くう さん プロフィール

  •  
くうさん: ドラマ@見とり八段
ハンドル名くう さん
ブログタイトルドラマ@見とり八段
ブログURLhttp://dramablog.cinemarev.net
サイト紹介文背景とセリフを切り取ったドラマレビュー(復習)ブログです。大河と朝ドラ感想も。
自由文自己満足ドラマ評論家くう による自己満足ドラマレビューブログ。楽天で発足してから2015年で10年目を迎えました。

映画レビューサイトの方もよろしくお願いします。
映画@見取り八段→http://www.cinemarev.net/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供474回 / 365日(平均9.1回/週) - 参加 2010/10/13 18:04

くう さんのブログ記事

  • NHK朝ドラ【ひよっこ】第74回(第13週火曜日) 感想
  • 美代子(木村佳乃)との電話を聞かれ、父が行方不明だと島谷(竹内涼真)らあかね荘の住人に知られたみね子(有村架純)。早苗(シシド・カフカ)は今まで黙っていたことに腹を立て、理由を説明するよう迫る。みね子はなぜ打ち明けられなかったのか、初めて本音を漏らす。そのころ、実(沢村一樹)のことを聞いた宗男(峯田和伸)が、谷田部家を訪れていた。そこでたまたま読んだ新聞にビッグニュースを見つけて仰天する。(上記あ [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【ひよっこ】第73回(第13週月曜日) 感想
  • 1966年4月、ちよ子(宮原和)は中学生になった。通学かばんをプレゼントしたみね子(有村架純)は、お礼の手紙をもらい、ますます仕事へのやりがいを感じていた。ある日、警察を辞めて茨城に帰っていた綿引(竜星涼)が突然すずふり亭を訪れる。実(沢村一樹)のことで何か分かったら教えてくれと同僚に頼んでおいたところ、新しい情報が入ったという。鈴子(宮本信子)ら店の仲間が見守るなか、実に起こった出来事を聞く。(上記あ [続きを読む]
  • 【おんな城主 直虎】第25回「材木を抱いて飛べ」 感想
  • 井伊の材木をまとめて買い取りたいという商人が見つかり、張り切る直虎(柴咲コウ)と方久(ムロツヨシ)。一方、井伊を去った龍雲丸(柳楽優弥)たち一味は気賀に戻り「龍雲党」を旗揚げする。駿府では今川氏真(尾上松也)が同盟を破った武田への対抗策として「塩止め」を行い、武田家と通じる商人の取り締まりを強化していた。そんな中、井伊家の材木の商い先である「成川屋」が三河の徳川に材木を流していることが発覚する。( [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【ひよっこ】第72回(第12週土曜日) 感想
  • みね子(有村架純)は省吾(佐々木蔵之介)に連れられて、邦子(白石美帆)が切り盛りするバー「月時計」を訪れていた。省吾は娘・由香(島崎遥香)がなぜわがまま放題になってしまったのか、ゆっくりとこれまでのいきさつを語る。一方、鈴子(宮本信子)も由香やその母親のことを思い出していた。すずふり亭の裏にやってきた柏木(三宅裕司)に、普段は口にしない心の内を語り始める。(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)連続 [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【ひよっこ】第71回(第12週金曜日) 感想
  • 省吾(佐々木蔵之介)に続いて鈴子(宮本信子)にも、ないしょで由香(島崎遥香)への届け物を頼まれたみね子(有村架純)。「今度こそ喫茶代を払わない」と意気込んで行くが、由香の失礼な態度でまたもや嫌な気分に。誰にも言えず落ち込んでいると、秀俊(磯村勇斗)から意外なことを聞かされる。その夜、仕事終わりに省吾から誘われて連れていかれたのは、邦子(白石美帆)が切り盛りするバー「月時計」だった。(上記あらすじは [続きを読む]
  • 【フランケンシュタインの恋】第9話 感想
  • これから話すことは僕が怪物になる前の話です。ずっと悩んで来ました。博士が見いだした科学の力を、博士のことを恨んだこともあります。だけどやっと分かったんです。どうして僕が生まれて来たのか。そのことを今、懸命にこの世で生きようとしている大切な人に話したいと思います。120年前にあった恋の話を。フランケンシュタインの恋 第9話     とりあえずはツイッター実況の中から感想になりそうな所を拾い、追記するのみ [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【ひよっこ】第70回(第12週木曜日) 感想
  • みね子(有村架純)は、啓輔(岡山天音)と祐二(浅香航大)に「みね子様」とあがめられるようになり困っていた。漫画を読んだときの愛想笑いを「ウケた!」と勘違いされたらしい。「本当はおもしろいと思っていないのに…」と悩んでいると、島谷(竹内涼真)にあるアドバイスをされる。ある日の休憩時間、省吾(佐々木蔵之介)に届け物を頼まれたみね子は、省吾の娘・由香(島崎遥香)に会いに近くの喫茶店に向かうが…。(上記あ [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【ひよっこ】第69回(第12週水曜日) 感想
  • 啓輔(岡山天音)のもとに、突然、故郷の富山に帰ったきり音信不通になっていた相方の祐二(浅香航大)が帰ってくる。「戻ってよかった」とみね子(有村架純)は思うが、早苗(シシド・カフカ)は「2人がそろっても売れない状況は何も変わらない」と冷たく言い放つ。祐二が長い間戻ってこれなかった理由を語り始め、島谷(竹内涼真)も興味津々で耳を傾ける。ところが、その理由を聞いたみね子は、心底がっかりする。(上記あらすじ [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【ひよっこ】第68回(第12週火曜日) 感想
  • 休日の夕方。みね子(有村架純)がお客さんからもらったラーメンを持って共同炊事場に行くと、早苗(シシド・カフカ)がお米を研いでいた。そこへ、コーヒーを持って島谷(竹内涼真)が現れる。少しでも豪華な夕食にしようと分け合うことを思いついたみね子たち。啓輔(岡山天音)も加わって楽しく調理を始める。一緒に食事しながら啓輔が語り始めたのは「漫画家になりたい」という熱い思いだった。それを聞いたみね子は…。(上記 [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【ひよっこ】第67回(第12週月曜日) 感想
  • すずふり亭の仕事にも慣れてきたみね子(有村架純)。出前に行った帰りに実(沢村一樹)が目撃された道へ足を運ぶ。通りかかった島谷(竹内涼真)は、みね子がじっと往来を見つめているのを不思議に思い、足を止める。店に戻ってきたみね子は、秀俊(磯村勇斗)が賄いを作っているのを見て「一生懸命働いている人を見るのが好きだ」と感じ、なぜコックになったのかを尋ねてみる。(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)連続テレビ [続きを読む]
  • 【おんな城主 直虎】第24回「さよならだけが人生か?」 感想
  • 直虎(柴咲コウ)からの仕官の誘いを断った龍雲丸(柳楽優弥)。一方駿府では、今川氏真(尾上松也)が同盟を破った武田家への報復として「塩止め」を行うとともに、国衆の離反を防ぐための策として縁談を積極的におしすすめていた。直虎のもとにも、新野家の三女・桜(真凛)を今川家重臣の庵原家へ嫁がせよという命が下る。一方、岡崎では緊張の面持ちの松平家康(阿部サダヲ)が織田信長(市川海老蔵)と面会していた。(あらす [続きを読む]
  • 【おんな城主 直虎】第24回「さよならだけが人生か?」 感想
  • 直虎(柴咲コウ)からの仕官の誘いを断った龍雲丸(柳楽優弥)。一方駿府では、今川氏真(尾上松也)が同盟を破った武田家への報復として「塩止め」を行うとともに、国衆の離反を防ぐための策として縁談を積極的におしすすめていた。直虎のもとにも、新野家の三女・桜(真凛)を今川家重臣の庵原家へ嫁がせよという命が下る。一方、岡崎では緊張の面持ちの松平家康(阿部サダヲ)が織田信長(市川海老蔵)と面会していた。(あらす [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【ひよっこ】第66回(第11週土曜日) 感想
  • すずふり亭で夜遅くまで働くようになり、みね子(有村架純)は朝起きるのが苦手になっていた。鳴り続ける目覚まし時計に早苗(シシド・カフカ)は毎朝起こされてイライラする。しかしある日、いつもの時間になっても目覚ましが鳴らず、気になってしまった早苗は思わぬ行動に出る。翌日みね子が炊事場で早苗や島谷(竹内涼真)、啓輔(岡山天音)たちと談笑していると、なぜだか早苗と島谷のケンカが始まってしまう。(上記あらすじ [続きを読む]
  • 【リバース】第10話 最終回感想
  • 「その友達が言いよった」「昔から人は誰かと何かを交換しながら生きてる」「それ聞いてすごい楽になった」その友達って、深瀬君だよね?…俺、そんな言い方してない。広沢君にはそう聞こえたんだよ。その話を聞いて、今はやりたいこと見つからなくてもいいやって思ったんだって。今は空っぽでも、どこかに出かけて何か見つければいいんじゃないかって。深瀬君の言葉で広沢君は変わったんじゃないかな。私も。あなたに何度も励まさ [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【ひよっこ】第65回(第11週金曜日) 感想
  • すずふり亭で働き始めて数日。みね子(有村架純)はまだまだ仕事に慣れず、料理もうまく運べないので落ち込む。その様子を見て心配になった省吾(佐々木蔵之介)は休憩時間、高子(佐藤仁美)と元治(やついいちろう)、秀俊(磯村勇斗)たちにも声をかけて自分の若い頃のことを話し始める。父はどのような人だったか、自分は外でどんな修行をしてきたのか。そこでは鈴子(宮本信子)も知らなかったつらい経験も語られて…。(上記 [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【ひよっこ】第64回(第11週木曜日) 感想
  • ランチタイムのホールに入ったみね子(有村架純)。一生懸命動くものの、あまりの忙しさに頭が真っ白になってしまう。秀俊(磯村勇斗)が、出来上がった料理が運ばれないのを見かねて手伝ってくれるが、みね子は申し訳ない気持ちになる。ディナーまでの休憩時間、鈴子(宮本信子)は、みね子と高子(佐藤仁美)、そして安江(生田智子)にも声をかけて柏木(三宅裕司)が切り盛りする和菓子屋・柏木堂を訪れる。(上記あらすじは「Y [続きを読む]
  • 【母になる】第10話 最終回感想
  • 僕には考えられない。キレイごとで収まる話でもないと思います。結衣さんはもっと自信を持つべきです。会わないと決めたのにマラソン大会のお知らせを送ったり、広君の言葉に揺れてしまったり、やってることが迷走してしまうのは結衣さんに自信がないからじゃないですか?自信を持ってください。負けないでください。母親は結衣さんです。母になる 第10話 最終回     最終回ですが、ほぼ感想のみで。いやほら、 広が4日だか5日だ [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【ひよっこ】第63回(第11週水曜日) 感想
  • 高子(佐藤仁美)からホールの仕事を教わるみね子(有村架純)。トレイの持ち方、メニューや水の置き方など1つ1つ真剣にメモを取る。高子いわく「一度の動きでいかに効率よくできるかが鍵」だという。鈴子(宮本信子)や省吾(佐々木蔵之介)、秀俊(磯村勇斗)、元治(やついいちろう)とまかないの昼食をとるが、開店までのあわただしさについていくのも精いっぱいのみね子。いよいよランチタイムが始まるが…。(上記あらすじは [続きを読む]
  • NHK朝ドラ【ひよっこ】第62回(第11週火曜日) 感想
  • 初出勤の日。すずふり亭の裏にある広場で、みね子(有村架純)が秀俊(磯村勇斗)や元治(やついいちろう)と一緒に野菜の皮むきをしていると、中華料理屋の五郎(光石研)と妻・安江(生田智子)、和菓子屋の柏木一郎(三宅裕司)と息子・ヤスハル(古舘佑太郎)らがやってくる。年始の挨拶もそこそこに、みんなが真剣な顔で店の仕込みをしている姿を見て、みね子は楽しくなってくる。(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)連続 [続きを読む]