京都精華大学 水槽学部 部員一同 さん プロフィール

  •  
京都精華大学 水槽学部 部員一同さん: 京都精華大学水槽学部の水草ブログ
ハンドル名京都精華大学 水槽学部 部員一同 さん
ブログタイトル京都精華大学水槽学部の水草ブログ
ブログURLhttp://seikasuisoubu.jugem.jp/
サイト紹介文京都精華大学水槽学部の部員達が、日々の活動の様子をお伝えするブログです。必見!
自由文京都精華大学水槽学部とは...
自然への理解を深め、芽吹く命とともに美しいデザインを学ぶため、タナカカツキ客員教授により設立された架空の学部です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/10/31 02:35

京都精華大学 水槽学部 部員一同 さんのブログ記事

  • マックス自宅水槽メイキング2016 予告編
  • こんにちは、部長のマックスです。 カツキ顧問水槽、学校水槽に続きマックス水槽2016メイキング 予告編です。 表現力を高め順位を上げるべくコンテスト対策や構図の研究 仲間同士での勉強会などなど日々研究制作に励んでおりますが 個人の成績といえば2015年は111位 100位の壁を乗り越える事はできず中途半端な順位でした この壁を乗 [続きを読む]
  • 深田氏のインタビュー その4 「水草水槽の未来」
  • タナカ  このコンテストはADAが主催のコンテストですが、ネイチャーアクアリウムってことに関してはどうですか? 深田   これは僕が言っていいことかどうかわからないですが、非常にデリケートな問題になってきましたね。変な言い方だけど、コンテストで評価される水槽と、天野さんが広く提唱していこうとしてた水槽にちょっと今、乖離があるんですよね。 タナカ  はいはい。それで数年前、審 [続きを読む]
  • 深田氏のインタビュー その3「評価を超えて」
  • タナカ  「棲息環境の再現」の「魚の棲息環境としての評価」という項目に関してはどうでしょうか? 深田   これもまた重要な鍵になってきますが、もう、魚を意識しましょうってことですよね。魚をただ入れるってだけじゃなくて、この魚!っていうね、この魚じゃないとダメ!この魚でもいいけど、この魚でもいいよねってのはもうダメということですよね。いかにもこの魚ってここにいそうだよねっていう、思っ [続きを読む]
  • 深田氏のインタビュー その2 「棲息域の表現」
  • タナカ  それでは、審査基準に関して、それぞれの評価項目について聞きしたいと思います。プレート圏内の鍵にもなってくると思いますが、いろいろ審査項目あるじゃないですか、一番大きいのが、魚の棲息域を表現できてますか?ってことですよね。総合点100点のうち、その半分、50点あります。 深田   山田先生筆頭に水中感、水中感おっしゃってて、それが前から比べたら一番大きく変更した点。 [続きを読む]
  • 深田氏のインタビュー その1 「扉を開ける鍵」
  • タナカ  今回は、表彰式もパーティーもあってよかったですね。世界コンテストの5位以内、私も含めますと3人も日本人がいるという、長らくトップをとれなかった時代もありましたから感慨もひとしおです。まあ、あらためまして、深田さん、前人未到の二冠おめでとうございます! 深田   ありがとうございます。本音を言うと… タナカ  本音お願いします!(笑) 深田   グランプリをとる [続きを読む]
  • グランプリの扉
  • 顧問のタナカカツキです 前回にひきつづき、世界水草レイアウトコンテストの記事です 水槽学部では毎年このコンテストに応募しております顧問も部長も今年で6年目になりました 雑誌「アクアジャーナル」でコンテストのトップランカーの記事がありますその中で「コンテストで入賞するためには何か秘訣はありますか?」という質問が各トップレイアウターにされてお [続きを読む]
  • 自然の原理に触れながらデザインを学ぶ
  • 顧問のタナカカツキです 大自然と溶け合う体験をしたい そんな想いから、旅をされる方、登山をされる方、ヨガや瞑想昆虫採取や陶芸、野菜を作ったりすることなんかもそうかもしれませんそれぞれのやり方で、それを人は楽しんでおります そんな体験をなんとか都市型生活の中で実現できないか 顧問が出会ったのがサウナと水草水槽です [続きを読む]
  • 学校水槽メイキング2016 探究4
  • こんにちは、部長のマックスです 前回、「学校水槽メイキング2016 探究3」からの続きです 石と流木でのレイアウトが完成したら いよいよ、植栽です 全体に霧吹きし湿らせたら ウィローモスは 石と流木へ チョン ニューラージパールグラスは ソイルの上へ ポン&nbs [続きを読む]
  • 学校水槽メイキング2016 探究3
  • こんにちは、部長のマックスです 前回、「学校水槽メイキング2016 探究2」からの続きです 「グッとくる魚の棲家」をデザインするためにモチーフとしたのが 増水によって土が削り取られむき出しになった岸辺の根 スケッチを元に制作していきます スケッチ:カツキ顧問 まずはいつもの様にペナック(おまじない)&nbs [続きを読む]
  • 学校水槽メイキング2016 探究2
  • こんにちは、部長のマックスです 「学校水槽メイキング2016 探究1」からの続きです 昨年の反省を踏まえ「オリジナリティと印象度」だけでなく「自然感の演出」「生息環境の再現」などにも意識を広げた作品にするべく 「グッとくる魚の棲家」をテーマに制作を進めます 今回、参考にしたのがフィールドワークで年に何度も訪れる京都北部に流れる清流 山間 [続きを読む]
  • 学校水槽メイキング2016 探究1
  • あけましておめでとうございます! 部長のマックスです。 2010年の10月からスタートした水槽学部ですが早いもので、7回目の正月を迎えることができました。 いつも支えてくれる皆様、ありがとうございます!応援してくれる皆様、今年もよろしくお願いします! 引き続き「新しい表現の探究を美大がせずしてどこがするのだ!」の精神で活動に励んでまいります。 2017年最初の記事は「学 [続きを読む]