TAKAMO さん プロフィール

  •  
TAKAMOさん: 望林堂書店
ハンドル名TAKAMO さん
ブログタイトル望林堂書店
ブログURLhttp://mohrindo.blogspot.jp/
サイト紹介文Kindleブック「望林堂完訳文庫」の紹介、翻訳に関する話題などを行う望林堂ブックショップです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/10/25 10:07

TAKAMO さんのブログ記事

  • 「リンゴの丘のベッツィー」初稿完成
  • 予定より遅くなってしまった「リンゴの丘のベッツィー(Understood Betsy)」の翻訳作業ですが、やっと初稿ができあがりました。これから細かな校正作業をしつつ、ルビをふったり、脚注をつけたり、図版を挿入したりする作業に移ります。ちなみにその図版ですが、キャラクターの描き方が似ていることもあり、手元にある二種類のものを両方とも入れようと思っています。書店に並ぶまで、今しばらくお待ち下さい。 [続きを読む]
  • 児童文学と孤児
  • 19世紀から20世紀初頭にかけての児童文学において?孤児?が主人公になる作品が数多く出版されます。主なものを、出版年、出版国、作品名という順で上げてみました。(★印は《望林堂完訳文庫》既刊作品)1872 イギリス「フランダースの犬」1878 フランス「家なき子」1878 アメリカ「トム・ソーヤーの冒険」1881 スイス 「アルプスの少女ハイジ」★1885 アメリカ「ハックルベリー・フィンの冒険」1886 アメリカ「小公子」19 [続きを読む]
  • 価格改定(値上げ)させていただきました
  • ご報告が遅れましたが、2月末より、これまで一冊200円(税込)だった商品の価格を見直させていだき、一冊300円(税込)とさせていただきました。消費税と販売サイトへの支払いを抜くと純益があまりに少なく、このままですと《望林堂完訳文庫》のタイトルを増やしてゆくための労力に見合った収益が出ず、なかなか新タイトルが出ないという自体に陥る恐れが出てきたためです。それでもまだ《文庫》を名乗るだけの低価格に抑えようと [続きを読む]
  • 「リンゴの丘のベッツィー」の文体
  • 英語の翻訳を重ねていると、作家によって文体が異なることに気づかされます。 簡潔な短い文で畳み掛けるように書く人もいれば、くり返しによってリズミカルな雰囲気を出す人もいれば、修飾表現を次々に書き加えて、とにかく一文が長い人もいます。 そんな中で、現在翻訳作業中の「リンゴの丘のベッツィー」(ドロシー・キャンフィールド・フィッシャー作)の文体的な特徴はと言えば、会話になっても改行しな [続きを読む]
  • 「リンゴの丘のベッツィー」の挿絵
  • 「Understood Betsy」の邦訳は、過去には 1950年に評論社から「ベッチイ物語」として出版されたことがありますが、今は絶版です。現在入手可能なものは2008年に徳間書店から出版された児童書一種類のみです。 この徳間書店の本で、初めて「リンゴの丘のベッツィー」というタイトルがつけられました。 表紙も美しく、挿絵も豊富で、訳も読みやすい、児童書らしい素敵な本です。 ただし、「現代の子どもたち [続きを読む]
  • 「続・鬱っぷち!」販売開始です!
  • ご好評いただいています「鬱っぷち!」の続編「続・鬱っぷち!」が、本日よりamazon Kindleストアにて販売開始されました。 「2008年9月、教員になって22年、新設校に異動して2年、夏休みが明けて2週間と少しのこの時、がんばってがんばって、がんばった末に力尽き、わたしは仕事に行けなくなりました。それはもう、予想だにしなかった大事件でした。」  精神科に飛び込み、「適応障害」と診断され、病休から [続きを読む]
  • 次回作は「リンゴの丘のベッツィー」
  • 《望林堂完訳文庫》第20弾は、ドロシー・キャンフィールド・フィッシャーの「リンゴの丘のベッツィー」(Understood Betsy)に決定いたしました! アメリカ・バーモント州の美しく豊かな自然の中で、さまざまな経験を通して成長してゆく一人の少女の物語です。「赤毛のアン」と並んで読み継がれてきたアメリカ児童文学の名作ながら、日本では今一つ知られていないこの作品を、ぜひきちんとみなさんのお手元に、お届けし [続きを読む]
  • 「クリスマス・キャロル」Kindle ストアで販売開始!
  • 本日《望林堂完訳文庫》最新刊「クリスマス・キャロル」が、Kindleストアで販売開始となりました。 ネットを見ていると、「クリスマス・キャロル」の安易な説明として「貸金業をまじめに営んでいたユダヤ人が、キリスト教的価値観のもとで悪者扱いされ、無理やり?改心?させられる物語」というような、歪んだ解釈が見られて悲しくなります。でもそれは違います。読んでいただければお分かりいただけると思いますが、本 [続きを読む]
  • 「クリスマス・キャロル」出版準備中
  • 校正作業がほぼ終了し、出版準備中です。まず、一番汎用性の高いepubファイルで表示確認をしております。この後出版申請をする予定です。無事申請が終わり、審査が行われ、問題がなければ販売開始となります。店頭に並びましたらお知らせいたしますので、いましばらくお待ち下さい。epubファイルをデスクトップでiBooksにて表示・確認作業中です。 [続きを読む]
  • 「鬱っぷち!」6000ページ超え!
  • おかげさまで発売開始二週間となる「鬱っぷち!: 適応障害格闘日記」が、Kindle Unllimitedで6000ページを超えました。ありがとうございます!Kindle Unlimitedは、ご購入いただいた冊数ではなく、お読みいただいたページ数がカウントされるしくみです。販売ページを見ると「紙の本の長さ:224ページ」相当となっているので、お買上げいただいた本がすべて読破されたとしても26冊、読みかけの場合もあるかもしれないので、30冊以上 [続きを読む]
  • 「鬱っぷち!」販売開始!
  • 《望林堂完訳文庫》、オリジナル画集に続き、初のオリジナル読み物として「鬱っぷち!- 適応障害格闘日記-」が、Kindleで販売開始されました。Unlimited対象商品です。 「2008年9月、教員になって22年、新設校の移動して2年、夏休みが明けて2週間と少しのこの時、がんばってがんばって、がんばった末に力尽き、わたしは仕事に行けなくなりました。それはもう、予想だにしなかった大事件でした。」  精神科に飛び [続きを読む]
  • 「接近遭遇 上」「接近遭遇 下」販売開始!
  • 現在販売中の「接近遭遇 1」〜「接近遭遇 4」の4冊は、Kindle独占販売契約なので、そのままではKindle以外のストアで販売できませんでした。 そこで「1」と「2」を「上」(第一巻)、「3」と「4」を「下」(第二巻)という合本の形を取り、Kindle以外のストアで販売することにしました。・kobo・BOOK☆WALKER・iBooks store(iBooksアプリより)・DLMarket(上、下) そのまま合体さ [続きを読む]
  • DLMarketで販売開始です!
  • DLMarketでの申請が無事通り、《望林堂完訳文庫》全タイトルが販売開始となりました。DLMarketで?望林堂?で検索していただくと、下のような一覧が出ます。またはこちらの「望林堂ページ」からもご覧いただけます。 DLMarketダウンロードされたファイルは、こちらをご参考にお楽しみ下さい。 [続きを読む]
  • DLMarketで購入された電子書籍の閲覧方法
  • ファイル形式は標準的なepub3となっております。DLMarketでは独自の閲覧用ソフトはなく、以下の、epub3が読めるフリー・アプリケーションでの閲覧を推奨しています。閲覧される環境に合わせてご利用下さい。 ・「Adobe Digital Edition」のダウロードはこちらです。・「iBooks」はiOS(iPhone、iPad)標準装備アプリです。・「Aldiko Book Reader」と「CopperReader」は?Google Play?を開いて該当アプリ [続きを読む]
  • iBooks、DLMarketで販売開始しました!
  • これまでのKidle、Kobo、BOOK☆WALKERに加え、新たにiBooks StoreとDLMarketにて望林堂の書籍が販売開始となりました。まずはテストの意味もあり「アルプスの少女 ハイジ」が店頭に並んでおります。以後、順次《望林堂完訳文庫》作品を申請・販売してゆく予定です。タイトルが出揃いますまで、今しばらくお待ち下さい。なお、価格はすべてのマーケットで共通です。DLMarketの販売ページiBooks Storeの販売ページ(iBooksアプリから [続きを読む]
  • 「接近遭遇3」販売開始!&「接近遭遇1」無料キャンペーン!
  • CG幻想画集第三弾「接近遭遇3」が発売開始されました。これも50点の作品がフルカラーで収録です。2000pixel ? 2000pixelという大きなサイズなので、解像度の高いデバイスでも大きく表示されます。そして本日から、「接近遭遇1」が無料キャンペーン期間に突入です。太平洋標準時が基準なので、10/5(水)17:00 〜10/10(月)16:59という変則的な期間になりますので、ご注意下さい。 この機会にぜひお手にとって御覧い [続きを読む]
  • 画集「接近遭遇1」「接近遭遇2」販売開始!
  • 翻訳本以外の書籍として、「接近遭遇1」と「接近遭遇2」をkindleで販売開始しました。このシリーズは「Parallel-World Graphics - 毛利孝夫の幻想画廊」の作品の一部をkindle用にレイアウトしたフルカラー幻想画集です。それぞれフルCGによるオリジナル幻想画像が50点収録されています。インスタグラム風にスクエアな画像なので、スマホやタブレットを縦にしたままでもお楽しみいただけます。 どちらも通常価格は200 [続きを読む]
  • 「kobo」でダウンロード・エラー調査中
  • 本日「kobo」から、「青い鳥」のデータ自体は問題がないのだが、購入しようとしてタップすると「エラー・メッセージ」が出て購入できないという症状が起きているという連絡がありました。どうもほかの作品も含めて、過去数ヶ月そんな状態が続いていたようなのです。今、「kobo」の方で原因究明の調査をしているとのことで、当方としてはその結果待ちとなります。基本的にすべてのデータはEpub-Checkをクリアしておりますし、出版申 [続きを読む]
  • 「青い鳥」の修正データアップしました!
  • 「kobo」より、「青い鳥」をダウンロードしたが開けないというお問合わせがお客様からあったというメールがありました。ご迷惑をおかけし、大変申し訳ありませんでした。 さっそくもう一度EPUB-CHECKをして、しっかりクリアーしたデータを「kobo」に申請しました。あわせて、「BOOK☆WALKER」と「Kindle」の方も改訂版を申請しましたので、一両日中には各データが最新版になるかと思います。今後さらにデータチェックを [続きを読む]
  • 「メリーヴェイルのハロウィーン」限定販売開始!
  • 突然ですが、1916年にアメリカで発表された「メリーヴェイルのハロウィーン」という作品が、《望林堂完訳文庫》第19弾として、限定的に販売開始となりました。?限定的?というのは、Kindleでは販売がまだできていないからです。でもkoboとBOOK☆WALKERとではすでに販売されているので、ぜひお楽しみください。100年ほど前の、アメリカの子どもたちのハロウィンパーティー(と、誕生日会)の様子を描いた、なんとも素朴で楽しいお [続きを読む]