teimei さん プロフィール

  •  
teimeiさん: 孤独中年男の細々生活記
ハンドル名teimei さん
ブログタイトル孤独中年男の細々生活記
ブログURLhttp://ununteimei.exblog.jp/
サイト紹介文元ひきこもり。中年。根暗。友達はいない。対人恐怖。ノイローゼ。負け組。被害妄想。そんな底辺人生です。
自由文はじめまして。僕は長期ひきこもりでした。最近、脱ヒキしてギリギリ働いてます。でも心は全く成長しておらず、いつ引きこもりに戻っても不思議じゃない。普通に生きることはとても困難です。でも僕はもう引きこもりには戻れない。帰れる家はなくなっちゃいました。年齢も中年と呼ばれる年齢になり、後退は許されない。そんな崖っぷちブロガの不器用なりに人生を模索する日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2010/10/30 20:07

teimei さんのブログ記事

  • 隣で悲しむ人に僕は何を思ったのか?
  • デイケア。集団での話合い中に、話しながら急に泣きだした子がいた。周りで反応が早い人は、ハンカチやらティッシュをその子に素早く差し出したりした。僕はダメだな。その時、僕は何を考えただろう?目を背けたくなった。関係ないと思った。関わりたくないと思った。泣きたいのはこっちの方だ、と思った。すぐ傍にいて何もしてあげない僕が冷酷人間みたいだ。もともと僕には知らない人なのに、僕にどうしろってんだ?僕は放置され [続きを読む]
  • 赤の他人の背中をツンツンする老人の謎行動
  • とりあえず確定申告はギリギリ期限内で完了。とりあえず数千円ながら還付される。しかし、確定申告、いまいち意味が判らない。かといって調べる気も起きない。難しい話は苦手だ。難しい話は理解できない。僕はこんなバカでよく社会で生きていられると思う。やっぱ期限ギリギリは大混雑だった。並んでから終わるまで4時間近くかかった。行列。後ろに並んだジイサンがやたらに背中をツンツンと押してくるのでイラついた。顔をチラ見 [続きを読む]
  • 底辺である理由
  • ひとつ面倒くさいことを片付けた。でも人生が開ける訳じゃない。自信にもつながらない。ただ、処理するだけで消耗しきってしまう。もう二度と同じことは御免だと思ってしまう。また来年もあると思うと心が挫けてしまう。ああ、どこか山奥で静かに暮らしたい。後は確定申告。ヤバイ。もう時間がない。でもやるしかない。ああ、気持ちが休まらん。デイケア。相変わらず。人間関係が判らない。他のデイケア参加者たちの何が病んでいる [続きを読む]
  • つながるよろこび
  • しばらくネットの無い生活。世界と切り離される不安。ただでさえ孤独がもっと孤独になる。もしネットが世界から無くなったら?ネットの無い世界、ネットのない生活、有りえない。人類はネットのない生活に戻れるだろうか?ネットの無い世界?それはまるで闇だ。ハッキリ言って僕にはムリだ。ネット中毒でネット依存だ。ネットの無い時代のヒキコモリは悲惨だ。その孤独、想像できない。その孤独を思うと恐怖で背筋が凍る。ネットに [続きを読む]
  • ゼロ理論
  • 確定申告は未着手。あと、いろいろとやらなきゃならないことがあって、気が重い。ネットのプロバイダ乗り換え。手続きをする。事前に聞いてた話しとは違って困る。ネット空白期間が生じる可能性。不安。ネットを断ち切られるとは世の中とのつながりを失うことだ。ネットの無い環境。厭世人、山暮らししてる人だってネット環境だけは捨てられない。僕もテレビがない事よりもネットがないことの方が圧倒的に耐えられない。デイケア。 [続きを読む]
  • 冬の札幌にも雨がふる
  • 札幌ラストディ。ホテルで朝食。サーモンベーグル。うーん、昨日のホテルの海鮮食い放題と比べると見劣りする。でもウマかった。朝食はこれくらいシンプルが良いのかもしれん。身体が疲れて、頭が痛くて、貪欲に観光する気はなかった。札幌の街をうろつく。この日は雨だった。冬場は常に雪が降ってると思ったけど、北海道でも雨が降るんだな。気温も4℃と高め。北の大地にも沖縄があった。うーん、また行きたいなぁ。沖縄ソバも食 [続きを読む]
  • 圧巻の夜景
  • ラーメン屋に到着したのは15時近く。ほとんどお客もおらず、ゆったりと座れた。昼時なら行列だったのかな?お店の雰囲気は良かったな。味噌ラーメン。900円くらい。味は濃くて脂がスゴかった。表面は分厚い脂の層で覆われてた。メチャメチャ脂まみれの焼肉にラーメンをぶち込んだ感じ。でも寒いから熱々で濃厚らーめんが良く合うなぁ。食べてる内にハマってきて、スープを飲み干そうとした。でも、カロリーと塩分がヤバそうな [続きを読む]
  • どんな天才も時間を戻せなかった
  • ここはネットでも有名なB級スポット。ここは、ビスケット工場の私設の資料館的な所。レトロスペースの名前の通り、昔懐かしいものが多数展示されている。入館料は運営者のご厚意で無料。地元のボランティアの方が管理されている。挨拶をすると色々と話をしてくれた。入館料無料だけど、その代わりに工場で作られたビスケットを購入して欲しいとのこと。普通に入場料500〜700円の価値はあると思うな。入ってすぐにディープインパク [続きを読む]
  • 教えてよ、クラーク先生
  • −2℃でもそんなに寒くなかった。そして1泊目のホテルへ到着。当たり前のようにカードキー。この部屋はスゴイ静かだ。静かで心が休まった。大して眠れなかったけど。ああ、こんな静かな中で毎日を過ごせたら、と夢見てしまった。おはようございます。ここの朝食バイキングにビックリした。海鮮具材が食べ放題。イクラ、ホタテ、甘エビ、夢のような食べ放題だった。オリジナル海鮮丼を作ろう。特にホタテが甘くてウマい。続いて、 [続きを読む]
  • メルヘンチックおたる
  • 小樽をプラリ散策。とにかく外国人が多い。半分以上は外国人だった。インバウンドブーム以前とかかなり寂れた観光地だったんじゃないだろうか?歩くからか、予想より寒くない。ダウンジャケット、セーター、ロンT、関東装備でも十分かな。ゆるキャラっていうか、ゆるくないっていうか。メロン熊っていうんだと。歯槽膿漏かな?オルゴール館に行く。とてもメルヘンチックだった。可愛い顔してやけに肩幅のある人形。秘孔をついてき [続きを読む]
  • 時価
  • 小樽で昼飯を食いたい。贅沢するつもり。駅前すぐ3角市場と言う海鮮市場へ。生け簀の蟹。ワサワサ動いていて可愛い。蟹って可愛いな。さわ蟹でも飼ってみたい。奥に進む。昔の小樽のおっかさんの人形があった。こんな寒い土地で、こんな重そうな荷物を背負って行商してたんだと。日々の生活に追われて人生が終わったのだろう。なんか悲しくなる。彼女らの人生に喜びは有ったのか?行商して子育てして家事をしてその繰り返しで年老 [続きを読む]
  • 雪世界
  • 旅立ち。前日は早めに寝た。23時過ぎ。でも起きたのは3時ころ。眠れない。まいったな。バカみたいに目が覚めた。そのまま眠れず5時ころに出発。旅立ちの気分。長い旅をすることに後悔していた。体力や気力が保てない気がした。緊張していた。でも、ワクワクもしていた。後悔と期待が入り混じった変な気分。身体はそれほど怠くなかった。頭痛も酷くは無かった。まだ暗さの残る、冷たい冬の早朝の空気は不快さよりも心地よかった。久 [続きを読む]
  • 僕が旅に出る理由
  • もう出発日も迫っていると言うのに、いまだ旅程を決められないでいる。冬の北海道。雪が心配だ。交通機関は大丈夫だろうか?寒さはどんなもんだろうか?身体がダルい。頭痛い。雪の中を行き倒れするんじゃないか?まさか飛行機が墜落するんじゃないか?さまざまなマイナスイメージが湧いてくる。はぁ、僕は何をやってるんだろう?部屋でジッとしてる方が良かった気がしてくる。そもそも、この部屋が寛げない。もし、この部屋がもっ [続きを読む]
  • 不思議な老人
  • 気晴らしに早朝のハンバーガ屋で過ごす。心地いい空間だ。働くサラリーマンが気忙しくハンバーガーを詰め込み、学生やリタイヤした老人などは腰を落ち着けて勉強したり新聞を読んでる。それぞれの人々が思い思いに過ごす空間を僕も共有させてもらう。そして孤独が少し紛れる。たまに興味を惹かれる人たちに出会う。隣に座った老夫婦?老人の男女二人連れが座った。おばあちゃんはとにかく良く喋った。同じような事を何度も話す。そ [続きを読む]
  • 全人類幸福ランキング
  • デイケア。どうなんだと思う。僕は変化できるのだろうか?この数十年、変われなかったのにこの数か月でどんな進歩が期待できる?おそらく無意味なんだろう。かといって、他に今の僕に何ができる?働けるのか?それもムリ。消去法で今のままの生活を続けるしかない。デイケア。普通に他人と会話できる人。僕は羨ましい。ハッキリ言って嫉妬してる。僕から見ればあれだけのコミュ力があって、どんな能力が不足していて心を病むのだろ [続きを読む]
  • 久しぶりに電話する
  • 電話を2件ほどかける。少し緊張する。どうも今年も確定申告だ。バイト先が源泉徴収の紙を送ってくれないので電話する。なんか中途半端に行かなくなってるので、電話するのが恥ずかしかったが、仕方ない。会社の人に尋ねたら依頼がなければ発行しないという。え、そういうものなの?どうも社会の仕組みはよく判らん。まぁ、とりあえず、勇気を出して電話して良かった。後は旅行会社へ電話。パンフレットの内容について尋ねる。行く [続きを読む]
  • 仕事探し初め
  • 職安へ行った。仕事をしたいと言う意欲が少しは有った。でも、実際に面接受けたりする気は無かった。ただ求人案内を見るだけ。今の生活に飽きた?とんでもない。仕事の人間関係のストレスの無い生活、これはやっぱ天国だ。けど日中、部屋に籠ってると管理人がうるさくて参る。僕がノイローゼなんだろうけどけど、夜眠れない、疲れが取れない、日中もうるさくて眠れない、僕はいつ休めればいいんだ?心身が休まる暇がない。せいぜい [続きを読む]
  • 今までと違う色
  • ヤバイ、また買っちまった。年末の街を歩く。世間も忙しないような、のどかなような、年末の混沌とした不思議な雰囲気は好きだな。特別感がある。入ったことのない服屋に入ってみる。服を見る。買う気は無かった。見るだけ、そのつもりだった。しかし、ヤバイ。なんか気に入ったの見つけた。緑色のドカジャンみたいなマウンパ。服で緑色なんて持ってない。だいたい無難な紺とか黒とかグレー。派手な赤や青や黄色、ちょっと色で冒険 [続きを読む]
  • 年の瀬
  • 旅。もう18切符旅はムリだな。行くか行かないか悩んで、時間ばかり過ぎて、結局12月が終わる。あと10日で5回分の旅を消化する気力がない。でも、行けないと思うと、行きたくなる。ワガママで困る。でも冬の京都。お正月の京都は良かったな。ふと気まぐれにハロワに行ってみる。でもやってなかった。そうか、もう仕事納めか。ハロワやってなくてガッカリのような、安心したような、変な気持ち。再就職。考えたくないな。頭の [続きを読む]
  • 鳥に翼、人にコミュ力
  • 国保支払い。これで今年の税金社会保険系の支払いは全て完了。何もない日々では、こんな事でも成し遂げた気がして少しホッとする。入りにくい洋食屋で外食。ここも以前に行った。2度目となると大分、緊張はマシになる。タコライス。同じ店で以前はロコモコを頼んだ。違いが判らん。うーん、ロコモコより辛い。それだけの違いだろうか?でも、こういう味は好きだな。気になっていた疑惑の伝票の店。オムライスも食いたくて再訪して [続きを読む]
  • 追えば逃げる希望
  • デイケア参加。過去、行ったことのある場所とは参加者の印象も違った。意外に怖くなかった。一見して威圧的で意地悪そうな感じの悪い奴はいなかった。ただ、まだ判らない。油断しない。安心しない。結論なんて出さない。それに縛られてしまう。良くもないし、悪くもない、感情が下から上へ、上から下へ動かない。そういう状況がたぶん最良なんだ。良くも悪くも刺激の一番ない状況がベスト。うん、あまり考えないようにしよう。入り [続きを読む]
  • 漂泊
  • 相変わらず何もできない。希望なんてない。何もない日々。ただ生きると言う日々。独りでただ生きる、と言うのはそれなりの苦痛だったりする。孤独の中では自分を見失い、保てなくなる。孤独の苦痛。こんなに苦痛ならば、いっそ人間関係の苦痛の方がマシに思えてくる。でもたぶん孤独の苦痛は人間関係の苦痛とはまた別の苦痛。だったら僕はどうするんだ?結局、逃げる。僕はメチャメチャ逃げる。怖くて、痛くて、無力で、何もできな [続きを読む]
  • 虫歯ドミノ
  • 歯の詰め物がとれた。また取れた。歯医者に行くの面倒くさかった。外出するのが嫌だったし、歯医者に電話するのもの嫌だった。今日、予約が取れないかもしれないと心配だったし、国保を使えば無職だと思われるのかなぁとか、ネガティブな気持ちばかり考えて気が進まなかった。日々、何もしてない自分に負い目を感じる。せめて歯医者ぐらい即決で行こうよと思い直した。予約の電話する。緊張しただろうか?ひどく緊張はしなかった。 [続きを読む]
  • 通信費の見直し
  • 何をしたらいいのか、判らない。前進のない日々。何もしない、ということが苦痛だったりする。世間に取り残されているように感じてしまう。何かをしなければ、そんな焦りがある。働く。おそらく僕の一つの到達点だろうけど、今の僕には途轍もなく困難に思える。何かを変える。何かを変えるための行動をしたい。とりあえず、携帯電話とネットの料金を見直そうと思った。月3000円ほど浮きそうだ。ただし現行契約分の2年縛りの違 [続きを読む]
  • 紅葉も色褪せる
  • 山に行く。目的は体力作りでもあり、この部屋に居たくないと言う逃避でもあった。天気予報で雨が降ることは知っていた。でも、早朝に目覚めた時点では雨は降ってなかったので、雨は降りそうだったけど部屋を出ることにした。この息苦しい部屋に居たくなかったんだ。ほとんど意識してなかったけど、そういえば紅葉の季節だった。山は彩りに満ちてた。平日の、こんな曇天に随分と登山客でにぎわっているものだなぁと不審に思ってたけ [続きを読む]