Lady Green さん プロフィール

  •  
Lady Greenさん: Lady Green English Salon
ハンドル名Lady Green さん
ブログタイトルLady Green English Salon
ブログURLhttp://listen2yourheart.blog10.fc2.com/
サイト紹介文企業にて英会話・TOEIC講師をしながら、オンライン指導&コーチングをしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/10/02 15:56

Lady Green さんのブログ記事

  • Dance, dance, dance!
  • 先日の記事で翻訳学習を地味に続けてますという話を書きましたが、同じようにコツコツ続けているのがラテンダンス。気が付けばスタートしてから3年半ほどになります!初めて体験レッスンを受けた時のブログ記事がこちらShall we dance?。あの時は本当にダンスにすらなっていなかったんですが(笑)今は随分とまともに踊れるようになってきましたよ。つい先日、ダンスの合同発表がありまして、ラテンの他にもベリーダンス、ポールダ [続きを読む]
  • 地味に復習中
  • 翻訳の課題がないと本当に気が楽です。何だかノンビリしちゃって、「いかんいかん」と思うんですが・・・。時間があるので、以前に授業で訳した課題を見直してみたりしています。いつも「復習しなきゃ!」と思いながらなかなか出来ずに(というか、しないだけ?)いるので。どうせなら最初に受講したレベル1の見直しから!と思い、ファイルに保存してある3年位前の自分の英訳を見直してみているのですが、自分で見てもいっぱい突 [続きを読む]
  • 伸び悩んだ時は基礎に立ち返る
  • 台風が接近する中、インターの特別セミナーに足を運んできました。怪しげなお天気にも関わらず結構人もたくさん入っていましたよ。翻訳クラスをご担当の講師の講演ということで、色々な話を聞けてなかなかに充実した内容でした。先生面白かったし(笑)ちなみに私はこの講師のクラスを受講したことがないのですがクラスメイトの何人かは以前お世話になったのだとか。「怖い!けど、好き」とのことでした(笑)印象的なお話したくさ [続きを読む]
  • 結果は・・・?
  • インターの翻訳クラス、判定が出ました。レベル4クラス、翻訳課程の最終クラスということですから、進級判定というか卒業判定ということです。ここを合格すれば、インターで翻訳者として仕事をしていく道が開けるわけです。正確に言えば、卒業してトライアルに合格して、ということですが。で、結果はどうだったかと言うと・・・残念ながら、今回はStay(残留)という判定でした。ただ、自分でもこの結果には納得しています。パス出 [続きを読む]
  • Goodbye, Paris.
  • 昨年の9月にパリに旅立って行った生徒さん。あれから1年経って日本に帰国。パリを存分に満喫されたようで、でもちょっと名残惜しそうでもありました。日本とパリをつないで月に1度スカイプでレッスンをして毎回新しいお話しを聞かせてもらえるのが私も楽しかったです。しばらく日本でゆっくりされたら、今度は念願のイギリスへと旅経っていかれるとのこと!もともとイギリスでのワーホリを希望していたのがワーホリビザが取れず悩 [続きを読む]
  • そろそろ再始動
  • まだまだ夏休み気分でしたが、大学後期の授業に関連してメールが来たりしてもうそろそろ仕事モードにしていかなきゃなと思い始めているところです。ちょびっと仕事モードに入って、後期の授業の準備に取り掛かることに。あ、でも企業研修も引き受けているので、全く仕事してないわけじゃないんですけどね。スカイプのレッスンもしてますし。でもやっぱり大学ないとノンビリです。仕事モードになったところで、エージェントさんから [続きを読む]
  • 翻訳の質は時間に比例しない
  • 翻訳の授業も来週でおしまいです。今週の授業に出た時に、いつもなら最初に次回課題を配布するところで何もなく、はたと「そうか、もう課題ないのか」と気付き、何だかちょっと寂しい気持ちに。課題があると大変ではありますが、あることで気持ちが引き締まり、また「次はどんな内容かな」と楽しみな気持ちもあったりして。やっぱり私はworkaholicかも(笑)大学の夏休みに入ってから翻訳の課題に割ける時間が増えて、最後の2回分 [続きを読む]
  • それでも前を向く
  • さっそく読み始めました、こちらの本。図書館のカウンターで受け取るのがなんだかちょっと照れ臭かったですが(笑)さっそく家に帰ってページをめくってみると、懐かしいお顔が・・・。なんだか昔の男に再会したかのような気持ち(違うか、笑)さて、内容の方はどうかというと、とにかく率直に自分の気持ちを自分の言葉で語っている。包み隠さずという感じで、読んでいるこちらがちょっと恥ずかしくなっちゃう位・・・。そして、めっ [続きを読む]
  • 心を整える
  • 親知らずを抜いて1週間になりますが、まだ痛いです。うう、辛い・・・。早く回復したいものです。夏休みの目標の1つが痛み止めを絶つことだったのですが、早くも挫折。とは言えこればかりは致し方ない。一方、たくさん本を読むということに関しては順調に進行中です。日本語の本ですが、2冊読み終えました。ひとつは小説。三浦しおんさんの本。彼女の本一度も読んだことがなかったので何か読んでみたいなあと思っていたのでした。 [続きを読む]
  • 久しぶりの翻訳クラス
  • お盆休みが明けて久しぶりの授業に行って来ました。スクールの休みに加え、担当講師が休暇を取っていたこともあり、2週間授業が休みだったので、ホントに久しぶり!という感じです。大学も休みですからいつもよりも時間はたっぷりあります。なので、翻訳課題に取り組む時間がたっぷりあったわけです。内容が技術的なもので、背景知識のない私には難しかったのですが、時間がある分いつもよりもクオリティを上げられないものかと頑張 [続きを読む]
  • Total Solar Eclipse
  • 以前にもブログに書いたことがあると思うのですがとにかく私は目標を紙に書き出すのが大好きです。毎年「今年の目標」をノートに書き出すし、さらに、毎月新月の日に「こうなりたい」という願い事を書きます。新月の日に願い事を書くと叶う、ということで、数年前から習慣にしているのです。胡散臭い?(笑)新月に本当に願いを叶える力があるかどうかは別としても毎月そうやって自分が何を目指しているか、何を求めているかを明確 [続きを読む]
  • Wisdom Tooth Removal
  • 人生初の親知らず抜歯を経験してきました。随分前から生えていた下の奥歯の2本の親知らず。出来れば抜きたくない・・・と思ってそのままにしていたんですが先日久しぶりに歯医者で虫歯チェックしてもらったら、「親知らずが虫歯になってきているので抜いた方がいい」とのこと。うーん、出来れば抜きたくない。痛そう。顔腫れるっていうし。怖いじゃない!最近近所にオープンした歯医者さん。病院は綺麗だし、最新式の医療機器を導 [続きを読む]
  • 期間限定〜英検1級読解レッスン〜
  • オンラインでの英語指導を始めて気が付けばもう2年になります。英会話スクールでの仕事を辞めたのもちょうど2年前の今頃でした。色んな意味で2周年です。ご縁があってレッスンさせて頂くようになり、その後、目標達成されてご卒業された方もいれば今も継続して指導させて頂いている方、新しくスタートされた方、色々です。英語を使うお仕事に就かれて頑張っていらっしゃったり念願の英検準1級に合格されたり、フランスでのワーホリ [続きを読む]
  • IKEBANA: Flower Arrangement 3
  • ようやくIKEBANAの話の続きです。前回の前振りで、千利休の有名な逸話について書きました。白洲氏の文章を抜粋します。「有名な利休の逸話に、秀吉に所望されて、庭一面に咲いたみごとな朝顔で茶会を催すことになった時、利休はその朝顔を全部切ってしまい、たった一輪だけほの暗い茶室の床の間に生けたという。これが茶道の神髄であり、花を生かすことの意味である。」(「日本を知る105章」より、第2章『生け花』白洲正子)以前 [続きを読む]
  • マイナスをプラスに変える
  • 最近IKEBANA記事が続いたので今日はちょっと違う話題。本当はIKEBANAの英訳、まだ続きがあるんですが、書くのに時間がかかるのでまた次回に!で、今日は日本語で読んだ本の話。いつも洋書のことしか書いてませんが、和書も読んでいるんです!と言って、まずは翻訳書なのですが、随分前に紹介したケリー・マクゴニガルさんの『自分を変える教室』。今回読んだのは、この後に出版された『ストレスを力に変える教科書』。数か月ほど前 [続きを読む]
  • IKEBANA: Flower Arrangement 2
  • 前回の『生け花』の記事の続きです。白洲正子氏は、牡丹の花について詠まれた短歌を紹介し、この世とあの世の間に浮かぶ牡丹の花に「永遠の生命を託した静かな喜びが感じられる」と述べた後、さらにこのように続けます。「もともと花とはそのようなものである。これは切り花ではなく、鉢植えだったかも知れないが、どちらにしても1日かぎりのはかない命であるから、咲き定まって器に入れたその瞬間が「花」なのだ。では、自然のま [続きを読む]
  • IKEBANA: Flower Arrangement
  • せっかく時間のたっぷりある時期、いつもと違う英語学習をしたいなぁと随分以前に買った本を本棚からひっぱり出してきて読み始めました。105のキーワードから日本について語る。元々は日本語で書かれたものに、英訳が添えられています。どう英語に訳されているのか、非常に興味深い。正直どれもかなり訳しにくいものばかりです。初心者向けの「日本文化紹介」というよりも、本格的な「日本文化論」と言ってもいいのではないかと。 [続きを読む]
  • 読書月間スタート
  • 夏休みがスタートしてさっそく1冊読み終えました、と言っても、先月から読んでいる本なので、1か月位かけて読み終えたんですけど。相変わらず読書スピードが遅いです。毎日ちょっとずつしか読まないのがいけないんですけどね。で、昨日今日と時間がたっぷりあったので、一気に読み終えました。面白かったです!読んだのはこちらの本。私はとても気に入りました。登場人物が魅力的だしウィットに富んでいて読んでいて楽しい。最後の [続きを読む]
  • Final Testの結果とDance show
  • いよいよ夏休み本格的に突入。と、その前に、翻訳クラスのFinal Testの結果が返ってきました!先週のテストの際には手応えがあまりなく、時間もギリギリ。というか、割と毎回そんな感じとも言えるんですが・・・。でも、あんまり結果が思わしくないと凹むよなぁ、この後のダンスの舞台にまで引きずってしまいそう・・・。週末ちょっとブルーなこともあったりで、すっきりしない気分で授業に参加して参りました。担当講師が夏休みを [続きを読む]
  • 夏休みの計画
  • あれよあれよという間に8月。大学の方も無事に前期授業が終了し、成績入力も終えてほっと一息です。学生のテスト採点しながら、やっぱり「基礎文法の大切さ」を痛感。ここをいい加減していると、やはり伸び悩む。これは何も学生だけの話ではなく大人も同じ。土台をしっかり築けば英語力をさらに磨いていくことが出来るけどそこをちゃんとせずに問題の数だけこなしても力がつかない。頑張ってるのに力がつかないという人は、土台の [続きを読む]
  • Book Club "No Longer Human"
  • ほんっとに久しぶりにBook Clubに参加してきました。毎回行きたいと思いながら、日程が合わなかったり、忙しかったり、課題本を読めなかったりで見送って来て、何と今年初の参加!半年ぶり位でした。忘れられてないかな?と思いつつ、サクッと参加してみたら、お馴染みの顔ぶれに新しい顔ぶれも。やっぱりこうやって色んな人たちと英語でコミュニケーションを取れ、しかも、普段なかなか話すことのないようなテーマでディスカッシ [続きを読む]
  • The examinations are over!
  • 大学の期末テスト、翻訳のファイナルテストが終わりました!何とも慌ただしい1週間!はぁ、疲れた。学生達のテスト採点を部屋でしながら、一人で一喜一憂。「○○ちゃん、頑張った!」「ここあんなに言ったのに何で間違える?!」自分のテストではそんなに盛り上がれませんが、生徒のテスト結果にはエキサイトしますね。中間テストで惨憺たる結果だった生徒が期末で巻き返してくれたりして嬉しいです。相変わらずボロボロだった生 [続きを読む]
  • 人を育てるって
  • 来週は大学の期末試験。試験問題は何とか作り上げホッとしてますが、生徒達がちゃんとやってくれるか。数名心配な生徒がおります。単位あげれないかもしれないなぁ。本人達も自覚はしてますが、ホントにあほ(ゴメン!)でねぇ…。でも、可愛い生徒達なので、褒めたりムチ打ったりしながらワイワイ授業やっています。一方、別のクラスでは、凄く優秀な生徒もいて、「この子は将来有望!」とテキストに書いてないことも色々と教えて [続きを読む]
  • 英検1級の単語conflagration
  • 何だかシリーズ化してしまいそうな感じですが、最近またしても1級単語に遭遇したので記しておこうと思います。今回は、洋書の中ではなく翻訳の授業の中で遭遇したconflagrationという単語。「大火災」というような意味ですが、翻訳課題で第一次世界大戦に関する記事を扱う中で出て来ました。英語で記事を書く際、同じ単語を何度も使うのを避けるため、同じ事を色んな単語で言い換えて表現します。そこで、翻訳する時にも、単調にな [続きを読む]
  • もうすぐ期末テスト
  • 今週は翻訳課題がお休みで、今週末はホッと一息。3連休だし〜♪とイオンのセールに行ってみたり、明日もお出かけだったり。でも、本当はそんな場合じゃなく、大学の学期末試験を作らなくちゃいけないんですけど!ぼちぼち取り組んでいるので、間に合うはずですが・・・。翻訳の方も今月末にファイナルテストがあります。あっちもこっちもテストで大変です。翻訳の方はテストの成績よりも普段のパフォーマンスの方が大事ということ [続きを読む]