おかえり さん プロフィール

  •  
おかえりさん: 38これからこれから
ハンドル名おかえり さん
ブログタイトル38これからこれから
ブログURLhttp://erikohei.blog121.fc2.com/
サイト紹介文38歳で社会人学生、40歳で介護福祉士デビューしました。
自由文これまでの道のり、息子のコト、恋愛、いろいろ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/10/04 21:26

おかえり さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 診察
  • もう初めてこの病院にかかってから、10年は経過しました。10年、いろんな事あったなあ。この病院でどれだけいろんな症状発症させたやろ。あの頃、怖かったこと、洗脳して封印して気づかなかった気持ち、許せなかった人、依存してたこと、いつのまにか、主治医と話していると、乗り越えてること実感しました。今は自分の状況や症状を冷静に伝えることができるようになってます。なんか、嬉しかった(笑) [続きを読む]
  • 母の日
  • 高校生の息子、母の日に私に何かしてくれたり、言ったことなんて、小学低学年以来一切ない。なのに今日めずらしく私に何かプレゼントしようか?なんて言ってきた! フェイスシートマスクをリクエスト。どうしたんだろ、今年は(笑)そんなシングルマザー母子をいつも支えてくれる私の母。感謝です。ずっとずっと大好きな女性でもある私の母。私にとっても息子にとっても、それぞれの母が明るい存在である事が、ありがたい。 [続きを読む]
  • 介護福祉士5年
  • 早いもので、38で社会人学生になり、180度違う世界を目指し、40からリスタートした介護職。体力がなく、メンタルもグラグラで、この世界に入ってから12kgは落ちました。途中ダウンもしましたが、それでも私が40で介護福祉士の資格取った時、何もかも5年先が一つの区切りであり、そこまでは何が何でも介護職に食いつかないといけない、という状況でした。それが何でも続かない私へのいい意味でも、悪い意味でもプレッシャーとなり、 [続きを読む]
  • 息子の進学費用
  • 一番今気がかりなのは、息子の高校卒業後の進路。私の時代と違って高卒での就職は厳しい。できれば進学させたい。漠然と大学でこういう分野を学びたいというのが出てきたみたい。それは嬉しいんだけど、進学費用見ると気が遠くなる。介護職の待遇の低さ、自分の気力体力と折り合いをつけながら、叶うんだろうか。がんばっても、働けども、こんな現実に本当に悲しくなる。だけど、スキルアップの道もある。息子のこと絡めて目標にし [続きを読む]
  • 泰葉、双極性障害
  • 坂口杏里の更生プロジェクトを立ち上げるとか元夫の春風亭小朝への告発を一方的連投したり自身が双極性障害とカミングアウトした上で今になってのこの言動。同じ双極性障害で治療、寛解中の私にとっては世間一般的な印象や感想しか持てない。まあ、うつより躁転がコワイし自分がどれだけ社会的信用失っていくかがわかります。??共感も同情も湧かなくなりましたね。今でも私も軽度の躁鬱は季節の変わり目や疲労が激しいときに現れ [続きを読む]
  • 貴重な記録
  • 2017年になってますね〜。すっかりスマホでSNSを活用し、ブログは放置状態ですが、久しぶりに長〜いクドクドした私のブログを読み返しました。今になれば、こんな文章力も書き込む時間もないし、もう振り返ることも深く考え込む事もしないのでブログも開く事がありませんでした。通院服薬は継続中ですが、身の丈に合った生活も送ってます。閉鎖しようかと思いましたが、このブログは精神疾患と社会人学生、介護福祉士デビューした [続きを読む]
  • 養育費
  • さんざん屈辱的な思いと引き換えに、養育費支払うようになったのに、遅延の上、一方的に停止。調停申立しようか、関わりを断つか悩み中。 [続きを読む]
  • ご無沙汰です
  • しばらく放置してました。無事退院し、今年1月からサ高住内のデイに転職して、すっかり慣れてきました。前の職場はとても私に最大限、好意的にしてくださいました。復帰もギリギリまで考えてましたが、自分の体力や状態を客観視して、名残惜しかったですが退職しました。現在のところは福利厚生はかなり落ちましたが、日勤帯だけだし、送迎がエレベーターだけで、高齢者の方と触れ合うのは、身の丈に合ってるかなと実感してます。 [続きを読む]
  • 休養中
  • 入院してから、暇ですが、かといって、もう仕事や生活の事考える気力もなく、落ち込まずに淡々と過ごしています。でも、息子が時々デート(笑)の要求をしに来ます。足りない物品を届けてくれて、必ずラーメン外食の要求。口には出さないけど、母子の空気がそこには漂っています。いつから、こんなふうな精神疾患を抱えなくてはならなくなったんだろう。でも、もうそんな事で苦しむことさえ、しんどい。流されながら、今を感じるのも [続きを読む]
  • 過去の記事 …