san telmo54 さん プロフィール

  •  
san telmo54さん: アルゼンチンタンゴと献血そして地ビール
ハンドル名san telmo54 さん
ブログタイトルアルゼンチンタンゴと献血そして地ビール
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/felicia51ta
サイト紹介文タンゴのブログと云うと殆ど、ダンスばかりなので、聞く 為のタンゴのブログを立ち上げました。
自由文献血の、ローテーションは、今、月に2回、
青春18キップが発売されますと、遠出して、献血に
出掛けます。時刻表と、にらめっこしますので、
決して、鉄道マニアでは、無いのですけど自然と、
鉄道の知識も、身に付きました。

その副産物として、今、ブームの秘境駅も、献血のついでに訪ねております。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2010/10/02 17:50

san telmo54 さんのブログ記事

  • フランシスコ、カナロ#62
  • 曲目  SON GRUPOS 読み  ソン、グルーポス 録音  1928年  原盤番号4437B 「ラ、クンパルシータ」の作者、ヘラルド、エルナン、マトス、ロドリゲス作曲、「ラ、クンパルシータ」が 余りにも、有名になりすぎて、他の曲が霞んでいるのが残念です。 タイトルの意味は不明ですが、このタンゴも悪くはないでしょう… タンゴ評論家の石川浩司氏に依れば 「アデイオス、アルヘンテイーナ」、「サンテルモ」同様、今 [続きを読む]
  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO#52
  • 演奏者  VICENTE LODUCA ヴィセンテ、ロドゥカ  曲目   LA PERCANTA 読み   ラ、…… 録音   1917年〜1918年 ロドゥカ自作自演のタンゴ、タイトルの読みも不明なタンゴです。誠に恐縮ですが、コメントの出しようが  有りません。この当時のタンゴの、雰囲気を感じ取っていただければ幸いです。  [続きを読む]
  • MIGUELITO 17-0720#493
  • 演奏者  ROBERTO FIRPO ロベルト、フイルポ  曲目   MIGUELITO 読み   ミゲリート  録音  1929年  原盤番号8839A 当時、社会風刺をテーマに、数々のタンゴを世に送った、エンリケ、サントス、ディセポロ作曲  タイトルの意味は不明ですが、後に詩が付けられ、「ペロ、エル、ディア、ケ、メ、キエラス」に  変りました。  私は、この短いタイトルの方が好みです。昔、タンゴ解説者の高山正彦氏 [続きを読む]
  • ドン、パンチョ五重奏団#17-W-★
  • 曲目  EL LLORON 泣き虫 読み  エル、ジョロン 録音  1948年6/3 原盤番号30103B タンゴ最古曲の一つだと云われております。作者は、アンブロシオ、ラドリサーニとなっておりますが ?が付きます。19世紀末から、酒場で流れていたメロディーだそうですが、当時は、色々な人が 自分の曲として登録したそうで、真の作者は藪の中?   演奏者  ロベルト、フィルポ旧四重奏団 録音    1936年12/19 原盤番号 [続きを読む]
  • CHINGOLITO 17-0718#492
  • 演奏者  ROBERT FIRPO ロベルト、フィルポ  曲目    CHINGOLITO 読み    チンゴリート  録音    1928年  原盤番号8746A 「ベンタニータ、デ、アラバル」、「ポブレ、グリンゴ」、「ラグリミアンド、ラグリミアンド」等、当時、数々の  ヒット作を世に送った、アントニオ、スカタッソ(バンドネオン)作曲、  副題として、「チンゴロー鳥はもう啼かない。」と明記されてるそうです。チンゴロ [続きを読む]
  • アストロリコ四重奏団#1 さくらプラザホール 5/6
  • お馴染みの、四重奏団のコンサートです。私も、デジカメで撮影して、コンサートの終わりに  データーのメモリーカードを、お渡ししてチェックをしてもらいました。    それとは別に、ビオリンの麻場利華さんから、DVDをいただきました。これは、DVDの一部を  編集してアップしてます。麻場さんからは、DVD 私のデジカメの撮影 どちらでもアップOKとの事でした。 1曲目   CANARO EN PARIS パリのカナロ こ [続きを読む]
  • フランシスコ、カナロ#61
  • 曲目  POBRE MADRECITA 哀れなお母さん   読み  ポブレ、マドレシータ   録音  1923年〜1924年  原盤番号6956B アンヘル、グレコ作曲と云われております。グレコの名前で、はっとした方がいたと思いますが、   そうです。兄が有名なビセンテ、グレコ(バンドネオン) もう一人おり、いわばタンゴ3兄弟…   タンゴのタイトルに、母が付く曲は結構有り、いずれも佳曲なのは不思議です。これは、  [続きを読む]
  • ドン、パンチョ五重奏団#16-W-★
  • 曲目  DUELO CRIOLLO クリオージョの決闘  読み  ドゥエロ、クリオージョ    録音  1939年3/30 原盤番号4114A ファン、レサーノ(バンドネオン)作曲、ロサリオの「ラ、クンパルシータ」と呼ばれるタンゴで、1928年の  オデオンレコード社主催の、タンゴコンクール4位入賞曲です。  タイトルは、アルゼンチンの草原の特殊用語で、1対1の決闘で、どちらかが倒れるまで決闘することを  指します。歌詞 [続きを読む]
  • DE REFILON 17-0711#491
  • 演奏者  ROBERTO FIRPO ロベルト、フィルポ  曲目   DE REFILON ついでに…   読み   デ、レフィロン  録音   1929年  原盤番号8907B 1929年の、マックス、グルックスマン、タンゴコンクールの応募作です。作者は、N.GARCIAと  J.CAROとの合作、ガルシアと、カロと読むのでしょうか? 全く無名の人と思われます。結果はどうなったのか明記してませんので、多分、入賞もしていなかったと   [続きを読む]
  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO#51
  • 演奏者  VICENTE LODUCA ビセンテ、ロドゥカ  曲目   EL PANGARE 読み   エル、パンガレ? 録音   1917年〜1918年  何処かで聴いたようなフレーズ… 曲の後の作者名は、F.CANARO これは、フランシスコ、カナロで  間違いないでしょう…  カナロの作品としては、無名のタンゴと云っても宜しいでしょう… 再三、申してますが電気録音開始前の  演奏の為、音の貧しさ、ノイズ等はご容赦下さい [続きを読む]
  • 明知鉄道 阿木→…→極楽  6/4
  • 阿木発12:43→……極楽着12:50 阿木駅を出たところ…       鉄ちゃん?      阿木駅は、秘境駅では有りません。   極楽駅に到着            極楽駅を後にします。    「大人の休日倶楽部ジパング」を使っての旅血の途中です。寒天料理は、この時点で完食…    美味しくいただきました。2人前はいけそうです。  [続きを読む]
  • NIHONBASHI BREWERY その2 6/24
  • チーズの盛り合わせ    地ビール店の定番料理    店に依って内容は、かなりさまざま…        タップが13本 ここは、お江戸日本橋です。  ガラス越しの向こうに釜が設置? 場所が狭いので、釜の設置は     無理みたいです。         Long Root Ale 5.5% Mサイズ パタゴニアとHUBが共同開発 [続きを読む]
  • フランシスコ、カナロ#60-W
  • 曲目  NO TE QUIERO MAS もうこれ以上愛せない  読み  ノ、テ、キエロ、マス  録音  1925年  原盤番号4131A ファン、バウエル(ピアノ)作曲、作者は無名の人では有りません。ウルグアイの人で割と著名な方です。  歌のタンゴとして、後年、ファン、ダリエンソ楽団 歌マリオ、ブストスで18番にしていたそうです。  覚えやすい親しみやすいメロディーです。  演奏者   BIANCO BACHICHA ビアン [続きを読む]
  • ドン、パンチョ五重奏団#15-★
  • 曲目  MATASANO 藪医者  読み  マタサーノ  録音  1939年5/8 原盤番号4117A フランシスコ、カナロ作曲、1910年代に作られた所謂、古典タンゴです。カナロは、一方  「エル、インテルナード」と云うタンゴも作っており、訳すと「インターン医学生」  対比すると、面白い…         [続きを読む]
  • EL PONCHO DEL AMOR 17-0702#490-★
  • 演奏者  ROBERTO FIRPO ロベルト、フィルポ  曲目    EL PONCHO DEL AMOR 読み   エル、ポンチョ、デル、アモール  録音   1927年  原盤番号8673A 「ベンタニータ、デ、アラバル」、「チンゴリート」、「ポブレ、グリンゴ」、等々… 当時、数々のヒット作を  世に送った、アントニオ、スカタッソ(バンドネオン)作曲、  何か、かったるいようなメロディー、そして、この曲は最初は「ファンシ [続きを読む]
  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO#50
  • 演奏者  VICENTE LODUCA ヴィセンテ、ロドゥカ  曲目    EL MORO 読み    エル、モロ  録音    1917年〜1918年   作者は、L.R.THOMPSON #49と同じ人です。読みはこれで、間違いないでしょう…   何か、酒場で酔客が、歌っているような… コーラスや口笛も聞こえて来ます。   当時、港の場末の安酒場で、生まれたタンゴの雰囲気が有ります。    [続きを読む]
  • NIHONBASHI BREWERY その1 6/24
  • このビルの1F 日本橋ブルワリー      この時間、客が少ないです。    かろやか百花繚乱 Lサイズ       セゾンIPA うしとらブルワリー     お通し   お菓子の下に、麦が有り  これが美味い…  1本きゅうりのピクルス    み [続きを読む]
  • フランシスコ、カナロ#59
  • 曲目  FORMIDABLE 読み  フォルミダブレ  録音  1927年  原盤番号4373B ファルーチョと云う人の作品、いつものフレーズで恐縮ですが、無名の人の無名のタンゴです。かって  「バンドネオンの練習」で、流したタンゴです。ここで、あらためてご紹介する次第です。  石川浩司氏の解説は、以下参照…  「 これは、掘り出し物だ。曲も良いが、演奏が大変しっかりしている。特に低音部が充実している。」 [続きを読む]