じゃん さん プロフィール

  •  
じゃんさん: 食料捕獲作戦!
ハンドル名じゃん さん
ブログタイトル食料捕獲作戦!
ブログURLhttp://capturefood.blog83.fc2.com/
サイト紹介文食べることと命をいただくことについて考えます。 狩猟、素潜り、釣り等々…
自由文幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2010/10/08 20:22

じゃん さんのブログ記事

  • 石鯛の炭火焼き
  • 久しぶりに突いた石鯛、35センチ。うん、姿形が良いですね♪(過去の自己最高は58センチ)釣り人の間では「幻の魚」とか「磯の王者」なんて呼ばれていますが、潜りをする人間にとっては意外とそうではありません。青物や真鯛は追っても岩陰に入ることなく逃げるので突きにくい魚ですし、クロ(メジナ)などは臆病で警戒心が強く、岩陰に入っても奥に隠れてしまって突きにくい魚です。石鯛は好奇心の強い魚で、岩穴に逃げ込むと大抵 [続きを読む]
  • あれ!?
  • ちょっと物憂げな表情のふじ。異常な暑さだもんな〜。でもその割には最近食欲すごいよね。などと思っていたら胴回りがぽっちゃりしてきた感じ。「あれれ!? なんかおかしいぞ・・・」鈍い私はようやくピンときます。「おお!もしかしておめでたなんじゃないか!?」1月以上前に婚活のためにお婿さんのリン君のご自宅に預けられていたふじですが、実は今回も交配が認められず、リン君の飼い主さんとも「見ていないところで交配し [続きを読む]
  • 大漁♪ だけど喜べない・・・
  • 「本格的に暑くなってきたから海水浴客も多いだろう・・・。早めに潜りに行くか」というわけで朝8時過ぎに海へ!「うん、波もないし澄んでいる。絶好の潜り日和だ」水着のお姉さんから白い目で見られながらジャブジャブと海に入ります。「うう、そりゃそうだろうなぁ。オレだってこんな海水浴の人の側を、魚突き用のホコを持った人間が通って海に入って行くと不審な目で見ると思いますよ・・・」沖に出るとなかなかの透明度。「う [続きを読む]
  • 防獣フェンスは実際に有効なのか!?
  • 昨年の猟期の話になります。とある場所の光景。待ちを張るために防獣フェンスが張り巡らされた山中を進むと複数の人影。「なんだ!? なぜこんな冬山の中に一般の方がいて、何の作業をされているんだ?」挨拶をして事情を聴きます。「わしらはこの麓の村の住人なんだ。地区の決まり事で二週間に一度、交代で防獣フェンスの見回りと補修をしている。二週間も放置しておくとイノシシは怪力で穴を開けているし、鹿はこれくらいの高さ [続きを読む]
  • 命をいただく物語
  • お魚が食べたくなったので潜りに行って来ました。潜り始めて1時間ちょっと経過すると、急に海が時化だしたので撤収。最近は近場のサーフから浅場の潜りばかりなので大した大物は獲れず。それでも晩御飯のおかずには充分な魚が獲れました。「ああ、このアラカブは魚の潜む穴を覗いた時にいたヤツだ」「チヌは互いに出会い頭に会って目が合ったんだよ。獲れてラッキーだった♪」「こっちのタコはサザエに覆い被さってこじ開けようと [続きを読む]
  • 久しぶりの夜釣り
  • 少し時間が出来たので久しぶりに夜釣りに行って来ました。狙いはアナゴ。「うう、ずっと忙しかったからアナゴ釣りも久しぶりだなぁ」何とか夕暮れ前までに準備を終え、コンビニで買ってきたサンドイッチを頬張ります。「自分の好きなことがあるってとても大切だよなぁ。それが自然相手のものだと尚更好ましい気がする。現代社会の人達って人間関係や数字なんかに追われまくって、四季の変化も分からないような状態でひどく消耗して [続きを読む]
  • 未知のウロコ取り器を使ってみました!
  • ある日釣具屋さんをブラブラしていると、磯金なんかに混じって謎の物体を発見!商品表示には「ハイパーウロコ取り!!iウロコ取りの革命!」なんていう言葉が書かれています。(興味がある方は調べてくださいね)「え?これがウロコ取り!?」私の知っているものとは相当に形が違います。まるで杓文字に刃物が付いたような形状。1,000円ちょっとだったので「どうやって使うのだろう?」と興味津々で購入。で、早速使ってみました。 [続きを読む]
  • そ、そんな選択肢があったのか・・・
  • 私は焦っていました。なぜなら猟友会の地区の理事を拝命し、該当者に狩猟免許更新の書類を配布したのが約1か月前。3名のうち2名は滞りなく書類を回収できたのですが、残りの1名の書類をなかなか回収できなかったからです。残りの1名はまだ若い罠猟のハンターさんでしたが、仕事も多忙なようで電話を掛けても返信がないことがしばしば。「次の休みの日には診断書も取って書類と一緒に提出します」という返事をもらって2週間ほ [続きを読む]
  • 壊れる壊れる!
  • 大雨により被災された福岡県南部の被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。〜〜〜なんだか今年はよく物が壊れます。まずは買い替えて4か月のスマホ。射撃会の帰りの山中でアナグマを見つけ、急いで撮影しようと取り出した拍子に落としてしまいました。「こんなに簡単に割れるんだ・・・」次にテレビ。まだ買って3年くらいだったのですが、いきなり電源が入らなくなってしまいました。「うう、最近カミナリ多かったからなぁ」 [続きを読む]
  • 痛恨のトラブルっ!!
  • 暑いっ!!ということで潜りに行って来ました。いやぁ〜、海は良いですね♪汗を流しながら水着に着替え、マスクとフィンを持ってジャブジャブと入水。やっぱウエットスーツなしに気軽に潜れる夏は最高!!サーフからエントリーして岩礁地帯まで泳ぎ進みます。キスやアカエイ、遠くに見えるボラ。水温が上がって岸辺近くにもたくさんの魚の姿。「ああ、なんか澱の様に溜まったストレスが溶けていく・・・」フィンを蹴り、暫し水中遊 [続きを読む]
  • 刀匠のお話を拝聴しました
  • 刀匠(刀鍛冶)の方のお話を聞く機会があったので拝聴してきました。ハンターをしていると日常的に刃物を使用しますし、単純に興味があったからです。実はハンターになるずっと以前から物作りをする職人という仕事に憧れていましたし、その中でも鍛冶屋は最も興味のある分野でした。話をお聞きした刀匠のお名前は瀬戸吉廣さん。〈プロフィール〉刀匠 瀬戸吉廣昭和21年生まれ。大分県出身。久留米大学卒業後、サラリーマン生活を経 [続きを読む]
  • 丸呑み
  • 先日のアジ釣りで兄貴が釣ったエソ。他の魚を食べるフィッシュイーターで、釣った魚に食い付いてくることもしばしば。今回のものは50センチを超える大きさ。「まだまだ大きな奴がいるよ。そんなのは40センチ近いアジでも丸呑みにしてしまう」で、今回のエソもお腹が膨らんでいました。そしてエラブタの隙間から見える黄色の尾ひれ。これはイトヨリダイ(上)かソコイトヨリ(バケイトヨリ。下)の尻尾の先ですね。これだけ鮮や [続きを読む]
  • バケツの中の蛙(かわず)
  • 我が家の隣は田んぼ。冬から初夏にかけて麦が栽培され、梅雨時くらいから水を張って稲作が始まります。今年も田植えに備えて水が張られました。一緒に水田に映る夕日を眺めるふじ。「きれいだね〜♪」田んぼが隣にあると虫も多いし、カエルの鳴き声もうるさいし、夜中にタヌキやアナグマが横切りご近所のワンコが一斉に鳴き始めたりとたくさんのデメリットもあります。しかし麦や稲が小さな苗から育ち、実りの時期を迎えて金色の穂 [続きを読む]
  • 霧の中の射撃大会!
  • 所属する猟友会の月例射撃会に行って来ました。雨の予報で天気が心配されましたが、なんとか大丈夫そう。「どれどれ、今回の景品は・・・」日本酒に焼酎に第3のビールに・・・、酒ばっかりじゃん(笑)!海苔の詰め合わせやクーラーボックスなんかもありますね♪私の参加するスキート競技場の様子。天気予報は雨。しかも濃霧注意報発令中!「そろそろ雲の中に入って視界が悪くなるかもしれないけれど、サッサと撃ってしまえばイケ [続きを読む]
  • タンパク質の補給
  • 「鯉でも釣りに行こうかなぁ・・・」そんなことをぼんやりと考えていました。というのも、飼っているニワトリのホシノさん達が卵を産むためのタンパク質供給源が途絶えてしまったからです。猟期の間はイノシシや鹿の肺臓やくず肉なんかを与えていたけれど、それも無くなってしまったし、ミミズや虫を捕って来て与えるのも限界があるしなぁ。お魚屋さんなんかで廃棄するアラをもらってきてやればいいんだろうけど、今は仕事終わりが [続きを読む]
  • 猟友会理事を拝命(内容訂正あり)
  • 猟友会の理事を拝命しました。まあ「理事」なんていっても全く偉いものではなく、単に近隣のハンターさん達への伝達係というかパシリです(笑)。私の所属する猟友会は地域に銃砲店なんかは無いし、個人のご自宅に猟友会の事務局があるので、狩猟免許の更新や狩猟者登録の書類配布などで一遍に押しかけられると立ち行かなくなってしまうのです。それで各地区の理事さんでまとめてもらって、事務手続きを行うという流れです。所属す [続きを読む]
  • ヒマが無いと言いながら船釣り!
  • 「忙しくて釣りにも行けない」と泣きごとを書いたら、見かねた兄貴から電話。「閑な時に日帰りでいいから来いよ。たいして釣れてないけれどね。クーラーボックスだけ持ってきたら仕掛けも道具も貸しちゃるよ」という訳で、一日だけ空いた閑な休日に夜中の3時起きで兄貴の住む場所へGO!!出港して眺める海。やっぱ海は良いなぁ♪鯛はシーズンが終わったので、とりあえずアジ狙いでドボーンっと仕掛けを投入。竿こそダイワ(釣り [続きを読む]
  • ふじの発情
  • ふじに発情が来ました。「ふじの子が欲しい!」と思っていたので、前回に続き今回も婚活チャレンジです。自分で猟犬を飼うようになってつくづく思うことがありました。それは「優れた猟犬は猟師の財産」ということです。地域や猟法によって様々な違いはあるのでしょうが、私の行っている大物猟の巻狩りでは猟犬がいないと狩猟自体が成り立ちません。先人から脈々と受け継がれてきた猟犬を絶やすのは簡単ですが、幾人もの先輩ハンタ [続きを読む]
  • ちょっとキス釣り
  • うう、忙しい。「忙しくて〇〇が出来ない」なんて、やる気のない人間の言い訳だと思っていたのですが、ごめんなさい謝ります。。。最近本当に色々なことで忙しくて、ほとんど釣りにも潜りに行けていません。仕事の負担が増えたのと、住んでいる地区の当番役員になったことが主な原因ですね。まあ、仕事も住んでいる地域の役員も大切なことなので、自分のワガママだということはよくわかっています。しかし、風も穏やかな青空の元、 [続きを読む]
  • 逃げるアナグマ
  • お!なんかいる!!都市部からちょっと外れた市街地を走っていると何か動物のシルエット。急いで停車してカメラを取り出します。野良猫かと思ったらアナグマじゃん!!へえぇ、こんな側に住宅がたくさんある場所でねぇ。体格が小さいし、スリムだ。時期からして子育て中の母親かな?(母乳で栄養を奪われる)でも丸いお尻と短い脚がイヤでも目立つね♪アナグマを見たことがなかった時に、ロードキルで道端に転がっていたアナグマを [続きを読む]
  • マゴチ、ワニゴチ
  • よく似たお魚2種。職業漁師をしている兄貴が釣ったもの。一見すると同じ魚に見えるかもしれませんね。しかし別の魚で左がマゴチ、右がワニゴチです。ワニゴチの方が細長く厳つい顔をしています。ちょっとワニに似ているからワニゴチの名前が付いたのでしょうね。コチもワニゴチも美味しい魚で、特に大きなものが釣れると嬉しいものなんですが、市場価値は低いとのこと。「見た目も地味だし、海底に棲んでる魚だから活き作りなんか [続きを読む]
  • ヤンキー顔
  • チャララ〜ン! (映画、仁義なき戦いのテーマ)一触即発状態のふじとホシノさん(笑)。「ああ〜ん!?やるならやってもいいんやでぇ。ウチかて日頃は猟犬としてブイブイ言わせてるんや。お前なんて一噛みであの世行きじゃ!!」ちょっとヤンキー顔のふじ♪いや、ふじはホシノさんと遊びたくて後ろを付いて回っているんです.それをホシノさんが「付いてこないでよ!!」と威嚇している状態で、少しふじが困っている顔なんですよ [続きを読む]
  • タマガシラ
  • タイラバにエビを付けて深場を釣っていると時々釣れる魚。タマガシラです。大きくても25センチほど。しかし、そこそこ引きも強くて釣り味も良い。味はと言えば少し身が柔らかいけれど、上品な白身の美味い魚です♪「見た目も赤くてめでたい感じだし、まあまあの値が付くんじゃないの?」と、職業漁師の兄貴に聞いてみました。「0円だ!!」「え、なぜ!?」「まず、まとまった数釣れない。安定供給が出来ないから食用魚として価 [続きを読む]
  • 手紙
  • 帰宅してポストを覗くと、ダイレクトメールや宅配便の不在通知に混じって一通の手紙。薄めの葉書に乱れた感じの走り書き。「ん!?なんだこりゃ?」薄っぺらい水色の手紙にざっと目を走らせます。「にわ鳥をはなしがいにしてケイフンを畑にまき(原文ママ)・・・」そこまで読んで「ドキッ!!」として冷や汗が出ます。と言うのもニワトリのホシノさん達を庭に放し飼いにして飼っていて、「お腹が減ったわ!何かちょうだいっ!!コ [続きを読む]
  • 新しい道具は揃った!さあ、初潜りだ!!
  • 昨年の潜りで無くしてしまったウナギバサミとキャッチバッグ(獲物を入れておく網)。入手した店では終売だったり、お店自体が無くなっていたりで途方に暮れていました。しかしインターネットって便利ですね。一昔前だともう入手できないであろうその2つを、日本中どころか世界中から探せるのですから。で、新しく入手したウナギバサミ。キャッチバッグ。こちらは良いものが無くて、市販品のものにネットを追加購入して自分で取り [続きを読む]