くう さん プロフィール

  •  
くうさん: ドラマ@見とり八段
ハンドル名くう さん
ブログタイトルドラマ@見とり八段
ブログURLhttp://dramablog.cinemarev.net
サイト紹介文背景とセリフを切り取ったドラマレビュー(復習)ブログです。大河と朝ドラ感想も。
自由文自己満足ドラマ評論家くう による自己満足ドラマレビューブログ。楽天で発足してから2015年で10年目を迎えました。

映画レビューサイトの方もよろしくお願いします。
映画@見取り八段→http://www.cinemarev.net/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供445回 / 365日(平均8.5回/週) - 参加 2010/10/13 18:04

くう さんのブログ記事

  • 【真昼の悪魔】第8話 最終回「「贖罪」愛を知った悪魔の行く末は」感想
  • その決断に至るまでに何があったのか、私には分かりません。もう神父ではない私には関係のないことですが。すいません。 僕のせいで。あなたのせいではありません。私が神父を辞めたのは、人の善の心が信じられなくなったからです。私の本心を言いましょうか?あの人が改心などするはずがないでしょう。あれは生まれついての悪魔です。オトナの土ドラ 真昼の悪魔 第8話「贖罪」愛を知った悪魔の行く末は     う〜〜ん……ここまで楽 [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第145回(第25週土曜日) 感想
  • すみれ(芳根京子)たちが店を始めた頃に手作りしたワンピースと28年ぶりに再会し、お直しをしたというエピソードが新聞記事となった翌日から、キアリスの本社にお直し希望の大量の小包が届くようになる。退職したばかりのすみれたちだったが、キアリスに新しく「お直し部」を発足させ、昔作った服を直してさらに次の世代に受け継がせていくことを第二の人生で進めていこうと決意する。(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)連続 [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第144回(第25週金曜日) 感想
  • キアリスを引退したものの、やることがみつからず時間をもてあまし気味なすみれ(芳根京子)たち。そんな時一人の女性が幼い子供を連れて、キアリス本社を訪ねてくる。すみれたちの元にやってきたその女性が、持参した風呂敷を広げると、中から現れたのは28年前に店の看板代わりに作ったワンピースだった。美幸(星野真里)との再会をきっかけに、すみれたちは第二の人生でやるべきことを見いだしていく。(上記あらすじは「Yahoo! [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第143回(第25週木曜日) 感想
  • すみれ(芳根京子)、紀夫(永山絢斗)、明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)は、若手社員たちを前に正式に引退することを発表する。次期社長に任命されたのは…。一方、「男のための着こなし講座」をきっかけに、取材や講演の依頼が来るようになっていた栄輔(松下優也)は、すみれたちが引退することを知り、明美に長年抱えていた想いを告白する。すると明美から思いもよらぬ提案が飛び出し…(上記あらすじは [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第142回(第25週水曜日) 感想
  • ワンダーランドの件を通し、すみれ(芳根京子)、明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)は、自分たちの想いが健太郎(古川雄輝)、さくら(井頭愛海)ら次世代のキアリス社員たちに受け継がれていることを確信し、キアリスを引退しようと考える。紀夫(永山絢斗)もまた同じ思いを抱いており、社長を引退することを決意する。雪の降る夜、夫婦がこれまでの自分たちの人生をゆっくりと振り返る。(上記あらすじは「Y [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第141回(第25週火曜日) 感想
  • 東京・銀座にキアリスのワンダーランドを作ろうと夢見るすみれ(芳根京子)たち。資金繰りに悩む中、大手商社の「KADOSHO」社長の古門(西岡徳馬)から資金提供の申し出があり、すみれたちはそれを受け入れるかどうかで思い悩む。古門は栄輔(松下優也)がエイスを倒産させる元凶となった存在。しかし、申し出通り資金を借りれば、自分たちの手で最後の夢を叶えることができる。すみれたちの決断は…(上記あらすじは「Yahoo!TV」 [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第140回(第25週月曜日) 感想
  • すみれ(芳根京子)たちは、東京の銀座に空きビルを借り、子育てに必要な物ならなんでも揃うキアリスの「ワンダーランド」を作ろうと意気込んでいた。しかし、君枝(土村芳)の夫・昭一(平岡祐太)が勤務先の銀行で必要な資金を調達できないかと動くが、オイルショックの影響で景気が冷え込んだこともあり、融資は認められなかった。そんな時、大手商社「KADOSHO」の古門(西岡徳馬)から資金提供の申し出があり…(上記あらすじは [続きを読む]
  • 【おんな城主 直虎】第11回「さらば愛(いと)しき人よ」 感想
  • 瀬名(菜々緒)を救おうと取りすがる次郎法師(柴咲コウ)の元に、松平元康(阿部サダヲ)からの使者が到着する。桶狭間での大敗以降、衰退の一途をたどる今川家の跡を継いだ氏真(尾上松也)と寿桂尼(浅丘ルリ子)は、離反者の粛清に躍起になっていた。ある日次郎法師のもとに、元康からの御礼の品が届く。直親は今川家と手を切り、元康と手を組むことを決意する。ついに元康との密会を果たす直親だったが…(あらすじは Yahoo! [続きを読む]
  • 【真昼の悪魔】第7話「「挑戦」命を懸けた悪魔の大勝負」 感想
  • あなたは私を 利用しようとした。私の死の覚悟を知った上で、それならばと彼女を倒すために利用しようと したのです。善人ぶるのはおやめなさい。復讐の炎に焼かれているあなたからもまた、悪の匂いがします。私も同様です。神の教えに背き、怒りのままに彼女を陥れようとしている私もまた、悪なのです。オトナの土ドラ 真昼の悪魔 第7話「「挑戦」命を懸けた悪魔の大勝負」     とりあえずツイッター実況上げで、後ほど簡単感想 [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第139回(第24週土曜日) 感想
  • すみれ(芳根京子)たちは、映画制作のメンバーや家族をキアリス本店に招き、キアリスガイド映画版「ようこそ赤ちゃん」の上映会を開くことに。子育てに必要な知識がわかりやすく紹介された映像は大好評を得る。次の世代に受け継がれるバトンとして、映画に込められたすみれたちの思いを受け取った健太郎(古川雄輝)は…。一方、潔(高良健吾)がある重要なニュースを伝えにキアリスを訪ねてくる。(上記あらすじは「Yahoo!TV」よ [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第138回(第24週金曜日) 感想
  • 潔(高良健吾)は、経営するオライオンで紳士服ブランドを新たに作り、その着こなし講座を開くよう栄輔(松下優也)に依頼する。会社を倒産させた責任を感じていた栄輔は、人前で話をすることにためらうが、ゆり(蓮佛美沙子)の説得で、引き受けることを決める。一方、キアリスの経営方針について、すみれ(芳根京子)たちと意見を違える健太郎(古川雄輝)は、大手商社社長の古門(西岡徳馬)に助言を求める。(上記あらすじは「Y [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第137回(第24週木曜日) 感想
  • 映画制作を続けるすみれ(芳根京子)たちは、戦後間もない頃に自分の子供たちのために作った服を映画の中に出そうと考える。すみれたちの思いを込めたものづくりの原点を目の当たりにした健太郎(古川雄輝)は、キアリスの拡大を急ぐ自分の姿勢に疑問を抱くように…。一方、潔(高良健吾)は紳士服ブランドを新たに作り、その着こなし講座を開くよう栄輔(松下優也)に依頼する。会社を倒産させた責任を感じていた栄輔は…。(上記 [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第136回(第24週水曜日) 感想
  • 次世代に渡すバトンとしての映画版キアリスガイド「ようこそ赤ちゃん」の制作に挑むすみれ(芳根京子)たち。プロカメラマン・亀田(上地雄輔)の助けで、無事にクランクインを迎える。明美(谷村美月)の誘いであまり気乗りしないまま制作を手伝うことになった栄輔(松下優也)だったが、一歩先を読む段取りの良さで力を発揮しいく。一方、栄輔の志を引き継ぎたいと考えていた潔(高良健吾)は、ある新事業を始めようとしていた。 [続きを読む]
  • 【カルテット】第9話「最終章・前編」 感想
  • 過去とか…そういうのなくても音楽やれたし。道で演奏したら楽しかったでしょ?真紀さんは奏者でしょ?音楽は戻らないよ。前に進むだけだよ。一緒。心が動いたら前に進む。好きになったとき、人って過去から前に進む。私は真紀さんが好き!火曜ドラマ カルテット 第9話     ヤマモトアキコ切っ掛けは自転車泥棒の逮捕だった。たかだか自転車泥棒。大菅刑事の同僚がその調書に手間取っていたのは、女がなかなか自分の名前を [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第135回(第24週火曜日) 感想
  • すみれ(芳根京子)たちは、キアリスのお客さんや会社を引き継ぐ次世代の社員に渡すバトンとして、映画版キアリスガイドの制作に取りかかる。プロカメラマン・亀田(上地雄輔)の助けを借りて、内容や役割分担が決められていく。監督は紀夫(永山絢斗)、助監督は武(中島広稀)、脚本は明美(谷村美月)が担当することに。そんな時、明美は会社が倒産して生気を失っていた栄輔(松下優也)と再会し、映画作りに誘う。(上記あらす [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第134回(第24週月曜日) 感想
  • エイスが倒産し、家も仕事も失った栄輔(松下優也)は、潔(高良健吾)とゆり(蓮佛美沙子)の家に居候の身となっていた。一方、エイス倒産のニュースを受け、キアリス・社長の紀夫(永山絢斗)は、これまでの積極的な経営から、慎重な方向に舵を切ろうとしていた。しかし、開発宣伝部の部長となった健太郎(古川雄輝)はその方針に反対。議論が進まない中で、すみれ(芳根京子)が突然、「映画を作ろう」と提案する。(上記あらす [続きを読む]
  • 【おんな城主 直虎】第10回「走れ竜宮小僧」 感想
  • 奥山朝利(でんでん)をもみ合いのすえ刺殺してしまった政次(高橋一生)が次郎法師(柴咲コウ)のもとを訪れる。次郎法師は手負いの政次を寺でかくまうことにする。父を討たれたしの(貫地谷しほり)は悲嘆にくれるが、小野家に嫁いでいた妹のなつ(山口紗弥加)の口から意外な事件の真相が語られていく。一方、松平元康(阿部サダヲ)は今川家に反旗を翻すが、駿府に残された妻の瀬名(菜々緒)は窮地に立たされてしまう。(あら [続きを読む]
  • 【真昼の悪魔】第6話「「復讐」悪魔への反撃のシナリオは?」 感想
  • 私を理解したような口、利くな!死が2人を分かつまで、あなたは私から離れられない。約束どおり私に病院を買いなさい。患者だけじゃなくて全てを支配するのが私の望みなの。結婚して幸せな家庭を築きましょう!オトナの土ドラ 真昼の悪魔 第6話「「復讐」悪魔への反撃のシナリオは?」     助けて……。えええ……葉子さまが、そんなお気の弱い発言をしてしまわれるとは……。最終回に向けて、ちょっと不安になってきた。『火の [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第133回(第23週土曜日) 感想
  • オイルショックによって日本の経済は大混乱に陥った。すみれ(芳根京子)や紀夫(永山絢斗)は、キアリスの経営拡大に対し、今こそ慎重姿勢をとるべきだと訴えるが、健太郎(古川雄輝)だけは守りに入ることに反論を続ける。一方、一時は飛ぶ鳥を落とす勢いだった栄輔(松下優也)のエイスは、売り上げが下がり始めたことを理由に、古門(西岡徳馬)から見放され、資金繰りに失敗してしまう。エイスは破綻し、社長の栄輔も…(上記 [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第132回(第23週金曜日) 感想
  • 健太郎(古川雄輝)によるキアリスの拡大が進む中、すみれ(芳根京子)は偶然「キアリス」が変わってしまったと嘆く女性客の声を耳にする。健太郎に本店を任せていたすみれは、大きく変化しつつある「キアリス」に戸惑いを隠せないでいた。一方、娘を出産したさくら(井頭愛海)だったが、孫を溺愛する君枝(土村芳)が度々家を訪ねてくるようになり、悩まされる。その不満を健太郎に相談しているうちに夫婦仲にも亀裂が…(上記あ [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第131回(第23週木曜日) 感想
  • キアリスを急成長させたいと奔走する健太郎(古川雄輝)は、さくら(井頭愛海)が生まれてくるわが子を思って生み出したキアリスの新キャラクターを利用しようと考える。すみれ(芳根京子)は焦らずもっと時間をかけるべきだと諭すが、健太郎は聞き入れない。それからしばらくして、臨月を迎えたさくらは無事に女の子を出産する。孫の誕生に喜ぶすみれたち。健太郎が生まれてきたわが子につけた名は…(上記あらすじは「Yahoo!TV」 [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【べっぴんさん】第130回(第23週水曜日) 感想
  • さくら(井頭愛海)と健太郎(古川雄輝)の結婚から3年の時がたった。さくらは子どもを身ごもり、健太郎は武(中島広稀)の後を引き継いでキアリスの開発宣伝部長に昇進することに。本店を任された健太郎は、大手商社社長の古門(西岡徳馬)から「成長のスピードが重要」という助言を受け、売り上げを上げるためキアリスを大きく変えようと奔走する。健太郎の言動に違和感を抱くすみれ(芳根京子)だったが…(上記あらすじは「Yaho [続きを読む]
  • 【カルテット】第8話「最終章、開幕」 感想
  • 興味のない人からの告白って夢の話と同じでしょ。「へえ」でしょ?別府君に告白されても真紀さん困ると思うよ。S・A・Jの三段活用になりますよ。S・A・J…何ですか?好きじゃない人から告白された時はどうする?告白して玉砕しちゃった時はどうする?「好きです」には 「ありがとう」。それが S・A。Jは?好きです。ありがとう。あ、ああ〜…冗談です!え!?これ。このJでSはなかったことになるから。なかったことになるかなあ。 [続きを読む]