ショウジンガニ さん プロフィール

  •  
ショウジンガニさん: カニ汁
ハンドル名ショウジンガニ さん
ブログタイトルカニ汁
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/div_photo
サイト紹介文海や川の中、干潟で撮影しています。 最近は、魚魚目レンズでのワイドマクロを極めています!
自由文SSP日本自然科学写真協会 会員
http://www.kanifilm.com
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/10/12 20:39

ショウジンガニ さんのブログ記事

  • 北天日周運動@富士山
  • 標高1250m(富士山2合目)での撮影。北極星を中心に星空がぐるぐる回る!StarStaXにて作成。本日は富士山の日(2月23日)だそうです。http://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログランキング(ポチッとしてね!)ホームページも是非お立寄り下さい!http://www.kanifilm.com [続きを読む]
  • ナヌカザメ@富戸
  • 富戸のヨコバマ 水深28M午前中にナヌカザメの情報をいただきました。土嚢に頭を寄せて眠っているらしい。。。午後2時過ぎにその場所に向かいました。居ました、居ました、、、全身あらわにしている勇姿が!!!ミギマキも驚いている様子!!!金色の眼が何とも云えない怖さを醸し出していますね〜!!!EOS-7D ,f22,1/50秒, ISO 640 ,Tokina 10-17mm Fisheye (10mm), S-2000 2灯,Zillion,9Cmドームポートhttp://photo.blogmura [続きを読む]
  • ハナミノカサゴ@富戸
  • 秋に黒潮に乗ってやって来たと思われるハナミノカサゴ。寒い冬には立派に成長した成魚の姿が見られます。観察できるポイントは割と浅めの水深で、10数m未満がほとんどです。水温が低いので、動きは緩慢としていて撮影し易いんです。EOS-7D ,f16,1/60秒, ISO 640 ,Tokina 10-17mm Fisheye (10mm), S-2000 2灯,Zillion,9Cmドームポートhttp://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログランキング(ポチッとしてね! [続きを読む]
  • カスザメのカムフラージュ@八幡野
  • 東伊豆の八幡野ビーチはカスザメが良く観察できるダイビングポイントです。特に冬場は海が青くて透明度も高く撮影していて楽しいですね!エイの様な姿ですが、サメの仲間です。この個体は、体長約60Cmの若魚です。撮影しているといきなり泳ぎだして、どこかへ行ってしまいます。しかしせいぜい50〜100m程度移動したら隠れ易い砂地に着底してひと休みするんです。そして暫くすると、ヒレを使ったり身体をモゾモゾしたりして上手に [続きを読む]
  • 北天 日周運動の撮影
  • 北天 日周運動を撮影してみたいと思い、先週末に富士山の近くに行きました。道路は除雪してあり、凍結防止剤も撒かれており大丈夫でした。しかし気温がマイナス16度と厳しい寒さでした!標高は1452mもあり、丁度寒波がやって来た時でしたので尚更です!インナーはモンベルの冬山用のものを重ね着し、フリースも2枚重ね、その上にダウンコートとモコモコ仕様です。生憎、途中から雲が出て来てしまい合成枚数が少なくなりスッキリ [続きを読む]
  • ノコギリガニ@八幡野
  • 甲長約7Cmほどのクモガニ科のカニで、岩礁域の亀裂に棲む。八幡野には実に多く棲息しているのが観察できる。EOS-7D ,f22,1/80秒, ISO 640 ,Tokina 10-17mm Fisheye (10mm), S-2000 2灯,Zillion,9Cmドームポートhttp://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログランキング(ポチッとしてね!)ホームページも是非お立寄り下さい!http://www.kanifilm.com [続きを読む]
  • オオモンカエルアンコウ幼魚をフィッシュアイで!@井田
  • 潜水エリアのギリギリに居るオオモンカエルアンコウの幼魚(体長約2Cm)しかも、ジュズエダカリナの中に居るので寄り切れない。。。私がTokina 10-17mm フィッシュアイズームを使う理由はこんなシチュエーションで生きるから!テレ側の17mmにズームして、ジュズエダカリナの中に可能な限りドームポートを突っ込む!直径わずか9Cmのミニドームだからなせる技。トトメレンズでは再現できない解像感。このレンズしか表現できない光景で [続きを読む]
  • 湖底のモミジ
  • 本栖湖は紅葉終盤間近でした。この時期の光は斜めに、そして柔らかく湖底に降り注ぎます。ミクリの仲間でしょうか、鮮やかな緑の水草が繁茂していました。モミジが一枚、ハラハラと落ちて来て秋の終わりを告げている様でした。http://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログランキング(ポチッとしてね!)ホームページも是非お立寄り下さい!http://www.kanifilm.com/ [続きを読む]
  • 沈木のある風景(秋)@本栖湖
  • 初夏に撮影した沈木(http://blogs.yahoo.co.jp/div_photo/63593790.html)を紅葉を背景にした狙いで撮影した。今年の秋は紅葉が遅く予定より2週間後に訪れた。水面の向こうに見える樹々の色づき、水の色が季節の移ろいを感じさせる。http://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログランキング(ポチッとしてね!)ホームページも是非お立寄り下さい!http://www.kanifilm.com/ [続きを読む]
  • 錦秋の滝壺@北関東
  • 今週末は何処に行こうかさんざん迷ったあげくに北関東の某所に。ネットの紅葉情報はやはり当てにはならなかった。。。未だ未だ紅葉真っ盛りではなかったが、撮り易い滝壺を見つけた!車が近くに止められて、ラジアルドライスーツを着て8kgのウエイトを腰に巻いて重たいカメラをぶらさげて崖を降り、そこそこ撮り易い滝壺、しかも水が蒼いところはそう多くはないと思う。帰りは渋滞無しでこの時間に家のMacからアップできるし!!h [続きを読む]
  • イッポンテグリ幼魚@井田
  • レアなネズッポの仲間、イッポンテグリの幼魚が井田に出ました!体長は約3Cmと小さくて、見つけるのがやや難しいレベルですね。私はだいたいの場所を聞いてピンポイントで探しました。すんなりとこの個体に出会う事が出来ました!この形と色彩が一見の価値有り!ですね〜!!OLYMPUS TG-4 顕微鏡モード PT−056ちなみに4年前に富戸で撮影した個体はこちら!http://blogs.yahoo.co.jp/div_photo/61460801.htmlhttp://photo.blogmu [続きを読む]
  • ニシキフウライウオ@井田
  • 久し振りに潜って来ました。丸一ヶ月強ご無沙汰でした。いつもの井田に、ニシキフウライウオのペアが居るとの情報!水深20mに居ました!!メスは胸びれに抱卵していますね。天候はマズマズ良かったのでフィッシュアイで撮影!直径9cmのドームポートからギリギリまで寄っています。ヤギのポリプ全開で見事に擬態していました!!http://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログランキング(ポチッとしてね!)ホー [続きを読む]
  • 心のメッセージ
  • 大病の義姉の病床に飾った写真。欲しかった作品と言われてこんなに嬉しかった事はなかった。どんなフォトコンテストに入賞したよりも何百倍も光栄に感じる事が出来る。彼女の刹那が心に響く、そして答える事が出来る私の精一杯の心。2009.7.26.柿田川にて撮影http://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログランキング(ポチッとしてね!)ホームページも是非お立寄り下さい!http://www.kanifilm.com/ [続きを読む]
  • ベンケイガニ脱皮
  • ベンケイガニが集団で脱皮しました。中央の一匹は、脱皮直後の個体です。“ソフトクラブ” そのもので、体全体が柔らかい!この川のあちこちで5匹〜15匹くらいで集団で脱皮した抜け殻が確認できました。OLYMPUS TG-4   トトメレンズ   PT−056http://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログランキング(ポチッとしてね!)ホームページも是非お立寄り下さい!http://www.kanifilm.com/ [続きを読む]
  • マツカサウオ@井田
  • 井田の第2ケーソン(水深31m)のウミトサカの中に『マツカサウオ』が居ました。松ぼっくり(松かさ)に似ているためにこのようにネーミングされたようです。真黄色で体長約8Cmの成魚、湧昇流で深海から一時的に上がって来た個体でしょう。次の日にはもう居なくなっていました。http://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログランキング(ポチッとしてね!)ホームページも是非お立寄り下さい!http://www.kanif [続きを読む]
  • オオサルパ@富戸
  • 原索動物門尾索亜門サルパ綱断筋目サルパ科。一見クラゲの様に見えますが、ホヤの仲間。無性世代での単独個体で体長約20cmほどでした。海の中はヘンテコな生き物が多いです。。。http://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログランキング(ポチッとしてね!)ホームページも是非お立寄り下さい!http://www.kanifilm.com/ [続きを読む]
  • 沈木のある風景@本栖湖
  • 水深を浅く取りゆっくりと流して泳ぐ。日の光が斜めにさしてキラキラと輝く。風が止まった。空の青と木々の緑が水面越しに爽やかに映った。http://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログランキング(ポチッとしてね!)ホームページも是非お立寄り下さい!http://www.kanifilm.com/ [続きを読む]
  • オオクチバス@本栖湖
  • 富士五湖の本栖湖を潜りました。オオクチバス(ブラックバス)は繁殖期(産卵期)に入っています。産卵床を守る雄の個体が威嚇してきます。http://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログランキング(ポチッとしてね!)ホームページも是非お立寄り下さい!http://www.kanifilm.com/ [続きを読む]
  • 水中撮影wifi実験 OLYMPUS TG-4
  • 「水中撮影wifi実験 OLYMPUS TG-4 」カメラ(OLYMPUS TG-4 )は水中に入れて、スマートホンでモニターしながら撮影する!Wifi電波は水中では届かないが、高周波同軸ケーブルを利用すると繋がる!オリジナル撮影機材の紹介。http://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログランキング(ポチッとしてね!)ホームページも是非お立寄り下さい!http://www.kanifilm.com/ [続きを読む]
  • ハナミノカサゴ幼魚@富戸
  • オオパンカイメンに居たハナミノカサゴ幼魚。ヨコバマの1の根の近く、岩の上。現れるのはだいたいこのエリアで水深は浅いところ。奇麗な花には毒がある!!背ビレと腹ビレ・尾ビレに毒棘(トゲ)をひそめていて、刺されると激しい痛みが。。。キレイなオネエさんの毒なら多少はガマンできるけど。。。EOS-7D ,f18,1/250秒, ISO 800 ,Tokina 10-17mm Fisheye, S-2000 2灯,Zillionhttp://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水 [続きを読む]
  • ホシエイ@富戸
  • ホシエイ(体長約1.5m)が眠っていた。見つけたのは富戸ホール入り口辺りから沖に向かって水深6mの藻場。ストロボ連射していたら目を覚ました様で、面倒くさそうに移動し始めた。ここがシャッターチャンス!泳ぎだしたらダイバーなんぞはもう追いつけない。やはり カッコイイナー!!EOS-7D ,f13,1/125秒, ISO 800 ,Tokina 10-17mm Fisheye, S-2000 2灯,Zillionhttp://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログラ [続きを読む]
  • クロウシノシタ@富戸
  • クロウシノシタ 体長約20Cmエントリーして直ぐの砂地に良く居る魚でやはり旬の春が多い。ムニエルなどの料理で有名だが、海中で見る限りは食指が動かない。。。よく見るとこの個体、写真の右上あたりにかじられた痕が有る!ウツボに食われたのか??生(刺身)でも旨いのか??やはり旨そうには見えない。。。EOS-7D ,f16,1/250秒, ISO 800 ,Tokina 10-17mm Fisheye, S-2000 2灯,Zillionhttp://photo.blogmura.com/p_underwater [続きを読む]
  • サラサウミウシ@井田
  • GWの井田はまずまずのコンディションでした。毎年4月の水中映像祭が終わると、重たいドライスーツから軽快なロクハンに衣替えです。昨年晩秋に新調したロクハンはやはり暖かい!陸で休憩していると、暑くて少しボーッとしてしまいます。水中でもボーッとしていると、「サラサウミウシ」が居ました。春らしく撮れたでしょうか!?EOS-7D ,f22,1/125秒, ISO 800 ,Tokina 10-17mm Fisheye, S-2000 2灯,Zillionhttp://photo.blogmura. [続きを読む]
  • 彩色渓美
  • 彩色渓美 横山和男 / 第33回水中映像祭2016年4月9日に開催された第33回水中映像祭の参加作品です。http://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログランキング(ポチッとしてね!)ホームページも是非お立寄り下さい!http://www.kanifilm.com/ [続きを読む]
  • アメフラシ@井田
  • 春の海の浅場はアメフラシが沢山。様々な海藻が繁茂する中でひときわ目につくのが、 カゴメノリ(籠目海苔)褐藻類ハバモドキ目カヤモノリ科の海藻で、同じ仲間のフクロノリに穴を沢山開けた様な形をしている。カゴメノリの群落は造形的に面白く、レンズワークでアートな被写体に昇華する。また、アメフラシも妖艶な撮り方をするならばこのアングルは外せない。EOS-7D ,f16,1/250秒, ISO 800 ,Tokina 10-17mm Fisheye, S-2000 2灯,Z [続きを読む]