大川光夫 さん プロフィール

  •  
大川光夫さん: エルサレムの響き3
ハンドル名大川光夫 さん
ブログタイトルエルサレムの響き3
ブログURLhttps://ameblo.jp/jerusalemohkawa3/
サイト紹介文ブログ「エルサレムの響き3」の、大川光夫です。 エルサレムやタイの文化、中東映画に関心あり。
自由文大川光夫です。

3大宗教の聖地・エルサレムの文化に関心があり。
ロンドンで3カ年の留学歴があり。
PIXTAで写真販売中。
ツイッターもあります、大川光夫 で検索してください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2010/10/27 22:03

大川光夫 さんのブログ記事

  • ヘイケガニの恨み
  • 1185年、壇ノ浦、今の山口県下関市での戦いで滅亡した、平家一族。その恨みを今に受け継ぐもの、それがヘイケガニ。 というのは半分うそで、化石によると、太古の昔から、このカニはこういう顔をしていたとか。 写真はウィキペディアの「ヘイケガニ」から拝借しました。ホームページ「市場魚貝類図鑑 ぼうずこんにゃく」によると、本州中部以南の浅い海に生息する小さなカニで、食用にはならないそう。 人の顔に見えますか、 [続きを読む]
  • 私たちの祖先? ホヤの話 三陸の海から
  • ナメクジウオと並んで、人類などの遠い祖先と言えるホヤ。そこで、ホヤの動画を探しました。 時間がない方は、この動画をどうぞ。ホヤに関係する話題と問題点が全て紹介されています。2016年。約4分。 宮城県の女川(おながわ)の海には、鮮やかなホヤの群れがいた。 2010年。岩手県洋野町(ひろのちょう)。八戸の南にあるこの町のホヤ漁。 ホヤは尾索(びさく)動物ともいい、頭索(とうさく)動物のナメクジウオ [続きを読む]
  • なぜ、ブログにナメクジウオの話を書いたのか
  • それは、たまたま、ある図鑑を見たから。 地球博物学大図鑑 Amazon この図鑑は世界の鉱物、動物、植物を美しい写真で紹介し解説した立派な本。世界有数の自然科学研究・啓蒙組織、アメリカのスミソニアン博物館の編集。 日本語版は10260円するので、私は英国のAmazon UKから英語版を取り寄せたのだ。6000円未満で図鑑を入手した私はそれを時々めくっていた。 そして、あるページに、ナメクジウオの写真が出ていたのを [続きを読む]
  • 私たちの祖先、ナメクジウオが瀬戸内海に。
  • 岩国基地の南方、山口県上関(かみのせき)町。 天然記念物の動物、ナメクジウオは魚ではない。ヒトを含めた脊椎動物(せきついどうぶつ)の進化を研究するうえで、貴重な動物である。 この動画のYoutubeマークを すると、Youtubeサイトに書いてある解説が読める。 また、ナメクジウオでグーグル検索すると京都大学の研究であるナメクジウオゲノム解読の成功により脊椎動物の起源が明らかに という論文がみつかる [続きを読む]
  • LCAC (エルキャック) 3
  • ホーバークラフトといっても、今は見る機会はまずない。かつては、旅客船として、瀬戸内海の宇高連絡船などで使用されていたものの、それらはもうない。大分では空港と市内を結んでいたが、2009年10月に運行停止、機材は売却されたそうだ。なぜか、ドリフトしている。 ドーバー海峡をはさんで、英国とフランスのカレーを結んでいた便。カレーは、ロダンの彫刻「カレーの市民」が作られたきっかけの街。 ロシアには化け物 [続きを読む]
  • LCAC (エルキャック)2
  • LCACを動かす五人の海上自衛官  (硫黄島の りゅうき=隆起)硫黄島は、東京から南へ約1250キロの南の海上に位置する。自衛隊基地の島で、戦没者の遺骨収集などの場合を除き、一般人は上陸できない。 1945年2月から3月にかけて、この島を基地としていた旧日本軍と米軍との間で激しい戦いがあり、膨大な犠牲者・負傷者が出た。 クリント・イーストウッドの映画「硫黄島からの手紙」「父親たちの星条旗」は、その様子 [続きを読む]
  • LCAC (エルキャック)1
  • 海上自衛隊や米軍はLCAC (エルキャック)というホバークラフトを所有しているが、これが重要な仕事をしている。どんな乗り物かって? 見ていただきましょう。 普段は広島県呉の基地にいるこの「エアクッション艇」は、大型輸送艦「おおすみ」などの艦内に格納されて各地に赴く。そして、その特技、つまり、港がない場所へ上陸し、物資を輸送するという任務に当たる。だから、災害派遣されることも多い。 東日本大震災でも、その [続きを読む]
  • タイのCM 10
  • 「スマートマネー 2」犬が可愛らしい。 「スマートマネー 3」青年は1000バーツを出したが、おばさんは500バーツしか受け取っていないと言う。彼女は「夫や子供達は私を見捨て、ストレスがたまって混乱してたのよ」、、。「スマートマネー」があれば大丈夫。 「時間はない」現実の生活では考える時間はない。恐ろしい話ですが。 「?」交通安全のCMなのか?よくわからない。金色の服を着た神様?が、志村けんみたいで面 [続きを読む]
  • タイの CM 9
  • 髪の毛を染めてみませんか。 「トムヤム ヌードル」 動画が鮮明でないのが残念だけど、面白い。 「スマートマネー」(smart purse) 1バーツのアメを買うのに1000バーツ札を出した若者 vs店主のおじさん。お釣りがないのに、、。 日本円に換算すれば3 円のものに、3500円ぐらいの価値があるお札を出したことになるか。 [続きを読む]
  • タイのCM 8 保険会社のCM
  • 「親子三人」妊婦が無理をしてまで出産を急いだ訳とは? 「保険のセールスマン」 1番目、怖そうな商店主。保険は大嫌い。「お子さんはまだお若いです、もしあなたが死ねば、彼らはリッチに、、。」結果。2番目のおばさん。「生命保険に加入すべきです。もし交通事故であなたが殺されたら、、。」結果は。3番目、商店主は腰痛で病院に行っていて不在。そこで、たまにいいことしても、商売っ気が出てしまう。ところが、ある日 [続きを読む]
  • タイのCM 7 保険会社のCM
  • 上の動画の方が画面がきれい。ただし字幕なし。 「ピアノ」この悲しそうなおばあさん、かつてはピアニストだったが、片手がマヒしてしまった。だから、動く方の手だけで演奏を試みるのだが、上手くいかない。そんな日々が長く続いたある日、彼女に信じられないような出来事が起こる。 下の動画は英語字幕だけ 「静かな愛」障害を持つ父とその娘の対立、そして和解を描いたCM。お父さんは、生まれつき聴力と会話力に障害があ [続きを読む]
  • タイのCM 5 保険会社のCM
  • タイのCMが有名になったきっかけの一つ、それは、保険会社のドラマ仕立てのCMが人々の心をつかんだからだった。 わが娘。天使のようなわが娘。彼女が立派に成長したある日、思わぬ出来事が起こる。 結婚してください。愛し合う若い二人。だが、彼女は白血病(ルーキミア)で余命いくばくもないことが判明。彼の決断とは? 人生の最も困難な時において、私たちが心底欲するものはなにか?共に過ごした時間が信じられないほど短 [続きを読む]
  • タイのCM 6 保険会社のCM
  • わが息子 私は息子と話す時間が欲しい。彼の音楽を聴く時間が欲しい、それはなぜ? 永遠の愛 86歳になるこのおじいさん。毎朝、水筒にスープを入れて、楽器を持ち、20キロほども歩いて、ある場所に出かける。30年以上もそれを続けるその理由とは。 [続きを読む]
  • ウミガメの苦難 2
  • 人間の捨てたゴミが、ウミガメを傷つける。 カメの鼻にプラスチックのフォークが。 プラスチックゴミのせいで、ウミガメだけでなく無数の生物が死んだ。想像してください、あなたがプラスチックの袋に閉じ込められたとしたら? 世界的な自然科学団体ナショナルジオグラフィックの動画。毎年100万頭・羽を超える海洋生物や鳥などが、プラスチックゴミのせいで死んでいる。世界の海には、5兆2500億片のプラスチックゴミが [続きを読む]
  • ウミガメの苦難 1
  • 最近、沖縄の某コンサート会場のそばでウミガメが産卵していたことが判明した。コンサートの観客がカメに悪影響を与えるのではないかと懸念されたが、保護団体などが対策を立てたという。 だが、世界のウミガメは人間のせいで苦難に直面している。 沖縄北部、大宜味村(おおぎみそん)で、タイマイがふ化した。タイマイは甲らが美しいので、べっ甲の材料やはく製用に乱獲された。 この動画、私のツイッターでも紹介した。日本語 [続きを読む]
  • タイで日本人の避難訓練 
  • タイでは、自衛隊も参加する大規模な軍事演習コブラゴールドが毎年行われている。近年では、有事の際に、自衛隊が外国にいる日本人や友好国の人々を救出、輸送する訓練もしている。 約10分の動画。youtubeの設定で2倍速でも視聴可能。基地に避難してきた人たちの保安検査や健康チェックなどを行い、輸送機に乗せる訓練。 約10分の動画。時間のない人は最初の3分ぐらいまで見ていただきたい。冒頭で、強面のお兄さんたちが [続きを読む]
  • 映画「戦場のメリークリスマス」
  • 英語版の予告編を紹介するのは、日本語版との違いを見て欲しいから。 映画「戦場のメリークリスマス」は、インドネシアにあった旧日本軍の捕虜収容所を舞台にした話であって、タイとは関係はない。が、この映画は日本軍と英・オランダの捕虜との関係を描いている点で数少ない映画であり、当時の時代を感じられる、見るに値する作品だ。 私は、この映画で、初めて坂本龍一の音楽に触れた。彼がYMOで有名になった時は、私 [続きを読む]
  • タイのCM 4
  • タイのCM、続きです。タイトルは、私が考えたものです。これらのCMはネット上に複数投稿されていますが、英語字幕の内容やそのタイトルがバラバラなので、私なりに考えました。 命の恩人。スーパースターの彼女、交通事故に巻き込まれてしまいますが、助けてくれた人が。かすかな記憶とイエローページを頼りに彼を探しだした彼女、ついに再会します。 大きい! 亭主は酔っ払い。なんだお前、仕 [続きを読む]
  • タイのCM 特選 3
  • 夫婦円満の秘訣とは? 怒る店員さんの口から出てきたもの。髪の毛の場面が面白い。 イケメンの秘密兵器。 電話帳のCM。宝石店か? お前の息子を預かっている。大川さん橋、48番倉庫に身代金を持ってこい。ところがこの男性は。(ネタバレは一番下に) タイの健康保健団体のCM1 処方された薬?2 チェリー色のほほになりたい。色黒のお客さん、そ [続きを読む]
  • タイのCM 特選 2
  • タイのCM第二弾見ていただきましょう。内容の解説については、「私なりに」まとめてあります。動画サイトには同じ内容のCMが何本も投稿されていて、タイ語のセリフを英訳した字幕がついていますが、それが投稿動画によって微妙に異なるので、私なりに内容を整理しました。 これは薬かな?1、あなたと話したい人。2、捨ててはいけないもの。3、何か違う!。4、それは違う!5、明日から。 トカゲの愛情。ヤモ [続きを読む]
  • タイのCM 特選 1
  • タイのCMには面白いものが多い。そのせいか、一時期、ネット上ではやったこともある。私は7年ぐらい前に、ふとしたことから自分で探すようになり、何本か面白いものに出会った。その他にも、私のブログの読者から教えてもらったものもあったけど、書かずじまいで今日に至った。そこで、お見せしましょう、私のお気に入りを。 このCM、もともと日本語が混ざっていたもの。私はこれを、バンコクを走る高架鉄道BTS・通称 [続きを読む]
  • タイを舞台にした戦争映画「戦場にかける橋」
  • 第二次世界大戦では、多くの犠牲が出た。また、無数の人間の心に辛い傷を残した。それは現代の日本にとっての友好国であるタイでも同じ。 映画「戦場にかける橋」は、史実をもとに作られた戦争映画だ。日本軍の捕虜になった英国軍人たちと、彼らを泰緬鉄道(たいめんてつどう)建設に駆り出す旧日本軍の軍人たちの姿を描いている。テーマ曲「クワイ河のマーチ」は、この映画を知らない人でも、一度は聞いたことがある [続きを読む]
  • 印象的だった、タイ映画 「ビューティフル・ボーイ」と「風の前奏曲」
  • 私は映画好きだけれど、タイ映画を見る機会にはあまり恵まれなかった。だが、それでも、心に残った映画はある。 まずは、おかまのムエタイボクサーの映画 「ビューティフル・ボーイ」。実話を基に作られたこの映画、主人公を演じた俳優がムエタイのチャンピオンだっただけあって、試合の場面は迫力がある。それに本題である、女性になりたいと願う若者の姿を好演していた。この作品は単なるスポーツ映画ではなくて、主人公 [続きを読む]