ほっこり さん プロフィール

  •  
ほっこりさん: ClubFame京都−Topics&News−
ハンドル名ほっこり さん
ブログタイトルClubFame京都−Topics&News−
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kyoto_cf/
サイト紹介文京都色濃いめデジタルマガジンでディープに京都の街とお付き合い中。はんなり・ほっこり・おこしやす。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2010/10/06 22:46

ほっこり さんのブログ記事

  • すち子かぐや姫を探せ!!
  • 「竹の里・乙訓」を更に盛り上げるため、よしもとクリエイティブ・エージェンシーと連携した観光プロモーションとして、位置情報観光活用イベントアプリ「こことろ」を使用した「スタンプラリー」が開催される。インスタグラムを使った同時開催イベントに、各ポイントで表示されるご当地キャラクターや『すち子かぐや姫』と実際の風景や人物とのオリジナルのコラボ写真によるフォトコンテストがある。すち子かぐや姫を探せ!!竹の里 [続きを読む]
  • 「仏教儀礼と茶 ―仙薬からはじまった―」
  • 重要文化財 五百羅漢図(部分)大徳寺蔵(画像提供:奈良国立博物館) 平安時代、大陸に渡った僧侶たちがもたらした茶は、宮廷や寺院における仏教儀礼という限られた場で用いられてきました。本展では、仏教文化と深く結びついてきた茶のあり方を中国絵画や仏教絵画、工芸品、貴重な文献史料を通じて紹介します。 兎毫盞 京都国立博物館蔵  前期:10月3日(火)― 10月29日(日)後期 [続きを読む]
  • 櫛祭☆彡安井金比羅宮
  • 使い古した櫛やかんざしに、感謝を込めてお清めし供養するお祭りです。昭和36年9月に境内北側に久志塚(櫛塚)が建立されてより、女性の命である髪の美しさを引き立てる櫛をお祀りし、女性の美容美顔美髪にご利益があります。 午後1時より塚の前で祭典が執り行われ、皆様から寄せられた櫛を塚内へ納め、拝殿で舞踊「黒髪」が奉納されます。2時頃より、伝統の髪型と風俗衣装の解説の後、 [続きを読む]
  • 第9回 藤袴と秋の和の花展/梅小路公園 (9/23〜10/9)
  • いにしえの京都の人々に愛されてきた藤袴(フジバカマ)と、環境の変化により身近で見られなくなってしまった秋の和の花たちをあつめました。梅小路公園にある日本庭園「朱雀の庭」をめぐりながら、約300鉢のフジバカマと、キキョウやオミナエシなど約160種300鉢におよぶ秋の和の花がつくる景色をお楽しみください。≪特別企画展≫●10月日(金)〜日(月・祝)●9:00〜17:00●「緑の館」1階イベント室『写真と標本で知る乙訓の [続きを読む]
  • 龍馬と西郷隆盛 ★ 幕末維新ミュージアム
  • ことしは慶応3年(1867)10月14日、第15代将軍・徳川慶喜が大政奉還を行ってから150周年。薩長同盟から大政奉還へ、倒幕への大きな流れをつくった坂本龍馬と西郷隆盛に焦点を当て、その実像に迫ります。土方歳三と近藤勇の愛刀も展示。刀剣ファンも必見です。・第1期 2017年9月27日(水)〜10月29日(日) ・第2期 2017年10月31日(火)〜12月2 [続きを読む]
  • W.A.モーツァルト作曲 歌劇『魔笛』全2幕
  • モーツァルト最後のオペラ作品が満を持して春秋座オペラに登場。実力派の歌手たちと歌舞伎劇場の機構を存分に活かした演出、そして分かり易い日本語訳詞で、オペラ鑑賞が初めてでも十二分に楽しめる上演です。夜の女王のアリア、パパパの二重唱など一度は生で聴いておきたい曲が目白押しです。 【キャスト】◆◆◆◆◆◆◆23日(土)   | 24日(日)ザラストロ   片桐直樹(両日)タミ [続きを読む]
  • ザ・タイガース瞳みのる、京都を語る★府民ホールアルティ
  • ザ・タイガースを4人の「金閣寺派」と1人の「銀閣寺派」に分け、自らのルーツ、青春時代の仲間や音楽との出会いを語ります。京都の文化に育まれた物語をお楽しみ下さい。  1960年代のグループサウンズブームを先導した「ザ・タイガース」のドラマーだった「ピー」こと瞳みのる(70)が、生まれ育った京都について多彩に語るイベントを9月23日、京都市内で開く。ザ・タイガース [続きを読む]
  • 作品に触れ作家に触れる/信楽セラミック・アート・マーケット
  • 「作品に触れ作家に触れる」をテーマに県内に在住、在勤の陶芸をはじめとする作家が、自らが制作した質の高い作品の販売をおこなう、作り手と使い手の出会いの場を陶芸の森が提供します。 また、「よりアートな展示、よりアートな作品」を目指します。たくさんの作家さんとの出会いを楽しみに、ぜひ御来園下さい。 2017年 マーケット案内  ☆★☆★ 第22回セラミック・アートマーケッ [続きを読む]
  • 萩の宮で萩まつり/梨木神社
  • 梨木神社は「萩の宮」ともいわれ、京都を代表する萩の名所として知られています。毎年9月第3または第4日曜日前後に行われる「萩まつり」の日には参道から社殿前まで咲きみだれる萩の花を愛でる参拝者で賑わいます。祭典では、神饌とともに紅白の萩の花と鈴虫を竹のかごに入れてご神前に奉納します。また、境内の萩には献詠された短冊が下げられ、拝殿で献華式、弓術披露、狂言、舞、琴 [続きを読む]
  • 京の至宝 黒田辰秋展
  • 京都・祇園に生まれ、1970年に木工芸における初の重要無形文化財保持者(人間国宝)となった、木漆工芸家・黒田辰秋(1904-1982)。漆や螺鈿で仕上げた茶器などの小品から、椅子や飾棚など力強い大作まで幅広く木漆の仕事を展開し、きわめて独創的で、造形力に富んだ傑作を数多く残しました。国内はもとより、ドイツで個展が開催されるなど、国内外の注目を集めながらも、京都においては本展が [続きを読む]
  • EDGE 伝統工芸の先鋭
  • 伝統工芸を現代の生活にどのように取り入れることができるか、というテーマで職人の協力のもと作品制作や展示を行ってきた〈伝統の虫〉プロジェクト。学生一人ひとりが伝統工芸に対して「デザイン」という新たな角度から切り込み工房で実際に技術に触れながら職人と協力して作り上げた作品は、「長く続く歴史の先鋭(エッジ)」として、新たな伝統工芸の可能性を提示する存在となるのでは [続きを読む]
  • 京まふと太秦萌カフェに行くっ
  • 京都市交通局×京都国際マンガミュージアム×ジェイアール京都伊勢丹コラボ企画『地下鉄に乗って 京まふと太秦萌カフェに行くっ!』今回のコラボレーション企画では、ジェイアール京都伊勢丹11階レストラン街 / イートパラダイス内の『アンティ カフェ』にて、「地下鉄に乗るっ」でお馴染みの地下鉄・市バス応援キャラクター、太秦萌(うずまさもえ)たち考案の「太秦萌カフェ」が2017年9月11日(月)〜18日(月・祝)に期間限定で [続きを読む]
  • 動かせS L !蒸気のチカラ ★京都鉄道博物館
  • 蒸気のチカラのヒミツやSLの動くしくみを楽しく解説する「学びラボ」や本物のSL運転台でのバーチャル体験など、見て・さわって・体験して楽しく!SLについて学ぼう!!    ☆★☆★☆ SLラボ 動かせS L !蒸気のチカラ ☆★☆★☆■開催期間:2017/9/16〜11/26 10:00〜17:30休 館 日/ 毎週水曜日(祝日は開館)・年末年始■開催場所:京都鉄道博物館 京都市下京区観喜寺 [続きを読む]
  • 叡電・有頂天家族ミニコラボフェスタ
  • アニメ「有頂天家族」とのコラボレーション企画「おもしろき古都は、良きことなり」キャンペーンの叡山電鉄が、鞍馬駅で「叡電・有頂天家族ミニコラボフェスタ」を9月17日に開催する。これまでにも、コラボラッピング電車の運行やデナ21形の偽叡山電車装飾(5月4日より実施中)、駅コラボベンチの設置、コラボアイテムの展示など、様々なコラボ企画を行っている。イベント当日は、デナ21形・偽叡山電車装飾が納涼船仕様に変身。手 [続きを読む]
  • 「スプリングバレーブルワリー京都」オープン
  • ビールの未来、新しい体験型ブリューパブ9/7(木)オープン錦市場の近くの富小路通に面した築約100年の町家にワクワクするビールの未来をつくるための西日本の拠点として、「スプリングバレーブルワリー京都」ができた。キリンビールが手がけるスプリングバレーブルワリーは、『クラフトマンシップ』と『食』、『日本の美意識』をテーマに造りたてのクラフトビールが楽しめる、代官山、横浜に続く3号店として、関西に初上陸となる [続きを読む]
  • 平安神宮 秋の神苑無料公開
  •   南神苑に「平安の苑」が開設された日を記念し、秋の気配が忍び寄る神苑が公開されます。昭和56年に平安時代の庭園の特色である野筋(入り組んだ道筋)と遣水(小川の流れ込み)を中心に作庭され、当時の文学書(竹取物語、伊勢物語、古今和歌集、枕草子、源氏物語)に記され、日本人が古来より愛し続けて来た200種余りの植物が植栽されています。 その神苑は、春秋恒例の無料公開が [続きを読む]
  • 第五回 林定期能
  • 能は観客のイメージの中に広がる歌舞劇、ストーリーなど少しでも情報を事前に仕入れて頂くことでよりイメージが広がりお楽しみいただけます。林家のこと能「実  盛」能「野  宮」 「わからない能」を「楽しめる能」に… そんな想いでご来場の皆様への解説書の配布、能楽師による開演前の解説を行っています。 お陰さまで好評をいただいています。 ありがとうございます。どうぞ林 [続きを読む]
  • 満月法会・・・大覚寺で観月の舟あそび
  • 嵯峨天皇が大沢池にて、中秋の名月に舟を浮かべ、文化人・貴族の方々と遊ばれたことから始まった「観月の夕べ」。中秋には「満月法会」が行われ、月を望む祭壇に供物を供え、農作物の豊作と人々の幸せが祈願されます。観月の夕べの期間中は、大沢池に浮べられた龍頭舟、鷁首舟の遊覧を楽しむことができます。空を見上げれば煌々と、目を落とせば静かな水面に映る月。この2つの月が見られ [続きを読む]
  • 京都観世会九月例会 其の一
  • 演目お話「能と神話と古代史のロマン」 河村晴道能「玉井」 シテ:味方玄 能「三輪」シテ:橋本雅夫   京都観世会例会のオンラインチケット予約  ☆★☆★ 京都観世会9月例会 其の一 ☆★☆★■開催日時:2017/9/9 開場12:00  開演13:00■開催場所:京都観世会館〒606-8344 京都市左京区東山仁王門東入岡崎円勝寺町44■料    金:前売指席券6000円 当日指席券6500円 学生券(2階自由席)3000円■お問合せ:075- [続きを読む]
  • 平野甲賀と晶文社展 / 京都dddギャラリー
  • 平野甲賀は1964年から1992年にわたりおよそ30年間、晶文社の本の装丁を一手に担ってきました。ひとりのデザイナーが一社の装丁をすべて手掛けるのは稀なことで、当時のカウンター・カルチャーの旗手でもあった晶文社のスタイルを作り上げ、出版界に旋風を巻き起こしてきました。 装丁 雑誌『宝島(Wonder land)』より 1972-1974年本展では平野甲賀が半世紀かけて7000冊以上手がけた装丁作品の中から晶文社の装丁本を中心に約600 [続きを読む]
  • 秋季企画展「うるしの彩り −漆黒と金銀が織りなす美の世界」
  • 漆は光沢のある美しい塗料として器物に塗られるだけでなく、彫刻や蒔絵、象嵌など様々な技法を駆使して独自の美の世界を創造しました。匠の精緻な技と洗練された意匠が融合した日本の漆工芸は、まさに世界でも類を見ない独自の美術といえます。本展では、高砂蒔絵の硯箱や文台、扇面謡曲画蒔絵会席膳など調度としての漆作品や、原羊遊斉の椿蒔絵棗、千家名物の青貝芦葉達磨香合といった茶 [続きを読む]
  • ニュイ・ブランシュKYOTO 2017
  • パリ白夜祭への架け橋―現代アートと過ごす夜― 京都市では,姉妹都市であるパリ市との友好関係を深めるため,パリ市で毎年10月の夜に開催されている「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」の開催に合わせて,10月6日(金曜日)の夜,市内各地で,無料で楽しめる現代アートのイベント開催7回目となる本 [続きを読む]
  • 京都が舞台、回遊型のリアル脱出ゲーム
  • 京都鉄道博物館をスタートし、市街を舞台にして行う回遊型のリアル脱出ゲーム”ナゾトキ街歩きゲーム”の新作「京都鉄道ミステリー」が2017年9月28日(木)から2018年1月8日(月)まで開催される。今年は、リアル脱出ゲームが京都で誕生して10周年という節目の年に当たるという。早割(前売)券が明日(9月1日)から発売される。 参加者は、京都鉄道博物館で謎解きキットを受け取ってゲームを始めます。館内に仕掛けられた謎や暗号を解 [続きを読む]