しんじ さん プロフィール

  •  
しんじさん: BトレとDCCを使ってパソコンで自動運転しよう
ハンドル名しんじ さん
ブログタイトルBトレとDCCを使ってパソコンで自動運転しよう
ブログURLhttp://smalltrain.blog129.fc2.com/
サイト紹介文改造したBトレをDCC化してパソコンで完全自動運転しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/10/22 01:13

しんじ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Webサイトが移動しています。
  • 長らく使っていましたF2Cのブログです…。不満があるわけではありませんが、独自カスタマイズしたくなりWebサイトを作成しました。追兎電鉄株式会社http://www.auto-dentetsu.com今後はこちらにお願いします。このブログは残しておきますが、更新することはありませんので…。 [続きを読む]
  • 製作記(No.21 05/20) 緊急ミーティング開催(その1)
  • 本日は追兎電鉄建設事務所に多くの人が集まっています。どうやら社長が関係者を集めて会議をするようです。参加者は以下のとおり○社長:つまりこのブログの主である私○土木部:レイアウトベース、山、川などの自然物から、駅やトンネルなどの人工物までなんでも作る○線路部:鉄道模型の肝である線路の計画、敷設、保線を行う○電気部:自動運転の必要な電気配線の計画、敷設、信号制御も請け負っている○車両部:車両の製造・改 [続きを読む]
  • 製作記(No.19 04/18) 架線柱の設置位置を検証する
  • 前作でやり残した課題として「架線」があります。今作では、やはり「架線」を張るということにコダワリたいと思っています。架線を張っているレイアウトは少なからずありますが、実際に架線集電をしていないレイアウトでは、パンタ破損のリスク回避のため架線とパンタのクリアランスが大きすぎたり、カーブ区間の美観のため架線がショートカットしてたり…、でもどうせやるならパンタから集電しているかの如く、ギリギリまで調整し [続きを読む]
  • 雑談(No.18 04/14) 現物あわせで閉塞を設定する。
  • 分割レイアウトですから、机上プランはどうであれ、隣の分割部分と連結できなければ意味がありません。新追兎電鉄レイアウトは、大鉄橋のある第5工区と大鉄橋で結ばれる終端駅のある第4工区以外、第1工区から第3工区までは完全に連結させる設計となっています。レイアウト間の連結は伸縮できるバリアブルレールなどは一切使わないで、KATO社のユニトラック線路のユニジョイナーだけで行います。過去実績がありますから、段差のない [続きを読む]
  • 雑談(No.17 04/12) 逝っとけダイヤの対応について考える
  • いつものごとく作業が停滞しております。…が、単なる停滞ではありません。言い訳にも聞こえますが、通常のレイアウトと自動運転レイアウトでは工程がまったく違うのです。自動運転レイアウトの場合、列車が走行した時点で全体の8割は完成と考えています。いままでモジュール方式や分割レイアウト方式など3つの自動運転レイアウトを製作しましたが、成否の鍵はプランニングにあると言ってもいいでしょう。焦って熟考を省略すると後 [続きを読む]
  • 雑談(No.16 04/01)製作の次の段階について考える
  • 少々多忙で作業が出来ていないのですが、考えていることをまとめてみました。備忘録のようなものです。線路の仮配置をしたので、次に進める工程は・閉塞区間の設定・地形の決定・架線柱の位置決め・分岐器の加工・線路の加工となります。とくに閉塞区間の設定は今後ダイヤ編成を組むための重要な要素となります。ローカル線のように2時間や3時間に1本程度しか列車が来ないならば問題はありません。そういう路線の場合は、1つの駅間 [続きを読む]
  • 製作記(No.15 03/28)レイアウトベース組立て(仮完了)
  • レイアウトベースの仮組みが完了しています。ある程度は予想していたことですが、机上計算で出した寸法と実際に線路を並べてみた寸法では、結構大きな違いが出ています。今回も分割レイアウトなので最終的には現物あわせになります。そのためにもレイアウトベースの組立ては仮であっても急ぎたかったところです。現時点ではレイアウトベース(下部の木工部分)とスタイロフォームならびに線路直下のベースが固着されていないため、強 [続きを読む]
  • 製作記(No.14 03/27)レイアウトベース組立て
  • まだ試作段階ですけどもレイアウトベースの製作を行っています。前途のように、自動運転用レイアウトベースになりますから、通常のレイアウトとは比較にならないほどの電気配線がレイアウト裏面に集中します。レイアウト表面に配置した線路や信号から制御用の電線がレイアウト裏面に抜けることもあり、強度を確保するための横梁の位置がほぼ最終段階まで決まらない状態です。そのため、まずは枠組みを作っておいて、すべての位置関 [続きを読む]
  • 製作記(No.13 03/22)駅名を決めたい
  • 注文から約2週間、やっとレイアウトベースの材料が今晩に届きます。今回のレイアウトでは分割式になり、180cm級のレイアウトベースが4つ(第1工区〜第4工区)、大鉄橋ベースが1つ(第5工区)の構成になります。設計は何度も何度も行っていますが、図面が精密であっても実物が接続できないと意味がないため、基本は今回も現物あわせです。しかも定礎の部分から作り始めるため、末端区間では誤差が発生することも想定しないといけません [続きを読む]
  • 新追兎電鉄本線製作記(第12回:(進捗状況)3月20日)
  • レイアウトベースの枠組みが届くまで時間があるので、出来る部分からやっていきます。自動運転用に閉塞区間を急カーブ内にも設置する必要性があるため、線路はKATO社のユニトラックを使っているのは前途のとおりです。Bトレという嘘電を走らせますが、少しでもカッコよく見せるために、カーブにはカントを入れることにしています。線路を仮決定したところですが、駅を設置する予定のところに緩やかなS字カーブがあります。レイア [続きを読む]
  • 新追兎電鉄本線製作記(第11回:(進捗状況)3月18日)
  • ここしばらく多忙な日が続いたため作業が止まっています。それでも線路の仮配線が決定したことで、レイアウトベースの枠組みを業者に依頼しました。そしてレイアウトベースの下敷きとなるスタイロフォームも購入してきました。枠組みは木材カット加工もあり、やっと本日発送通知が来ましたので到着は3日後…、連休中に作業は出来ないようです。本日は新しいパソコンにソフトウェアのインストール作業を実施しました。旧レイアウト [続きを読む]
  • 新追兎電鉄本線製作記(第10回:(進捗状況)2月28日)
  • 設計ばかりで製作になかなか進まないレイアウトです。現時点では線路配置がほぼ決定したのでレイアウトベースの設計を急ピッチで行っているところになります。ここは前作の失敗を繰り返さないためにもレイアウトベースの構造変更もします。一般的なレイアウトベースの場合、たぶんこういう組み立て方になるのでは?私もいままではこういう方法でした。①レイアウトの外枠を組み立てて、補強のために梁を何本か入れます。②組み立て [続きを読む]
  • 新追兎電鉄本線製作記(第8回:線路配置ほぼ確定(全通)しました)
  • このブログでは自分がやりたいことを中心に書き綴っているわけですが、やりたいことの比較として従来の楽しみ方を出すことがあります。従来の楽しみ方では物足りず、自分のやりたいことをするのですが、趣味の楽しみ方は十人十色。従来の楽しみ方を否定するわけではありませんので、ご承知おきのうえお読みください。今回は線路配置の話になります。2月4日のブログにあった路線図を実現させるための線路配線を試行錯誤しておりま [続きを読む]
  • 新追兎電鉄本線製作記(第7回:実物大設計図について)
  • このブログでは自分がやりたいことを中心に書き綴っているわけですが、やりたいことの比較として従来の楽しみ方を出すことがあります。従来の楽しみ方では物足りず、自分のやりたいことをするのですが、趣味の楽しみ方は十人十色。従来の楽しみ方を否定するわけではありませんので、ご承知おきのうえお読みください。今回は設計図の話になります。前作につづき分割レイアウトとなるため、かなり制約を受けます。ましてや今回は4分 [続きを読む]
  • 新追兎電鉄本線製作記(第6回:レイアウトの線路について)
  • このブログでは自分がやりたいことを中心に書き綴っているわけですが、やりたいことの比較として従来の楽しみ方を出すことがあります。従来の楽しみ方では物足りず、自分のやりたいことをするのですが、趣味の楽しみ方は十人十色。従来の楽しみ方を否定するわけではありませんので、ご承知おきのうえお読みください。今回はレイアウトの線路の話になります。私は以前からレイアウトの線路にKATO社のユニトラックを使っています。使 [続きを読む]
  • 新追兎電鉄本線製作記(第5回:走行車両(Bトレ)について)
  • このブログでは自分がやりたいことを中心に書き綴っているわけですが、やりたいことの比較として従来の楽しみ方を出すことがあります。従来の楽しみ方では物足りず、自分のやりたいことをするのですが、趣味の楽しみ方は十人十色。従来の楽しみ方を否定するわけではありませんので、ご承知おきのうえお読みください。今回は走行する車両の話になります。都市近郊路線のダイヤ運転を行いたいのですが、超過密ダイヤとなる(…と思わ [続きを読む]
  • 新追兎電鉄本線製作記(第4回:ダイヤ運転のための路線図について)
  • このブログでは自分がやりたいことを中心に書き綴っているわけですが、やりたいことの比較として従来の楽しみ方を出すことがあります。従来の楽しみ方では物足りず、自分のやりたいことをするのですが、趣味の楽しみ方は十人十色。従来の楽しみ方を否定するわけではありませんので、ご承知おきのうえお読みください。今回は路線図の話になります。ダイヤ運転いってもその形態はいろいろあります。2つしか駅がなく、1列車が往復す [続きを読む]
  • 新追兎電鉄本線製作記(第3回:レイアウトベースについて)
  • このブログでは自分がやりたいことを中心に書き綴っているわけですが、やりたいことの比較として従来の楽しみ方を出すことがあります。従来の楽しみ方では物足りず、自分のやりたいことをするのですが、趣味の楽しみ方は十人十色。従来の楽しみ方を否定するわけではありませんので、ご承知おきのうえお読みください。今回はレイアウトベースの話になります。自分専用のマンションを手に入れたとはいえ、鉄道模型だけが趣味のすべて [続きを読む]
  • 新追兎電鉄本線製作記(第2回:使用車両について)
  • このブログでは自分がやりたいことを中心に書き綴っているわけですが、やりたいことの比較として従来の楽しみ方を出すことがあります。従来の楽しみ方では物足りず、自分のやりたいことをするのですが、趣味の楽しみ方は十人十色。従来の楽しみ方を否定するわけではありませんので、ご承知おきのうえお読みください。今回は使用する車両について書いておきます。新しいレイアウトのテーマの一つとして「緩急接続」があります。各駅 [続きを読む]
  • 新追兎電鉄本線製作記(第1回:再始動)
  • このブログでは自分がやりたいことを中心に書き綴っているわけですが、やりたいことの比較として従来の楽しみ方を出すことがあります。従来の楽しみ方では物足りず、自分のやりたいことをするのですが、趣味の楽しみ方は十人十色。従来の楽しみ方を否定するわけではありませんので、ご承知おきのうえお読みください。1年間ほど、日曜すら休めないぐらい本業が多忙な日々が続いたため、模型からは遠ざかっていましたが、やっと休み [続きを読む]
  • 過去の記事 …