やしがに さん プロフィール

  •  
やしがにさん: 石垣島なんでも大図鑑
ハンドル名やしがに さん
ブログタイトル石垣島なんでも大図鑑
ブログURLhttp://isigakijima-navi.seesaa.net/
サイト紹介文石垣島の事を、地元目線でテキト〜に紹介します! 石垣島なんでも大図鑑!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/10/07 16:32

やしがに さんのブログ記事

  • 夏の花「オオゴチョウ」!花言葉は「自分らしく生きるのが一番」
  • 【夏の花「オオゴチョウ」!花言葉は「自分らしく生きるのが一番」】石垣島の夏に情熱的な花を咲かせるオオゴチョウ。 「自分らしく生きるのが一番、輝く個性」などの花言葉をもつオオゴチョウ。 惹かれますね〜。花の美しさ・花言葉の良さ、庭に植えたくなる植物です。オオゴチョウは漢字では「黄胡蝶」「黄紅蝶」、「大胡蝶」、沖縄方言ではアコウテなどと呼ばれています。 西インド諸島原産の マメ目ジャケツイバラ科カエサルピ [続きを読む]
  • 石垣島でサキシマヒラクワガタの「クワガタコンテスト」!
  • 【「自然と友だち!クワガタコンテスト」石垣市制施行70周年記念事業】>八重山毎日新聞親子で参加したいですね〜今年(2017年)は、市制施行70周年を迎える石垣市の記念事業が続々と行われていますが、こちらもその一つ!「自然と友だち!クワガタコンテスト」。石垣島のクワガタというと「サキシマヒラクワガタ」が有名ですね。八重山の固有種だそうです。私も小さい頃よく米原あたりにクワガタを採りに行ったもんです。その「サ [続きを読む]
  • 役立つ植物!月桃(月頭) 沖縄方言ではサンニン
  • 【石垣島の植物 月桃(ゲットウ)・サンニン】石垣島(沖縄全域)では、昔からと〜っても役立ってくれてる植物「月桃」。月桃はショウガ科の植物で多年草。沖縄ではよくサンニンと呼ばれています。月桃の花は5〜6月ごろに咲きます。薄いピンク色でいい香りがするんですよね〜。実は9月〜10月頃につきます。この月桃(げっとう)、いろいろと沖縄では大活躍しています。沖縄の餅・ムーチーには、この月桃の葉が使われます。他 [続きを読む]
  • 石垣島のうりずんの季節を告げるテッポウユリ
  • 【石垣島の植物―テッポウユリ―】ラッパのような形の花を咲かせるテッポウユリ。テッポウユリは、石垣島では4月ごろから咲き始めます。この花が咲き始めると、沖縄ではうりずんの季節(若夏)の到来を告げるといわれているんですよ。ポカポカ陽気に真っ白い花を咲かすテッポウユリ!ちなみに花言葉は、純潔や無垢などです。花のイメージと良く合いますね〜。石垣島でのテッポウユリの名所は崎枝地域にある御神崎(灯台がある場所 [続きを読む]
  • 石垣島の人気島野菜「島らっきょう」
  • 【島らっきょう -石垣島の島野菜-】 酒飲みが多い石垣島では好きな人が多い島野菜「島らっきょう」。最近では、沖縄県外の人にも島らっきょうの人気が高いですね。八重山での方言名は「ダッキョー」、沖縄本島ではラッチョウやダッチョーなどと呼ばれています。島らっきょうは、もともとの沖縄在来種で、島という名がつくからには、本土のらっきょうとは少し違います。島らっきょうは、本土のらっきょうに比べて、「香りがいい」 [続きを読む]
  • 石垣島にドン・キホーテとすき家がやってくる??
  • 【石垣島のうわさ】新石垣新空港が開設して以来、どんどん新しいお店がオープンしている石垣島。いきなりステーキやCOCO壱など、本土の有名なお店も出店してきて島民にとってうれしい限りです。そんな中、新しいお店の噂話も!ドン・キホーテとすき家がやってくるなんて噂が流れていますね〜。どちらも噂ではゲオ近くか大浜にできるんじゃないかと言われていますよ。遊びに行くとこが増えてめっちゃうれしいですね。あくまでも噂で [続きを読む]
  • 幻の花 セイシカ(聖紫花)
  • 【石垣島の植物−セイシカ(聖紫花)−】安里隆さんが歌うセイシカの花!〜 於茂登の山に人知れず 咲いているという 幻の花 〓石垣島では有名な歌です。そして歌誌にも書いてあるように、セイシカの花は幻なんですよね=。セイシカ、漢字で書くと聖なる紫の花で「聖紫花」。漢字も神秘的ですね。(「西施花」「青紫花」などと表記されることもあるようですよ。セイシカは、ツツジ科ツツジ属の植物で、石垣島と西表島に分布し、 [続きを読む]
  • 大田のハチミツ 石垣島産のはちみつ!
  • 【大田のハチミツ -石垣島のお菓子・スイーツ-】石垣島産のハチミツがあるって知ってました。大田農場さんが作る純石垣島産のはちみつ「太田のはちみつ」。 とてもいい香りがするハチミツなんですよ〜。大田のハチミツは、年に数回だけ作られる貴重なハチミツなんです。百花草やシロバナセンダン草などの花の蜜をたっぷりと含くんだハチミツ。生命力が強すぎて、農家には厄介な草「センダン草」もミツバチにとっては大好物。蝶も [続きを読む]
  • 石垣島の英雄「オヤケアカハチの碑」
  • 【オヤケアカハチの碑―石垣島の英雄―】石垣島の一番の英雄と言えばオヤケアカハチだ。島では演劇やオヤケアカハチを讃えるアカハチ祭りなども行われていて、石垣島の人ならだれでも知っている英雄です。大浜部落の大浜小学校近くにこのオヤケアカハチの記念碑があり、近くにはオヤケアカハチの像もあります。小さいころからよく、オヤケアカハチの物語を聞いたな〜。私の印象は、男らしい赤毛の巨人という印象です。ちなみに漢字 [続きを読む]
  • 赤黄箸(うめーし)の謎
  • 【赤黄箸(うめーし)の謎】小さい頃から普通に家に置いてあり、お祝い事などの時には必ず出てきた「赤黄箸」。ふと「なんで赤と黄色なんだろう」と疑問に思って調べてみました。私が小さい頃は「あかきーばし」や「おいわいはし」などと呼んでいたんですが、きちんとした名称があるようです。赤黄箸のことを「うめーし」と呼ぶそうです。(沖縄方言)「うめーめし」が変化して「うめーし」。 うめーは「美味しい」、めしは「飯」 [続きを読む]
  • ご当地マンホール!カンムリワシのマンホール
  • 【石垣島のマンホール −カンムリワシのマンホール−】下をむ〜ぅいて〓 あ〜るこおおう〓石垣島のご当地マンホールシリーズ!!本日紹介はカンムリワシのマンホールです。石垣島の空の王様といえばカンムリワシ。ご当地マンホールのデザインにカンムリワシは外せませんね。マンホールには、空を飛ぶカンムリワシと木に止まっているカンムリワシが描かれています。凛々しい顔したカンムリワシです。登野城7町内あたりでこのマン [続きを読む]
  • 石垣島の身近な植物パパイヤ
  • 【石垣島の植物-パパイヤ-】石垣島の庭先や道路沿などに自生して生えているパパイヤ。正式にはパパイアといいます。 パパイア科パパイア属の常緑小高木。パパイヤはいろいろな呼び方がありチチウリノキ(乳瓜木)やモッカ(木瓜)などともよばれます、沖縄方言では、パパヤー(ぱぱやー)と呼ばれていますよ。パパイアを漢字で書くと蕃瓜樹(読み方はばんかじゅ)と書くそうです。パパイヤの漢名、初めて知りました。 調べるって [続きを読む]
  • 沖縄だけ?ミッキージュースって言うのは・・
  • 【石垣島のカルチャーショック―ミッキージュース―】真ん中にくびれがあり、細長いチューブ状の容器に、凍ったあまいジュースが入っているチューチュー。小さい頃よく食べましたね〜。 大人になった今でも。真ん中をポキっと二つに割って、食べるチューチュー。さて皆さんは小さい頃は、このチューチューをなんと呼んでいましたか?石垣島では、ミッキージュース又はミッキーと呼んでいたんですよ〜。(沖縄本島ではミッキーチュ [続きを読む]
  • 校歌ダンス
  • 【石垣島のカルチャーショック―校歌ダンス-】校歌ダンス!呼んで字のごとく、学校などの校歌のダンスです。石垣島では、小学校・中学校の運動会・体育祭、またいろんな行事で、校歌を歌う時に必ずダンスも踊るんです。石垣島のどこの学校にも校歌ダンスがあります。大人になってクラス会などで久々に昔の友達なんかと会うと、酒の勢いにのってみんなで校歌ダンスとか踊ったりするんですよね〜。校歌の歌詞は覚えてないけど、ダン [続きを読む]
  • ヤギの血−石垣島のカルチャーショック―
  • 【石垣島のカルチャーショック−ヤギの血−】ヤギと言えば、石垣島では食用にされます。ヤギ汁(ヒージャー汁)などは島の人にとっては大好物!お祝いごとなどにも良くヤギ料理などがでてきます。本土の人にとっては、このヤギ料理はけっこうカルチャーショックを受ける人も多いですね。しかもヤギ汁は癖が強いので敬遠する人も多い。ヨモギ入れて食べると美味しいんですけどね〜ヤギ汁。ヤギを食べるだけでも結構びっくりされます [続きを読む]
  • 石垣島の果物の王様と言えばアップルマンゴー!
  • 【石垣島の果物 アップルマンゴー】まぎれもなく石垣島の果物の中でも人気No1の果物「アップルマンゴー」。マンゴーはチェリモヤやモンゴスチンなどどともに世界三大美果の一つに数えられている果物ですね。マンゴーの種類もいろいろあって、アップルマンゴーヤキーツマンゴー、ペリカンマンゴーやタイマンゴなど結構な種類がありますよ。日本では主にアップルマンゴーが栽培されています。日本での主な産地は沖縄・宮崎・鹿児 [続きを読む]
  • 島の香辛料!ピパーチ(ヒハツモドキ)
  • 【石垣島の植物―ヒハツモドキ(ピパーチ)-】八重山ではメジャーな植物!ピパーツ!島ではピパーチ、ヒハーツ、ピパーツ、ピーヤシなど似たような呼び方が混在しています。(実際には、実の事をそうよんでいます。)和名はヒハツモドキ。この植物の実は、八重山そばには欠かせない島胡椒になるのですね。島で八重山そばを食べに行ったら、かならず「ピパーチ」などと書かれた胡椒が置いてあります。またお土産品店などにも、石垣 [続きを読む]
  • 幻想的な美しさ!サガリバナ
  • 【石垣島の花―サガリバナ(サワフジ)−】夜に咲く花として有名なサガリバナ。 別名サワフジとも呼ばれています。この花は6月下旬〜7月頃に咲く花で、水辺や湿地帯、川沿いなどでよく生えてます。サガリバナは、ピンク色で可愛らしい花を夜に咲かせます。打ち上げ花火のようなパっと広がって咲く花は、見る人を魅了する花。ライトアップしたりすると、とても美しいんですよ。石垣島では、バンナ公園ちかくのバラビドーでライトア [続きを読む]
  • イジュの花!梅雨に咲く清楚な白い花
  • 【イジュの花−石垣島の植物−】梅雨に咲く美しい白い花「イジュの花」。石垣島の梅雨は5〜6月。その時期に清楚な白い花を咲かせるイジュの花は、梅雨の花ともよばれています。イジュを漢字で書くと「伊集」。八重山地域の方言名はンジュなどと呼ばれています。イジュはツバキ科の植物で常緑高木。たかさ20mぐらいにもなる木です。梅雨時期に梅に似た白い花を花を木いっぱいに咲かせます。花に近づくと、ほんのりあまい香りも [続きを読む]
  • 石垣島ピーチパイン!桃の香りがする不思議なパイン!
  • 【石垣島ピーチパイン -石垣島の果物-】石垣島には不思議なパインがあります。それがピーチパインと呼ばれるもの。ピーチパインは石垣島のパイナップルの中で、一番早く出荷されるパインで石垣島では4月頃より出荷され、6月下旬までが旬のパイナップルです。沖縄本島など早いところは3月頃からも販売されてますが、甘さものってピーチパインが一番おいしい旬の時期は4月中旬頃からですかね〜。ピーチパイン、その名の通り桃と [続きを読む]
  • 石敢當(いしがんとう)の謎。はたして効き目は・・。
  • 【石垣島の風習-石敢當(いしがんとう)-】石垣島にはいたるところに「石敢當」(いしがんとう)という文字が入った石などがある。これは、魔除けの石である。主においてある場所はT字路の突き当りや三叉路の角です。この石敢當を置く理由は、魔除けである。マジムン(悪霊・魔物)は曲がるのが苦手で、まっすぐ進むクセがある。そのため、マジムンはT字路などで曲がらずに、そのまま突き当りにある家にまっすぐ入ってきてしまうと [続きを読む]
  • 旧暦の3月3日は浜下り(サニズ)
  • 【石垣島の伝統行事−浜下り(サニズ)−】日本には新暦で行う女の子の行事3月3日の雛祭りがありますね。沖縄には旧暦の3月3日に行う女性の行事があるんですよ。それが浜下り。沖縄本島などでは、方言でハマウリなどと言われており、石垣島ではサニズと言われています。浜下り(サニズ)は、毎年、旧暦の3月3日に行う行事で、文字通り浜に下る行事。女性だけが浜辺に降りて、海水に手足を浸して身を清め、健康を祈願する行事 [続きを読む]
  • デイゴの花!真っ赤な花が見頃です。
  • 【石垣島の植物−デイゴ−】初夏に真っ赤な花を咲かせる石垣島のデイゴの木。八重山の方言で「アカヨーラ」とも言います。まさに南国の情熱を表したような真紅の花デイゴ。マメ科の落葉高木で、成長すると高さ10〜15m近くまで大きくなります。昭和42年に沖縄の県花として選ばれ、沖縄の三大名花にもなっています。(ちなみに沖縄の三大名花は「デイゴ」「オオゴチョウ」「サンダンカ」)石垣島のデイゴの花が咲く時期は3〜5 [続きを読む]
  • オキナワシャリンバイ!染めの原料にも使われる役立つ植物
  • 【オキナワシャリンバイ −石垣島の植物-】きれいな白い花に芳香な香りを放つオキナワシャリンバイ。方言では、ティカチやティカチャーなどと呼びます。バラ科シャリンバイ属の木で、石垣島では2月下旬ごろから梅に似た可愛らしい白い花が咲き、秋ごろに熟した実をつけます。車輪梅という名前は、小枝を車輪状に出して梅に似た花が咲くことからシャリンバイと呼ばれているそうです。石垣島では海岸近くの岩地などに自生していま [続きを読む]