広陽 さん プロフィール

  •  
広陽さん: 盆栽・素材からのスタート
ハンドル名広陽 さん
ブログタイトル盆栽・素材からのスタート
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kouyou11hi
サイト紹介文山採り素材から、盆栽を目指して の努力の日々と、最近思う事
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/10/27 12:26

広陽 さんのブログ記事

  • 雨後の筍
  • 雨の前に田植え前の草刈り耕地してます一位に新芽が伸び切って、色も濃くて茂りが良くなりました、次回鋏を入れます最近は、玉葱、赤玉ねぎ、新ジャガイモ、は竹(淡竹)なんかが、食卓の主役になってます淡竹は、時期が遅く、孟宗の様に大きくないので市場には出回りませんが、えぐみも無く美味しいですし、近くの持山に沢山生えるので取りに行きます、元来出てる上の30センチの所を取りますが、うちのは笹の葉やおろ(木葉)が深いの [続きを読む]
  • マイスタイル発見
  • 一位は水やりに追われてます何といっても作りは自己流ですここの所、親父が運転免許を返納したので併せて2台を処分して、足がない状態でしたが次男がスズキに居ますので車を新しく注文、軽トラの4駆ABSエア−バック付きその他オプション満載、金額もかなりでしたし時間が掛かりましたが漸く到着しました、新車は使い勝手が良くなってますねこれまで幾年にもわたって、自己流ながら練習した襖に水墨で山水を描く、掛け軸に書を書く [続きを読む]
  • 玉葱のびっくりサイズ
  • 一位の新芽が固まるまで、触れないので小品の一位鋏作りなんかを作業中心にしてますこの所、作業中の足元に毎日のように緑色の子亀が出てきます畑も気になりますので、にんにくの収穫をしました、無臭にんにくはもう少し先です横に植えてる、玉ねぎが大きくなってます計るとなんと700グラムでした、赤玉ねぎは180グラムです、早速食べました美味しいですねジャガイモの花も見事に咲きましたメ−クイン、きたあかり、インカのひとみ [続きを読む]
  • 田植えまでに大掃除
  • 一位の新芽の色が、濃くなってきました植え替えした樹は、昨年の葉が黄色くなって落葉しましたが、樹が太いので勢いは良いですね2.3年前から出てる、黄金色の新芽はやはり固定化してますので、今少し力を付けて挿し穂にしてみます昨年来暑さ負けした、大物皐月も今年は良い調子でひと安心してます、山にも無くなりましたからね皐月には、こんな小さい(品種.早乙女)物もあります鉢は以前から、沢山あった瀬戸の陶翠のものですこん [続きを読む]
  • 急に暑くなりました
  • ここの所は、農耕下準備の草刈りをしてますが日が出て気温が上がると汗が出てきます一位の新芽も色が濃く成って、落ち着いてきました右の大物、未だに盆栽への構想が纏りませせん連休中は、親戚一同集まりました、このところの葬式での出費から、秋からは新生児のお祝いに切り替わります、男女どちらでも嬉しいですね。 [続きを読む]
  • 紫ワラビ
  • 一位の整形も、新芽を傷めないように気を使ってると、一心不乱なんてのは出来なくて、相続で貰った山の中にあるお墓(100年前からある他人さんの物)の事なんか思い出してます、(この辺、気鬱な事ですスル−して結構です)元来、山の真ん中に有りましたが。町の事業で山土を取って池の改修に使うので、それを機にこちらも思いを巡らし一番北の端に引っ越してもらいました10数軒分です、うちのはないです、親類墓も新規に近くの墓苑 [続きを読む]
  • 富貴咲く頃
  • ここ二、三年、親や親戚の亡くなるのが続きましたがこれに絡んだ相続や農作業の多さにかまけてました家業で一位の山採りももう行けない状態です、とわいえ在庫がありますのでまずは仕上げていきますでも、思うような物がないので--無ければ作るなんて穂を指して小品も沢山作ってます山で掘ってきたのはこんなのもありますこれを盆栽にしようなんてのは、かなり無茶です普通は盆栽屋で買うもんでしょうねさて今年からは、完全に田畑 [続きを読む]
  • そろそろ活動開始です
  • 昨年末から歯の具合が悪く、何本かの治療中で目の疲れが出ると、痛みが有りましたのでFB以外はヤフオクの簡単作業に終始し、冬眠してました時期の一位の整枝も新芽が出てもう出来ません体以外にも、精神的に参ることもありましたがおいおいに記事にしていきたいと思います一方、FB(フェイスブック)は海外の盆栽情報を知りたくてやってるんですが、気が付けば友達1000人目前です、世界中外人さん99%ですこれね、同姓同名(名前の [続きを読む]
  • 立春頃の山歩き
  • この間から持ち山の管理に入ってますが長く人出が入ってるせいか良い林になってます昔は、ここから南の石舟「地名」の石工が鑿でここの石を割り出して加工してましたその鑿跡や切り石があります時代が下ってクヌギに椎茸菌を植えて切り出した跡は、萌芽更新されて新しく出てますそして年月が経つと林になってますさらに、定家カズラや縮緬カズラがとんでもないくらい太く大きくなってます帰りがけに綺麗に手入れされた公園で花を写 [続きを読む]
  • 立春頃の山歩き
  • この間から持ち山の管理に入ってますが長く人出が入ってるせいか良い林になってます昔は、ここから南の石舟「地名」の石工が鑿でここの石を割り出して加工してましたその鑿跡や切り石があります時代が下ってクヌギに椎茸菌を植えて切り出した跡は、萌芽更新されて新しく出てますそして年月が経つと林になってますさらに、定家カズラや縮緬カズラがとんでもないくらい太く大きくなってます帰りがけに綺麗に手入れされた公園で花を写 [続きを読む]
  • 早めの花見
  • 今日は朝からトラクタ−で田起こして、一位の手入どうした陽気の加減か、妻がお雛様を飾り出しました助手もびっくりです聞くと叔母さんの所に行く前に近くの福成寺の河津桜が満開とか、家にもお雛様を飾ってから出かけたい気分だそうです、春めいてきましたねさて件の桜、もう散り始めてました例年より、一か月くらい早いそうです目白の飛び交う姿が、早すぎて写せなかったのが少し残念でしたね。 [続きを読む]
  • 早めの花見
  • 今日は朝からトラクタ−で田起こして、一位の手入どうした陽気の加減か、妻がお雛様を飾り出しました助手もびっくりです聞くと叔母さんの所に行く前に近くの福成寺の河津桜が満開とか、家にもお雛様を飾ってから出かけたい気分だそうです、春めいてきましたねさて件の桜、もう散り始めてました例年より、一か月くらい早いそうです目白の飛び交う姿が、早すぎて写せなかったのが少し残念でしたね。 [続きを読む]
  • 最近の様子を報告します
  • 最近の様子を報告します国分寺「我が家から車で15分」の持山でこれまで。近くの方が椎茸の原木を切らせて欲しいとの事で任せてましたが相続関係で完全にこちらの管理になりましたので自分で木を切って、中国産の菌床物では出来ない美味しいジャンボ椎茸「傘が25センチ以上」を造ってる原木なので、2年かけて菌を行渡らせますまずでは入り口の500坪ほどの手入、ここは平地ですこんな道端にさえ、猪の毛が落ちてます隣の山にごみ箱な [続きを読む]
  • 最近の様子を報告します
  • 最近の様子を報告します国分寺「我が家から車で15分」の持山でこれまで。近くの方が椎茸の原木を切らせて欲しいとの事で任せてましたが相続関係で完全にこちらの管理になりましたので自分で木を切って、中国産の菌床物では出来ない美味しいジャンボ椎茸「傘が25センチ以上」を造ってる原木なので、2年かけて菌を行渡らせますまずでは入り口の500坪ほどの手入、ここは平地ですこんな道端にさえ、猪の毛が落ちてます隣の山にごみ箱な [続きを読む]
  • なんと50年期法要
  • 妻の祖母の50年忌をこの旧正月に執り行いました、併せて祖父の33回忌も一緒にしましたお坊さんは3人呼んで親戚一同賑やかですこの湯飲みは、叔母さんの伝手で有田で50個作ってもらいました、家紋は枡に隅切り三枚蔓柏糸尻にはうちの名前が入ってます法要が終わって、近くの墓参りさらに会食に行きました春まじかの花が良いですね家の行事も終わり、ようやく冬眠から覚めた感じです。 [続きを読む]
  • なんと50年期法要
  • 妻の祖母の50年忌をこの旧正月に執り行いました、併せて祖父の33回忌も一緒にしましたお坊さんは3人呼んで親戚一同賑やかですこの湯飲みは、叔母さんの伝手で有田で50個作ってもらいました、家紋は枡に隅切り三枚蔓柏糸尻にはうちの名前が入ってます法要が終わって、近くの墓参りさらに会食に行きました春まじかの花が良いですね家の行事も終わり、ようやく冬眠から覚めた感じです。 [続きを読む]
  • 節分までに
  • 節分季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる、それにちなんで一位盆栽で鬼と龍を造ってみました、これに二か月掛かり、おまけに多忙が重なり記事が出せなかったですね、その間の事もおいおい書いていきます。 [続きを読む]
  • 節分までに
  • 節分季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる、それにちなんで一位盆栽で鬼と龍を造ってみました、これに二か月掛かり、おまけに多忙が重なり記事が出せなかったですね、その間の事もおいおい書いていきます。 [続きを読む]
  • 地水火風空
  • 地水火風空時代劇ですが、頭の中は現代口語で入ってきますのでそのまま書きます地の巻その一とある小さな藩、譜代武勇で名を挙げてた家ですがガサツなものが多く出てか、出世はせず家は軽輩、私は幼い頃より母や祖父に書と画の才を認められて、高僧の下、寺で修行して身に着けたのが幸いして、江戸詰めになった頃には殿から、酒席に招かれるようになりましたある時は、猫の足に墨を付けて、紙の上を歩かせた後、足跡に加筆して梅に [続きを読む]
  • 地水火風空
  • 地水火風空時代劇ですが、頭の中は現代口語で入ってきますのでそのまま書きます地の巻その一とある小さな藩、譜代武勇で名を挙げてた家ですがガサツなものが多く出てか、出世はせず家は軽輩、私は幼い頃より母や祖父に書と画の才を認められて、高僧の下、寺で修行して身に着けたのが幸いして、江戸詰めになった頃には殿から、酒席に招かれるようになりましたある時は、猫の足に墨を付けて、紙の上を歩かせた後、足跡に加筆して梅に [続きを読む]
  • 人は花、この世の花
  • お金で買えないもの思い出の事実もありますがここは一番妄想から出た、面白い話として書いていきます今回はその中の一つを、書いてみました面白おかしい話と気楽に見てください今日は、廃棄ごみを、公園の横の収集施設に入れてて、ふと公園を見るとブランコに小さな子を抱いた綺麗な女の人達がいました女性たちが一斉に「叔父さ−ン、久しぶり-」と大きな声を掛けてきます一瞬、誰だか分らない、皆こちらに来ますポ―カンとしてる [続きを読む]
  • 人は花、この世の花
  • お金で買えないもの思い出の事実もありますがここは一番妄想から出た、面白い話として書いていきます今回はその中の一つを、書いてみました面白おかしい話と気楽に見てください今日は、廃棄ごみを、公園の横の収集施設に入れてて、ふと公園を見るとブランコに小さな子を抱いた綺麗な女の人達がいました女性たちが一斉に「叔父さ−ン、久しぶり-」と大きな声を掛けてきます一瞬、誰だか分らない、皆こちらに来ますポ―カンとしてる [続きを読む]