たま さん プロフィール

  •  
たまさん: まおじゃらん
ハンドル名たま さん
ブログタイトルまおじゃらん
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/maobiro
サイト紹介文着物にまつわる実話エピソードやコーディネート・家猫&外猫との生活・時々絵を描いて暮らす闘病記付き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供222回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2010/10/16 04:01

たま さんのブログ記事

  • 普段の単衣その4。濃紺に青絣
  • ごきげんよう10日くらい前の普段の着物を続けてお送りしております。着画のアップはできるだけ溜めないように、とは思っているのですが、気を抜くと2週間くらい平気で経ってしまう。わたくしは今、時間の配分が下手かも知れません。濃紺地に青い絣の正絹単衣。クリームイエロー塩瀬地に朱色のフリージア柄九寸名古屋帯。新宿京王今昔きもの市で1080円也。フリージアの季節はもう終わったかも???と思いつつ、この黄色が帯 [続きを読む]
  • 普段の単衣その3。正絹単衣の季節は本当に短く儚い
  • ごきげんよう久しぶりにまとまった雨らしいのよ@首都圏西部。所属するサークルの絵画作品展が始まったばかりなのに、すでにかなーーーり疲れが出てしまい(><)寝込む勢いでございます。頑張ってラストまでは保たせなくては。(先月のは自治体の作品展で、所属会員の作品展示のみの団体ですが、普段は今回のサークルの方をメインで活動しております。出品数も多いのであった)コメントのお返事が滞ってすみません。記事は予約投 [続きを読む]
  • 普段の単衣その2。石下結城とエジプト帯
  • ごきげんよう青空@首都圏西部。10日くらい前の着物を連続してお送りしております。鉄紺色源氏車柄石下(いしげ)結城紬単衣。黒い塩瀬地にエジプト柄(ヒエログリフと呼んだほうがいい?)九寸名古屋帯。ご存知サイタマの『ちゃくちゃくちゃく南中野店』にて携帯会員オール100円也。価格破壊っぷりが凄まじい、ある種、ヒトを駄目にする値段だと思いますわ(^^;)青竹色かな?ちりめん地帯揚げ。青磁色濃淡帯〆。新宿伊勢 [続きを読む]
  • 普段の単衣その1。濃紺地に唐花柄。
  • ごきげんよう夏日よ、奥さん。GW後、単衣を着たのをほとんどアップする間もなく、夏日なのよ、奥さん。わたくしは夏、暑ければ暑いほど外に出ないので、着物も着ないんですわ。よほどの用件がなければ無理ですわ。爽やかな季節はあーーーっという間だなあ。しくしく。っつー訳で、しばらく前の単衣にお付き合いください。濃紺地に黒の唐花柄単衣紬。クリーム色地亀甲紋地紋博多八寸。サイタマ上尾のメガトンマーケットで540円也 [続きを読む]
  • GWのドライブと今月買ったもの
  • ごきげんよう5月4日晴れ。ゆっくり出掛けたのは、御殿場方面でした。御殿場インターは御殿場アウトレットに向かうクルマで出口渋滞です。御殿場アウトレットって行ったことありません。行ってみたいにゃあ。でも買うものないにゃあ。仕方がないので道がすいてる方に進路を取り、乙女峠を箱根方面へ向かいました。富士山が大きかったです。登山鉄道と並んだ道を走り、小田原を通って茅ヶ崎付近から内陸に入りました。結局、寄った [続きを読む]
  • 花の散歩道と濃紺の単衣と
  • ごきげんようご近所の遊歩道に、カモミール(カミツレ)の花が咲いています。びっしりです。最初はカモミールと思わなくて(キク科の別の何かだと思いました)、花ひとつつまんだら、強いリンゴの香りがした(笑)ホンモノのカモミールだ(笑)どこぞの庭からこぼれ出たものでしょうか。ここだけイングリッシュガーデンみたいです。夜中に盗みに行こうかとマジで思った(爆)でもよくよく考えたら、干して乾燥させたりハーブとして [続きを読む]
  • GWは国展に行ったった@六本木国立新美術館
  • ごきげんよう忙しいお天気@首都圏。さて2週間ほど前のこと。毎年ゴールデンウィークころから開催される、国画会(という美術団体)の公募展、国展に行きました。ここ数年の恒例行事です。わたくしには旧交を温める機会でございます。ここには先輩も同輩も後輩も集う。いいトシぶっこいた同士がここに来ると、恩師がいつまでも女子大生のように扱ってくれます。ありがたやありがたや(爆)これを恩師と呼ばずして誰を恩師と呼べば [続きを読む]
  • 愛と悲しみの食パンクッション
  • ごきげんよう猫ブログのご存知くるねこさんのところで、食パンのクッションを見たのですよ、奥さん。リアル食パンプリントにもちもちの猫が乗る姿が可愛かった。わたくしも是非2枚買って、ウチの猫らサンドイッチにした画像が撮ってみたくて、ウチから近いニトリに走ったのでございます。でも若干出遅れた感があり、食パンクッションは1枚しかありませんでした。それでもいい。ひとつ1680円もしたので怯みましたが(爆)猫乗 [続きを読む]
  • 国立劇場に行ったった@友人★の場合
  • ごきげんよう4月最後のお出掛けコーディネート、友人★の巻きですわ。友人★は今年に入って忙しさに拍車がかかっているのです。仕事も忙しいしプライベートも忙しい。お出掛けの日は3ヶ月前に決まっていたのに(!)お出掛け前日まで何を着るか決めてなかった。っつーかその余裕ぶっこき具合が怖い(笑)夏休みの宿題で言うならば、夏休み最後の日になっても手をつけず、2学期が始まってから締め切り日前日に駆け込むクチでしょ [続きを読む]
  • 国立劇場に行ったった@義妹の場合
  • ごきげんようYahoo!って最近、システム障害が多くないですか、奥さん?これ、もしかしてサイバー攻撃?(笑笑←まさかと思って笑ってる)。。。シャレになんねえ。ウチの義妹(夫の実妹)は、これが自装3回目のお出掛けです。段々慣れてくる。慣れって本当に大切だと思いますわ、奥さん。薄藤色の絞りの付け下げ訪問着。地色は生成り色で、くすんだピンクから藤色への絞りぼかし。義母(義妹の実母)のもの。義母が50歳過ぎて作 [続きを読む]
  • 国立劇場に行ったった@わたくしの場合
  • ごきげんようウチのヒヨちゃん(洗濯機の名前)、先週くらいからちょっとおかしい感じだったんですが、今日、到頭お亡くなりになりました。ヒヨちゃん長生きだったんです。合掌。午後から新しいヒヨちゃんを探しに行きました。白モノ家電を買うのすげーーー久しぶりです。家電量販店では、何やら栄枯盛衰を感じました。家電ブランドの数が減ったなーーーって感じ。中国企業に買収された某シャー●とか、解体しちゃう某東●とか、種 [続きを読む]
  • 偶然と運命が寄せ合う訪問着の話
  • ごきげんよう朝から青空@首都圏。今日は都心の大学病院の日でした。数少ないお洋服でおされする日です。暑くなってきたなーーー。わたくしは今まで、あまり訪問着を持たないできました。着物初心者のころ呉服屋さんに行くと、お勧めされるのはほぼ訪問着だったりしましたが、わたくしは訪問着の形態がイマイチピンと来なかった。訪問着には礼装系の上品な色合い格の高い柄ゆきが多くてどれも高価なものだったし、なのに礼装以外に [続きを読む]
  • おされして(当社比)国立劇場に行ったった
  • ごきげんよう4月最後の日曜日。義妹(夫の実妹)と。友人★と。国立劇場に行きました。浄瑠璃・三味線新内流の、7代目家元新内加賀大夫襲名披露の会でした。口上は松本幸四郎。踊りは尾上菊五郎。語りは名取裕子と風間杜夫。初めての、国立劇場でした(^^)知らない世界。おもしろかった!!!楽しかったです!!!着たものの解説は後日。いつも読んでいただいてありがとうございます。https://fashion.blogmura.com/kimono/ra [続きを読む]
  • 黒地の猫博多八寸を初おろしした
  • ごきげんようゴールデンウィークに入る寸前のこと。。。ウチの義妹の用事に付き合ってお出掛けしました。 雪輪柄泥藍大島紬。7マルキ。八掛は藤紫色。黒地の猫博多八寸名古屋帯。反物で買って、日本橋馬喰町の着物問屋さんに仕立てに出しました。手かがり仕立てにしてもらった。博多献上柄は苦手なのに、猫博多は大好きなんですが、それは猫だから、でしょうか。我ながら都合いい体質(笑)。博多帯って実は締めやすくて使いやす [続きを読む]
  • 絵画作品展WEEK受付当番その4おーく損で泥大島紬買ったった
  • ごきげんよう大陸から黄砂が来てるんですって???晴れてるのに、空が青くない。。。わたくしは15年くらい前に北京に行ったことあるんですが(紫禁城を観たり、万里の長城に行ったりした)、10月だったけど空はいつも薄曇りのような色で、なのに紫外線がとても強く感じて、空気も乾燥してるし水は良くなくてとにかくお肌がぼろぼろになるしで、生存に危機感すら感じて大変だった覚えがあります。帰るとき空港では、ユナイテッ [続きを読む]
  • 絵画作品展WEEK受付当番その3白地の紬
  • ごきげんようミサイルも飛んで来なくて、いい休日だった。(←洒落にならん)少しお休みしましたわ、奥さん。ゴールデンウィークは、ちょこっとドライブに行ったり、おされして都心に行ったり、玄関回りをガーデニング(そーいえば3月にサイタマで買ったハゴロモジャスミンは枯れてしまった。時々買ってみるのだけれど、ハゴロモジャスミンっていつも枯れちゃうのウチは。何かの呪いか…爆)して、お洗濯して掃除してウチの猫らと [続きを読む]
  • 牡丹の柄の帯で新緑散歩道
  • ごきげんよう奥さんは楽しいゴールデンウィークをお過ごしでしょうか。わたくしはぼちぼちですわ。遠出できないのでちょっと淋しいですが、妙に充実しております。着物のお出かけ記事が溜まる一方。なのに4月後半の着姿が積み残しなのです。後半は週に5日が着物だったので(家を出るとき着物に着替えるので、週に5日、外に出たことになる)うっかりぼんやりしてるとつい最近の記憶でも薄らぼんやり斑らになるんでした。危ないよ [続きを読む]
  • 最近読んだ本・3月4月
  • ごきげんよう読んだ本シリーズが滞ってましたわ。現在わたくしは、自分では書籍を一切買わずに、自治体の図書館から借りるだけで生活しております。自分で買わないとはいえ、元々活字がないと苦しい活字依存人間ですので、毎週4・5冊は借りているのですが、乱読気味で本のジャンルに統一性がない上、読み終わるとスゴい勢いで返却して次を借りに走ってしまうので、画像を撮ってないんですよねーーー(^^;)忘れずに画像を撮っ [続きを読む]
  • 絵画作品展WEEK受付当番その2は手ぬぐいパンダ帯
  • ごきげんよう突然強い風と雨になった。お天気が不安定@首都圏西部。世間さまはゴールデンウィークなんですね。いいわねえ(笑)ウチの極小会社は基本的にカレンダー通りの営業ですわ。大きなお得意さまは大企業だからがっつり連休してるけれども、極小会社はヒトが休むときに働いてこそ仕事があるのよ。その代りヒマなときはホントにヒマだから。大企業の連休明けに合わせて仕上げておかないといけないんですよね。これをイマドキ [続きを読む]
  • 100均手ぬぐいで帯を作ってみた
  • ごきげんよう作品展WEEKの真っただ中、ふらりと立ち寄った大きな100均で、手ぬぐいを買いました。わたくしはずいぶん前から、パンダ柄の帯が欲しいと思っていたのです。でも。。。猫柄ならそこそこお金を出してもいいけど、パンダはどうだろうふざけてない???っつーかそれじゃパンダに失礼やんけ???パンダだって弾けたいんだ。。。っつーか自分ってばパンダの何???でもホントにホントにどうなの???アタシったらそこ [続きを読む]
  • 絵画作品展WEEKでした。受付当番その1
  • ごきげんよう先週から今週(4月26日)まで、某市の美術協会の作品展でした。昨日は搬出と解体で忙しく、1週間の疲れも出てしまい、コメントのお返事が遅れてますが、どうぞご容赦を。ぼちぼちお返事致します。昨秋引っ越ししてこの自治体からは離れたのですが、協会にはそのまま所属しています。転居先にはこのような団体がないのです。わたくしはぐうたらで面倒くさがりなので、個人でこつこつ描いていると、締め切りがないの [続きを読む]
  • 伊勢木綿で木綿展にいったった
  • ごきげんよう1週間前の火曜日、わたくしは忙しかった。ウチの夫が、都心のお客さんのところにクルマで行くというので、便乗しました。日本橋馬喰町の問屋さんの展示会場まで送ってもらったのです。着物お手入れキャンペーンの最終日です。丸洗いも洗い張りもめっちゃ安いため、袷の紬3点と単衣の長羽織1点を出しに行きました。コンパクトに畳めても、結構な重さです。クルマで送り迎えしてもらえるととーーーってもありがたいの [続きを読む]
  • 暑さフライング気味だったときの普段単衣2態
  • ごきげんよう先週半ばくらいから、通常の4月らしい気温が戻ってきた首都圏です。安心しましたわ。日差しは強いですが、空気はカラッとして、日が暮れると寒いくらいです。おかげで、一旦は単衣に走ったけれどもまた袷を着ているのです。でも春はこうあって欲しいですわね。2週間くらい前、まだ桜(ソメイヨシノね)が樹に残っていたときに、ビックリするほど気温が上がったんでしたっけ。あれは焦った。わたくしの体感では、桜が [続きを読む]
  • 王子が危機!八雲氏が助けにいったった!
  • ごきげんよう今朝早くのこと。。。ウチの夫が1階リビングの掃出し窓の雨戸を開けたあと(毎朝雨戸を開けるのは夫の仕事)、うっかりしてサッシがしっかり閉まっていなかったのに気がつかなかったのです飛影(ひえい)王子の、パニクった唸り声に気がついて慌てて見ると、窓の外、地面の上に、腰を抜かしている王子が居たのでした。王子は恐らく、いつも閉まっていて内側から外を見るだけの窓がちょっとだけ開いていたので深く考え [続きを読む]
  • 自装お出掛け2回目の巻@ウチの義妹
  • ごきげんようここ2・3日は例年並みの気温に戻った@首都圏。わたくしも一旦は単衣に走りましたが、今は落ち着いて袷を着ています。そう。文字にすると今さらのように、えええっっっなどと驚くのですが、今回のゆっち先輩との逢瀬は、ウチの義妹の自装でのお出掛け2回目でした。ひとりで着られるもん、てか(笑)まだ緊張が見られます。平置きから解説。生成色地にピンク系の付け下げ訪問着。松や霞、格子、花車等々の古典柄を穏 [続きを読む]