696(むくろ) さん プロフィール

  •  
696(むくろ)さん: 696(むくろ)のΣ(゚Д゚ノ)ノな日々!
ハンドル名696(むくろ) さん
ブログタイトル696(むくろ)のΣ(゚Д゚ノ)ノな日々!
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hisui666/
サイト紹介文バイク乗り696のブログ。
自由文さすらいのバイク乗り極悪蝶の反逆日誌。愛車のドラッグスター400とTW200を相棒に、毎日ナカユビ突き立てます。 (゚Д゚)≡゚д゚)、カァー ペッ!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2010/10/24 10:29

696(むくろ) さんのブログ記事

  • 奥地へ〜東谷林道〜Ⅱ
  • 「この場所に辿り着く道はたった一つしかないが出て行く道は無数にある」どうも!ネガティヴな言葉には定評がある暗黒世界の聖帝696です。こんばんは。聖帝と言えばやはりサウザー。残忍な性格ではあるんですが、生来は純粋で愛情溢れる性格の人物。ラオウもそうでしたが、根が純粋過ぎたんですよね。やっていることは暴君ですが実は人一倍愛のある人間という設定は素晴らしいです。しかしそんな男をコテンパンにするケンシロウも [続きを読む]
  • 東谷林道を歩く
  • つい先日のことなんですがね。駅前の学習塾の前で小学生くらいの男の子が「もう焼肉食べられなくなっても良いから行きたくないよ」と母親に泣きながら訴えかけているのを見て、思わず・・・「男の覚悟だ」と思ってしまいました。塾に通っても通わなくても良い点が取れない劣等生の帝王696です、こんばんは。別に勉強が出来なくても生きて行けます。大丈夫ですよ。試験勉強・受験勉強いずれも1度もやったことがないワタクシが言うん [続きを読む]
  • 馬頭刈山周回登山〜最終〜
  • bluetoothというものがありますが、これが普及し始めたころ自分の知人たちが正式名称を知らず、「ブルータスだろ?」「なんか最近流行ってるよなブルータス」というので毎回「お前もか!!」と思っていました。どうも、元老院の黒幕696総統です、こんばんは。長らく続いたタマチャリンさんとのオフ、馬頭刈山周回登山オフ。いよいよ終幕となります。話が逸れますが、レポが溜まりに溜まりまくっております。今年のブログ運営は恐ら [続きを読む]
  • 無名展望台から鶴脚山へ
  • 個人的な考え方なんですが、世の中に「まぐれ」とか「偶然」と言うのは無いと思いますね。まぐれ、偶然。それすら才能ですよ。まぐれや偶然を手にすることが出来る才能の持ち主。そう思ってます。どうも!悪徳吟遊詩人696監督です、こんばんは。レポの続きをアップして行きましょう。馬頭刈山の尾根に出た一行の前には再び道悪しの看板が・・・・。なんかスゲーところに道が伸びちょるな。尾根にさえ出てしまえば割と平坦な道が続 [続きを読む]
  • 小屋ノ沢山
  • 自分も大昔親から言われたことがある言葉。「ゲームは1時間にしなさい」あれから長い年月が経ちましてね。現在では時間外労働とか、ブラック企業ですとか、有給が使い難いとか言われているじゃないですか。良い歳した大人ですら1日8時間労働を守れないのに、子供に「ゲームは1時間にしなさい」と言っても、説得力無いですよね。あと「漫画ばかり読んでいないでちゃんとした活字の本を読みなさい」という親もいますが、子供に言える [続きを読む]
  • 坂の上、つづら岩へ
  • 人間、何か嫌なことや辛いことがあるとなんとかそこから抜けだそうと、必死になって希望や光を見出そうとします。人によっては自分の力で。あるいは人に相談したりして解決させていくのものです。時間と共に陰鬱な気持ちは消えて前向きになって歩きだしますが、忘れてはなりません。光で照らし闇を消したつもりでも、陰という闇が後をつけているあっ!どうもすいません。最後の一言余計でしたね。性格歪んでいるもので、夢や希望を [続きを読む]
  • 試練の道
  • ミッキーマウスって凄いと思うんですよね。ミッキーの状況について簡単に要約すると以下のようになります。・自分たちの領土を持っている。・権利関係が厳しい。・泣いている子供も黙る。・お金を払えば夢の世界へ連れて行ってくれる。・指が4本しかない。もうお気づきですね?ええ、つまり極道と言うことになります。そんなわけで、Japanese Black Army(一人反乱軍)の組長696です、こんばんは。懐かしいですね、Japanese Black [続きを読む]
  • 綾滝の先へ
  • 先日、たまたまYouTubeを見ていて関連動画中にアンパンマンがあったので久しぶりに見てみたんですが、ちょっと思ったことがあります。アンパンマンを倒す一番手っ取り早い方法、つまりアンパンマンの弱点はジャムおじさんです。ジャムおじさんがいるから新しい顔を付け替えられてバイキンマンは倒されてしまうわけですから、先にジャムおじさんを始末したらもう勝ちです。バイキンマンはそれを分かっていないんでしょうか?う〜ん [続きを読む]
  • 天狗滝の先へ
  • 結婚を前にしての憂鬱な精神状態になるのがマリッジブルー。婚期を完全に逃したことに気が付くのがマリッジスルー。人生そのものを華麗にスルー。696です、どうぞよろしく!波風立てないように常にスルー。これが一番です。スルーすれば先へと進めますから。面倒なことはオールスルーです。楽しんで行きましょう。馬頭刈山周回オフ。第2回目となります。天狗滝、そして小天狗滝との分岐までやってきた696とタマチャリンさん。まず [続きを読む]
  • 馬頭刈山周回オフ
  • 若かりし頃の696少年は、何も最初から今のようにテキトーな人間だったわけじゃないんですよ。子供のころはそれなりに表面だけでも調子を合わせようと良いツラをしてみたりしていたわけです。だから学校のテストともなると一応バカだと思われるのも嫌だったので、そこはかとなく頑張ろうとしていたんです。そんな696少年だったんですが「あること」に気付いた瞬間、勉強するのを止めました。これに気付いた時は愕然としましたね。「 [続きを読む]
  • ロックガーデン
  • カルピスのキャッチコピー「カラダにピース」について考えてみたんですけど、要するにカラダに優しい、あるいはカラダに良いという意味でカラダにピースということなんだと思うんですよね。そこで考えました。カラダにピースとカルピスを融合したらどうかと。「カラピス」なんて如何でしょう?「カラダにピース」の「カラピス」う〜ん・・・・ダメか。造語推進協会の若頭696です。こんばんは。なが〜らく続いている日の出山登山レ [続きを読む]
  • 七代の滝へ
  • 「完璧」という言葉がありますが、不思議に思いやしませんかね?そもそも完璧には絶対になれないんです。どんなことにも絶対なんてないし、完璧にOKなんてものは世の中に存在しません。にも関わらずなんで完璧と言う言葉が出来たんでしょうか?完璧にはなれないことへの憧れでしょうかね。ただもし完璧になってしまうと実につまらなくなります。それ以上が無いわけですから。つまり完璧=限界となり、それ以上進めないんです。そこ [続きを読む]
  • 林道御岳線
  • テンションが上がるのはどっちでしょう?「焼肉」「寿司」これ、どういうわけか焼肉と言う人が多いんですよ。不思議ですね。自分ですか?自分は寿司の方が良いです。肉は嫌いじゃないんですが、焼くのが面倒なんですよ。寿司は握ってもらったものが出てきますし、回転寿司でも完成したものが回ってきますからね。多分焼肉=賑やか。寿司=地味と言う宴会好きな日本人の気質が出ているのかも知れません。焼肉は毎日食べたいとは思わ [続きを読む]
  • 日の出山〜山頂から下山へ〜
  • 心霊写真やそれ関係の動画などで映り込む女性の幽霊っているじゃないですか。あれってどの写真や動画を見てもスリムな女性しか見たことがありません。デブな女性の幽霊は写真や動画に写れないんでしょうか?だとしたら凄い話ですよね、幽霊も出演するときは選別されるわけですよ。幽霊と言えども結局は外見なんですかね。デブな女性の地縛霊だっていると思うんですよ。男にしたって同じです。けど、毎回映り込むのは細身の人間のみ [続きを読む]
  • 山頂手前、伐採区間へ
  • もう大昔ですけど、小学生のころ大型連休(夏休み・冬休み)明けに雑巾を持って来るようってのがあったんですけどなんでですかね?今更持って来なくてもあるんですよ、教室に雑巾は。それに雑巾じゃなくても良い気がしません?普通のタオルとかでもね。実に不思議な出来事でした。子供のころはとても純粋で人見知り。人の言うことをよく聞いていたお利口さん696お坊ちゃんです、こんばんは。子供のころはね。子供のころ「は」です [続きを読む]
  • 威風凛然〜岩壁の要塞〜
  • 所謂「良い人」について考えてみたんですが、一般的には社交性があって人辺りが良く、人付き合いも良い。笑顔が多くちゃんと挨拶をするというイメージですがちょっと違うような気がするんですよね。その人と接して「良い人だな」と思うのは、当人だけなんですよね。では別の人も同じようにそう思うかと言えば決してそうではない。万人に愛される人なんて存在しませんから、良い人だなと思うのは、思った側の勝手な解釈です。言い換 [続きを読む]
  • 養沢ルート〜日の出山登山〜
  • 今までそれほどジェネレーションギャップを頻繁に感じることは無かったんですが、さすがに30代も後半に差し掛かってくるとギャップを感じることが多くなります。例えばスマホで言うと「スマホを忘れると例え何があっても取りに戻る」「スマホが無いとイライラする」「道に迷ってもスマホがある(地図が読めない)」「PC出来なくてもスマホがあれば何でもできる」ここで上げたのは一例に過ぎませんが、やはりスマホが無いと困るとい [続きを読む]
  • 海沢三滝〜終章〜
  • 人手不足、人材不足と言う言葉を最近よく聞きますがこれって翻すとこういうことになります。割安の給料で働いてくれる人がいないそりゃ人手不足にもなります。人材不足も発生しますよ。まず変えなければいけないのは、都合の良い人材が欲しいという本音を人手不足・人材不足と言う言葉に置き換えて使っている今の現状を変えなければなりません。募集要項にもこう書くんです。「割安の給料でも働いてくれる人募集!」ええ、勿論こん [続きを読む]
  • 大滝へ
  • いつも不思議に思うことがあります。ガン保険のCMで「ガンで入院したら1日10000円貰えるなんて良いですね」なんて言ってますけど、よく考えてください、ガンですよ。ガンで良いわけないでしょう。1日10000円よりも健康第一です。そんなことを思いました。テレビはあまり好きじゃありませんがCMは嫌いではない変わり者696です、こんばんは。最近はめっきり観なくなりましたけどね、テレビ。昔は音楽番組くらいは観ていたんですが、 [続きを読む]
  • 海沢三滝
  • 男は女の服の中身しかみていないが、女は男の財布の中身しか見ていない。誰でしたっけね?そんなことを言った人がいたような気がしましたが、この言葉はちょっと間違っていますね。正確に言うと続きがあります。ただし、美男美女に限る!結局は見た目でございます。街中歩いていてもティッシュやチラシもらえません。スーツを着ると「チンピラだ」と言われます。更にスーツ姿でサングラスをかけると「ヤクザだ」と言われます。袴を [続きを読む]
  • 三峰表参道からの帰還
  • 「boys be ambitious」少年よ、大志を抱け。ウィリアム・スミス・クラーク博士の名言ですね。簡単に言ってしまうと「少年達よ大きなこころざしを心の中に持て。夢を目標に持て」と言う事なんですが、実は続きがあるんですよね。少年よ、大志を抱け。しかし、金を求める大志であってはならない。利己心を求める大志であってはならない。名声という、つかの間のものを求める大志であってはならない。人間としてあるべき すべてのもの [続きを読む]
  • 清浄の滝へ
  • 日本の映画「リング」や「らせん」に登場する貞子について考えてみたんですけど、あれもしテレビが高い位置にあったらどうするんでしょうね。映画ではたまたま低い位置にテレビがあったから何事も無く這って出て来れましたけど、個人経営の飲食店とか、ラーメン屋とかだと天井に近い位置にテレビがあったりしますので、そこから出てくると落下しますよね。その衝撃で再度あの世へ逝きそうな気がします。麺はちぢれ麺が至高。異論は [続きを読む]
  • 古道へ〜三峰表参道〜
  • 東京の夜景と言うのは非常に綺麗です。特に大きなビルの展望スペースから見える夜景は溜め息が出るほどの美しさ。しかし都会の夜景が何で出来ているかと言えば、そう残業です。展望スペースで美しい夜景に見惚れているその瞬間も、明かりの下では働いている人がいるのです。その人たちは必至ですよ。翻せば残業をする人がいなくなったら東京の夜景は見れないということです。要するにそういう犠牲の上に成り立っているのが東京の夜 [続きを読む]
  • 竜門の滝へ
  • 個人的に好きなものを追求するときに気を付けなければならないことが一つあります。「それが楽しいと思えるか、それとも面倒か」と言う点。自分はコーヒーが好きなのでいつもレギュラーを淹れて飲んでいるんですが、使っているのは粉です。本当に好きなら豆から・・・と言う人もいると思いますが、俺の場合はそこまで行ってしまうと楽しめなくなり、面倒だと思ってしまうんですよね。そうなると逆に嫌になってしまう。この辺のバラ [続きを読む]
  • 三峰表参道〜神庭洞窟〜
  • 昔の鉛筆削りは全部手動だったんですよ。今ではほとんど電気になりましたけど、自分が勤めている会社で使われている鉛筆削りは未だに手動タイプなんですが、削った後で鉛筆を見てみると、部分的にほとんど削られていない所があったりするんですよね。あれ地味にイラ付きません?再度削ろうとしても他の部分は削られているので、それ以上削れないし。結果どうするかと言うと、削れていない部分をカッターで切り取るんですよね。ただ [続きを読む]