子銀のまま さん プロフィール

  •  
子銀のままさん: お暇な子銀
ハンドル名子銀のまま さん
ブログタイトルお暇な子銀
ブログURLhttps://ameblo.jp/koginmama/
サイト紹介文子銀ままのイラスト、写真を中心に展開します。
自由文自由に、気ままに、子銀ままを中心に進めます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2010/10/26 08:50

子銀のまま さんのブログ記事

  • 「あらぁ、わたち、ちらにゃわ」スタンプ
  • この、スタンプの使用方法。 自分が、かなりの失敗をして、でも、そんなに重要なことでない場合。しらを切るときに使う。 例えば、家じゅうの壁紙をびりびりにしちゃった犯人がいる場合。 一人ずつ、首根っこを捕まえ「犯人は、お前かっ!」と、詰問をされた場合。 逃れるために使うスタンプ。「あらぁ、わたち、ちらにゃわ」 眼をウルウルさせることが、重要。 と、かなんが言ってたそうな。 [続きを読む]
  • 「ハロー」 背中の痛い、子銀まま
  • これは、「HALOスタンプ」フェイスブックのメッセンジャーのスタンプ代わりに、作ったのです。 でも、昨日からメッセンジャーを通じての交流は中止しています。 個人的なやり取りは、深さがどこまでなのか理解できず、悩むことが多いので鬱々が再開したのでやめたのです。 やめても鬱映しているので、同じかな。 秋は、故障が出てくる季節かなあ。2日前から背中が痛い。寝ていられない。 痩せなきゃ。食欲の秋なのにね。 栗ご飯食 [続きを読む]
  • 今日考えたこと
  • 2012年9月の作品「猫の木」 今日は、母の病院の日でした。母は、91歳。 あまりに長く一緒にいたために、どちらかが欠けるなんて、想像もできません。 でも、夫は、考えろと言います。 変化に弱いよ。 子銀ちゃんが10歳を超えました。テレビで「猫の平均寿命14歳」とか放送をしていました。 嫌だよ。変化に弱い。 弱い人間だな。そういう自分と向き合う。 やがて、自分にも、変化の時が来るのね。想像すると、やはり、不安になる [続きを読む]
  • お似合いよ。坊ちゃま。
  • おにあいよ。 もう、編み上げて しもべは、うれしいですわ。 色が女の子用だって? いいのよぉ。 かなんが かぶるわけないじゃん。 「世界でいちばん 愛らしい 帽子ねこ」より。猫のための、帽子を編むことができる本なのよ。 また作ろっと…。 参考にしてね。 世界でいちばん愛らしい帽子ねこ [ サラ・トーマス ]1,512円楽天 [続きを読む]
  • 尾っぽ巻き巻き…
  • これ、なーんだ?巻き巻きされちゃってる 僕は、ねむい。 尾っぽ巻き巻き…。巻いて巻いて。まだ、ねてる? そんなことはないよね。子銀、おっきた! 秋めいてきましたが、まだあついね。猫たち、大好きな季節だね。 よかったぁ。 [続きを読む]
  • 「二匹」 秋の気分。
  • まだ、製作途中。でも、なんだか、描き加えることがなくなった。 この頃の子銀と、かなん。 デッサンが苦手なので、想像と、実体を目視して、描いたので。描きたい部分が、強調されてしまった。 本当は、漫画が描きたいので。これは、失敗。 まあ、いいかな。 秋めいてきました。 少し、鬱々しています。でも、お薬は飲みたくないし、何とか、自分の精神状態をコントロールしたい。 世の中、不安定ですね。 何が悪いのか、 [続きを読む]
  • 心配されたい病
  • 時折、私は無性に「心配されたい病」に陥る。究極の、甘え体質。愚かだ。 この頃、逆を行く。苦しくても、誰にも言わないように努力する。 〔ブログは別よね〕 「私が死んだら、困るかな?」と、旦那に、聞いた。 「そりゃ、困る誰が、飯を作るんだよ」だと。 ふ〜〜〜〜ん。 そうかねえ。もう、質問するものか。 猫たちにでも聞くか。 「ママがいなくなったら、困る?」 猫は、こう答えるだろう。 「そりゃあ、こまる。あんたが [続きを読む]
  • 「私、動きたくないの。悪しからず」
  • 2日ほど前から、漬物石サイズの、隕石が頭に降り注ぎましたの。 ええ、隕石。 あ、引責?え、姻戚?どちらでもいいのですわ。 秋モードね。鬱々。うつらうつら。 運転なんてしたくないのですが、91の母上がさみしがっているので施設に行かねば。 こういう時は、スピードが出ますの。40のところ、60くらい。 運転したくありませんわ。 ところで、電磁波攻撃ってなんでしょう。みんなを死滅させて、自分たちだけが生き残り理想の国 [続きを読む]
  • 根性なし夫婦の富士山ドライブ
  • 富士山に、行ったけれど…。5合目よ。行ったのよ。 雲だらけでねえ。天空の城的な。私は好き。 でもね、私は弱いのよ。見上げるとね、テレビで見た、いかにも崩れそうな斜面。 異世界よね。 ここを上るとまた別世界でしょうけれど、子銀ままは、神様の世界には行けないの。どうもねえ。神域だわ。 旦那様たちもね、結局すぐに戻ってきたのよ。根性なし家族だから。 家族会議で、次回は、装備を整えねばと決めましたが、「めん [続きを読む]
  • 誰にも言えないが〔暴露している〕
  • いいなあ。彼。 旦那が富士山へ行くと言い出した。 しかも歩くと。 誰にも言えないが、本音を語ろう。 行きたくねえ…。 言えない。 旦那へそ曲げるし。 猫たち暑いし、まもっていてやりたいし。 最近、肥満だと旦那から指摘されっぱなし。 ゴミ置き場往復スーパーうろうろ本屋立ち読み だけじゃあ、運動ではないと。 正しい。 が、 が、 行きたくない。 まあ、少しは、気が楽になったわ。 [続きを読む]
  • 2階建てマンション
  • 子供勉強机の備品。今では、無用の長物。だが、猫たちには、素晴らしいマンションに見えたらしい。お姫様は、2階。僕は、狭き場所。 お姫様は、お布団の上。こんな場所がお好き。 ぼくちゃんは、狭い場所が好き。ぺちゃんこになる心配は、もちろんしていない。 かわいい、猫たちでした。 [続きを読む]
  • 猫山みいこさん
  • 猫山さんは、6歳の女の子です。 外に出たことは1回もない子です。 臆病で、高慢ちき。 ほかの男の子や女の子に出会いたいのですが 「この私に会いたいなら、こちらに出向いておいで」 なんて、考えているものだから お友達はいないのね。 でも、寂しくて、寂しくてね。 「窓」を開いて、 散歩に出てみようかと、考えているらしいのです。 ママやパパは、まさかみいこさんが…、 なんて、油断をしているらしいのですね。 さて、わ [続きを読む]
  • 家族
  • 僕たち家族です。 家族であることが、うれしいです。 いつまでも、幸せが、続きますように。 僕たちは、今を生きています 明日のことは考えません 何にも計画を立てません ただ、ありのままに生きていきます。 「子銀!かなん!はい、チーズ!」 [続きを読む]
  • 親分
  • 子銀ままは、昭和30年生まれ 記憶のある限り猫がいた子供のころの猫は、かわいらしくなかった。 デンと、大人猫がそこに存在し私は、そいつの子分だった。 いつも威張り、ふんぞり返り、私を見下していた。 漫画雑誌「マーガレット」を買いに、本屋さんへ一人で買い物行った。 田舎道でも、田舎の街中で畑の中の道をくねくねと、鼻歌交じりで歩いていたらとんでもなく、家から遠い場所にやつがいた。 あのボス猫だ。我が家のボス [続きを読む]
  • 今日はいくらか,涼しいような…
  • 昨日,一昨日と、暑い日が続きましたね。皆様、おからだの調子はいかがですか? 子銀は、クーラーが嫌いなようで、この暑いのに、テレビの後ろに隠れていました。 でも、熱かったのでしょうね。クーラーを入れると、リビングの籠の中で、まん丸くなっていました。 かなん姫は、逃げ逃げの女王ですので,逃げていますが、涼しそうな場所を見つけると、伸びていました。やはり、クーラーは嫌いなようです。 困ったものです。暑いんだ [続きを読む]
  • 「かなん姫」
  • ありったけの 綺麗なものを ありったけ 身にまとう ありったけの 感情を込め そそっと たたずんで ありったけ 虚勢を張って そそっと 微笑む あたし、きれいな こちゃん いつも、かなんは、おすまし 皆様、暑いで ございます 台風はどうですか 怖いなあ 地球さん ごめんなさい 穏やかな あなたに戻ってくださいな 地球さん 大好きだからね だから、もう、許してよ 人間は、悲鳴を上げていまする [続きを読む]
  • しまた
  • はらっぱしまた君 元の写真の面影もなく。 結構苦労をしました。何回も、描き直すことで、次第に、方向が定まってきたというか…。 彼の性格を、思うにおそらく、彼は、好奇心の塊。 今も、何か、動くものを狙っていると思います。鳥とかではなく きっと小さな虫とか、動く葉っぱとか 少し、臆病な部分もありとびかかろうか、じれじれしているのよ。 だから、お尻フリフリもゆっくり。 ママのところへ帰りたいけれどやはり、まだ [続きを読む]
  • キング ヒマラヤ
  • ヒマラヤの王様 コーレルペインター2018で制作 かなり、難しかった。私は、油絵のように筆で自由に描きたかったのだが思うような描き方ができず落ち込むばかり。 5,6回描いたり、捨てたりした。ここ1年の過去の自分ならば、もう、描かなかった。進歩だ。 私は、描けた。描けたには、描けた。 しかし、 ペインターも、機能が充実したけれど私の、機能はダウンするばかり。 初心に戻り、選択範囲で囲まれた線の内部を選択し色 [続きを読む]
  • 「子銀赤ん坊風」写真参考
  • 子銀の写真ではないけれど、こんな写真を見るとついついなでなでしたくなる。 あいつの子猫時代は、一瞬だったけれど、かわいかった。 パソコンの突然のフリーズで、子銀の子猫時代の写真が消えたときは、ショックだったけれどね。 コーレルペインター2018で描きました。 ペンは、リアルなパステル。 今回のパステルは、かなり現実味を帯びている気がする。 手が汚れないのがいいなあ。 毛並みを描くのが苦労でした。 さらりと [続きを読む]
  • 鬱々っと、悩むより動こうなんてね。
  • 「今日は、だるい」を解消したい。 今日はだるいが、家にいると鬱々する。人生の先のことを考え、おちこむ。 そういう時は、動くのがいい。 動こう。 母の施設へ行く。彼女は、私の母らしく、常に落ち込み、悩んでいる。 今日は、彼女のところへ行き、笑い飛ばして来ることにしたい。 人間悲しいね。幾つになっても、苦しみ、悲しむ。 どうしたら、そんな感情をぽいぽいっと、捨て去ることができるのだろう。 滝修行か何かしたら [続きを読む]
  • 人の目、猫の目、心の目
  • 「私は何が怖くて引きこもるのか」について。 私は早朝ゴミ捨てに行く。冬場ならば、5時30分は、誰も通らない。夏場は、こまる。その時間だと、人と出会うからだ。 人の何が怖くて、引きこもるのか。そのことについて、考えた。 人との交流ができないのではなく、むしろ、したい自分がいる。 ならば、話しかければいい。 そこが難しい。できない。 やはり、自分の過去の失敗の蓄積が、交流できない環境を作っているのだろう。 [続きを読む]