ゲストハウス・プリのオーナー さん プロフィール

  •  
ゲストハウス・プリのオーナーさん: Guest House Puli
ハンドル名ゲストハウス・プリのオーナー さん
ブログタイトルGuest House Puli
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kensakuwatabe
サイト紹介文台湾中部 日月潭 近くの町『埔里』でゲストハウスを開きました。日々の生活を紹介してます。
自由文私(台湾在住14年の日本人)は日月潭にほど近い町『埔里』にとても魅力を感じ、バックパッカー向けのゲストハウスを始めました。『埔里』は日月潭や霧社(原住民が多く住んでます)、盧山温泉、へ向かう拠点になる町です。周囲は山に囲まれていて大自然やたくさんの温泉があるとても良い土地です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2010/10/15 17:42

ゲストハウス・プリのオーナー さんのブログ記事

  • 本部渓の山の上に行って来ました。
  • ここ数日ご覧の様な天気が続いていますが、本日は朝からお弁当を準備して常連客の方と一緒に山へ散歩に行きました。向かった所は本部渓と言う蝶の名所として有名な場所からひたすら山を登った所です。この本部渓、入り口付近には渓流が流れていて景色がとても素晴らしいです。山の上までは車で登り、下りはゆっくり2時間ぐらいかけて降りて来ました。途中’竹鶏’やその他小動物なんかも見れて、霧が多かったですがけっこう楽しめ [続きを読む]
  • 合歓山にツツジを見に行ってきました。
  • 本日、標高1500mあたりからツツジを見る事ができました。(でも目的の品種ではありません)。この季節、合歓山ではツツジが見ごろになります。本日は朝からツツジの開花状況を調べに車で出かけて来ました。埔里から霧社(標高1000ほど)までが30分ぐらい、そこから清境農場を越えて翠嶺(標高2300m)を更に上がった辺りから高山植物の生える辺りに’山杜鵑花’と呼ばれているツツジを見る事が目的です。標高2500m辺りの様子。朝 [続きを読む]
  • 布農(ブノン)族の部落へ行って来ました。
  • 人口700人程の武界地区にある『法治村』。埔里の周辺にはいくつかの原住民部落が点在しています。山を降る時に目的の部落が見えたので写真に収めました。この部落ではガスがほとんど普及していないので、今でも薪を普通に使って生活しています。大部分の人たちは農業を生業とし、鶏を飼ったり、捕らえて来たイノシシで養豚をしたりして生活しています。法治村の入り口。見難いですが、よく見ると漢字で『布農』と言う持ちがゲート [続きを読む]
  • 廬山温泉
  • 【注:私1人の足です(同伴者なしですよ)笑】。と、冗談ばかりですみません。廬山温泉。一年に少なくても20回ぐらいは通っている温泉です。私が特に気に入っている点は、平日はほとんど他の客と会う事がないので、一人で温泉を独占できる事です。本日は午前中の空いた時間を利用して行って来ました。いつもスクーターで行っていますが、埔里市内から廬山温泉までは直行バスでも70分で行く事ができます。もちろん『源泉かけ流し100 [続きを読む]
  • 川の底に眠る『日本人居留区』。
  • 私の立っている場所の下には、台湾が日本に統治されていた時代の『日本人居留区』が沈んでいます。当時この辺りには濁水渓の水を堰きとめる『水庫』の建設のため鹿島建設関係の方たちが多くこの地に住んでいました。度重なる川の氾濫や増水のため最終的には住居を近隣に移したそうです。【数度の移住によって現在は近隣の萬豊地区へ】。この日は、当時この村で警察官をされていた友人(現在92歳)に挨拶に行って来ました。遠くから [続きを読む]
  • 埔里にある大仏とウーロン茶畑
  • 正徳大佛。台座から仏像の上までは50mあります。大仏の前からの景色。こちらからの夕陽はなかなかのものですが、この日はあいにくの天気で夕陽を見る事ができませんでした。埔里を囲んでいる周りの山の上では、ウーロン茶の栽培が盛んです。ここは標高が1500ぐらいはありそうです。ここへはご自分でバイクを運転してもらうか、私がお連れしないと行くのが難しいかもしれませんね。この町は見所が多すぎます。 [続きを読む]
  • 常連のお客さんたちが集まったのでいろいろ回って来ました。
  • 七面鳥と一緒に撮影。霧社事件の末裔たちが住む川中島へ行って来ました。知り合いの家で現在この七面鳥を飼っていたので記念撮影です。始めは警戒して近寄れませんでしたが、少しずつ近づいたら一緒に写真を撮らせてくれました。いずれは彼らに’食べられちゃう’様な気もしますが、とりあえず現在はペットらしくないペットでした。川中島にある記念館。こちらでは昔のセデック族の人たちの生活や霧社事件に関する資料が集められて [続きを読む]
  • 埔里の夜景
  • 【虎頭山頂上からの夜景】地理的に台湾の中心にある埔里の人口はおよそ9万人。完全に山に囲まれた町は標高が500メートル近くあるので、夏でも日陰は涼しいです。豊富な湧き水に恵まれているので、水道水の他にほとんどの家庭で地下水を引いています。デパートや大きなホテルはありませんが、一通り生活用品は揃うので大体問題がありません。台中へは車で1時間以内で行く事ができるので、私は月に何度かは買出しに出かています。私 [続きを読む]
  • ピザを食べに行って来ました。
  • 広大な敷地内の高台にあるレストラン。息子のクラスメートのご両親が経営するレストランです。場所は埔里から日月潭へ向かう途中の山の中にあります(魚池郷)。場所が場所だけにちょっと分かりずらい場所ですが、完全に山の中なので素晴らしい。広大な土地を利用したレストランで、この敷地内にはオーナーさんたちの家もありました。満足のいく食事でした。【以下敷地内の様子。】私も将来お金持ちになったら、こんな理想的な生活 [続きを読む]
  • 快晴の日が続いています。
  • 武界/標高は1000メートル以上はあるかと思います。埔里の町を囲んでいる山の上へ行って来ました。この日も空いた時間を利用して意味もなくブラブラですが、晴れた日の山の空気は本当に気持ちが良いです。スクーターで30分も行けばこの様な景色の所へ行く事ができる事に非常に満足しています。遠くに埔里の町が見えます。夜中に雨が降ったので、水蒸気が霧の様に出ていて遠くがはっきり見えませんでした。この辺りは気流の関係か『 [続きを読む]
  • 紅茶農園へ行って来ました。
  • 埔里から日月潭に向かう途中には紅茶を栽培している所が点在しています。今ちょうど「春茶」の季節が始まったところで、たくさんの場所で綺麗な茶畑を見る事ができます。元々この辺りの紅茶は、日本統治時代に日本人が茶葉を持ち込んだ事が始まりのようです。今でも当時の100年以上前から使われているお茶の木(アッサム種)を使っている農家さんもあります。友人宅(紅茶農園)を訪れた時は、ちょうどこの日の摘み取りが終ったと [続きを読む]
  • ゴールデンウィークの予約状況について
  • (埔里の夕陽/虎頭山パラグライダー起飛場)現時点での今年のゴールデンウィークの予約状況は例年並みです。ドミトリーのベッドは現時点では各日空きがありますが、個室希望の方はなるべく早めにご連絡下さい。この時期限定の【ホタル鑑賞・ツアー】はたぶん問題ないと思います。【今月中旬辺りにホタルの’光状況’をチェックしてブログ上でご報告します。】※ゴールデンウィーク期間中は、個人的なオプショナルツアーはお受けす [続きを読む]
  • 埔里のコーヒー
  • 【アラビカ種/ブルボン】ここ数年で私が住む南投県一帯にもコーヒー農家がとても増えた様に感じます。この日はこちらの農園の人とおしゃべりする事ができて、私も豆知識を少しだけ得る事ができました。農園の人の話ではブルボンと言う品種は豆が小さめですが、味も良く大量に収穫ができる豆だそうです。まだ埔里ではあまり栽培されていないようで、半分実験段階みたいな感じでした。コーヒー豆にもいろいろと種類がありますが、私 [続きを読む]
  • 『私の休暇』
  • 【 瑞芳/海岸沿いのレストランでイカ墨リゾットをいただきました。】海育ちの私にとって海は特別な空間です。今回の休暇は久しぶりに海や金鉱跡を訪れてのんびりできました。台北から電車で瑞芳まで行き宿を取り、レンタル・スクーターで『海岸沿い』『金瓜石の金鉱跡』『九份』等を周りました。宮崎駿作品の『千と千尋の神隠し』の舞台ではないかと言われている『九份』ですが、正直、ここだけを見るためにわざわざ来るのはどうか [続きを読む]
  • 本日より三日間 休業します。
  • 臨時休業のお知らせ休業帰還 : 3/21(火)〜 3/23(木)  休業日数 : 三日間ゲストハウスの営業再開 : 3/24(金)〜久しぶりに九份に遊びに行ってきます。今回も一人旅。 九份は、22日(水)1泊だけですが。宿泊先はゲストハウス(清芳民宿 - 瑞芳車站)です。レンタルスクーターで海岸沿いを走りたいと考えています。私の住んでいる埔里は、海が無いのでとても楽しみです。急な話ですが、お時間が合う人がいれば是非 [続きを読む]
  • 春茶(紅茶)の季節が始まりました。
  • 【鹿高地区/紅茶農園】古い茶葉(濃い緑)の上に一層’黄緑の新芽’が覆っています。埔里から日月潭へ向かう途中には、紅茶の栽培で有名な鹿高地区があります。日本統治時代に日本人によってアッサム茶が持ち込まれた事が発端のようです。この辺りは盆地のため、毎日のように大量の霧が出るので、お茶栽培には適した場所なのかもしれません。私もよく宿泊客から紅茶農園ツアーのガイドを頼まれるので、本日は’下見(春茶が始まっ [続きを読む]
  • 3/18 山散策
  • 本日は息子とスクーター2人乗りで山へ行って来ました。向かった先は、清境エリアから更に上がった翠峰まで行き、そこから一気に急な下り坂を廬山まで降りるルートです。以前からこのルートが気になっていましたが、訪れる機会が無かったので、本日はちょうど良かったです。『青々草原』で知名度のある清境農場です。今の季節まだ新芽が出ていないので、草があまり綺麗ではありません。夏は一面に緑が広がるので、景色だけは素晴ら [続きを読む]
  • 谷関温泉へ日帰りで行って来ました。
  • 年に2〜3回は訪れている温泉です。こちらの入浴施設の名前は『伊豆温泉』。宿泊以外に日帰り入浴も楽しめます。おもいっきり名前を’パクッて’いますが、裸で入れる露天風呂形式なので気に入っている温泉です。以前は埔里からだと山をいくつか越えないと行けない所なので一泊とかしていましたが、最近ではこの距離もたいして遠く感じないので日帰りで行っています。谷関温泉は台中から南投県へ向かう山の中にある温泉郷で、地理的 [続きを読む]
  • 3/14
  • 道教『地母廟』の上から眺めた夜景です。遠くの明かりは埔里名産の『マコモタケ」』の電照栽培の様子です。この辺りは特に湧き水が豊富でたくさんの農家さんがマコモタケを栽培しています。この夜間の電照栽培は毎年9月下旬ごろから今ぐらいの季節まで行われています。私がこの町に来たばかりの時に、夜間遠くの空が燃えるような色をしているのを見て、何かの儀式をやっているのではないかと誤解をしたぐらいです。因みにこの光景 [続きを読む]
  • 花の季節です。
  • 埔里ではよく『農作物の連作障害』を防ぐために、油菜を植える事が多いです。『農作物の連作障害』:https://www.ja-nishikasugai.com/green/saien/point/rensaku/rensaku.htm何はともあれ、私はこの風景が大好きです。油菜の花にはたくさんのモンシロチョウが集まるので、これらを見ているだけでも楽しくなります。今桜の開花が全盛期を迎えているみたいです。台湾の桜の品種は沖縄などでよく見かける『カンヒザクラ』です。今年 [続きを読む]
  • 3/2 蝶の観察に行きました。
  • コノハチョウ(中国語名:枯葉蝶)私の手がこんなに近づいても逃げないで写真を撮らせてくれました。この蝶は羽を開いていると鮮やかな蝶に見えますが、閉じるとまるで’枯葉’の様な形になります。もちろん’色’も枯葉そっくりです。【以下写真は私が昨年撮影したコノハチョウ。】本日は近所の河原に蝶の観察に行って来ました。ここ数年、蝶写真の愛好家が増えています。みなさん写真を撮影している眼差しから蝶が大好きなんだな [続きを読む]
  • 埔里にある標高1300m『凌霄殿』へ行って来ました。
  • 本日は朝からスクーターで関刀山付近にある『凌霄殿』へ行って来ました。山道をひたすら10キロほど進んだ所にある廟なのですが、とにかく急な坂道をひたすら上がってやっと辿りつける場所です。年初めにはたくさんの人が御参りに訪れる知る人ぞ知るみたいな場所です。標高が1300mあるので景色がとにかく素晴らしい。お客さんの話では、この廟の更に奥地には蝶たちがたくさんいる場所があるらしいです。本日は道の確認を兼ねて時間 [続きを読む]
  • 常連のお客さんが泊まりに来てくれました。
  • チェックイン / 以前、私の宿に宿泊した『三太子先生』。/二年前の写真です。私と一緒に写っているオレンジ色の服を着た青年はいつも何かをやってくれる人です。初めて来た時は写真の『三太子』を背中に担いで私の宿から合歓山(3275)まで歩いていきました。二回目に来た時は、又しても『三太子』を背中に担いで何日もかけて私の宿から玉山の頂上3900Mまで歩いていきました。三回目に来た時は、自転車で台湾で一番たかい所『武 [続きを読む]
  • 2/21 久しぶりに雨が少し降りました。
  • 明け方ですが、久しぶりに雨が少し降った様です。最近一ヶ月ぐらいはほとんど雨が降っていないので、空気が非常に乾燥している状態でした。本日は少しですが、空気も良くなったような気がします。写真は埔里市内から撮った写真ですが、この後太陽が出てきて又暑い一日となりました。昨年末から現在まで、『暖冬』で我慢できないほどの寒さに一度もなっていません。自然界の生態系に影響する事が心配です。この先どうなってしまうん [続きを読む]