Dr. Feelgood さん プロフィール

  •  
Dr. Feelgoodさん: お歯なしにならないお話
ハンドル名Dr. Feelgood さん
ブログタイトルお歯なしにならないお話
ブログURLhttp://sugiyama118.jp/blog/
サイト紹介文PUNK ROCKをこよなく愛し 痛みのない治療を追求する歯科医師の心の銃!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/10/06 10:03

Dr. Feelgood さんのブログ記事

  • 副鼻腔炎のお話
  • この時期、「寒さが原因で風邪をひいて鼻水が止まらない」そんな方も多いのではないでしょうか?その後、「奥歯が痛くなってきた!」そうなったら、それは、むし歯の痛みではなく副鼻腔炎(蓄膿症)かもしれません。副鼻腔炎とは鼻腔と通じている空洞(副鼻腔)が炎症を起こした状態です。副鼻腔は上顎洞(鼻の両脇)・前頭洞(おでこの中)・篩骨洞・蝶形骨洞に分けられます。風邪やインフルエンザなどのウイルス感染などに [続きを読む]
  • 休日急患歯科診療所のお話
  • 小田原市保健センターにある小田原市休日急患歯科診療所では12月29日(木)から1月3日(火)まで休日診療を行っています。急の痛みなどの応急処置をしていますのでお困りの時は受診してください。今年も残すところあと僅かとなりました。杉山歯科医院を受診いただきありがとうございました。  来る年が、皆様にとって幸多き一年でありますようお祈りいたしております。どうぞ良いお年をお迎えください。 [続きを読む]
  • 卒業のお話
  • 昨日、杉山歯科医院の忘年会と歯科衛生士、加藤むつみさんの送別会が行われました。衛生士学校を卒業して4年弱の間、1日も休まず出勤していただき杉山歯科医院が現在あるのは、一人一人の仕事に支えられているそういつも思わせてくれる、とても患者様に優しい衛生士でした。今回、卒業いたしますが、若いうちにいろいろな経験を積んでいただきたい、と新たな門出を祝福し、今後のご活躍とご健勝をお祈りいたします。むつみさん、杉 [続きを読む]
  • ☆年末年始休診のお知らせ☆
  • 12月29日(木)より1月4日(水)まで休診いたします。尚、ホームページでの予約は休診日でも随時行っています。また、急患の方は小田原市休日急患歯科診療所を受診してください。12月29日(木)から1月3日(火)まで休日診療を行っています。(医)杉山歯科医院は1月5日(木)午前9時30分より診療を行います。当医院は、来年25周年をむかえます。今後とも地域の歯科診療に微力ながら携わってまいりたいと思います。どうぞ、これからもよ [続きを読む]
  • 歯っぴークリスマス
  • 12月29日(木)より1月4日(水)まで休診いたします。尚、ホームページでの予約は休診日でも随時行っています。また、急患の方は小田原市休日急患歯科診療所を受診してください。12月29日(木)から1月3日(火)まで休日診療を行っています。(医)杉山歯科医院は1月5日(木)午前9時30分より診療を行います。当医院は、来年25周年をむかえます。今後とも地域の歯科診療に微力ながら携わってまいりたいと思います。どうぞ、これからもよ [続きを読む]
  • 過剰なお話
  • 歯科医師が2029年に約1万4000人過剰となるという推計を厚生労働省がまとめた。厚労省は文部科学省と連携し歯学部定員の削減や国家試験の合格基準引き上げを検討する。歯科医師は14年で約10万人おり20年間で約2万人増えた。開業する歯科医師も多く診療所数は約6万9000で「(5万店超の)コンビニエンスストアより多い」と指摘される。競争激化から診療所の経営が厳しさを増す中不必要な診療が行われたり治療が長引いたりする懸念があ [続きを読む]
  • 連携手帳のお話
  • 糖尿病診療は、基幹病院の専門医とかかりつけ医、歯科医師が役割分担する地域連携、医師と療養指導スタッフがチームを組んで治療にあたるチーム医療が基本となります。以前にも歯周病と糖尿病のかかわりについて何度もお話をしてきました。多種多様化する糖尿病患者の背景をもとに今後の糖尿病診療は治療目標のみに固執するのではなく連携手帳を通じて「糖尿病とともにいかに豊かに暮らせるかを追及すること」が糖尿病連携手 [続きを読む]
  • ベストスマイルのお話
  • 『「いい歯で、いい笑顔」を日本中に。』をテーマとしより多くの人と笑顔の大切さを分かち合いたいという願いのもとにはじまったベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2016(主催:日本歯科医師会、協賛:株式会社ロッテ)。今年で23回目を迎え、先日表彰式が行われました。 著名人部門では、全国の日本歯科医師会会員6万5000人の投票により今年最も笑顔の輝いてる男性、女性を選出します。今年度は、ウエイトリフティング [続きを読む]
  • エナメル質のお話
  • 歯は、エナメル質、象牙質、セメント質の3つの硬い組織からできている。そのうち、最も外側にあるエナメル質は、体の中で一番硬い組織だ。象牙質やセメント質は骨と同様に間葉系とよばれる細胞が作るのに対し、エナメル質は上皮細胞から作られる。不思議なことに、エナメル質は、毛や爪と同じメカニズムで作られる。このたび、東北大学の中村卓史准教授らは、米国の国立衛生研究所との共同研究により、歯のエナメル質がどのように [続きを読む]
  • 世界糖尿病デーのお話
  • 糖尿病は、インスリンという血糖を下げるホルモンが不足したりうまく作用しなくなることで常に血糖値が高くなってしまう病気です。血糖値が高い状態が続くと様々な合併症が起きやすいというリスクを抱えることになります。歯周病はそんな糖尿病の合併症の一つとしてみなされています。糖尿病の人は糖尿病でない人に比べて歯周病になる可能性になる可能性が高いことや歯周病の治療によって歯ぐきの炎症が改善されるとインスリンが働 [続きを読む]
  • デビュー戦のお話
  • 中央では愛馬「ジューヌエコール」が重賞『第51回 デイリー杯2歳ステークス(GII)』を制覇!これに続けと来週は地方から愛馬がデビューします。地方競馬の馬主免許を取得して早10年になりますが今年のお嬢は、かなりの期待馬です。名前は「ステップオブダンス」父 ゴールドアリュールの牝馬は地方ではかなりコンスタントに走ります。11月14日(月)大井・2歳新馬・距離1200m戦森泰斗 騎手でデビューします。調教も11月5日(土)に2 [続きを読む]
  • デビュー戦のお話
  • 地方競馬の馬主免許を取得して早10年になりますが今年のお嬢は、かなりの期待馬です。「ステップオブダンス」です。 父 ゴールドアリュールの牝馬は地方ではかなりコンスタントに走ります。その愛馬が11月14日(月)大井・2歳新馬・距離1200m戦森泰斗 騎手でデビューします。調教も11月5日(土)に2歳馬と併せて3Fから38.2-25.0-12.6秒の時計を馬なりでマークし2馬身先着しています。牧場の担当者からは「ほかの馬は全く [続きを読む]
  • 重賞挑戦のお話
  • 愛馬「ジューヌエコール」が明日、京都競馬場で『第51回 デイリー杯2歳ステークス(GII)』に福永騎手で出走します。私の持ち馬では、「テレグノシス」「ラシンティランテ」に次いで久々の重賞挑戦となります。新馬、特別勝ちと2連勝で挑みますが今回はGⅡなので相手も揃います。しかし、ここをきっちり勝って暮れの『阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)』そして、来年春の『桜花賞(GI)』へと夢がつながればと期待しておりま [続きを読む]
  • ポッキー&プリッツのお話
  • 明日、11月11日は「ポッキー&プリッツの日」です。 グリコさんでは、前歯でかんだときと、奥歯でかんだときの脳の血流量を比較する実験を、「ポッキーチョコレート」を用いて行いました。 長いスティック菓子は、ひと口目は前歯でかみ、その後奥歯で噛みます。短いスティック菓子はひと口目から奥歯でかみ、前歯は使いません。つまり、2種類の長さの違う菓子を使うことにより「前歯で噛むこと」の効果を調 [続きを読む]
  • 職業別のお話
  • 大人の男性が重い歯周病にかかる割合を職種別に分析したところ運転手や工場に勤務する人などは歯周病になりやすいという調査結果を岡山大学などのグループがまとめました。勤務時間が長く休憩を取りにくい人などは歯の健康に、より注意する必要があると指摘しています。岡山大学病院の入江浩一郎講師などのグループが歯科検診で歯周病にかかっていないと確認された大人の男性2800人余りについて追跡調査した結果2.9%の人が5年以内 [続きを読む]
  • 妊婦のお話
  • 妊娠中の女性で歯周病を患っている人はそうでない人に比べて低体重児出産や早産をする確率が高いことが報告されています。妊娠中の女性は、ホルモンの変化やつわりによって歯みがきなどの口腔清掃が不十分な状態になりやすく結果として歯周病になりやすいのです。そして、歯周病になってしまうと炎症性物質が母体や、へその緒を通じて胎児に影響し早期低体重児出産の確立が高まると考えられています。杉山歯科医院では妊婦歯科健診 [続きを読む]
  • 誤嚥性肺炎のお話
  • 食事中、誤って食べ物が気管支に入ろうとすると自然にむせたり、咳が出たりします。これは、肺や気管を守ろうとする生理的な反応です。しかし、この機能が弱まると自分の唾液や食べ物が、誤って肺に入り肺炎を起こしてしまいます。これを、誤嚥性肺炎と言います。 その主な原因は唾液中に含まれる細菌です。歯周病菌の多くは、肺炎の原因ともなるので歯周病の人ほど誤嚥性肺炎になるリスクが高いと言えます。 高齢 [続きを読む]
  • 「酢だこ」と「古たくあん」のお話
  • 8020運動の発端は最低何本の歯があれば食物の中でも噛みにくい「酢だこ」と「古たくあん」を食べることができるかという調査研究だったと聞きます。 歯の数が減るに連れて食べ物が食べにくくなります。例えば奥歯がなくなると野菜などの繊維質を食べる量が減り大腸がんのリスクが高くなると言われます。充分に噛むことができなくなると栄養を摂ることができなくなり全身の虚弱(フレイル)を招き認知症のリスクも高くなるでし [続きを読む]
  • フェスティバルのお話
  • H28年10月2日(日)午前10時より、ダイナシティウエストにて第37回糖尿病週間行事「小田原市ふれあいけんこうフェスティバル」が開催されました。 歯科医師会ブースでは、歯周病検査とむし歯菌の検査口臭測定や歯科相談、衛生士によるブラッシング指導が行われました。歯科医師会ブースだけでも昨年を上回る200人近い来場があり大いに盛り上がりました。 また、西武小田原店の玄関前に「歯っぴー金太郎 [続きを読む]
  • ふれあいけんこうフェスティバル
  • 当日は私も参加しております。普段、歯科医院の保険診療ではなかなか出来ない「口臭測定」や「むし歯菌検査」「歯周病検査」なども無料で行っています。キッズ白衣を着ての「歯医者さん体験コーナー」もありますよっ!是非、お買い物のついでに、ご家族でお立ち寄りください。 [続きを読む]
  • コンクールのお話
  • 第24回「高齢者よい歯のコンクール」90歳以上の方3名を含む、26名の方が参加されました。小田原市長賞に中村敬三様(90歳)小田原歯科医師会会長賞に宇都宮玲子様(72歳)が、それぞれ選ばれました。当院かかりつけの越地敏雄様(80歳)をはじめ全出席者に優良賞が贈られ、今年度もとても盛会のうちに幕を閉じました。 [続きを読む]
  • 無料口腔がん検診
  • 第24回「高齢者よい歯のコンクール」90歳以上の方3名を含む、26名の方が参加されました。小田原市長賞に中村敬三様(90歳)小田原歯科医師会会長賞に宇都宮玲子様(72歳)が、それぞれ選ばれました。当院かかりつけの越地敏雄様(80歳)をはじめ全出席者に優良賞が贈られ、今年度もとても盛会のうちに幕を閉じました。 [続きを読む]