ALL-IN さん プロフィール

  •  
ALL-INさん: ALL in Railway
ハンドル名ALL-IN さん
ブログタイトルALL in Railway
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/allinrailway
サイト紹介文主に関東と信越地方の鉄道写真を路線別に公開しています。撮影日記も継続中です。
自由文「ALL in Railway」とは、自分の持っている想像力、運、勘、経験、体力などあらゆるものを鉄道写真に注ぐという意味を込めています。
逆に、鉄道および鉄道写真には、自分が求めている表現世界、感動、出会いなどがある(あるだろう)という意味も込めています。
編成写真、風景写真、スナップ写真など一つのジャンルにこだわらず、鉄道に関わるものをできる限り数多く撮り続けたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/10/20 15:01

ALL-IN さんのブログ記事

  • 父、入院 回復の見込みは低い
  • 私の父が病気のため先週入院しました。実は4月から体調が悪く通院していましたが、市内の大きな病院で精密検査した結果、即入院となりました。医者からは肝臓が極めて悪い状況で回復は難しいと言われています。肝臓というのは悪くても痛いとか苦しいとか自覚症状が出ないので悪くなっているのに気が付かなかったようです。しかし、血液をはじめ体の循環が機能しなくなりつつあり、だんたんと足のむくみなどが出て我慢しきれなくな [続きを読む]
  • 南正時 「鉄道大百科の時代」を読む
  • 「昭和50年代の鉄道少年たちへ!」書店に平積みにされた本の表紙の文字を見て思わず釘付けになった。まさにこれは自分に向けられた本ではないか。南正時さんの鉄道大百科シリーズ。分厚い文庫本のようなスタイル。なんとも懐かしい。南正時著「鉄道大百科の時代」(実業之日本社)昭和40年代生まれの私は50年代が少年期だった。あの頃、国鉄高崎線を走る特急「とき」や「あさま」などを線路端で眺め、親に買ってもらった鉄道大百科 [続きを読む]
  • 115枚の115系 13/115 新緑の樽沢トンネル
  • 115枚の115系、その13枚目。日本一短いトンネルとして知られた吾妻線の樽沢トンネル。ダム建設により線路付替えのため、このトンネルを含む数キロの区間は2014年9月で廃線となった。樽沢トンネルを初めて訪ねたのは2006年。その頃は吾妻線を撮影する人はほとんどいなくて、新緑も紅葉も場所取りに気兼ねすることなくのんびり撮影した。廃線まで残り数ヶ月を切った2014年5月、ダム工事に伴い新しい道路が開通し、意外な場所から樽沢 [続きを読む]
  • 両毛線 夕暮れ時の211系
  • 両毛線の車両は見慣れた115系と107系が風前のともしびのようになり、211系ばかりになってしまった。もともと211系は乗っても撮っても面白くない車両だと思っているので、撮影の意欲があまり湧いてこない。とはいえ、好きではない211系も夕方になるとステンレス車体がキラリと光る。そのわずかな一瞬だけ、211系がかっこよく見える。今回は夕暮れ時に撮影した211系をまとめた。夕日を反射させて走る211系6両編成榛名山のシルエット [続きを読む]
  • 115枚の115系 12/115 6両の編成写真
  • 115枚の115系、その12枚目。編成写真にもいろいろな構図がある。私が気に入っているのは、緩やかなカーブのアウト側からのハイアングル。この狙い方ができる撮影ポイントですぐ思い浮かぶのは上越線の諏訪峡。2011年、大震災から数ヵ月後、蒸気機関車C61が復活し、さっそく試運転を撮影した。そのついでに諏訪峡で何気なく115系6両編成を撮影した。ところが後日、同じ場所へ行くと、SL撮影者が急増したため立ち入り禁止のロープが [続きを読む]
  • 115枚の115系 11/115 水上の春
  • 115枚の115系、その11枚目。桜前線は上越線とともに少しずつ北上する。4月上旬に高崎で見頃を迎え、やや遅れて渋川、中旬には敷島、津久田、沼田。下旬になり、ようやく水上へ。雲一つない青空の下、満開の桜に115系湘南色。そして遠景には残雪の谷川岳。霞むことの多い春の風景が珍しくコントラストの強い絵になった。上越線上牧−水上2006年4月撮影 [続きを読む]
  • 115枚の115系 10/115 甲斐路の春を行く
  • 115枚の115系、その10枚目。写真を撮り始めた頃、鉄道写真家の作品に影響を受け、足を運んだ撮影地がいくつかある。中央本線の新府−穴山間もその一つ。遠景にあるべき八ヶ岳と富士山は霞んでしまったが、あちらこちらに桃の花と菜の花が咲く風景は素晴らしかった。この場所へは10年以上も訪ねていない。いつか甲斐路の春を再訪したい。中央本線新府−穴山2005年4月撮影 [続きを読む]
  • 春の両毛線 211系 2017年
  • 春の両毛線。毎年恒例の桜と菜の花の撮影。今年はまだ撮影したことのない場所へ出かけてみた。群馬県内の両毛線は撮り尽くしたと思い込んでいたが、ちょっと場所を変えて見るだけでこれまでと違った絵作りができた。2017年4月撮影。夕暮れ時、池の桜と211系伊勢崎−国定桜と列車がほのかな西日に照らされる伊勢崎−国定池にはカモがのんびり泳いでいる伊勢崎−国定菜の花と211系駒形−伊勢崎背景に赤城山を入れた構図電線が目立つ [続きを読む]
  • 115枚の115系 9/115 両毛線 ラストチャンスの桜
  • 115枚の115系、その9枚目。3年前のある日、両毛線の115系の車窓からその場所を見つけた。あの桜と115系を撮ったらどういう絵になるか、来年の春はあそこへ行ってみよう・・・迎えた春、そこへ行ってみると、確かに桜と列車を撮れることはわかった。しかし、天気が悪く、思い描いたものにはならなかった。次の春も自分の休暇は曇天になってしまい、また持越し。そのうちに115系が昼間撮れるのはわずかになり、もうダメかと思った。 [続きを読む]
  • 115枚の115系 8/115 駒形−伊勢崎間の菜の花
  • 115枚の115系、その8枚目。115系を最も多く撮影した場所はどこだろう。私の場合、両毛線の駒形−伊勢崎間だ。ここは編成写真も風景写真も撮れる。自宅から近いこともあって気軽に足を運び、もう撮り尽くしたと思っていた。今年の春から115系はいよいよ残り少なくなり、両毛線でも撮影のチャンスは激減した。最後にもう1枚撮っておきたいと軽い気持ちでいつもの場所へ行った。すると偶然、菜の花畑を見つけた。この近辺は知り尽くし [続きを読む]
  • 感動のヒコーキ写真
  • CP+2017の写真家のトークショーをYou Tubeで見た。このような大きなイベントには一度も行ったことがないが、私もキヤノンのカメラとレンズを愛用し、鉄道写真を撮影するのが趣味なので、キヤノンを使っている写真家の話はぜひ聞いておきたい。鉄道写真では、長根広和さんと山崎友也さんの話を聞く。EOS5DMark4で撮影した作品を紹介しながら、高精細と高ISO感度に優れたフルサイズ機の魅力を語っている。私はEOS5D Mark4を買う予定 [続きを読む]
  • 115枚の115系 7/115 春の信越本線
  • 115枚の115系、その7枚目。信越本線の特急「あさま」が消えてから今年の10月で20年を迎える。沿線の風景は20年たってもあまり変わらず、毎年春になれば線路端に菜の花が咲き、麦は次第に青さを増す。主役がいなくなってからも走り続けた115系もひっそりと消えていく。信越本線安中−磯部2014年4月撮影 [続きを読む]
  • JR30年 雑感
  • 今日の朝日新聞にJR30年の特集記事が出ている。1987年、国鉄が分割民営化されJRが誕生してから4月1日でちょうど30年。この間、JRはどう変化したか、良い面もあるが、悪い面もある。功罪両面が浮き彫りになっていることをこの記事はまとめている。私は国鉄民営化は成功だったとも失敗だったとも言えないと思う。ただ、分割の仕方は失敗だったと思う。北海道や四国を一つの会社にしたのは今にして思えば問題だ。北海道は東日本に、四 [続きを読む]
  • 115枚の115系 6/115 津久田−岩本間の桜
  • 115枚の115系、その6枚目。穏やかな陽気の下、利根川の畔の公園に桜が咲く。いつもは長く感じる撮影の待ち時間も、桜の時期は苦にならない。せせらぎを聞きながら花見をしていると、時を忘れそうになる。腕時計を見れば、隣の駅の発車時間が迫っている。そろそろ撮影の準備に取り掛かろう。やがて鉄橋を渡る列車の轟音が響き渡る。桜のフレームに、115系湘南色が一瞬、収まった。上越線津久田−岩本2014年4月撮影 [続きを読む]
  • 西日本乗りつぶし(2016年) その11 長門市から下関へ
  • 長門市着、15時18分。次に乗るのは15時22分発、小串行き。接続時間は4分しかない。跨線橋を急いで渡り反対側のホームへ行く。初めて下車する駅なので構内の様子を見ていたい気もするが、そんな暇はない。写真も撮れなかった。海が見える側のボックス席に坐ったと同時に発車した。長門市駅は東西方向に貫く山陰本線のほか、南に向かう美祢線が分岐し、もう一つ、いわゆる「盲腸線」と言われる仙崎支線が北へ向かっている。次の仙崎 [続きを読む]
  • 西日本乗りつぶし(2016年) その11 長門市から下関へ
  • 長門市着、15時18分。次に乗るのは15時22分発、小串行き。接続時間は4分しかない。跨線橋を急いで渡り反対側のホームへ行く。初めて下車する駅なので構内の様子を見ていたい気もするが、そんな暇はない。写真も撮れなかった。海が見える側のボックス席に坐ったと同時に発車した。長門市駅は東西方向に貫く山陰本線のほか、南に向かう美祢線が分岐し、もう一つ、いわゆる「盲腸線」と言われる仙崎支線が北へ向かっている。次の仙崎 [続きを読む]
  • 115枚の115系 5/115 お富士山古墳の桜
  • 115枚の115系、その5枚目。桜の時期になると今年はどこで撮影しようかと思案する。一つの場所で115系と桜を撮影できるのは年1回しかない。115系の動向が気にならなかった頃は、春になるとわたらせ渓谷鉄道や上越線、さらには県外へ自然に足が向かい、両毛線は見向きもしなかった。今年撮らなくても来年があるとのんきに過ごしていた。ズルズルと後回しにしていた両毛線だが、2014年の春、そろそろ撮影しておかないと一生撮れなくな [続きを読む]
  • 115枚の115系 5/115 お富士山古墳の桜
  • 115枚の115系、その5枚目。桜の時期になると今年はどこで撮影しようかと思案する。一つの場所で115系と桜を撮影できるのは年1回しかない。115系の動向が気にならなかった頃は、春になるとわたらせ渓谷鉄道や上越線、さらには県外へ自然に足が向かい、両毛線は見向きもしなかった。今年撮らなくても来年があるとのんきに過ごしていた。ズルズルと後回しにしていた両毛線だが、2014年の春、そろそろ撮影しておかないと一生撮れなくな [続きを読む]
  • 115枚の115系 4/115 吾妻線市城駅の桜
  • 115枚の115系、その4枚目。吾妻線の沿線に桜が咲く時期、特急ではなく普通列車に乗ることをおすすめしたい。なぜなら、車中から花見ができる駅があるからだ。市城駅。ホームの反対側に桜並木があり、停車中の車窓に満開の桜が間近に迫る。普段は地味な駅で、いつ通り過ぎたか忘れてしまいそうな小さい無人駅にすぎないが、春のひとときは吾妻線内でもっとも華やかになる。それに桜の名所というほど有名ではないから花見の人も少な [続きを読む]
  • 115枚の115系 4/115 吾妻線市城駅の桜
  • 115枚の115系、その4枚目。吾妻線の沿線に桜が咲く時期、特急ではなく普通列車に乗ることをおすすめしたい。なぜなら、車中から花見ができる駅があるからだ。市城駅。ホームの反対側に桜並木があり、停車中の車窓に満開の桜が間近に迫る。普段は地味な駅で、いつ通り過ぎたか忘れてしまいそうな小さい無人駅にすぎないが、春のひとときは吾妻線内でもっとも華やかになる。それに桜の名所というほど有名ではないから花見の人も少な [続きを読む]
  • 115枚の115系 3/115 長坂の桜と八ヶ岳
  • 115枚の115系、その3枚目。2004年秋、初めてデジタル一眼レフカメラを購入し本格的に鉄道写真を撮り始め、翌2005年の春は桜と鉄道をテーマに撮影した。鉄道雑誌に掲載されたプロカメラマンの作品に影響を受け、向かった先は中央本線の長坂付近。運良く天候に恵まれ、満開の桜と雪が残る八ヶ岳という素晴らしいロケーションを見て、その場にいるだけでも幸せな気分だったことを覚えている。ちなみのこの日は特急「スーパーあずさ」 [続きを読む]
  • 115枚の115系 3/115 長坂の桜と八ヶ岳
  • 115枚の115系、その3枚目。2004年秋、初めてデジタル一眼レフカメラを購入し本格的に鉄道写真を撮り始め、翌2005年の春は桜と鉄道をテーマに撮影した。鉄道雑誌に掲載されたプロカメラマンの作品に影響を受け、向かった先は中央本線の長坂付近。運良く天候に恵まれ、満開の桜と雪が残る八ヶ岳という素晴らしいロケーションを見て、その場にいるだけでも幸せな気分だったことを覚えている。ちなみのこの日は特急「スーパーあずさ」 [続きを読む]
  • 115枚の115系 2/115 菜の花畑を行く115系
  • 115枚の115系、その2枚目。かつて上越線の井野−新前橋間にはとても広い菜の花畑があった。3月中旬頃から咲きはじめ、線路の両側が100mから200mほど黄色に染まり、私は何度も撮影に出かけた。いつだったか、そこは遺跡調査のため土が掘り返され菜の花畑は消滅してしまった。今、更地になったその場所を通過していく115系はわずかになり、代わりに211系ばかり通過していく。菜の花畑を走る115系普通列車花は消え、115系も消えてい [続きを読む]
  • 115枚の115系 2/115 菜の花畑を行く115系
  • 115枚の115系、その2枚目。かつて上越線の井野−新前橋間にはとても広い菜の花畑があった。3月中旬頃から咲きはじめ、線路の両側が100mから200mほど黄色に染まり、私は何度も撮影に出かけた。いつだったか、そこは遺跡調査のため土が掘り返され菜の花畑は消滅してしまった。今、更地になったその場所を通過していく115系はわずかになり、代わりに211系ばかり通過していく。菜の花畑を走る115系普通列車花は消え、115系も消えてい [続きを読む]