万太郎 さん プロフィール

  •  
万太郎さん: 万太郎.net
ハンドル名万太郎 さん
ブログタイトル万太郎.net
ブログURLhttp://mantaro.net
サイト紹介文「食」との出会いは「人」との出会い。著書:H24.12「福岡カフェ散歩」、H26.4「福岡のまいにちカレー」
自由文食べたくなるご飯、飲みたくなる珈琲、行きたくなる店の写真の撮り方を研究中。そんな感じで気の知れたお店をカメラ片手にぐるぐる廻ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供567回 / 365日(平均10.9回/週) - 参加 2010/10/18 17:36

万太郎 さんのブログ記事

  • 志免町「めん家 鉄」で担担麺と海老炒飯。
  • 須恵町に行った帰りに志免町「めん家 鉄」で担担麺。11:30開店で12時前に行ったけど、2回転目に入ってる勢い。食券制になっているので、お金の取り扱いはないとはいえ、鉄兵店主が一人で奮闘してました。それなのに一万円札しかなくて両替してもらうという状況に・・・。ごめんちゃい。そんな感じで、忍者のごとく動いてる鉄兵ちゃんでした。ミニ海老炒飯とのセットは900円。これが僕の大好物。それにしても、さらに人気店になって [続きを読む]
  • 櫛田神社近く「かろのうろん」は福岡で最古のうどん店。
  • 有名すぎる話ですが、「かろのうろん」は、福岡で最古のうどん店。“角にあったうどん屋さん”、つまり『角のうどん』が博多なまりで、「かろのうろん」になったというのも有名な話。四代目に当たる店主、瓜生高康さんが三代目である先代のお父様からお店を継がれたのが20年くらい前。博多うどんと言えば、茹で置きのやわやわ麺という特徴があり、それがまた人気だったりするんだが、ここのうどんは、なんと茹で立て麺なのだ。「よ [続きを読む]
  • オープンして2ヶ月の「manu coffee roasters クジラ店」に行ってみた。
  • 7月21日にオープンした「manu coffee roasters クジラ店」。プレオープンには顔出したけど、中に入るのは初めて。クジラ店は、春吉店、大名店、柳橋店、承天寺店につづいて、5店舗目。(コラボ店舗は除く)ここは、当初「manucoffee roasters 薬院店」という名前でオープンする予定だったんだけど、正式には「manu coffee roasters クジラ店」となったのよね。いずれにせよ“roasters”ってついてるのは、ここの店は焙煎所を兼ね [続きを読む]
  • 中央区清川の某日本料理店で心のこもった和食のコース。
  • 台風の動向が気になりながらも、結果的にホークス優勝おめでとう、というお祝いご飯になった。以前、「かもめ食堂」の打ち上げでお邪魔した完全予約制の日本料理店。台風の関係でキャンセルが出たということで、突然の予約だったんだけど食べることが出来た。古民家を改築した店内は、落ち着いた大人の食事ための空間に仕上がってる。カウンターに座って、目の前で繰り広げられる調理を見ているだけでも楽しい食事だが、女将さんが [続きを読む]
  • 「四川料理 巴蜀」でランチ。上海風油そばと魯肉飯。
  • 久しぶりの「四川料理 巴蜀」。例の“40品目のコース料理”を食べて以来じゃなかろうか。ということで、今日はランチ。オギノ奥様へ「上海風油そばと魯肉飯をください。」と注文。「はい、わかりました。・・・・えっと、全然辛くない麺ですが、良いですか?」「はい、大丈夫〜」そういや、昔、お店があっちにあった頃は、辛いモノばかり食べてたなぁ。というか、オギノ店主が、勝手にサービスで辛くしてくれてたみたいな。そんな [続きを読む]
  • 「カレーNADO」で“乳・おっぱいカレー”に鹿肉カレー。
  • 今日はいなかったけど、時々ヘルプで入ってるあゆみちゃん、お誕生日おめでとう。そして、八百屋のヒカルくんと久しぶりに遭遇。福岡市内の他の店舗に転勤になったから最近ここで会ってなかった。相変わらず生命力高そうな笑顔の青年です。アフリカ系の血が流れてるよね、という話になったけど、まあそんなことはないでしょう。そして、今日の乳おっぱいカレーも、チキンカレーにいろいろ副菜が載ってて、それに別皿でサンバール( [続きを読む]
  • 「かえる食堂 蓮」で塩サバ定食に海老フライ。
  • 塩サバ定食だけにしておけばいいものを。手作り海老フライは食べたいし、横でkazuさんがゆるべじプレートにちょいキーマカレーを追加して食べてたので、それみたら食べたくなるし。それにしても、この塩サバ、でかいなぁ〜。そんな感じで今日もお腹一杯。そう言えば、契約駐車場が3台に増えて行きやすくなってます。その他にコインパーキングのコインサービスもあり。秋と言えば、そろそろ秋刀魚もちらほら始まってますね。ここ「 [続きを読む]