じゃん さん プロフィール

  •  
じゃんさん: 食料捕獲作戦!
ハンドル名じゃん さん
ブログタイトル食料捕獲作戦!
ブログURLhttp://capturefood.blog83.fc2.com/
サイト紹介文食べることと命をいただくことについて考えます。 狩猟、素潜り、釣り等々…
自由文幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2010/10/08 20:22

じゃん さんのブログ記事

  • 新しい道具は揃った!さあ、初潜りだ!!
  • 昨年の潜りで無くしてしまったウナギバサミとキャッチバッグ(獲物を入れておく網)。入手した店では終売だったり、お店自体が無くなっていたりで途方に暮れていました。しかしインターネットって便利ですね。一昔前だともう入手できないであろうその2つを、日本中どころか世界中から探せるのですから。で、新しく入手したウナギバサミ。キャッチバッグ。こちらは良いものが無くて、市販品のものにネットを追加購入して自分で取り [続きを読む]
  • 過密地帯
  • 「え!?なんだこれ?」朝、ホシノさんの卵を取りに行こうと鶏小屋を覗くとこんな感じ。4羽のホシノさん達に対して2つの産卵箱を作っているのですが、何故か窓の横の左の産卵箱のみが大人気。「隣り合わせで基本的に同じだと思うんだけれど・・・」しかし毎日4つの卵のほとんどすべてが左の産卵箱に産み落とされています。そして今日は30センチ四方の左の産卵箱の中に2羽がギュウギュウになって同時に産卵しています。(2つ [続きを読む]
  • ホウボウ
  • この魚を始めて見たのはいつだったろう?親父がキス釣りの外道として釣って来た時だったかな。これはホウボウという魚。ちなみに髭のような触角状の部分が味覚センサーになっているそう。身は白身でとても美味しい魚です。そして特筆すべくは、胸鰭が素晴らしく美しいのです。(この写真は釣った魚を締めている場面が背景で、バックが血の海なのがアレなんですけど・・・)交尾のために異性に目立つように派手な色をもつ生物。毒を [続きを読む]
  • ニライ家再び!
  • 「さあ、今日は砂浜へ走りに行こうか!」という訳で海辺で走り回るミックとジャンとふじ♪いや〜、楽しそうだね♪しかしこの時は遠路はるばる訪ねてくださったお客様が。久しぶり〜!のニライ家の皆さんです。(ニライ家撮影)画面手前よりニライ、カナイ、ジャン、ふじ、ミック。なんか一頭だけ違うの混じってるんですけど・・・(笑)。実はニライパパのご実家と私の住んでいる場所が結構近く、「ゴールデンウィークに帰省するの [続きを読む]
  • 生き物ってすごいなぁ!
  • 家の庭木を2本切り倒しました。我が家は築40年以上の中古住宅を購入したので、庭に生えている庭木が大きくなりすぎていたからです。毎年剪定を行っていますが、電線に架かるほどになって、台風などの時はヒヤヒヤしていました。それに今回切り倒した柿の木はイラガの発生源となっていましたし、ヒイラギは病気が入っていたせいもあります。準備をして木に向かいます。一礼。まずは高枝ノコギリで高所の枝を落としていきます。そ [続きを読む]
  • ヒザラガイ
  • お!ヒザラガイが結構ついてるなぁ。酒の肴にちょっとだけ獲って帰るか!!※地域によっては採捕禁止の場合がありますので、充分に確認されてください。どれがヒザラガイか分かりますか?甲羅の付いた円盤状のものというか、化石で出てくる三葉虫みたいなヤツです。磯金かマイナスドライバーで簡単に引き?がせます。一見生き物には見えませんが、引っぺがすと肉が見えるので「生き物なんだ」と確認できます。手に載せるとこんな感 [続きを読む]
  • プ、プラマークだとっ!?
  • 先日のタイラバ釣りでは兄貴の作った手作りタイラバを使わせてもらいました。「兄貴、タイラバ恵んでちょ」「これを使え。オレの作った新しいタイラバ、『激熱!タイガーⅡ号』だ!」「見せてもらおうか。新しい手作りタイラバの性能とやらを」おお、キラキラして深い海ではアピール力高そうだ♪特にこのピカピカのスカートがいいね!「ん!?でも裏に何か書いてある・・・」「こ、これはプラマーク!?」「それはポテチの袋で作っ [続きを読む]
  • 船に揺られて大物ゲットだっ!!
  • 「船に乗せてくれ♪」専業漁師をしている兄貴に連絡。「う〜ん、今年は鯛があまり釣れてないんだよね。アジもダメだし・・・」「釣れるに越したことはないけれど、大海原で船に揺られて釣糸を垂らすだけでストレス解消になるからそれだけでいいんだ」という訳で、親父と一緒に兄貴の所へ向け出発!獲物と釣り方は鯛を狙ってタイラバ。タイラバと呼ばれるルアーを着底させて巻き上げ続けるシンプルな釣り。しかしこれがなかなかに奥 [続きを読む]
  • ゆ、許さんっ!
  • ホシノさん達は毎朝1羽1個づつ卵を産んでくれます。毎日4つ卵が増えるので、油断すると結構な卵長者になるので、頑張って食べたり物々交換したりしています。で、毎朝鶏小屋に設置した産卵箱の卵を回収するのが最近の日課。「さぁ〜って、今日も卵の回収」と鶏小屋の中を見た瞬間に異変に気付きます。床に転がった2つの卵。どちらも殻に穴が開いています。鋭い嘴で突いた跡。2つは完食。1つは行方不明なので持ち去られたので [続きを読む]
  • カイガラムシ
  • 猟期が終わって草木の芽が伸び出すこの時期は、毎年剪定作業に何日かが費やされます。伸びきった枝を切り落としたり、葉を刈ったり・・・。もう本当に植物の生長ってすごい!光合成をして太陽光だけでこんなに枝葉が伸びるなんて驚異でもあるし、植物なしには動物の繁栄があり得なかったことも実感できます。この時期は梅の木や槇の木の新芽にアブラムシが付くんですよね。こんな枝は切り落としてホシノさん達に啄ばんでもらいます [続きを読む]
  • 海辺の散歩は危険!
  • 天気が良く少し時間が空いたので、ふじを走らせに海岸へGO!人がいない場所を選んでリードを離します。「それ行け!ふーちゃん!!」海岸線を全力疾走!まあ、嬉しそうに走り回ること♪(呼び戻しなどの躾が出来ていることが必須という前提で)やっぱりワンコは走る姿が良いですね。ところが海岸線には時々危険な物があるのです。それは主に魚介類の死骸。打ち上げられて腐敗臭を放っています。で、それが何で危険かというとですね [続きを読む]
  • 残弾処理射撃大会
  • 猟友会の残弾処理射撃大会に行って来ました。「猟期に購入した弾を必要以上に保管せず、射撃場で使ってしまいましょう」という趣旨の射撃大会です。今回は10メートルトラップ20枚と5メートルダブルトラップ30枚の合計50枚撃ち。これは他の組の10メートル射撃の様子。快晴の春空の下、バシバシとクレーを撃ち落としています。「さぁ〜ってそろそろ自分の組の番だから準備を・・・」実は今回用意してきたものがありました [続きを読む]
  • 護衛は任せてっ!
  • 私道に張ったネット(左側)の中のホシノさん達を護衛中のふじ。ズボラをして私道の除草のためにネットの中に放ったホシノさん達を見守ってくれています。石垣の内側(ふじの向こう側)が我が家の敷地で、写真を撮影しているのは共有の私道から家の中を写しているアングル。ふじには石垣が境界線だということを教え、敷地内から出ないように躾けています。「ホシノさん達が出ているから私も遊びに行くわ!」と自分勝手に遊びに行く [続きを読む]
  • 行けっ!ニワトリ除草隊!!
  • ホシノさん達を飼っているおかげで、ホシノ達たちの放鶏地帯には全く雑草が生えていません。いや、本当に凄いな!と思います。しかしその他の場所は惨憺たる有様。(右側のネットの内側がいつもの放鶏地帯)この場所は隣家と接する共有の私道の一部なのですが、春になって気温が上がると雑草伸び放題!いつもいつも草抜きするの大変なんですよね。そこで無精者の私は考えました。「ホシノさん達をここに解き放てば早いんでないかい [続きを読む]
  • ドンコ
  • 山菜採りの途中、ちょっとタンパク質探し♪小川に降り立ってサワガニ獲り。山菜の天ぷらと一緒にサワガニの唐揚げでも作ろうと目論んだのです。幼少のころから獲っていたので、サワガニ獲りは童心に還ることが出来てとても楽しい♪捕獲方法は簡単、沢の石をひっくり返して石の下に隠れているサワガニを手掴みするのみです。「さあ、やるぞっ!」片っ端から岩をひっくり返しますが、しかし目当てのサワガニはほとんどいません。「う [続きを読む]
  • 我が家の隣は田んぼ(他の人の所有物です)。二毛作が行われていて、晩冬からは麦。初夏から秋は稲作。住宅の隣が田んぼだと、虫が多かったり夜中にカエルの大合唱で眠れなかったり、夜中にタヌキやアナグマが通ってふじが鳴き止まなかったりと大変なことはたくさん・・・。だけど今の時期に窓を開けると見えるのはすくすくと育つ麦。陽の光に向かって一日一日大きくなっているのが分かります。季節の移り変わりが分かり、草木の伸 [続きを読む]
  • 謎の毛皮
  • ある日、出勤すると車の横の芝生に何かが転がっているのが目に入りました。「これは何!?」毛の生えた物体を手に取ってみると反対側はカチカチ。(ピンボケでスミマセン)毛の付いた皮の一部が丸まっている感じ。どう見ても模様は子イノシシの毛皮と思われます。「一体なぜこんなものが転がっているんだ?」自分なりに推理します。1.事故で子イノシシが死に、その遺体をカラスが啄ばんで残った毛皮を運んできた。2.オスイノシ [続きを読む]
  • ドウガネツヤハムシ
  • ドウガネツヤハムシ。この名前をご存知でしょうか?実は私も今日初めて知りました。タラの芽を採取してきたので、もれなくタラの芽に付いてくるこの昆虫の名前を調べてみたのです。調べると「ドウガネツヤハムシ」という名前で、てっきりタラの芽の樹液に集まるのかと思っていたら、実はタラの芽を齧りとるために集まっているとのこと。今年は寒かったから山菜の季節が遅れているな・・・。へえぇ、それにしてもこんな名前だったん [続きを読む]
  • 寿命について少し考える
  • 夏ごろに撮影した猫のリンと猟犬のふじ。少しは縮まったけれど微妙な距離(笑)。リンはもう18歳(くらい)。かなりのおばあちゃんニャンコです。元々は捨て猫だった子猫を兄貴が拾ってきて飼っていたニャンコだったのですが、脱サラして専業漁師になるために飼えなくなるので私が引き取って飼うようになりました。私がリンを飼うようになって13年くらいかな。ペット禁止の賃貸マンションだったので、大家さんにも秘密で飼ってい [続きを読む]
  • 牡蠣殻
  • ホシノさん達は毎日卵を産んでくれるので、カルシウムの摂取が必須。で、時々人間が食べた後の貝殻を砕いてやっています。(アサリ、サザエ、マテガイ、牡蠣・・・、何でも食べます)今日は冬の間に食べた牡蠣殻。庭に放り投げていたものを、暇な時に思い出したように砕いて与えます。最初の頃は「庭に放り投げていたら自分で突いて食べてくれないかな」と思っていたのですが、それは無理でした(笑)。しょうがないのでハンマーを [続きを読む]
  • シイタケとヒラタケの栽培
  • 猟期が終わっても何かと忙しいヘナチョコハンター。今日は猟期にキノコを植えるためのホダ木をもらってきていたので、シイタケの駒を植え付けました。これはシイタケ用のクヌギ。今年は桜の木ももらってきていたので、シイタケばかりじゃおもしろくないと少し検索。ナメコなんかが良さそうでしたが、食感の好きなヒラタケを植えることにしました。菌駒はネットでそれぞれ400コマ購入。袋を開けると菌糸に覆われた木製のコマが出 [続きを読む]
  • 初めてのマック♪
  • 猟期が終わり少し余裕があったので、ふじと菜の花を見に行く。ちょっと小腹が減ったので帰宅途中に人生初のドライブスルーを体験中のふじ♪商品を用意してくれながら、なぜだか笑いをこらえるのに必死なお姉さん(笑)。「なぜ!?」後部座席のふじの顔を見て納得。ヨダレ垂れて物凄い糸引いてる・・・。良い匂いがして、自然にヨダレが出ちゃったんだね(笑)。ふじの顔を見ないようにしながらも、ついつい何度も見ちゃうお姉さん [続きを読む]
  • 今年の猟期も終了。そして狩猟をして良かったことを想う。
  • 私にとって8年目の猟期が終猟しました。(ワサビの若葉。もう少ししたらワサビ漬けを作るために葉っぱを採取する時期)(詳しくは書きませんが)無事にとは言えませんでしたが、なんとか猟期が終わってホッとしています。今年の猟期を振り返ると、狩猟の恐ろしさなんかを改めて感じさせられたシーズンでした。「8年にもなるともうベテランだろう?」などと狩猟の事を知らない人から尋ねられたりしましたが、まだまだヒヨッコであ [続きを読む]
  • 大航海時代
  • 時は15世紀。人はまだ見ぬ大陸や、そこに眠る黄金や香辛料を求めて大海原に漕ぎ出しました。存在するかどうかも分からない大陸を求め、時には荒れ狂う海を進むのは相当な勇気と覚悟が必要だったと容易に想像できます。しかしそれこそが「開拓者精神」や「未知のものに対する知的好奇心」であり、現代の世界が成立した人類の叡智であると思います。今回はなんとなくそんな事を思ってしまったのでした。ふじを走らせるために海岸に [続きを読む]
  • アクセルを踏めっ!!
  • ドゴーンッ!山中に鳴り響く一発の銃声。猟隊の方が大きな鹿ゲット♪しかし狙っていた本命のイノシシには包囲網を突破され、猟犬と共に隣山へと移動。獲物も競り終ったので待ちを解き、車に乗って犬探しに走ります。一時期はパタリと止まっていたイノシシや鹿の動きも大きくなり、だいぶ人里付近の山での痕跡が見られますね。(これはイノシシや鹿が道路を横断した跡。山の中の獣道の泥をアスファルトの上に落としています)1月終 [続きを読む]