あいみ さん プロフィール

  •  
あいみさん: 探偵日記
ハンドル名あいみ さん
ブログタイトル探偵日記
ブログURLhttp://aimi-web.com/cat18/
サイト紹介文探偵は大阪あいみ探偵事務所。 大阪府で浮気調査を中心に行っています。
自由文探偵と言うのは、物事の本質を考える事が多いです。
何で〜するんだろ?
何で〜わかってくれないんだろ?
日々いろんな事を考えている結果、人生の「気付き」をたくさん発見しているように思います。

あっ!そういう事か!のヒントになれば幸いです。
幸せって何だ?って言うのを日々考えている探偵です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/10/07 14:52

あいみ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 不貞行為の離婚裁判で徹底的に勝つ方法
  • どんな強情な相手でもどんな大嘘つきでも、不貞行為による離婚裁判で徹底的に勝つ方法です。嘘をつかれたまま離婚するなんてありえない!という理由で浮気調査をする方は多くいると思います。それは不貞・浮気によって被害を受けた方の最も正当で最も常識的で最も健全な方法です。探偵aimiは、不貞行為であなたやその家族、両親までもを苦しめた被告に離婚裁判で勝つ為に浮気調査で証拠を収集しているようなものです。だから、どん [続きを読む]
  • 夫に浮気相手と別れてもらう方法
  • この浮気相手と別れてもらう方法は、「もし本気で謝ってくれて浮気相手と別れてくれれば夫を許せるかもしれない」と言うお考えがあれば一度目を通してもらえればと思います。「別れさせる」のではなくて、「別れてもらう」方法です。強制的にではなく、ご主人が自主的に別れる事を選ぶ為の方法です。「浮気したような夫とはもう離婚する!」「慰謝料を取って離婚する!」と決断している方はあっさり浮気調査で報告書を獲得する事で [続きを読む]
  • 学校でいじめられない方法
  • 大阪の探偵aimiです。いじめって言うのは小学校でも中学校でも高校でも大学でも職場でもありますね。ちなみに幼稚園でもいじめはあります。先日大阪の家の近所を車で信号待ちをしていると、学校帰りの小学生3人が一人の小学生をいじめながら帰っているところを発見しました。イジメている子を怒鳴ったら逃げていきましたが、いつの時代もいじめは付き物ですね。私は幼稚園の頃いじめられていました。その頃の記憶は今でもあります [続きを読む]
  • 大阪市淀川区(仮)であった離婚裁判で勝つ事に拘った探偵業務
  • ※大阪市淀川区と記載していますが、実際は違う場所です。また、部分的に変更しています。大阪市淀川区と言えば新大阪ですね。探偵aimiも新大阪は頻繁に行きますが、実際は大阪市淀川区とは違う場所での探偵業務のお話ですよ。実際の場所は書けませんからね。さて、離婚裁判で勝つ事に拘った浮気調査の案件です。浮気調査もいろいろありまして、別れさせたい・相手女性からだけ慰謝料を取りたい・離婚はしたくないなど、目的は様々 [続きを読む]
  • 車内における不貞行為(カーセックス)の証拠撮影は暗視機材を利用する
  • 浮気調査でちょくちょくある車内での不貞行為(カーセックス)。これはもう申し分ない浮気の証拠ですね!車内での不貞行為は見ればすぐにわかるモロリアルな証拠です。誰がなんと言おうとやってる訳ですから、言い訳しても無駄です(`・ω・´)ただ、車内での不貞行為はだいたい真っ暗な暗所で行われます。なるべく暗い場所に移動して不貞行為を行います。って事は暗視機材を利用して鮮明な画像を撮影しなければなりませんね。探偵ai [続きを読む]
  • 大阪府堺市(仮)であった離婚を避ける為の探偵業務
  • 大阪府堺市って書いてありますけど、実際は別の場所ですよ!また内容もちょくちょく変更しておりますので!さて、今は政令指定都市になった堺ですが、そんな堺市でも探偵aimiは良く浮気調査をやっております。ただ、堺とはまた違う場所なんですが、こんな浮気調査もあるんだよって事でブログを書きました。浮気調査をやってて思うのが、やっぱり修羅場になってみないとわからないなぁと言う事です。浮気してる人って言うのは、とん [続きを読む]
  • 成功報酬制の浮気調査における成功条件について
  • 探偵aimi(大阪)では安心して浮気調査のご依頼ができるよう、成功報酬制の浮気調査における成功条件をご契約書に記載するようにしています。もちろん、決まった形はなく、それぞれのご依頼者さんに合わせた成功条件を決めてご契約書に記載するようにしています。単に成功報酬と言ってもそれだけで安心するのではなく、どんな状況になれば成功と判断して料金が発生するかを取り決める訳ですね。それでは成功報酬制の浮気調査におけ [続きを読む]
  • 過去の記事 …