san telmo54 さん プロフィール

  •  
san telmo54さん: アルゼンチンタンゴと献血そして地ビール
ハンドル名san telmo54 さん
ブログタイトルアルゼンチンタンゴと献血そして地ビール
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/felicia51ta
サイト紹介文タンゴのブログと云うと殆ど、ダンスばかりなので、聞く 為のタンゴのブログを立ち上げました。
自由文献血の、ローテーションは、今、月に2回、
青春18キップが発売されますと、遠出して、献血に
出掛けます。時刻表と、にらめっこしますので、
決して、鉄道マニアでは、無いのですけど自然と、
鉄道の知識も、身に付きました。

その副産物として、今、ブームの秘境駅も、献血のついでに訪ねております。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供350回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2010/10/02 17:50

san telmo54 さんのブログ記事

  • フランシスコ、カナロ#69
  • 曲目  MI CORONEL 私の大佐  読み  ミ、コロネル? 録音  1927年  原盤番号4391 タンゴ最初の歌曲、「ミ、ノーチェ、トリステ」の作者、サムエル、カストリオータ(ピアノ)の知られざるタンゴ  冒頭から、なかなか魅力的なフレーズが、流れて来ます。  中程の、ビオリンのソロは聴きどころ… ノイズが有り、聴きにくいかと思いますが、ご容赦を…   [続きを読む]
  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO#59
  • 演奏者  VICENTE GRECO ビセンテ、グレコ  曲目   EL GARROTAZO 読み   エル、ガロ……  録音   1911年〜1914年  ビセンテ、グレコ作曲、云わば自作自演の得体の知れないタンゴ、しかし、冒頭のフレーズは  何処かで聴いたような… タイトルの読みも不明な云わば、お手上げのタンゴ  ここは、黙って聴くか、それとも花火鑑賞するか、ご自由に…   [続きを読む]
  • 肥薩線 いさぶろう1号 8/12
  • 今回は、動画はスマホ、静止画はデジカメと使い分けしましたが、大チョンボ、デジカメの日時が     有りません。うっかり設定しなかったようです。          人吉駅にて    くま川鉄道は、ここが発着駅   いさぶろう1号   この列車に乗車します。   SINCE2004 2004年から運行        後 [続きを読む]
  • REZONGOS 17-0914#501
  • 演奏者  ROBERTO FIRPO ロベルト、フィルポ  曲目   REZONGOS 愚痴  読み   レソンゴス? 録音   1927年  原盤番号8640 オスバルド、フレセド楽団で、長らくピアノを務めていた、ホセ、マリア、リスッティの知られざるタンゴ  殆ど、メロディーラインの綺麗な曲です。   バンドネオンの、「つぶやき」の事も、こう云うそうです。リスッティの作品は、当ブログでも   紹介しております [続きを読む]
  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO#58-W-★
  • 演奏者  VICENTE GRECO ビセンテ、グレコ  曲目   LA CARA DE LA LUNA 月のかんばせ  読み  ラ、カラ、デ、ラ、ルーナ   録音  1911年〜1914年  当ブログでも紹介している、お馴染みのタンゴです。作者はマヌエル、カンポアムール(ピアノ) 当時、楽譜の読めない半分素人が多い中、ピアノ奏者は、一番音楽知識が有りました。  それ故、ソロで弾く事が多かったそうで、この曲も、1903年、女将マリ [続きを読む]
  • 肥薩線 海路駅 8/12
  • 人吉方面    たまに、車が通ります。    熊本方面      両となりの駅も、秘境駅    人吉方面 8:44発の列車に乗ります。    運賃表 名誉駅長      地元の方でしょう…    ポツンと駅舎が見えます。 この先に、虫が舞っていた為、行きませんでした。           [続きを読む]
  • BOQUITA DE ANGEL 17-0908#500
  • 演奏者  ROBERTO FIRPO ロベルト、フィルポ   曲目   BOQUITA DE ANGEL 天使の口もと  読み   ……、デ、アンヘル  録音   1927年  原盤番号8678 ウンベルト、コスタンソ(コントラバス)作曲、コントラバス奏者の作品は、珍しいのではないでしょうか…   この方は、オルケスタ、ティピカ、ビクトルの、初代の奏者として歴史に名を残しております。   この時代のフィルポのスタイルである [続きを読む]
  • アストロリコ四重奏団#6 さくらプラザホール 5/6
  • 1曲目  EL CHOCLO とうもろこし   読みは、「エル、チョクロ」 1903年に初演され、楽譜出版は1905年 所謂古典タンゴですが、今では   タンゴのスタンダードナンバーになっております。   2曲目  GALLO CIEGO 盲の雄鳥   読みは、「ガジョ、シエゴ」 タンゴ史上最大の作曲家と云われる、アグスティン、バルディ    1917年の作品です。  この曲は、当初プログラムには掲載されておりません。  [続きを読む]
  • ドン、パンチョ五重奏団#23
  • 曲目  LA MILONGA DE BUENOS AIRES ブエノスアイレスのミロンガ  読み  ラ、ミロンガ、デ、ブエノスアイレス  録音  1947年10/22 原盤番号30102B この五重奏団を指揮する、フランシスコ、カナロ作曲の軽快なミロンガです。カナロ楽団も1940年初めに  録音しており、聴くと編曲は同じです。こちらは、エルネスト、ファマが歌っております。  後半は、華麗な花火を、ご覧下さい。    [続きを読む]
  • フランシスコ、カナロ#68
  • 曲目  MUEBLE VIEJO 古い調度品  読み  ………、ビエホ  録音  1928年  原盤番号4413 タンゴ初期のピアニスタ、ラウル、デ、ロス、オジョス作曲、彼の最大のヒット曲は、「ビエホ、リンコン」  この曲も、なかなかの佳曲ですが、歌は不要のような気がします。  彼の作品は、当ブログでも数曲、紹介しております。   [続きを読む]
  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO#57
  •   演奏者  VICENTE GRECO ビセンテ、グレコ   曲目    CARADURA  読み    カラドューラ?  録音    1911年〜1914年   読みもこれで正しいか不明のタンゴです。曲目の後に作者の名前が有ります。   E.PONCIO 一瞬、「ドン、ファン」の作者、エルネスト、ポンシオかと思いましたが…   綴りが少し違うようで、正しくはE.PONZIO いずれにしても無名のタンゴです。   心して、聴きた [続きを読む]
  • NOSTALGIAS 17-0903#499
  • 演奏者  ROBERTO FIRPO ロベルト、フィルポ  曲目   NOSTALGIAS 郷愁  読み   ノスタルヒアス  録音   1927年  原盤番号8698 C,A,DE,CARO作曲、デ、カロと読めますが、かの、フリオ、デ、カロとは別人です。所謂、無名の人の  無名のタンゴ、そして、かの有名な、ファン、カルロス、コビアンの、「ノスタルヒアス」とも  同名異曲です。同名異曲は、タンゴには結構有りがちです。  じっく [続きを読む]
  • 奈良線 奈良→…木津  6/18
  • 快速 奈良発17:54→……木津着18:03 木津に到着    木津を出たところ      上狛駅を通過  読みは「かみこま」     棚倉駅を通過…      読みは「たなくら」        玉水に到着  反対側の列車は、快速 奈良行き    前回でも触れておりますが、「大人の休日倶楽部ジパング」を使って「奈良県赤十 [続きを読む]
  • ドン、パンチョ五重奏団#22-W-★
  • 曲目  OLGA 女性の名前  読み   オルガ  録音   1940年5/22 原盤番号4122A お聴きのように、アルゼンチンのヴァルス(ワルツ)です。作者は、ヴァルスの作者として著名な フランシスコ、ペーニャ 1940年頃に作られ、姪のオルガに捧げられました。 美しい旋律で知られております。 演奏者  JUAN DARIENZO ファン、ダリエンソ 録音   1948年  原盤番号60-1554-B 「エル、レイ、デル、コン [続きを読む]
  • フランシスコ、カナロ#67
  • 曲目  EN AQUEL CUARTITO 読み  エン、アケル、クァルティート  録音  1925年 原盤番号4102A 「ア、メディア、ルス」  「エル、アコモード」 「エル、ウラカン」等々、当時数々のヒット作を世に送った  エドガルド、ドナート(ビオリン)作曲、彼の作品としては、全く無名古い作品だそうです。  しかし、じっくり聴くと、しっとりとした味わいの佳曲です。彼のビオリンのテクニックは、 いまいちで [続きを読む]
  • アストロリコ四重奏団#5 さくらプラザホール 5/6
  • 曲目  LIBER TANGO 読み  リベルタンゴ  お馴染み、アストル、ピアソラ(バンドネオン)の一番著名なタンゴです。かって、洋酒のCMに使われ  一躍有名になりました。この曲は、1974年に、イタリアで地元の音楽家を集めて、LPを  録音しました。そのLPのタイトルになった、自由とタンゴを合わせての合成語です。  これは、私が一番後方から、手ぶらで撮影しましたので、ブレが有りますので、ご容赦下さい。    [続きを読む]
  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO#56
  • 演奏者  VICENTE GRECO ビセンテ、グレコ  曲目   PACHEQUITO  読み    不明  録音    1911年〜1914年   ビセンテ、グレコ作曲、云わば自作自演、タイトルの読みも不明の、得体の知れないタンゴ  全21曲を眺めますと、私の知っている曲は、7曲位有りました。  いずれにしても、約100年前に、録音されたタンゴを聴くのも又楽し…     [続きを読む]