無良神 さん プロフィール

  •  
無良神さん: 無良神のブログ
ハンドル名無良神 さん
ブログタイトル無良神のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/voicep/
サイト紹介文静寂の中で聞こえ出す自分とは違う矛盾のないスッキリした声を自動書記によりそのまま伝えます。
自由文私はいつの頃からか、全く私が考えるはずの無い声が聞こえるようになりました。そして、その声を受けとると同時に紙に書くようになりました。巷では「自動書記」と呼ばれているみたいです。それはともかく、その声は私を混沌とした世界から真理の世界へ導いてくれます。それはもう、考えでは及べないほど、矛盾なく、シンプルで的確に!
とにかく、一度読んでみて下さい。コメント待ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2010/10/16 02:40

無良神 さんのブログ記事

  • 《お知らせ》
  • 《お知らせ》 新ブログにあたって メッセージが迷惑メールへ入っていたり私の送信漏れ 読者登録から見落とし何年も疎遠になっている方 お名前の変更で届いていない場合があります。お知らせ下さった方には ご案内させて頂いております。新しいブログに興味のある方は申し訳ありませんが ご一報下さいませ。 感謝 無良神   [続きを読む]
  • お知らせ 〜お引越し〜 
  • この度 新しいブログにお引越しします。心赴くまま ここへ戻ることもあるかもしれませんが心赴くまま 今は新しく始めようと思います。「これまで 長くお付き合いくださり     本当にありがとうございました。」今回 私の勝手な都合により次のブログへのご案内については少々お時間がかかるかもしれませんが個別に メッセージでお届けさせていただきます。何卒 ご理解下さいませ。   感謝 無良神  [続きを読む]
  • 《お知らせ》
  • ≪お知らせ≫ いつも 温かく見守り頂き気にかけて下さっている方々に心より感謝 申し上げます。 誠に勝手ながら 私都合で  只今 新しいブログの準備をしており 「無良神のブログ」は 新たな名前となり準備が出来次第 お引越しをさせて頂きます。その間  出来る限りアメンバー限定ではございますが更新を続けて参ります。追って ご連絡させて頂きますので今しばらく 「無良神のブログ」にお付き合い下さいませ。感謝   [続きを読む]
  • 『お詫び申し上げます』
  • ≪お詫び申し上げます≫ ある方から知らせて頂き 初めて気が付いたのですが 私の都合で 公開過去記事をアメンバー限定記事に 出来るだけ早くと置き換えていたところ これまでお付き合い下さり 読者登録して頂いた方々に かなりのお知らせが届いていたことを知らず  多大なご迷惑をお掛けしてしまい  心より深くお詫び申し上げます。 詳しい理由をここでお伝えできませんが私の心の内 体験を公開してきたがためできる限り過去 [続きを読む]
  • 愛に拘らない愛
  • 【まだ 愛し愛されたいのかい?それは 偽りだって私は何度も言う。愛そうとする 愛されようとするのは 「今ここに愛はない」と宣言するようなもの。「愛で在る」 つまり そう「在る」だけさ。自分も自分以外も「愛そう」としなくていい。愛が何かを知れば 選ぶか選ばないかそれだけの事。もう これまでの古き良き愛なくとも生きていける・・・それが生まれ持った愛さ。「愛」でさえ執着せず 安心して生きなさい。】 [続きを読む]
  • 有効期限
  • 【私には 有効期限なんてない。無制限の永遠だけさ。なのに 君達は契約をするから 「その期限も解約もルール違反も作る」。その関係において その条件が守られなければ お終い・・・お終いにしたくなくても 約束と期待を裏切れば 罰のように終わりが来る。それは 変化を受け入れられない損得 立場で判断する そんな関係。「失敗できない。間違えられない。」そりゃ 窮屈だろう。それでもこの世界での君という人生がある [続きを読む]
  • 全ては 自分へと
  • 【誰かとの関係においてたった その一言 その思いの一撃が・・・ 気まずい恐れや不安を退け伝えられたなら きっと違う未来があった。伝えても 伝えなくても君が変わらなければ 結果は一緒。余計なことを言わず 黙っていればいい?言葉巧みに 上手く笑って誤魔化すことが 悪者にならず 維持すること?どちらも 考え過ぎさ。私は 君達が自分にとって気分のいい(解放感ある)選択かどうかを問う・・・それで「本当にいい [続きを読む]
  • ゼロ
  • 【優越感 成功した 差を見せつけるそれらを手にした者が語るのはどうすればそうなれるのか?という幸せの法則。尊敬される 地位や名誉 お金を見せびらかす幸せの形を模る・・・だから君達は 私を見出せずいつまでも そうなれない自分に私ではない何かに 自分を見出そうとする。自分を見失うには うってつけの偽りの幸せという名のお飾りに惑わされるかもしれない。それを苦しく 空しく辛く 満足しない と感じるならば  [続きを読む]
  • 持ち主は 君じゃない
  • 【あなたに傷付けられた あなたが悪い・・・そう決めつけられ自分が悪者になったことがあるだろう。ならば 本当のことを言おう。「君は 何も悪くない」つまり その「悪いの持ち主は 君じゃない」。その相手の「良い悪いの概念」。自分の中にあるだけで 手一杯なのだから余計に背負うことはない。何とかするのは いつだって本人のみ。「君は何も悪くないそして 何も正しくもない」選択することに 私のメッセージさえもその [続きを読む]
  • 無駄の無駄使い
  • 【「無駄の無駄使い」。それこそが 考えの最高「余裕と安心 幸せ」というのかい?その無駄使いは さぞかし自分を誇らしげに見せるのだろうね。高級志向(思考)のあってない値段と引き換えに自分に値段を付けたつもりかい?ならば 何処まで行っても 受け売りの価値観物質から得られる満足はその値段からの域は出ない。虎の威を借る狐って 君達の言葉だったね。私には 君達が何を着飾ろうと何の判断も出来ない。ただ 私の前 [続きを読む]
  • あなたのことを思って
  • 【「あなたのことを思って・・・」さも「素晴らしい思い」なのだろうね。君達の使う「思い」とは「自分の考え」でしかない。思い込み 善かれ 私なら・・・それのどこに 相手が存在しているだろう?何を選ぼうと 本人の選択次第本人のしたいように現実を彩ると知っているならば君の思いという考え は「重い」だけさ。そんな自分のことも理解できないでいくら精神の心配 不安を押し付けようとも自分よがりの 征服欲になるだけ [続きを読む]
  • 不安が大好物
  • 【自分の信じる不安なことが起こると「当たった」と不安な結末に喜ぶ。一時 どこかで「世界の終末」に騒いでいた集団がいたっけ。自分の予測が当たらない方がいいはずなのに最悪でも思った通り当たって欲しいと人は願うもの。「自分の正しさ」は 不安な結末を上回るほど 大事らしい。自分の思い通りが それなのか?って いうことでしょ。かつて 私は不安が大好物だった。不安なことしか想像できなかった人。自分で選んでいな [続きを読む]
  • 妥協の匙加減
  • 【「それだけは許せない」そんな匙加減で何を許してきたというのか?これまでの許しは 損得の混じった「妥協」というのだよ。怒りを出してもいい許せないというのも仕方ないしかし まるで「自分だけが許してきた」なんて思い上がりだろう?君同様 許されてきたことを知りなさい「お互い様」を思い出しなさい。それができないのなら 君は「初めから許されていること自体」を許してはいないことになる。今一度 問う「それだけは [続きを読む]
  • 人と違うことを恐れる
  • 【君達は 人と違うことを恐れるね。人と違えば 一人になるから?人と違えば 正しいと思えないから?人と違えば 自分を見失うから?すでに 自分を見失っていたというのにね。だけど 君達は誰一人として同じ考えを持っても 同じではない。君達の言う同じ考えも確かめようがなく その証拠に同じ人生を歩んだ者はいない。「違いがあることは 皆一緒」 それは魂の知るところ「皆一緒だから 違いがあってはいけない」それは君 [続きを読む]
  • 次回 予告!
  • 【人と違うことを恐れる】 そう 人と違うことを恐れるからこそ特別という言葉で誤魔化したり差別を生んで 違うことを受け入れようとする。なんて 私達は人と違うことを不安で恐れているのだろう?理解できないことが怖いのかもしれない。人と違って 何が怖い?何を守っているのか?人と違う 人と一緒自体が 本当かどうか確かめようもないというのに・・・本当に怖くて 不安で仕方ないってことだけは 見ていれば よく [続きを読む]
  • 君の味方は 誰の中にもいる
  • 【私は 何があろうと君の「味方」だよ。君が例え どんな「見方」をしようと全てを受け入れるさ。条件付きや制限を設けず分け(訳)隔てなく愛している。見返りを望まないのは初めから 君が私だからそこに存在しているだけで私の目的は 果たされ続けているからね。どんなに君が私を無視しようとどんなに君が自分を愛せなくてもどんなに自分以外を許せなくても私は 愛することしかできない。君達がなりたいのは 私だろう?なの [続きを読む]
  • 次回 予告!
  • 【君の味方は 誰の中にもいる】 神は 誰の中にもいる私自身。唯一の理解者であり 唯一の味方。どんなに自分や人を見捨てようと自然治癒力のように 生きようとするように必ず愛そうとする。人は 愛したくても愛せないと苦しむけれどそれは 愛がちゃんとある証拠。私達は きっと愛に始まり 愛に終わる存在。本当は どう愛されたかったのか?本当は どう愛したかったのか?私にとっての味方って何?私も今一度 神の味 [続きを読む]
  • 私の「難病」という病からの軌跡と解放・・・2(終)
  • そうですね。私にとって 辛く 苦しく 悲しい「難病」だったには違いない。それさえも 私がそこから学びあなたを頼りに生きてきた人生に大いなる意味はあった。誰にも治せない難病を私自ら治したのですからね。  水を差すようだが 病を起こしたのも君の選択あってこそ。君が自分をどうにかできないはずがないということさ。原因不明とは よく言ったものだ。全てのことが 原因不明なのだから。本当に原因が解っていれば [続きを読む]
  • 私の「難病」という病からの軌跡と解放・・・1
  • 昔 ここで私の病について話しました。死に至る難病を20年位前から抱え続けてきたこと。大学病院で 検査を受けそう診断されずっと その症状 後遺症に悩まされいつ死ぬかもしれない覚悟を持って生きてきました。  そうだね。何かにつけ 君は死と隣り合わせだった。しかし それはどんな健全な者も同じ意識するかしないか それだけの違い。 確かに 私は意識せざるを得なかっただけ。  だから 生きるのも怖か [続きを読む]
  • 次回 予告!「自動書記」編
  • 【「難病」というレッテルからの軌跡(奇跡)と解放】 私は 20年以上「難病」と言われる原因不明の病を抱え 死に至ると言われ続け何度も病院通いと入退院 救急で運ばれ後遺症にも悩まされ続けてきました。生きるか死ぬかの生い立ちも然り 病によっても死と隣り合わせに生きてきましたが 最近の大学病院の検査の結果私から「難病」という名は 消えていた。例え 難病でなくとも「死」をちらつかせる病名に掛かっている人 [続きを読む]
  • 自己暗示 
  • 【なんで自分だけが・・・悪いことばかりが起る・・・不幸を語らせたら 日本一・・・過去から聞こえる恨み節。どんな肯定的な言葉も否定できるくらい自分の不安な考えを信じている。確信のごとく 万が一の最悪に出遭っているというならばその自己暗示(選択)に 疑いはない。 君は 意識的な奇跡(選択)を起こせているのだからね。間違いなく 君は宇宙を動かす力を持っている。「私は選んでいない」という自己暗示 そして「 [続きを読む]
  • 次回 予告!
  • 「自己暗示」 私達は 多くの自己暗示を自分にかけている。かければかけるほど 強ければ強いほど自分の真実と勘違いしてしまう。それは 良くも悪くも暗示であることには変わりなく偽りの自分を作り上げているに過ぎない。思い込み 刷り込み 言い聞かせても 偽りの自分を育てるだけ何処を切っても 本当ではないという事。私達は 「自己暗示の選択」なくとも安心して生きていける。   [続きを読む]
  • 孤独につける薬はない
  • 【孤独を感じる時 本当の自分こそが唯一の理解者であることを忘れている。 数の原理 関わりの深さ共にいる時間の長さ に人を図り孤独か孤独でないか左右されどこまでも 独りを誤魔化して生きてゆくだろう。今一度 言おう。君達は 初めから誰にも影響を受けない     初めから 独りになったことなどない     初めから 繋がり愛 独りではなく一つまだ思い出せないからこそ人を求め 繋がっていたい自分を中心とし [続きを読む]
  • 次回 予告!
  • 「孤独につける薬はない」 孤独に効く薬なんてないから人は 痛みを誤魔化す方法を編み出し美味い人間関係 持っているモノで気を引くのだろう。一度持てば 病みつきなるかもしれない。だから 独りを恐れながら人や何かに執着するしかなくなる。「一人でも 独りじゃない」って言えますか?「孤独にならないように 何をしてますか?」「隠している寂しさは 誰の声ですか?」今一度 独りになったことない真実を受け入れて [続きを読む]