あかつき鑑定 さん プロフィール

  •  
あかつき鑑定さん: 不動産鑑定・コンサルティングのあかつき鑑定
ハンドル名あかつき鑑定 さん
ブログタイトル不動産鑑定・コンサルティングのあかつき鑑定
ブログURLhttp://akatsuki-rea.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文東京の不動産鑑定士です。借地権、立退料、地代家賃継続賃料等不動産鑑定評価の話題を書き綴ります。
自由文江東区門前仲町で不動産鑑定士をしています。もともとは銀行員でした。不動産開発業者へのプロジェクト融資や競売申立・任意売却、民事再生事件の債権者集会出席等の経験のせいか、この業界に入ってもそのような案件(主に係争案件)に多く携わっています。関係者の皆様にお役にたてるよう、日々鍛錬しております。 http://akatsuki-rea.o.oo7.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/10/25 17:09

あかつき鑑定 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 事情補正
  • 取引事例比較法を適用するとき、事情補正を行う場合があります。取引事例を収集して、時点修正、地域要因と個別的要因の補正を行った状態で、各事例の比準結果を並べてみると、価格がばらついていることがよくあります。不動産の取引は自由で、人それぞれ事情があったり、すべての人が不動産について詳しいわけではありませんので、必ずしも同じような価格に収斂するとは限りません。そこで、取引事例が特殊な事情を含み、これが当 [続きを読む]
  • 平成28年 秋の講演会のご案内
  • 公益社団法人東京都不動産鑑定士協会主催 秋の講演会開催「日本経済は本当に再生するか」 (約90分)講師:慶應義塾大学大学院 メテ゛ィアテ゛サ゛イン研究科教授 岸 博幸 氏「平成28年 東京都地価調査のあらましについて」 (約30分)公益社団法人 東京都不動産鑑定士協会 地価調査委員長 後藤 計*開演後、講演前に以下の報告・イヘ゛ントを実施予定て゛す。 ・熊本地震被災者支援の活動報告と住家被害認定調査の取り組み ・当 [続きを読む]
  • 中野区役所・サンプラザ地区再整備実施計画
  • 3/22、中野区長の定例記者会見において、『区役所・サンプラザ地区再整備実施方針(案)』が発表されました。区役所・サンプラザ地区再整備実施方針(案)について計画では、区役所や税務署、中野サンプラザを含む約4.85ヘクタールを一体で開発し、最大収容人数1万人のホールの他、オフィスやホテル、マンションなどの多機能複合施設も設け、ホールにはスポーツイベントや展示会などにも使用できるよう、アリーナ(平土間)部分を [続きを読む]
  • 平成28年度地価公示発表
  • 国土交通省が平成28年公示地価(平成28年1月1日時点)を発表しました。平成28年地価公示の概要(国土交通省ホームページ)住宅地や商業地などを合わせた全用途の全国平均が前年比0.1%上昇(前年は0.3%下落)で8年ぶりに上昇しました。商業地が前年の横ばいから0.9%上昇で全体を押し上げる形になっています。改善傾向は各地に広がり、「地方中枢都市」(札幌、仙台、広島、福岡の4市)の伸び率が東京、名古屋、大阪の三大都市 [続きを読む]
  • 建ぺい率の角地緩和
  • 建ぺい率とは、建築面積の敷地面積に対する割合のことで、敷地が角地の場合は、10%緩和される規定があり、都市計画で定められた建ぺい率(以下「指定建ぺい率」と言います)が、60%の地域にある角地の土地であれば、70%まで緩和されます。しかし、建築基準法の条文をよく読むと、「特定行政庁が指定するもの」と定められており、角地なら必ず緩和されるというわけではありません。建築基準法(建ぺい率)第五十三条  建築物の建築 [続きを読む]
  • 東京今昔物語 ―企業と東京―
  • 公益社団法人東京都不動産鑑定士協会は創立20周年を記念して、実業之日本社から「東京今昔物語 ―企業と東京―」を出版しました。これは、協会の会報誌「かんていTOKYOに連載されていた記事を編集したもので、「東京における不動産と人との関わりについて、都内の優良企業19社と、その企業が関わる地域との変遷を紐解きながら明らかにしていく本書は、読者の知的好奇心を満たしながら、東京という、世界で唯一無二の魅力的な都市 [続きを読む]
  • タワー・マンション・ブームに黄信号?
  • 以前、「湾岸タワーマンションと相続税対策」という記事を掲載させていただきましたが、最近税改正で有利でなくなるらしいという噂を聞くようになりました。調べてみますと、『旬刊速報税理』という雑誌に掲載された平成27年度路線価についての記事中にさらっと書かれた次のコメントが発端らしいです。【以下、記事抜粋】「一方、気になるのは、“タワーマンション節税”に対する動き。高層マンションに居住するほど、その敷地の評 [続きを読む]
  • 過去の記事 …