san telmo54 さん プロフィール

  •  
san telmo54さん: アルゼンチンタンゴと献血そして地ビール
ハンドル名san telmo54 さん
ブログタイトルアルゼンチンタンゴと献血そして地ビール
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/felicia51ta
サイト紹介文タンゴのブログと云うと殆ど、ダンスばかりなので、聞く 為のタンゴのブログを立ち上げました。
自由文献血の、ローテーションは、今、月に2回、
青春18キップが発売されますと、遠出して、献血に
出掛けます。時刻表と、にらめっこしますので、
決して、鉄道マニアでは、無いのですけど自然と、
鉄道の知識も、身に付きました。

その副産物として、今、ブームの秘境駅も、献血のついでに訪ねております。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供344回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2010/10/02 17:50

san telmo54 さんのブログ記事

  • AVE SIN RUMBO 17-0322#476
  • 演奏者  ROBERTO FIRPO ロベルト、フィルポ  曲目    AVE SIN RUMBO 読み    アベ、シン、ルンボ  録音    1932年  原盤番号3037A ロベルト、フィルポ自作自演のタンゴ、フィルポの作品としては、全く無名のタンゴですが、じっくり 聴くと、なかなかの佳曲… 何でも、解説の蟹江丈夫氏に依れば、フランシスコ、カナロも同じ年に [続きを読む]
  • フランシスコ、カナロ#46
  • 曲目  PIZPIRETA すてきな娘 読み   ピスピレータ 録音  1927年  原盤番号4302 フランシスコ、カナロの3番目の弟、ラファエル、カナロ作曲、カナロには、4人の弟がおり、いずれもタンゴ界で活躍しました。上から、ファン、 ウンベルト、ラファエル、マリオ1番目と2番目が、あるいは入れ違っているかも知れません。ラファエルは、ギター、またはコントラバス奏者です [続きを読む]
  • LA ETERNA MILONGA 17-0316#475
  • 演奏者  ROBERTO FIRPO ロベルト、フィルポ  曲目   LA ETERNA MILONGA 読み   ラ、エテルナ、ミロンガ 録音   1929年 原盤番号8892B デ、イトゥリアーガ作曲、1929年のタンゴコンクール第5位 入賞曲です。実は、コンクールの候補曲を 演奏するのも、ロベルト、フィルポです。 やたらと、バンドネオンのレガートが目立つ演奏ですが、じっくり聴く [続きを読む]
  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO#37
  • 演奏者  FERRER FILIPOTO  曲目   LA CARONA  読み   ラ、カローナ?  録音   1917年〜1918年  A,GENTILE作曲、タイトルの読みも、意味も不明なタンゴです。おまけに作者も不詳… これでは  お手上げで、これと云ったコメントが出せません。  しかし、じっくり聴くと、どうしてどうして… この当時のタンゴの雰囲気が感じられるようで、これは  これで、宜しいの [続きを読む]
  • フランシスコ、カナロ#45
  • 曲目  LA CIEGUITA DE FLORIDA フロリダのめしい娘 読み  ラ、シエギータ、デ、フロリーダ 録音  1928年 原盤番号4490 フランシスコ、カナロの弟、ウンベルト、カナロ作曲、このウンベルト、作風としては、感傷的なタンゴが 多いのが特長です。「グローリア」、「アルフレド」、「チャンギー」、等… このタンゴも、胸に迫るような曲調で、特に終わりのビオリンソロは [続きを読む]
  • AQUELLA LOCA 17-0309#474
  • 演奏者  ROBERTO FIRPO ロベルト、フィルポ  曲目   AQUELLA LOCA  読み   アケージャー、ローカ  録音   1930年 原盤番号8931B C,カメロータ作曲、無名の人の無名のタンゴが続きます。かなり、渋いマニア向けのタンゴと云えましょう… この時代1930年頃に、フィルポは、スタイルを変えているように感じます。 この曲も、終わり近くに力強く演奏されますが、1927年 [続きを読む]
  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO#36
  • 演奏者  FERRER FILIPOTTO  曲目   RUMBO 読み   ルンボ? 録音   1917年〜1918年  C.FERRER作曲、得体の知れないタンゴの登場です。作者も、何者かは不明、只、読みはこれで  良いと思いますが… フルート、ギターなど入っており、初期のタンゴの雰囲気を醸し出して  おります。  曲そのものより、当時のタンゴの演奏の雰囲気、スタイルを感じ [続きを読む]
  • フランシスコ、カナロ#44
  • 曲目  MATON ケンカ好き 読み   マトン 録音  1927年 原盤番号4343 アンヘル、ダネーシ作曲、作者は、バンドネオン奏者で当時、フランシスコ、ロムート楽団にいたそうです。 無名のタンゴですが、全体を通して雰囲気が良い… 特に、ビオリンのソロがなかなか… 素晴らしい。 それにしても、タイトルと曲のイメージが一致しない。 最も、この時代のタンゴのタイトルは、 [続きを読む]
  • ドン、パンチョ五重奏団#2
  • 曲目   AMELIA 読み   アメリア 録音   1937年8/26 原盤番号4100B 先に紹介した、ドン、パンチョ#1のB面に当たります。お聴きのように、これはタンゴでは無く、ポルカです。 作者は、ドミンゴ、サンタ、クルスで、タンゴ初期のバンドネオン奏者で、彼の教えを受けたタンゴ人は 多くいると思います。かの、ファン、マグリオもその内の [続きを読む]
  • UNA PROMESA 17-0301#473
  • 演奏者  ROBERTO FIRPO ロベルト、フィルポ  曲目   UNA PROMESA 読み   ウナ、プロメーサ 録音   1929年  原盤番号8914B SP盤のB面に収録  J,A,カレーレ作曲、無名の人でしょう… タイトルの意味も不明なタンゴ、しかし、冒頭のリズミックに  始まるところは、聴きもの、クラリネットが入っている? この時代の [続きを読む]
  • フランシスコ、カナロ#43
  • 曲目  ENTRA NOMAS 読み  エントラ、ノマス  録音  1925年  原盤番号4104A ファン、レサーノ作曲、この人の名は、何処かで聞いたような気がします。無名の人では無さそうですが 曲自体は、無名でしょう… タイトルの意味も不明です。 淡々と演奏しており、素朴な味わいが有る一方、やや、抑揚感が乏しいような… 微妙です。 只、解説の蟹江丈夫 [続きを読む]
  • GUARDIA VIEJA DEL TANGO#35ー★
  • 演奏者  FERRER FILIPOTTO 曲目   UN LAMENTO 哀歌 読み   ウン、ラメント 録音   1917年〜1918年 今回から、新しい楽団ですが、この楽団(5人くらい)は、実は良く分かりません。 長くタンゴは聴いておりますが、初めて聴くアーティストです。最後は、フィルポートと読むのでしょうか… 曲は、「タンゴ名曲事典」に掲載されており、作者はこれも [続きを読む]
  • CRIOLLA LINDA 17-0224#472
  • 演奏者  ROBERTO FIRPO ロベルト、フィルポ  曲目   CRIOLLA LINDA 麗しのクリオージャ  読み   クリオージャ、リンダ  録音   1927年  原盤番号8671A 曲が、間違っていないかと云うクレームが付きそうですが、間違っておりません。 「タンゴ名曲事典」に掲載されてるタンゴとは、同名異曲です。タンゴには良く有る事です。 [続きを読む]