薬膳師ゆりぽむ さん プロフィール

  •  
薬膳師ゆりぽむさん: ゆりぽむ通信別館〜酒肴館〜
ハンドル名薬膳師ゆりぽむ さん
ブログタイトルゆりぽむ通信別館〜酒肴館〜
ブログURLhttp://yuripom.exblog.jp/
サイト紹介文国際中医薬膳師&利き酒師の綴る日々の食卓と酒菜達です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/10/03 14:31

薬膳師ゆりぽむ さんのブログ記事

  • 砂糖不使用♪蕎麦粉入りのハイジの白パン。
  • 冷凍庫に蕎麦粉が沢山入っておりまして消費をせねばと思うのですが、蕎麦打ちはなかなか難しいのでどちらかと言うとこうやってパン生地に使う事多しです。そんな蕎麦粉ですが、消費率をアップしたくてどこまで蕎麦粉を増やせるか…とチャレンジした結果、見た目はまぁ悪くはない良い感じのカンパーニュもどきが出来たんですが…欲を出して蕎麦の実なんぞも入れたので、香りは良いのですが食感が蕎麦ボウロみたいにカリッカリになり [続きを読む]
  • 第一期おうちのみ大使に就任いたしました。
  • こんにちは!おうちのみ好き好きオウチノミンゆりぽむです。外飲みしても帰宅したら家呑みする程、おうちのみが大好きなワタクシでございます。さて…このブログは2009年の8月にスタートしたのですが、そのきっかけがウイスキーのプレゼント応募のためだったりします。(応募したウイスキーは2本セットで当選いたしました♪)そんなきっかけで開設したブログだったものですから、このブログでご紹介している料理は酒肴がメインとな [続きを読む]
  • 朝食専用のお気に入りの器〜増山文さんの作品。
  • 昨年、友人からとてもカラフルな器をプレゼントして貰いました。最初はカラフルすぎて、どう使えばいいかしら…なんて思ってたのですが、この色合いがとてもパワフルで元気をくれる色なので気がついたら朝食専用の器となりました。私の定番朝食といえば、・具沢山のおみそ汁・雑穀ご飯この2つは必ずで、当初は雑穀ご飯にこのお茶碗って似合うかしら…と思ってたのですが、意外にもピッタリ?器はこんな感じです。良かったら続きを [続きを読む]
  • ウィルキンソンのドライコーラ、私は大好き。
  • この四半世紀、私が呑むお酒はブームになる前からずっとウイスキー&ソーダ…いわゆるハイボールなのですが、思えば4歳児の頃、初めて自動販売機で購入した飲料と言うのが、ウィルキンソンの炭酸でした。なのでウイルキンソンの炭酸とは四半世紀どころではない長さのお付き合いになるのではないか、と思われる今日この頃でございます。同じハイボールでもお気に入りの炭酸を使うか否かでそのお味は変わってくるのですが、やはりウィ [続きを読む]
  • 豆皿のススメ。
  • 箸置きと豆皿が好きで、見かけるとついつい手にして買ってしまいます。お買い物中にギャラリーなどを見つけるとついつい入ってしまいますし、ネットショッピングでも豆皿が並んでいるとついついチェックしてしまいます。掌サイズの可愛いお皿達を色々並べて見るのも楽しいですし、ちょこちょこと酒肴を盛ってあれこれ食べるのも良しですね(^^)そんな私の手元に先日届いたのがこちらの豆皿。東屋さんの土灰釉の豆皿です。土灰釉で仕 [続きを読む]
  • 禁断の紫…紫カンパーニュで人参サンドイッチ。
  • 朝晩はまだまだ冷え込んでおりますが、日中の陽気はすっかり春を思わせる暖かさに(^^)3月に入りました、気持ちもうきうきと春に向かっている様な気がします。そんな春を思わせる先日、お弁当を持ってピクニック的な感じで、サンドイッチを持ってお散歩してきました。その時に持っていったのがこちらのサンドイッチ。紫サンドでございます。よく、紫色の着色には紫芋パウダーを使ったりしますが今回は紫芋パウダーではありません。 [続きを読む]
  • 沖縄料理ドゥルワカシーを作ってみました。
  • 仕事でご一緒させて頂いたいる皆さまより、去年の秋頃から沖縄会を開催したいねと言う話が出ていたのですが、メンバーが揃う事がなかなか難しく…仕事の打ち上げを逃し、忘年会を逃し、そして正月を逃し、旧正月も逃してしまったのですが、ようやく会の開催と相成りました。どんだけ時間かかってるんやって話です^^;会の趣旨は、沖縄を代表する酒のアテ「豆腐よう」を舐めつつ泡盛を飲もうよ!と言うもので、さすがにそれだけじゃ [続きを読む]
  • 昆布締め鯛の酔っ払い鍋。
  • 春とは名ばかり、寒い日が続いております。まだまだ温かい食べ物が嬉しく、鍋物も大活躍でございます。1月は頂いたお仕事のご縁で魚介類を扱う事が多かったのですが、お裾分けで立派な鯛を頂いたので、鯛のしゃぶしゃぶに致しました。このブログでも過去に紹介しているのですが「昆布締め鯛の酔っ払い鍋」と言う大好きな頂き方です。続きで紹介していますので、良かったらご覧下さいね。↓↓こちらもポチっとよろしくお願いいたし [続きを読む]
  • 胡桃と無花果のチョコカンパーニュ。
  • バレンタインデーと言う事で…チョコたっぷりのカンパーニュを焼いてみました。今回M字クープなるものを入れてみました。結構ぱっくりぱっくりと割れて何が何やら…な出来上がりになりましたが、ちょっと面白いなと。焼く前のはこんな感じです。ランキングに参加しています。 下のバナーを して頂けると嬉しいです♪m(_ _)mレシピブログに参加中♪ざっくざっくとM字で。でもって焼いてみたらこんな具合です(^^)エッジの部 [続きを読む]
  • 京都のおばんざい 畑菜の辛子和え。
  • 2月12日の本日は、初午(はつうま)でございます。初午と言うのは2月最初の午の日で、711年に京都の伏見稲荷大社に祀られている、五穀をつかさどる農業神の宇迦之御魂(うかのみたま)が、初午の日に伊奈利山(いなりやま・京都市東山連峰)へ降臨された日といわれており、降臨された日に「初午祭(はつうまさい)」が催され、伏見稲荷大社に初午詣をする様になった事から、後に五穀豊穣を願う祭事になり、商家が商売繁盛を願う祭 [続きを読む]
  • 孤独の点心(3)包子〜発酵点心。
  • 孤独の点心第3弾は、発酵点心を…と思い立ち、包子を作りました。餡は豚肉にしたのでいわゆる「豚まん」が出来上がりました(^^)パンに比べると生地も手軽に作れるのが嬉しいのですが、そうしょっちゅう作るものでもなかったので、包み方はどうだったかなぁ?とネットで動画を見ながら包んだりと、楽しい気分での点心作りでした。今回の生地は薄力粉で作りました。続きで紹介しておりますので良かったらご覧下さいませ(^^)ラン [続きを読む]
  • 立春事始め。
  • 本日は立春…と言う事で、新しい1年の始まりです。写真は野生の薔薇を使った薔薇茶♪この時期からあらたな事を始める、と言うのがいつもの私なのですが、今年のテーマは新しくナニカを…ではなく深化がテーマになっておりまして、学んでいる事、学んできた事などさらに深めていきたいなと思っております。その中の1つには、と言うよりも、私の人生のテーマとなっておりますが、やはり薬膳学は外せません。日々の事に追われて、なか [続きを読む]
  • 節分は恵方巻きだけじゃないんです。(料理・お弁当部門)
  • 本日2月3日は節分ですね。節分と言えば、恵方巻きがメジャーではありますが…私は酒の肴化したい所がある為、一気に終わってしまう巻き寿司を食べるよりは、手巻きで楽しむ方が好きだったりします。海鮮での手巻きも好きなのですが、焼肉をしながら焼肉を巻き巻きしながら韓国の海苔巻き「キムパ」風に頂くスタイルがいつの頃からか好みになりました。海鮮にしろキムパ風にしろ、手巻きの時は最初の1本を恵方を向いて食べた後から [続きを読む]
  • 春節に元宝茶。(料理・お弁当部門)
  • 昨年、中国茶の教室にて「元宝茶」と言うものをお出し頂きました。中国で春節の頃に頂く縁起の良いお茶だそうです。金柑が入っており、この香りが実によくてすっかりお気に入りとなりました♪と言う事で、春節のこの時期なので家で元宝茶を楽しんでおります。ガラスの蓋碗に入れておりますが、教室や先日伺った中国茶の会ではこの様にグラスに入っての登場でした。これもまた良いですよね。宝の象徴で使われるという金柑は、薬膳で [続きを読む]
  • ひかり味噌♪選べるスープ&フォー。
  • お正月明けに、ひかり味噌さんより嬉しいお届け物がありました。まさに「お年玉」と言える福袋でございます♪気になる中身は…選べるスープ&フォー緑のアジアンスープ と 赤のアジアンスープの2種類と、玄米と5種の穀物をおいしく食べるスープが、入っておりました♪酉年にちなんで、鶏だしです?緑のアジアンスープは、爽やかなパクチーの香りと言う事で、中身はこの4種類(×2食ずつ)・シンガポール風ラクサ・グリーンカレー・ [続きを読む]
  • 孤独の点心(2)大餅〜ターピン。(料理・お弁当部門)
  • 20代の頃に知った中国の小麦粉料理がコレ。大餅と書いてターピンと読むんだぜ、みたいなコレ。葱の入った「葱花餅」やお肉の入った「肉餅」、その他具材の入ったものがあるのですが、孤独の点心2回目は具無しの大餅にいたしました。といってもこれ実は…1回目の水餃子の生地のアレンジだったりしまして、本来の大餅レシピに比べると油がとにかく少ないです。ハイ。この大餅なんですが、材料はシンプルですが、とにかく油をものすご [続きを読む]
  • 小正月の小豆粥〜咳対策の薬膳仕立て。(料理・お弁当部門)
  • 本日1月15日は小正月、一昔前だとこの日が成人の日でした。昔は元服を小正月に行っていた事から、成人の日が1月15日になっていたそうなんですが、小正月と元服の関連性が分かりづらいとか、小正月が馴染みがない等の理由から、2000年から成人の日が1月の第2月曜になったそうです。そんな小正月ですが、この日をもって正月行事が終了となるので、別名 「女正月」 とも呼ばれております。 正月は羽を伸ばすぞーとか、正月中は何もし [続きを読む]
  • 孤独の点心(1)西紅柿鶏蛋餃子。(料理・お弁当部門)
  • 中華で好きな食べ物のトップ3の1つがこちら。トマトと卵の炒め物、その名も西紅柿炒蛋でございます。これは本当に大好きで大好きで、よく作っているおかずであり酒肴の1つ。特に、こちらに引越してからは絶品卵をゲット出来ているので、グレードがアップしまくりで、作る前から顔がニヤける始末(笑)そんな「西紅柿炒蛋(トマトとの卵炒め)」を餃子にしちゃったのが「西紅柿鶏蛋餃子」でございます。続きで紹介していますので、 [続きを読む]
  • 孤独の点心スタート。(料理・お弁当部門)
  • 孤独のグルメに対抗している訳ではないのだけれど…孤独の点心をスタートさせたいと思っているのです。何故に孤独なのかと言うと、作るのは1人だからと言う、ただそれだけなんですが…。どうして点心になのかと言うと、去年から点心が特に餃子がLoveすぎて、毎日でも餃子を食べていたい状況になっております。と言う事で、餃子を含む点心作りを久しぶりに復活させるのも良いなぁなんて思ってたのですが、なかなか腰が重くてその気 [続きを読む]
  • 七草粥〜生姜入りべっ甲餡かけ。(料理・お弁当部門)
  • 「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」本日は七草粥の日。子供の頃から馴染みのある行事の1つで、昔は前日に七草を摘みに行ってましたが、今では七草は買うものになってしまいました。それでも七草が揃うのは嬉しいものです(^^)私の作る七草粥は、仕上げにとろ〜りとした、べっ甲餡と言って薄口醤油を使った醤油餡をかけるのが特徴で、このスタイルが一番好きな食べ方だったりします。スパイシー [続きを読む]
  • テールスープで頂く澄まし仕立てのお雑煮。(料理・お弁当部門)
  • 明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。さて…お正月と言えばお雑煮は外せません。父が関東、母が関西だった事もあって子供の頃から、関東風の澄まし仕立てのお雑煮と関西の白味噌仕立てのお雑煮のどちらもがお正月の食卓に登場しておりました。大晦日の日に鴨か牛のしゃぶしゃぶにお蕎麦を食べる分ずつ加えて楽しむ「蕎麦しゃぶ」が定番になっているので、私が作る澄まし仕立てのお雑煮はこの時 [続きを読む]
  • テールスープで蕎麦しゃぶ。(お料理・お弁当部門)
  • 大晦日の夜は、お蕎麦をしゃぶしゃぶして頂く「蕎麦しゃぶ」が定番となっております。牛しゃぶか、鴨しゃぶのどちらかを毎年チョイスしているのですが、今年は鴨が食べたいと思いつつ、鴨の予約を入れ忘れ、去年に引き続きまたもやゲットならず。(去年の教訓が活かされていない…)前年までのものです♪色々思案した結果、「牛しゃぶ」or「鴨しゃぶ」と言う二択縛りを止めてもいいのではないかと思いまして、今年はテールスープを [続きを読む]
  • 簡単!コンビーフのリエット。(料理・お弁当部門)
  • 先日、あまから手帖さんから読者プレゼントで届いたコンビーフを使って、リエットを作りました。そもそも「リエットってなんぞや?」って話になるのですが、wikiによりますとリエット(Rillettes)は、パテに似たフランスの肉料理である。豚のバラ肉や肩肉を角切りまたはみじん切りにし、強めに塩を振って、脂肪(ラード)の中で簡単にほぐれるまで弱火でゆっくりと加熱し、脂肪分がペースト状になるまで冷やす。通常は、室温に戻し [続きを読む]
  • 中国に行ってきました。
  • 3年ほど前から薬膳の講座やワークショップを開催する様になり、去年・一昨年の2年間は、私も取得しております国際中医薬膳師のベースになる「薬膳アドバイザー・中医薬膳指導員」の資格取得講座の調理実習を担当させて頂いておりました。調理実習を行うにあたって、その時その時のテーマに添った薬膳レシピを考えて組み立てて行くのですが、調理後の皆で食べる際にお茶もあった方がいいよね、なんて思ったのですが、なんせ私は普段 [続きを読む]