サルサ野郎 さん プロフィール

  •  
サルサ野郎さん: サルサ野郎は考えた
ハンドル名サルサ野郎 さん
ブログタイトルサルサ野郎は考えた
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/stsg0325
サイト紹介文SS、29er、27.5、ロングテールと多岐ジャンルの自己責任系カスタム&インプレ
自由文2010年から始まったサルサ野郎Blog
1990年からどハマりました自転車ネタから、主夫目線のネタまで、40男が日々考えていることをツラツラとね。
自転車ネタ、特にメンテナンス、カスタマイズ、組み立て工程を中心に、時々、オークション出品、里山ローカル活動、レース参戦、運営イベントなどを書き連ねるスタイルはそのまんま! たまに主夫目線の家事・育児ネタなんかもチョロリとね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/10/23 15:18

サルサ野郎 さんのブログ記事

  • バイクパッキング仕様になったMy Vassago
  • 8月5,6日に開催されるBikePacking Jam 2017 Summer Camp!(以下BPJ)そのコース設定や試走を終えたスタッフの方から、「今度のトレイルはかなりキツめ! ガレているからタイヤは太い方がいい」「登坂も多く、SSグラベルで行くのはちょっとキツイ。。。」「できればギアードのMTBがベスト!」との本音を聞いてしまいました。いやいや、冷静に考えるとフツーのMTBが一番万能なのであります。というわけで、32×21tのSS仕様だった我 [続きを読む]
  • ギアードの楽しさを再確認!
  • SS→ギアード→SS→ギアードの無限ループを楽しんでいる私ですが、ここ近年はギアードといってもフロントシングルが常でした。Fシングルは昨今の流れでもありますが、自分の遊び方のスタイルがFシングルで事足りたという結果でもあるのでしょう。SSに乗り慣れてしまうと、セッティングだけでなくシフティングも複雑なFDはどんどん遠ざかってしまう傾向にあるのは私だけでないはず。だが、しかし!今日はフロントトリプルでフロント [続きを読む]
  • 報告遅くなりましたが、ATMというフレームバッグ導入です
  • 発信が遅くなりましたが、3月の自分の誕生日プレゼントとしてオーダーしたものが、6月末に届いたのでありました。Hand Made in the USAです。Andrew(アンドリュー)さんが作っているので、 Andrew the Maker というブランドです。7月には使いたいからと念を押したら6月末に届くように対応してもらいました。真っ先に投稿した↑の写真、AndrewさんにもInstagramでシェアしたもらいました。https://www.instagram.com/p/BWAJOU1jC8k [続きを読む]
  • 自分史上最高のチェーンメンテ
  • チェーンをいたわる道具、ケミカルグッズ果たして、どれだけ試してきたことでしょう?もう両手の指の数では足りないことは確かです(笑さて、長年使っていたイノテック105(この記事で紹介→https://blogs.yahoo.co.jp/stsg0325/11013839.html )も、ヴィプロスのグレサージュもそれぞれボトル1本消費してしまったこともあり、同じ選択もアリなんだけど、ここらでまだ使ったことのない製品を使ったみたくなりました。それがコレWAK [続きを読む]
  • 自分だけのBRITAボトルできた!
  • 最近、CMなどで放映しているBRITAのハンドボトルをご存知でしょうか?「fill & go」 (=私ふうに訳すと、「くんでから行け」)http://d.brita.co.jp/fillandgo/これは、カラフルな専用キャップの中にフィルターが入っていて、水道水をくんで、飲む直前に濾過するというシンプルな仕組みなんだそうです。CM見た時は、フ〜〜ンって思っていたんですがね。なんか閃いてしまったので、ついつい調べてみたんです。その大きさを!前述の [続きを読む]
  • 一気に6段変速できるんだぜ!!っていう温故知新
  • 2010年にSSにハマってきた自分ですが、ごくたま〜〜に、ギヤードにものります。実際、毎日乗っているお買い物様ロングテールバイクのCharge Dusterはフロントシングルの1×9ですから、シフター操作の腕は錆びついてはおりません。9s系メカの他、SRAMの10s、SHIMANOのM8000系・11sだって持っているっちゃ持っているんです。だから、たまにうずくのであります。「SSヲ、ギアードニセヨ!」と悪魔のようなささやきが聞こえてくるんで [続きを読む]
  • あの力が増大する薄さ0.8mmの快楽(下ネタではない)
  • 下ネタぢゃありませんので、安心して読んでください。好みの問題もありますが、アレに ゴムをかぶせるネタでして、その効果がテキメンだったので、ココで紹介しようと思います。(本当に下ネタではありませんので、男女問わず声を出して読んでも平気です)まず最初に、このチューンナップ系カスタムを実施する上でこだわったのはゴムの薄さでした。実際に採用したゴムのかけらの薄さを測ったら0.8mmでした。ええ?分厚い?? いえ [続きを読む]
  • バイクショップでのファンタジーに酔いしれた
  • このバイクショップの陳列手法は、思わずニヤっとくる。ズルいくらい、「ああ、その手があったのね」と思わせることが多いんですわ。(Blue Lug幡ヶ谷店)決して、ステムがキンキンに冷えているわけではないですyo!この手の冷蔵庫がどういった経路で払い下げされてきたのか想像するだけでジワジワきますな。また、こんなのもありました。(Blue Lug 代々木公園店)実に美味しそうなサドルが並んでおりま〜〜す!賞味期限は何年も持 [続きを読む]
  • プラス54gの余裕 (おそらく世界最軽量)
  • そういえば、バイクパッキングの旅では現地付近で買い込んだ食料をどのようにテントサイトまで積載・運搬するかってことも、意外と重要だったりします。もちろん、ドライフードやミニマルサイズの食料を持参するのが前提であり、当初からパッキングされていることが望ましいのでありますが、キャンプサイトから数キロ(まれに数百メートル)の近さに、買い出しができるケースがあるのも、文明社会と自然界の距離が近い日本の特徴と [続きを読む]
  • バイク旅に持っていくお供といえば!
  • 先日のバイクパッキングイベントでは、気の利いた主催者が冷えたビールやワインを用意してれました。もう、これがゴールした後の一番のご褒美といっても過言ではありません。標高1500mのキャンプサイトのゴール地点でプシュ!下界で飲むビールに比べ、100倍上手いです。最近では、ウィスキーのペットボトルタイプも増えてきましたね。この時はこんなところに積載しちゃいましたが、ラフロードで落っこちるのが心配になって、バッグ [続きを読む]
  • 超便利なキャップにアレをつけたので安心の巻
  • 先日、「超便利パーツを作る」などと、かなり盛った感じのタイトルつけてしまい発信したあのパーツ。たったいま、命名しました。「汚れ防止キャップ1号」片手でボトルを持ち、片手でキャップを取り外すという手間があるので、信号待ちや小休止の時に立ち止まって飲むような「非レーサー・のんびり派」のためのパーツですので、決して歯でキャップをこじって取ることはかっこわるいのでやめましょう!Facebookでも発信するやいなや [続きを読む]
  • そろそろ梅雨だ!ドロ除けつければ心は快晴だ!
  • 今年は、カナリいいフェンダーを得てしまいました。おそらく、自分史上一番スタイリッシュで一番流麗。それでいて、「剛性もあるんよ!」それが、コレGarminマウントなどで豊富なマウント系パーツでスマッシュヒットを連発しているBARFLY社の Rain Fly Fenderであります。予習するならコチラを参照してみてね。メーカー公式サイトhttps://www.barflybike.com/shop/rain-fly-fender-rear/正規デイーラーさんの中の人が書いた正直系B [続きを読む]
  • コストほぼゼロで、超便利パーツ作るの巻!
  • はい、件名のとおりです。コストは、ほぼゼロ円!厳密にいうと、1個2.5円程度でできる便利パーツをつくっちゃいました。多くのマウンテンバイカーを悩ませていたアノ問題を解決しちゃいますぜぇ〜!では、なんでこのパーツを作ろうと思ったのか問題意識が起きた状況から説明しちゃいましょう。はい、ボトルの登場です。これまで、最も配置されていた取り付け場所といえば、シートチューブorダウンチューブでしたね。どちらにせよ、 [続きを読む]
  • バイクパッキング 3つの効能
  • 先週末のこと。何ヶ月も前から楽しみにしていたイベント『Bikepacking JAM 2017 Spring Camp in Nagano』に参加してきました。どんなイベントかっていうのは、公式サイトを見れば詳細に載っているんですが、一言でいうと、自分のバイクに野宿できる装備一式を詰め込んで林道を走りきり、キャンプ場に集合して皆で楽しもうよ!っていうもの。指定されたキャンプ場へは、各自が好きなところからアクセスすればよいのですが、今回は主 [続きを読む]
  • ブログタイトル変えました
  • ちょっと更新ご無沙汰しちゃいました〜〜!この度、7年近く続けてきた当Blogのタイトルを変更することにしました。「サルサ野郎の29erから始めましょう」っていうのも、一応は、意味があったんです。29erじゃなきゃいけないってことではなく、26から29er切り替えてみた時の感動がでかくって、「その時の変化を積極的に楽しんじゃえ!」みたいなたとえを伝えたかったんです。でも、タイトルだけ見ると、29erありきみたいにも取れま [続きを読む]
  • RALのFront Loaderを小改良してみた
  • 昨日(4/22)は、妻子が「女子2人で映画鑑賞💕」ってことでお出かけしたので、少し多めの一人の時間を楽しんでみました。今まで、すこ〜〜しばかり気になっていたのがコチラRALのFront Loaderでっす!http://shop.circles-jp.com/?pid=111891012あ、手前のソックスもRALの先割れソックスですが、普段履きしたくなるほど快適すぎてたぶんもう一足買い足します。ハイ!ブログランキング登録中。読んじゃったらポチしてくださ [続きを読む]
  • 100均グッズでTRON系カスタム
  • またしても、やっちまいました。嘘っぽいくらい、ビガビガ〜!って光ってますぜ!本人の気分はいたってこのノリですけど。使ったのは、コレです。DA◯SOで売っている反射テープがお気に入り!年初の鬼カスタムの余韻がまだつづいているのですかねぇ〜?!布製で少し伸縮性があるのがヨロシ! (今回は200円分使って少し余った程度)オレンジ色部分はカッターでカットして前方からの照射されたライトに対して光るように、前かごの [続きを読む]
  • 100%のBike Packingしたい!
  • 気温27度近くまで上がった先週末の日曜。早朝6時から始まるFM Yokohamaの「SHONAN by the Sea」を聴いてたら、波の香りがする番組のせいで、海にいきたくなりました。とはいえ、天気も良かったし、今年初めてタープも張りたくなったので、やっぱり、いつもの川岸でタープを張ってリバーサイド・カフェなスタイルに落ち着いちゃいました。自由な時間もそれほど多くなかったしね。この日のスタイルのテーマは!「積載物の分散化と低 [続きを読む]
  • 針金ハンガーで作る!吹き飛ばされないハンガーかけ
  • 昨日に引き続き、今朝は日差しの明るい良い天気でしたね。こういう日は、朝からの家事も精神的にぐんぐん加速しマッスル!私は家事の中で、いちばん好き(=得意)なのが洗濯・汚かったものがスイッチポンでキレイになる!・洗剤&柔軟剤の香りが清潔っぽくってヨロシ!・限られた物干しスペースを有効に使いきった時の効率性!・なんといってもお日様パワーで乾燥したパリっとした感触&香り! ※花粉症持ちでもあるので、一応フ [続きを読む]
  • 雨のディズニーランドをめっちゃ楽しむ方法 〜「衣」編
  • 先日、この4月から年長に上がる娘の進級祝いってことで、家族3人でディズニーランドに行ってきました。娘が幼稚園に入園してから春と秋の年2回のペースで行くのが習慣っぽくなってきた我が家。通常ならBlogネタにするようなことはないのですが、今回ばかりは、「一日中雨なのに、やたら楽しいじゃん!」と思えたことばかりでしたので、いっそのこと、「楽しむ方法特集」みたいに綴ってみようかと思いました。TDL攻略本?みたいなHo [続きを読む]
  • 色系カスタムでMyグッズをもっと愛してみよう
  • さて、先日フルオーダーでフルサイズのフレームバッグをオーダーするという件がございましたが、実際問題として、「それまで使っていたバッグをどうするか?」に少し頭を悩ませていたのです。というのも、フルオーダーであれば、フレームや好みに合わせた色のチョイスが自由にできます。しかし、今までに入手した既製品のサドルバッグなどの現有資産のグッズ類のカラーマッチングは別問題として存在し続けるわけであります。それが [続きを読む]
  • Off the Gridで見てきたもの(焚き火台編)
  • 4月8日、9日と開催された小規模生産のガレージメーカーが集まるアウトドアイベント「 Off the Grid 」に行ってきました。初日、到着して早々にSヘイさんとお会いして、オススメのブランドを中心にトークしながら見て回り、その後、グラベル師匠のTっつさんとランチもはさんで、見学&トークで盛り上がりました。さて、今回、私が物色したくなったのは、ずばり「焚き火台」です。しかも、バイクパッキングのスタイルにも馴染む軽量 [続きを読む]
  • フルカスタムメイドでフレームバッグをつくる!
  • もうタイトルのまんまですが、私もとうとう、『フルカスタムメイドでフレームバッグをつくる!』ことにしました。私は決して経験豊富とまでは言えませんが、グラベルバイクによる2回のバイクツーリング(1泊2日)を体験して、フレームバッグの必然性というか、優位性を感じて(=想像して)しまったのであります。<フルフレームバッグの優位性>・バイクのセンターに重心を寄せることができる。・重量物を積載しても、ハンドリン [続きを読む]
  • トレイルライド報告と、ハンドルバーの小カスタム
  • 数日前、グラベルバイクで里山ライドしてきたのですが、いつもの平地ライドとは勝手が違うトレイルで、前後&上下の体重移動の範囲が広い挙動の楽しさ・奥深さを存分に味わってきました。今回は、なんと2台ともNINER RLT9(相棒はあの野口商会のお茶目男子Kさん)しかも、27.5インチにインチダウンし、その代わり1.95〜2.1インチのグラベルバイクではプラス規格に相当するタイヤを装着するという徹底した異端児男子2名!クリアラン [続きを読む]