お絵かき大好き♪ boko さん プロフィール

  •  
お絵かき大好き♪ bokoさん: 画材屋bokoのお絵かきブログ
ハンドル名お絵かき大好き♪ boko さん
ブログタイトル画材屋bokoのお絵かきブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/bokoblog/
サイト紹介文絵が好きで人間が好きな方に宛てた、心和むブログを目指しています。絵の描き方のアドバイスもしています♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/10/22 13:48

お絵かき大好き♪ boko さんのブログ記事

  • 西本眞理子先生の東京個展
  • 画材屋店長のbokoです。私の植物画のお師匠様、西本眞理子先生の個展が来週から始まります。なんと、今回は東京での開催なのです♪御案内ハガキです。 西本先生は、期間中はずっと在廊されます。西本先生の水彩の植物画、ペン画、 出版された本絵ハガキや一筆箋などのグッズそれに、西本先生の御要望で作られた、特注の花絵筆(広島の筆メーカー製雲堂作)なども出品されます。花絵筆は、私のお店(絵ごころショップ)の専属販 [続きを読む]
  • 色鉛筆で人物画を描いています
  • 画材屋店長のbokoです。色鉛筆画を習っています。今度、教室展が有るので出品に向けて人物を描いています。E10号(530×455mm)の大きさです。まだ途中です。私としては70%ぐらいたどり着いたかなと思っています。これから直そうと思っているところを書き入れています。 組んだ足の奥行き感、はだしの足、逆光の影エトセトラ苦戦しています(汗)苦戦しているときに、いつも思い出すM先生の言葉があります。20年前のこと [続きを読む]
  • イチゴの描き方
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャーで「はじめての植物画」の講師をしています。今月の教室をお休みした方がいたのでレッスンの内容をメモした物を作りました。カルチャーの事務を通してその方に渡していただきます。 メモの内容は彩色のテクニックなのですが文章では、伝えにくい〜(汗)お休みされた方は、家で自習をされるので、次回には作品を見せていただいて、手直しが必要なところがあれば教えさせていただこうと思って [続きを読む]
  • 日洋展 近藤清さんの作品
  • 画材屋店長のbokoです。 国立新美術館に行って来ました。お目当ては日洋展の展示。日洋展には、私が岡山で画材店に勤務していたときに親しくさせていただいていたお客様近藤清さんの絵が展示されているんです。嬉しかったのは近藤清さんが奥様とご友人と一緒に東京観光をかねて岡山から東京へいらっしゃったこと。待ち合わせをして、会場でお会いしました♪※岡山土産の、きび団子 大手饅頭 奥様手作りのイチゴジャムいただきま [続きを読む]
  • 習うって、楽しい
  • 画材屋店長のbokoです。Webデザインを習っています。 個人レッスンなので毎回私のリクエストに答えて先生が教えて下さいます。 今回は娘の描いた絵をフェルト化したいと思いました。まず、自習で作ってみました。 ネットで作業方法を検索しながら作りました(汗) そしてその翌日、先生に教えていただきながらつくりました。 比べて見ると〜 作品のクオリティ(可愛さ)の違いは歴然! やはり教えていただくと、到達までのスピー [続きを読む]
  • 色鉛筆画−宝石
  • 画材屋店長のbokoです。 今日は、私の注目しているハンドメイドアーティストさんの作品のご紹介です。布でできているのに宝石の輝きを放つネックレスです。 ブランド名:TAKATORI MEGUMIInstagramのアカウント:TAKATORI _MEGUMI 本物だったら、とても身につけられないお高〜い大粒の宝石が6つ。ゴージャスを演出しながらその実体は布素材のハンドメイドでポップなお洒落感! 布素材なので軽く、服の襟の形をつぶさず首元にフィッ [続きを読む]
  • 植物画-イチゴ2
  • 画材屋店長のbokoです。イチゴの絵が八割がた出来ました。 茎や葉っぱの細かな毛は、写真に写っている筆の下側の赤い軸の筆を使います。コリンスキーの毛でつくられていて、腰があるので使いやすいです。 毛の色は色はプルシャンブルー+ブラックの極薄い色やカーマイン+ブラックの極薄い色を使っています。 ところでこれから残りの作業ですが葉の位置関係、(どの葉が手前にあり、どの葉が後ろ)がはっきりしないので明確にし [続きを読む]
  • 植物画-イチゴ
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャースクールで『はじめての植物画』の講師をしています。 カルチャースクールの事務の方から、展示用に新しい作品を持ってきて下さいと、依頼されたので、イチゴの絵を制作中です(汗) 『はじめての植物画』と言うのは、プロの植物画家(西本眞理子先生)が描き起こされた下絵を使って、塗りえ感覚で植物画を描きます。 塗りえといえば、色鉛筆で描かれる方も多いですが私の教室では、透明水彩 [続きを読む]
  • 色鉛筆画-うずらの卵
  • 画材屋店長のbokoです。 色鉛筆でうずらの卵を描いてみました。我が家では、お雑煮にうずらの卵を入れます。おいしいし、彩りもきれいなのでおすすめです! お正月用に買った、うずらの卵が余ったので絵のモチーフにしました。それにしても、うずらの卵の模様って大理石の模様見たいですね。 大理石↓ ↓ だからなのか、光の入れ方を間違うと、残念な絵になります。 今度は、卵にみえますか [続きを読む]
  • 鉛筆デッサン-かぼちゃ
  • 画材屋店長のbokoです。皆さんは、仕事をしようと机の前に座ってもやる気が起きない時って、どうされますか? 私は、そんなとき短時間の鉛筆デッサンをします。20分ぐらい集中して鉛筆を動かしているとだんだんと脳細胞が活性化してくる感じです。 このかぼちゃも、そんなふうにして描き始めたものなんです。 モデルはネットで探したかぼちゃ ところが、描いていくうちに興が乗り仕事前にチョコチョコと終わらすつもりだったのに [続きを読む]
  • 色鉛筆画−刺繍のあるテーブルセンター
  • 画材屋店長のbokoです。色鉛筆画を習っています。前回は教室の時間内で描き上げた唐辛子をUPしましたが、これは教室の時間内では描き上がらず、何時間もかかっている絵です。 『刺繍のあるテーブルセンター』途中経過です。 右下部分は手が入っていますが、他の部分は、まだまだこれからです。 それにしても画像の色が違う (-_-;)実際の絵はこんなに青みがきつくないです。 右下部分をUPしてみました。 このモチーフを描くにあた [続きを読む]
  • 色鉛筆画-唐辛子
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャーで色鉛筆画を習っています。唐辛子を描きました! このところ会社の仕事が忙しく、いささか疲れているので家に持ち帰って、続きを描く気力と体力はないと思い教室の時間内で仕上げられるモチーフということで唐辛子を選びました。 あらい先生に指導していただのは輪郭線の強弱 あらい先生は「重箱の隅をつつくような小さい事なんですけど〜」と、前置きをしてアドバイス [続きを読む]
  • はじめてのバラの鉛筆画
  • 画材屋店長のbokoです。『はじめての植物画』の講師をやっています。私の教室の生徒さんは、なぜか全員、他の絵画教室にも通った事のある方たちばかりで、まったくの初心者さんはいらっしゃいません。 でも、デッサンや鉛筆画は習った事がないと言う方も多くて一度鉛筆画をやって見たいと、言うご要望があるんです。 鉛筆画を描くのは明暗を見る目と描き分ける力をつけるためにとても良いと思うのですが 私の教室は [続きを読む]
  • 虹伝説-4
  • 画材屋店長のbokoです。 私の3番目の孫は今、2歳と8ヶ月。このごろ色に興味を持ち始めて来たので『虹伝説』と言う絵本を見せてあげました。 『虹伝説』では虹を食べてしまう7匹の鬼が登場します。この鬼たちによって虹が食べられようとしたと時、そのたくらみを知った草原の花たちは、一致団結して鬼をやっけるのです。 その方法と言うのは・・・・・・ 嵐の後に生まれた虹を鬼たちは投げ縄で捕まえようとす [続きを読む]
  • 虹伝説-3
  • 画材屋店長のbokoです。色に興味を持ちはじめている2歳と8ヶ月の孫(スミちゃん)のために『虹伝説』と言う絵本を見せました。スミちゃんが興味を持ったのはこのページでした。 嵐の後、色あざやかな虹が生まれようとしています。 スミちゃんに虹の色を聞いて見ました。 赤オレンジ黄色緑青ここまで言って困ったようです。一般に虹の色の呼び名としては、次に藍紫が定番なのですが私としてはしっくり来ないの [続きを読む]
  • 虹伝説-2
  • 画材屋店長のbokoです。 35年前の絵本『虹伝説』を孫に見せようとしたら「スミちゃん鬼怖いから見せないで!」と、パパの背中に隠れられてしまいました。 確かに、今まで鬼を怖い物として伝えていたのでこの反応は当然と言えば当然ですね。今年の豆まき そこで「この鬼は人間食べるんじゃないよ〜」「虹食べるんだから怖くないよ〜」「スミちゃんのことたべたりしないよ〜」と、言って絵本を見せました(汗) [続きを読む]
  • 虹伝説-1
  • 画材屋店長のbokoです。 昔買った絵本の何冊かを今も持っています。その中の一冊がこの絵本。 イタリア人画家ウル・デ・リコが描いた絵本『虹伝説』 今から35年前の1981年、ギタリスト高中正義がその絵のイメージを音にして『虹伝説 / The Rainbow Goblins』を発表しました。 当時のテレビの紹介番組でこの楽曲が取り上げられ、私はこの絵本のことを知りました。 『虹伝説』は「むかしむかし、美し [続きを読む]
  • 上手く描けない原因と対策
  • 画材屋店長のbokoです。植物画の講師をしています。私が講師として得意なのは 生徒さんの思うようにかけな〜い(-_-;)の原因と対策を見つけてあげること。平塗りが上手くいかない筆の先でチョコチョコ塗ってはダメ心もち多めの絵の具を含ませ、筆の腹を使って塗れば平塗りがうまくいきます。 紙の上が、絵の具でびちゃびちゃになる絵の具を筆にとったら梅皿のふちで余分な絵の具を落とす。ティッシュに一度筆をおくなどす [続きを読む]
  • 植物画体験教室
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャーセンターで植物画の教室をやっています。9月10日には1日体験がありました。まずは練習用のカードを使ってグラデーションの塗り方のウォーミングアップ。 柿の立体感を出すためにはグラデェーションで塗るテクニックが必要なんです。 練習が終わって、次にハガキサイズのカードに彩色します。 この線画は、植物画の第一人者、西本真理子先生が塗り絵感覚で植物画が学 [続きを読む]
  • 柿の植物画
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャーセンターで植物画の教室をしています。 明日(9月10日)は1日体験教室!柿を描いていただきます。 私のやっている教室は 植物画の第1人者、西本眞理子先生が描かれたオリジナルの線画に塗りえ感覚で彩色していきます。今回のポイントは柿の球状の立体感のあらわしかた!柿の立体感は橙色⇒朱色⇒暗い朱色のグラデーションであらわすのですがグラデーションを美しく描くウ [続きを読む]
  • 虹の橋を渡って2ヶ月になりました
  • 画材屋店長のbokoです。 6月30日に愛猫のりんちゃんが亡くなり2ヶ月ちょっとたちました。ペットロスの私です。。。。そんな私に娘がチョコチョコと絵を書いてくれました。 えっとねー、カリカリとねー缶づめたくさん食べてるの!あとねー、そらまめさんも居るの!走ってくるから、りんはね、かくれてるの!! (りんは)走れるし飛べるようになったよーパタパタしたら、いろんなところに行けるの!にゃははっ [続きを読む]
  • 植物画体験教室
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャーセンターで植物画の教室をしています。 ◆今日は1日体験教室のご案内です。受講日9月10日(土) 10:00〜12:30体験費1,080円/回教材費なし持ち物筆記用具、ポケットティシュ 柿を描きます。 私のやっている教室は 植物画の第1人者、西本眞理子先生が描かれたオリジナルの線画に塗りえ感覚で彩色していきます。今回のポイントは柿の球状の立体感のあらわしか [続きを読む]
  • りんちゃんが虹の橋を渡りました
  • 画材屋店長のbokoです。「愛猫りんちゃんの名刺」の記事を書いた翌日りんちゃんが亡くなりました。静かに静かに「虹の橋」を渡りました。「虹の橋」のことは、知っていらっしゃる方も多いと思いますが亡くなったペットが、どんなところで、どう過ごすかを書いたお話です。その「虹の橋」の話を娘の友達の遠藤さやさんが絵本にして下さいました。コレはその1ページです。(許可を得て貼りつけさせていただきました。)なんて幸せそ [続きを読む]
  • 愛猫りんちゃんの名刺
  • 画材屋店長のbokoです。昨日は仕事が終わって6:00から8:00までWebデザインレッスンがある日だったのですがお休みにしてもらいました。前日にWebデザインのまゆみ先生にこんなメールを送りました「明日のレッスンキャンセルのお願い」 飼い猫のりんちゃんの具合いが悪いデス。 もうお年ですので、お迎えが来るのを待っている状態です。食事もまったく食べなくなりました。。。。。 りんちゃんのことが気がかりと [続きを読む]
  • 色鉛筆で猫を描いています-4
  • 画材屋店長のbokoです。我が家のりんちゃんの絵が完成しました。りんちゃんは赤ちゃん顔なのに目が釣り目なんです。ブルーサファイヤの宝石のような目を持つ器量よしです。(親ばか、炸裂中)昨日、私のお絵かきDNAを3人の子どもの中で唯一受け取った娘にこれで完成にしようかな!?と、シャメを送りました。娘から返信が来ました。りんになった!猫じゃなくて、りんちゃんになった!と、言うことで完成にします。ちなみに「り [続きを読む]