今年2月)も利用した、dormy inn網走に宿泊する為このホテルって新しいし、お部屋の感じもいいんですよ〜♪何がいいかって?例えばコレ↓ わかるかしら?普通だったら、ドアを開けたらすぐ部屋です。しかし、このホテルの場合・・・入って正面に鏡がありますが、その左横の薄茶色のドア、わかります?このドアをカラカラ〜っと開けたら部屋 [続きを読む]
  • ただならぬ雰囲気の、越川橋梁
  • [橋梁] ブログ村キーワード”らうす峠茶屋”を後にした私たちは、網走へ行く為に国道244号線を走っておりましたそしたら・・・こういうモノを目にしましたΣ(・ω・ノ)ノ!何だか・・・ただならぬ雰囲気を醸し出していましたよ。なぜかこういう物に惹かれてしまうんですよね。もちろん車を降りて見学〜第一幾品川橋梁(通称、越川橋梁)この橋梁は、斜里から標津までを結ぶ根北線として、1939年に全長147m・高さ20mの10連アーチ橋として建設 [続きを読む]
  • らうす峠茶屋で遇ったワンコ♪
  • [羅臼] ブログ村キーワード北の国からスタンプラリーの最終地、らうす峠茶屋ヾ(・ω・o)ノ♪これまで・・・・ロケ地まで行ったけどスタンプが見つからなかったり、押したけどゴム印が潰れていて何だかよくわからなかったりと・・・汗と涙のスタンプラリーでしたが┓(。・´з`・)┏最後が締めくくればそれでいいや!と、閉店間際の峠茶屋へ駈け込んだら、なんと、ここで、羅臼ロケ地全部のスタンプが押せたのでしたΣ(・ω・ノ)ノ!今までの苦労は [続きを読む]
  • スタバのマグ、トルコ版♪
  • [スタバ] ブログ村キーワード前回の続きです。今日はトルコのお土産を紹介しま〜す♪まずはトルコの白ワインソーヴィニヨンブランとシャルドネ♪本日、ソーヴィニヨンブランを開けたんですけど、雑味がなくて飲みやすくて、チリワインよりも美味しいと思いました💦これはトルコのお茶、チャイ♪まろやかで美味しいです、これ。紅茶とマテ茶を足して二で割ったような感じでした。チャイ用のグラスも買ってきてくれたので、今 [続きを読む]
  • どこの国の料理だと思いますか?
  • [魚料理] ブログ村キーワード夫様が送ってくれた写真第2弾。(”久々のワンコ”の続きです。)美味しそうなお料理がずらっと並んでおりま〜す海辺の町だから、魚料理が充実しているようです。バルブンという魚のフライと香辛料がガッツリきいた牛肉の肉団子。この肉団子は夫様のお気に入りだそうです。↓このお国のビール、EFES ちょっと薄い感じの、さっぱりした味らしいです。これを見たらどこの国かわかるかしら?夫様曰く、「 [続きを読む]
  • 世界自然遺産、知床岬
  • [知床岬] ブログ村キーワード” 純の番屋 ”でスタンプをゲットした後は、♪ し〜れ〜〜とこぉ〜の、み〜さ〜〜きにぃ〜 ♪の、知床岬を目指しました通行止めで岬までは行けないとわかっていたけど、せっかくここまで来たので、行ける所まで行ってみることに。その途中の観光スポット、天狗岩ヾ(・ω・o)ノこの場所は、「北の国から2002」で遭難したトドに、浜の場所を知らせるための迎え火を、純達が炊いた場所だそうです写真を撮 [続きを読む]
  • 北の国からのロケ地・純の番屋
  • [北の国から] ブログ村キーワード羅臼は ”北の国から2002〜遺言〜” で舞台となった町です。純が結(内田有紀さん)と出会った地だそうです。ドラマを最後まで観てないのでピンときませんでしたが💦ドラマとか関係なく、こんな遠い所までよく来たなぁ〜なんて、ホントに感動ものでしたで、番屋。写真の番屋は撮影に使われたものではなく、観光用に造られたものだそうです。本物の”カムユンベの番屋”は別の場所にあるらし [続きを読む]
  • 国後島に一番近い道の駅♪
  • [道の駅] ブログ村キーワード知床旅行記、続けます羅臼神社で御朱印をいただいたあとは、お待ちかねのランチ♪道の駅”知床・らうす”へ行きました知床横断道路の羅臼側の入口にある道の駅です目の前には根室海峡と国後島が横たわってま〜すヾ( ̄∀ ̄*)ここから眺める国後島が、今までみた国後島よりも、より近く感じました。そんな、国後島に一番近い道の駅内の”知床食堂”で、お店お勧めの黒ハモ丼(ミニ/700円)と、羅臼昆布羅〜 [続きを読む]
  • 久々のワンコ♪
  • 夫様が出張から戻ってきましたヾ(・ω・o)ノ 無事で何より〜〜!少しですが写真を撮ってくれてたので、アップしま〜すまずはワンコまだ子供ですね、可愛い〜〜(*^▽^*)♪夫様の靴が憎かったらしい(笑)この国のワンコも表情穏やかですジャーマンシェパード?よくお太りになってて、見ていて癒されます(笑)この国の犬も意外と自由のようです。野良犬というよりも、飼い犬を放し飼いにしてる感じだったそうです(夫様談)。写真が三枚だけ [続きを読む]
  • 羅臼神社の御朱印♪
  • [御朱印] ブログ村キーワード5/5(金)そう簡単には来れない羅臼町。来たからには、是非とも御朱印をいただきたい!ということで、羅臼神社へ行きましたその途中のラウス橋からの眺め。 ここからも羅臼岳が臨めま〜すヾ(・ω・o)ノ♪ちょっと迷ったんですけど、無事到着〜《 羅臼神社の由緒 》創立は遠く安政年間にあり、松前藩の領地の頃、請負漁場として目梨漁場の開発に際し、羅臼岳の霊峰の三霊を船見町の丘陵地に小社を建立して、 [続きを読む]
  • 国後展望塔から国後島を臨む
  • [国後島] ブログ村キーワードそもそも、なぜ羅臼へ行きたかったのか?目的は・・・”北の国から”スタンプラリ〜ヾ( ̄∀ ̄*)残すは羅臼だけだったんです。最近、”ウォーキング・デッド”の世界にどっぷり浸かっているため、”北の国から熱”が薄れておりました。パスポートの存在すら忘れていて、"北の国から”大ファンの夫様から言われて思い出した感じでした💦ということで、羅臼町に入って最初に行った所。それは、” 国後 [続きを読む]
  • 羅臼までの道のり♪
  • [羅臼] ブログ村キーワード知床峠が越せなかった5/4。この日(5/5)も越せなかったら、羅臼以外の観光は諦めようと思ってました(´-ω-`)峠が越せないと、羅臼まで遠いんです。別の道から行くと時間がかかるんです。峠情報を道の駅で尋ねると、「まだ連絡が来てないからわからな〜い」┓(。・´з`・)┏ネットで確認するも、”通行止め解除”の文字が見当たらな〜い┓(。・´з`・)┏どうしたもんかと悩み、ダメ元で峠へ行ってみることに [続きを読む]
  • 道の駅しゃりで目に留まったもの♪
  • [道の駅しゃり] ブログ村キーワード5/5(金)この日は、前日通行止で行けなかった 羅臼 を目指しましたと、その前に、斜里町の”道の駅”に寄ってみる。館内はこんな雰囲気世界遺産知床に関する観光情報や、斜里町町内の情報などが案内されていま〜す。そんな中、目にとまった物が2点一つは、写真右上のブルーの熊。斜里町のゆるキャラで、その名も ” シャリッとさん ” (笑)頭には、流氷で出来た斜里岳とジャガイモが並んだ帽子を [続きを読む]
  • 穏やかな湖、屈斜路湖
  • [屈斜路湖] ブログ村キーワード5/4(木)硫黄山見学の後は、屈斜路湖へ車を走らせました20〜30分位で到着〜屈斜路湖・・・日本最大のカルデラ湖で、全面結氷する淡水湖。摩周湖と同じカルデラ湖なんだけど、こちらの方が穏やか。人が殆どいなかったこともあってか、時間がゆっくり流れているように感じましたのんびりふらふら歩いていたら、木道を発見 散策開始〜あちこちに水芭蕉の群落がみられましたヾ( ̄∀ ̄*)行きついた先は・・・キ [続きを読む]
  • 硫黄山見物
  • [硫黄山] ブログ村キーワード摩周湖を楽しんだ後は、硫黄山へ行きました摩周湖第一展望台の駐車券と硫黄山の駐車券は共通なので、無料で入れます摩周湖から15分位で到着〜2009年に旅行した、 アタカマのタティオ間欠泉 を思い出しました後ろはこんな風景〜♪噴気活動が活発ですが、かなり近くまで行く事が出来ます。近づくにつれ・・・当たり前ですが硫黄の臭いがすごかったです硫黄の臭いなんだけど、かなりカビっぽい臭いも感じま [続きを読む]
  • 美しすぎる摩周湖
  • [摩周湖] ブログ村キーワード前回の続きです。”しれとこ里味”で昼食を済ませた後は、この、白樺並木に感動しながら摩周湖を目指しました走らせること1時間半位で、摩周湖の第1展望台駐車場に到着〜♪車を停めて徒歩で展望台へ。 ちなみに駐車料金は500円です。これは最初に撮った写真予想以上の美しさに感動して、何枚も撮りました。こ・・・湖面の色が濃くて綺麗〜〜っ(`o´) 鳥肌ぞわぞわでした。日本でもっとも透明度が高 [続きを読む]