asianet さん プロフィール

  •  
asianetさん: 「タイ映画」つれづれなるままに
ハンドル名asianet さん
ブログタイトル「タイ映画」つれづれなるままに
ブログURLhttp://thaimovie.blog77.fc2.com/
サイト紹介文紹介されることが少ないタイ映画の紹介です。ホラー、コメディーにアクションありと意外に楽しいですよ。
自由文コメディーあり、ホラーあり、ラブストーリーありの「タイ映画」。ほとんどの人があまり知らないであろう「タイ映画」や「タイに関する映画」などを、思いのままに紹介しています。「タイ映画ライブラリー」http://www.asia-network.co.inのブログ版です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2010/10/28 11:10

asianet さんのブログ記事

  • タイへ行ってまいりますので、二週間ほど更新をお休みいたします
  • タイへ行ってまいりますので、二週間ほど更新をお休みいたします タイへ行ってまいりますので、二週間ほど更新をお休みいたします。大ヒット中のGDH社の「バッド・ジーニャス(Bad Genius)」は、観ることができると思います。あと、ラオスのホラー作品もやっていますね。それから、「エイリアン」も観たいのですが、ほとんど時間がありません。どれか1本しか観ることができないかもしれませんね。にほんブログ村 [続きを読む]
  • GDH社の「バッド・ジーニャス」が、大ヒット・ペース
  • GDH社の「バッド・ジーニャス」が、大ヒット・ペース 3日に公開されたGDH社の「バッド・ジーニャス(チャラート・ケーム・コーン/Bad Genius)」の4日(木)の興行収入が、8.82百万バーツでした。このペースで行くと、同社の大阪アジアン映画祭でも上映された「一日だけの恋人(ワン・デイ/フェーン・デイ/One Day/Fanday)」と同じくらいの数字になります。ということは、久し振りの大ヒット作誕生かもしれませんね。ただ、超大ヒット [続きを読む]
  • 珍しいタイ映画「フォレスト: ふたりの森」をNETFLIXで上映中
  • 珍しいタイ映画「フォレスト: ふたりの森」をNETFLIXで上映中 タイ映画「フォレスト: ふたりの森(The Forest)」を、NETFLIXで上映中です。この作品は、たぶん日本では映画祭でも上映されていない珍しい作品です。なんで、NETFLIXでは、このような作品を上映しているのでしょう? 現在、NETFLIXでは、一ヵ月の無料体験実施中です。◆NETFLIX[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリーにほんブログ村 [続きを読む]
  • タイで、本日公開予定のGDH社作品「バッド・ジーニャス」
  • タイで、本日公開予定のGDH社作品「バッド・ジーニャス」 タイで、本日公開予定のGDH社作品「バッド・ジーニャス(Bad Genius)」です。 ナッタウット・プーンピリヤ監督には、「プレズント・パーフェクト(Present Perfect)」、「ザ・ライブラリー ホーン・サムット・ヘーン・ラック(The Library Hong Samut Heng Rak)」、「カウントダウン(Countdown)」などの作品がある。日本の映画祭で上映された「マリー・イズ・ハッピー(Mar [続きを読む]
  • タイの映画会社「M-Thirtynine(M39/M??)社」を思う
  • タイの映画会社「M-Thirtynine(M39/M??)社」を思う「32 デッセンバー・ラブ・エラー」 今回は、映画会社のM-Thirtynine社(M39社)にスポットを当ててみました。 今思えば、M-Thirtynine社のデビューは鮮烈でした。2009年も押し迫った12月31日に同社の第一号作品「32 デッセンバー・ラブ・エラー(32 December Love Error)」を公開し、US$317万という大ヒットを飛ばしたのです。 翌2010年には、四本もの作品を公開します。最初の [続きを読む]
  • タイで、3月30日に公開された「フェイル・ステージ」
  • タイで、3月30日に公開された「フェイル・ステージ」 タイで、3月30日に公開された「フェイル・ステージ(Fail Stage)」です。この作品が、公開されたのを知りませんでした。 ドラマ。デイビッド・アサバノンドは、日本で公開された「トム・ヤム・クン(ザ・プロテクター/Tom Yum Goong/The Protector)」にも出ている。  サハチャック・ブーンタナキットは国際派の男優で、日本で公開された「マキシマム・クラッシュ(Zero Toleran [続きを読む]
  • 2017年、第1四半期のタイ映画界
  • 2017年、第1四半期のタイ映画界「ミスター・ハート」 今期のタイ映画界で一番の注目は、なんといってもGDH社とサハモンコン・フィルム以外の作品でヒット作が出たことです。トランス・フォーメーション・フィルムズの「ミスター・ハート(Mr. Hurt)」が71.73百万バーツを上げ、同社としては初のヒット作となりました。トランス・フォーメーション・フィルムズは、タイの映画会社としてはGDH社(旧GTH社)とサハモンコン・フィルムに [続きを読む]