木村哲也 さん プロフィール

  •  
木村哲也さん: 会計事務所応援ブログ
ハンドル名木村哲也 さん
ブログタイトル会計事務所応援ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/nmc-blog/
サイト紹介文今、会計事務所の現場で起こっていることをありのまま書いていきます。
自由文今、会計事務所の現場で起こっていることをありのまま書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2010/10/05 19:07

木村哲也 さんのブログ記事

  • 全国どこでもオフィス
  • みなさん、こんにちは。 私は先週半ばから、連日東北や四国、中国地方の会計事務所様におじゃましています。 ここ4,5年、あまり出張が続くことがなかったので、社内やお客様、取引先様などに、「すみません、 ちょっと連絡取りずらくなりますが...」と、ついつい過去の延長線上でこたえてしまいますが、 考えてみれば日本国内は、今や通信回線が届かない場所などほとんどないと言ってもいいような環境です。&n [続きを読む]
  • 情報の価値を上げるも下げるも現場次第
  • みなさん、こんにちは。 ある一つの情報をお客様に伝える際、ホームページやメール、郵送媒体等で、一方的に伝える方法と、 伝える相手方の質問や反応などを踏まえて“付け加える”“省く”などの加工をしながら情報交換する方法とおおよそ二種類があると思います。 前者は一度に均一の情報を大量に発信することができる反面、その理解の度合いは読み手に委ねられることになります。 後者は発信の効率こそ悪く [続きを読む]
  • 過剰サービスが身を滅ぼす
  • みなさん、こんにちは。 私たちの企業グループが提唱しているサービスコンセプトの一つに会計事務所における業務の「標準化・単純化・均質化」というものがあります。 誰がやっても、決められた一定の品質を保って、お客様にサービスを提供することを指します。 「一定の品質」ということは、品質の下限と上限が存在しているということです。 私もお付き合いのある会計事務所様にこのコンセプトについてお話し [続きを読む]
  • とことん「聞く」ことで道は拓ける
  • みなさん、こんにちは。恥ずかしい話ですが、私は小学校4年生頃まで泳ぐことができませんでした。 当時、学校のなかでも運動神経は良かった方なのですが泳ぎだけは全くダメだった私を両親は不憫に思ったのか、小学校が終わったあと、民間のスイミングスクールに通わせてくれました。 どうやらコーチに泳げない理由を聞くと、「息継ぎができていない」ことだけだったそうです。 幼心に何年も泳げなくて悩んでいた歳 [続きを読む]
  • 『まかせ上手』『まかせ下手』
  • みなさん、こんにちは。 ある仕事を進めていく際、自分自身で行うやり方と他人にまかせるやり方と2つの道があると思います。 前者の比率が高ければ、自分自身で使える時間はあっという間に上限に達し、後者の比率が高ければ、その上昇が緩やかになることは説明するまでもありません。 そこで、先輩や上司の立場になればなるほど後者のような「まかせる」仕事のしかたが主流になってくるのではないでしょうか。&nbs [続きを読む]
  • 税理士に求められるエンターテイメント性
  • みなさん、こんにちは。 お客様に対しても、あるいは職員さんに対しても、「楽しませたい」「喜んで欲しい」とあれこれ考え実践されている税理士先生が全国にいらっしゃいます。 誰しも仕事や生活のなかで、多かれ少なかれ誰かを楽しませたい、喜んで欲しいと思う場面があるものですが、頭の中には存在していても、日々それを行っていくのは骨が折れます。たとえば、「受付前に、その季節にちなんだ花を飾ったら来所され [続きを読む]
  • 「本日最終日」
  • みなさん、こんにちは。「<エヌエムシイ税理士法人直伝>実践事例公開セミナー」といたしまして、私たちが取り組んできた『人の問題解決の仕組みづくり』の手法の一つ、在宅スタッフを活用した会計事務所の働き方改革についてご紹介させていただきましたセミナーも本日で最終日となりました。 東京、神奈川、千葉、埼玉から40事務所以上の参加者にお申込みいただき、感謝申し上げる次第です。 また、2011年から私 [続きを読む]
  • “イメージ”に左右される業界
  • みなさん、こんにちは。 かつて私たちのグループ創立者で税理士の野本がよくこんなことを申しておりました。 「業界向けの雑誌や広告媒体に掲載されている税理士先生の事務所。立派な自社ビルに、たくさんのスタッフ、いかにも“成功者”のように見えますよ。でも内情はどうですか、ボロボロですよ」 全国の何百という税理士先生に経営コンサルティングを行い、各地の事務所にも足を運んでその実情を知ってい [続きを読む]
  • スモールオフィスによる勝ち組を目指せ!
  • みなさん、こんにちは。 「顧客拡大」⇒「職員数増強」⇒「オフィス増床」 この勝ち組ならではのリレーとも言える方式で事務所の規模を大きくしてきた会計事務所がいま苦戦を強いられています。 職員数を増やせば、オフィスの増床は必須で、それに伴う引っ越しは会計事務所の宿命と言えるのかもしれません。 ところが、勝ち組のリレー方式に変化の兆しが...。 たとえ拡大が順調な事務所でも、顧客単価 [続きを読む]
  • 『パート』の収入を超える『在宅スタッフ』次々と
  • みなさん、こんにちは。 私たちは、全国の会計事務所様向けに、在宅で業務に携わるスタッフの紹介(『在宅スタッフ』)とその活用方法の提供を行っておりますが、 この3年ほどで、北は北海道から南は沖縄まで、様々な事務所の実践事例が蓄積されてきています。 それこそ私たちのグループ税理士法人のような在宅スタッフ30名体制の事務所が出てきたり、そこまでではなくても、5名体制、10名体制の事務所が珍しくなく [続きを読む]
  • 「構想する、判断する」時間の確保が成長を決める
  • みなさん、こんにちは。 私どものグループの創立者である税理士の野本が、生前こんなことを申しておりました。 「3年後、5年後、10年後の会計事務所はどうあるべきか。そのなかで私たちの事務所が進むべき方向はどこなのか。 日本中どこを探しても、私ほどじっくり時間を費やし熟慮を重ねている人はいないと思う」所長先生は経営者ですから、一般の企業経営者と同様に寝ても覚めても事務所経営のことが頭から離れな [続きを読む]
  • 新社会人に期待を込めて
  • みなさん、こんにちは。 4月に入って、急に通勤電車が大混雑となり、新年度の始まりを身をもって感じます。 今朝の新宿駅は、キャリーバッグを手にした新社会人が構内の一部を占拠していました。 入社式でしょうか。 ところで、本年度の新社会人を見ると、私はちょっと複雑な気分になっています。 なぜなら、私が大学を卒業し新社会人になった年にちょうど生まれてきた全国の子供たちが大学を卒業し、ま [続きを読む]
  • 「一意専心」
  • みなさん、こんにちは。 何年前までのことだったでしょうか。 私の実家でかつて私がずっと使っていた部屋の壁に、「一意専心」という文字が書かれた色紙が飾ってありました。 その色紙、当時の小学校校長が、卒業してゆく生徒一人一人にすべて手書きして贈ったものです。 この頃は小学校の生徒数も随分と少なくなっていると思いますが、当時の私たちの世代は、一学年でおおよそ250人ほどでしたから手書きした [続きを読む]
  • 見えない「負」を背負う人材
  • みなさん、こんにちは。 私の前職はスーパーだったのですが、当時でも全国に150店舗以上ある大組織であったため、おおよそ3年周期で異動がありました。 私も2店舗経験しているのですが、ベテラン社員や管理職クラスになると5店舗10店舗は当たり前のように経験しているのですね。 チェーンのスーパーはどこも同じような商品を同じようなレイアウトで販売しているように見えますが、そこで働く人も違えば、地域ごとの [続きを読む]
  • 「人材」より「道具」のほうが大事!?
  • みなさん、こんにちは。 所長先生に、「人材面って潤ってますか?」とお聞きしたら、 十中八九、「潤っていない」「人材が足りない」という答えが返ってくると思います。 むしろ、「いい人がいたらすぐにでも紹介して」「人手不足で困っている」という先生の切実な思いを告げられることも少なくありません。 “会計事務所は人手不足” この用語が、私は独り歩きしているような気がしてなりません。 [続きを読む]
  • 「優良なお客様」は結局「優良なお店」に集まる
  • みなさん、こんにちは。 先日、親族の法事で地元からそれほど遠くない、有名懐石料理店を予約しました。 全室個室で、ランチでも一人最低5,000円〜と普段使いできる料金体系ではないながら、料理の素晴らしさはもちろん、部屋から見えるお庭の風情も素晴らしいお店です。 スタッフの立ち振る舞いも相応に感じられました。 実はこのお店を利用したのはこれで2回目。系列のお店も含めると4、5回は足を運んでいま [続きを読む]
  • 職員増強戦略が機能しない...
  • みなさん、こんにちは。 このところ、ふと気になることがあります。 “以前に比べて、 全国的に事務所の職員数が増えていない??”ということです。 私どもとお付き合いのある会計事務所様は、おひとりで事務所を営んでいる方から、スタッフ100名を超えるところまで規模は様々です。 また、顧客拡大についても、一年間で数件程度から、年間100件を超える事務所もあり、そのペースも千差万別。 そ [続きを読む]
  • IT導入支援事業者として採択されました
  • みなさん、こんにちは。 去る3月17日(金)、私ども株式会社エヌエムシイは、サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金審査委員会による審査の結果、IT導入支援事業者として採択されました。 https://www.it-hojo.jp/ 私どもが開発販売いたしております、クラウド財務ソフトCASH RADAR PBSを始め、関連するITツールの新規導入に際して、 最大100万円までの補助金を全国の会計事務所様にご活用いただくこと [続きを読む]
  • 「理想の上司」
  • みなさん、こんにちは。 そろそろ本格的なシーズン到来なのでしょうか、通勤電車でリクルートスーツ姿の学生を目にする機会が増えてきました。 そんな話題につきものなのが、「就職希望企業ランキング」「理想の上司ランキング」といったランキングの発表ではないでしょうか。 “安定志向”と一括りにしてはいけないのかもしれませんが、有名大学を出て、大手企業に就職し、理想の上司のもとでキャリアを積んでゆく [続きを読む]
  • 「当たり前」の日常に感謝する
  • みなさん、こんにちは。 今年は結構ギリギリになってしまいましたが、ようやく一昨日の土曜日に朝から集中して自分自身の確定申告書をなんとか完成させました。 毎年確定申告を終えると、何か肩の荷が下りたような気分になるのはなぜなのでしょう。 ふと我に返って、テレビをつけるとどのチャンネルも東日本大震災関連の中継が各地から報道されていました。 あれから6年が経つのですね。 大切なご親族や [続きを読む]
  • 『講師』は『車の運転』と似ている!?
  • みなさん、こんにちは。 税理士先生やベテラン職員さんの場合、お客様などを対象とした研修会やセミナーの講師を務められることが多いのではないでしょうか。 私も事務所におじゃましたり、私どものセミナールームにお越しいただいて税理士先生や職員さんを対象とした研修会やセミナーの講師を務めることがあります。 私どものグループには、百戦錬磨のプロ講師のようなメンバーが何名も在籍しているため、私など取 [続きを読む]
  • IT導入補助金
  • みなさん、こんにちは。 IT導入補助金平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業 本事業は、中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的としています。中小企業・小規模事業者等が行う生産性向上に係る計画の策定や補助金申請手続等について、ITベンダー、専門家等の支援を得 [続きを読む]
  • 『反対票』がなければ差別化にならない
  • みなさん、こんにちは。 私たちは何か思い切った買い物をするときに、「誰もが持っているものは欲しくない」と無意識に思ってしまいます。 モノ余りの時代ならではの感覚です。 とはいえ、「誰も手にしないような奇抜過ぎるものは購入する勇気がない」とも考えています。 人間というのは実に欲張りな生き物です。 どんなに欲望のままに判断したくても、「他人の目」を気にせずに生きることができない文明 [続きを読む]
  • “地味な店構え”は最強の戦略
  • みなさん、こんにちは。 私は住んでいるところが比較的近いこともあり、休日などは横浜駅周辺に買い物にいくことがあります。 また、平日でも出張の帰りなどは、横浜駅を経由することが良くあるのですね。 そこで、ついつい立ち寄ってしまう和食のお店があります。 かれこれ10年以上はお世話になっているのですが、そこは横浜駅隣接のデパートの地下街にあり、飲食店としてはまさに激戦区。 そのお店の周 [続きを読む]
  • “業務を分ける”ことで成長する
  • みなさん、こんにちは。 私はとにかく病院嫌いで、普段は滅多に病院に行く機会がないのですが、親族が大規模な病院に入院したことで、『街のお医者さん』と『大規模な病院施設』との違いについてふと考える機会がありました。 私の親族の場合もそうなのですが、大規模な病院施設は、街のお医者さんからの紹介を受け、一定の専門性を要する患者さんを受け入れます。 もちろん紹介のない患者さんも受け入れていますが [続きを読む]