道祖神 さん プロフィール

  •  
道祖神さん: 新山梨の日々
ハンドル名道祖神 さん
ブログタイトル新山梨の日々
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/haraguro8646
サイト紹介文日本や世界の動きに目を向け、みんなが笑って暮らせる社会を目指し、発信している。
自由文定年後は、もっとも自由な至福の時間だと分かった。閉塞感漂ういまの日本では、これから生きる人たちがかわいそうである。これまでの人生で学んだことは多い。そこから閉塞状況を打ち破るヒントを引き出し提言している。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2010/10/09 10:00

道祖神 さんのブログ記事

  • [転載]安倍官邸の驕りーー逆襲を受け狼狽える。
  • 国会中継を見ていると、安倍首相は疲れ気味で生気がない。一方隣に座っている麻生副総理は、ニタニタと笑い顔で「次の総理の座は俺に来るのか」と何となく楽しんでいるようだ。安倍官邸は籠池理事長を証人喚問に引きずり出して、息の根を止めようとしたのだが、手痛い反撃を食らってしまった。疲れも出るだろう。100万円の受け渡しについては、籠池理事長に真実味がある。証人喚問の場で明確に発言したことの意味は重い。安倍昭 [続きを読む]
  • 自民党35分のおべんちゃら これは見ものだ
  • きょうの証人喚問、自民党は35分も質問時間がある。石原尋問でもわかる通り、森友疑惑を解明するなんて発想はまったくない。おべんちゃらに終始するはずである。といって籠池は自民党の政治家ではない。日本会議の推進する戦前でも持ち上げるのだろう。日本会議バンザイ、早く改憲をやって戦前を取り戻そうと。まあ、歴史に残るアホな尋問を午前と午後やるはずだ。これは悲劇だが、かなり喜劇っぽい。 [続きを読む]
  • 共謀罪なしでは政権がもたない? 追い詰められた安倍政権
  • 脳みその中にまで手を突っ込んてきたのが戦前の治安維持法である。自公政権は、21世紀の現代にそれを復活しようとしている。国民の立ち話にまで介入し、逆らえばたちまちとしてしょっ引かれるのだ。密告が奨励され、向こう三軒両隣が疑心暗鬼になる。こんなことが現代にまかり通っていいはずがない。いいはずないが、森友学園やら南スーダン、豊洲など失敗続きの安倍政権としては、起死回生の妙薬はこれしかないと思うのだろう。 [続きを読む]
  • 石原の無責任と自民党のおべんちゃら
  • きのうの石原喚問、自民党はもはや政党の名に値しないと思った。全国放送されている場で、おべんちゃら尋問に終始したからだ。豊洲の責任なんてこれっぼちも感じていない。石原は作ってしまったものは文句を言わず開設しろ、という始末。土壌汚染なんて意に介していないのだ。彼ら意識は放射能も同じ感覚、とにかく金儲けが第一なのだろう。共産党以外は「石原さんに来ていただいたことを感謝します」なんていう始末。これから尋問 [続きを読む]
  • 豊中・豊洲証人喚問、功を焦らない方がいい
  • 「ここで安倍政権を倒せなければ、逆に野党が追い込まれる」なんて論調があるが、いずれの問題も解決までには時間がかかるし、隠しようもない証拠がいっぱいある。だから一度や二度の証人喚問で劇的変化がなかったとしても失望することはない。マスコミでもずいぶん報道されたし、それはこれからも続く。安倍総理のマスコミ懐柔はこれまで成功してきたが、森友で大きくつまずいた。国民の監視も強化され料亭に連れ込みにくくなった [続きを読む]
  • 公明党とくっつく小池知事、正体を現したな
  • 長いこと公明党を見てきた。公明党は都議会から始まった。当初は国会には出ないと言っていた。創価学会が宗教法人でいられるのも都議会が認めたからだ。しかし、公明党は都議会の元凶でしかなかった。常に与党に君臨し、歴代都知事の悪政に手を染めてきた。今起きている豊洲問題でも沈黙するだけである。創価学会・公明党批判には敏感で、出版妨害にまで手を染めた。言論統制にまい進する安倍政治の草分けだったのだ。そんな公明党 [続きを読む]
  • 国民主権を取り戻すチャンス
  • 戦後憲法発布当時、一時的に民主主義が高揚した時期があった。しかしアメリカ側が危機感をもち、様々な弾圧により、次第に後退してしまった。そして戦後70年余、安倍総理のようなウルトラ右翼が政権を担うようになり、民主主義は風前の灯となっている。それと同時に軍事予算が膨張、福祉なんぞは片隅に追いやられた。財界応援型政治がまかり通り、労働環境も破壊され、多くの国民が再生産できないような状態に追いやられている。 [続きを読む]
  • アリ地獄がいっぱい 森友学園、豊洲、東芝原発、五輪?
  • 権力者や、それと結託して推し進めたあれこれが窮地に陥っている。当然だ。国民生活なんて「知ったことか」という感じで暴走した結果だからだ。権力が国民を無視し暴走すれば腐敗が始まる。森友は総理大臣の犯罪である。本来、人の上に立つ人ほど身辺をきれいにしておかないといけないのは社会の鉄則である。しかし政界だけは別格で、これまで幾たび疑獄事件が起きたことか。しかし解明され、しっかり責任をとった政治家がいただろ [続きを読む]
  • トランプのアメリカ合衆国改造計画(?)
  • 日米の親分、かたやマスコと喧嘩ざんまい。こなたマスコミと宴会ざんまい。いずれも国民生活なんて眼中にないところは同じだ。トランプは114兆円の公共事業をやると言っている。これは田中角栄の日本列島改造計画をほうふつとさせる。しかし日本が一千兆円を超える借金財政に陥ったのはこれがもとになっていたのではないか。さらにさかのぼれば114兆円の公共事業は、ケインズのニューデール政策に行きつく。世界がのぼり坂の [続きを読む]