林 敬 さん プロフィール

  •  
林 敬さん: 林 行政書士事務所
ハンドル名林 敬 さん
ブログタイトル林 行政書士事務所
ブログURLhttp://www.taka-hayashi.jp
サイト紹介文大阪府堺市にある行政書士事務所です。遺言・相続・離婚・内容証明等やビザ・帰化ならお任せ下さい。
自由文大阪府堺市にある林 行政書士事務所です。遺言書・遺産分割協議書や相続手続から契約書・内容証明・クーリングオフ・離婚協議書、ビザや帰化申請ならお任せ下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/10/31 17:00

林 敬 さんのブログ記事

  • マイナンバーカードに旧姓併記可
  • 結婚後も女性が通称として旧姓を使い続けやすくなるよう、政府は住民票やマイナンバーカードに旧姓を記載できるようになりました。希望者は住民票やカードの氏名欄に、旧姓を併記できるようになる見込みで、住民票の記載事項を記録しているシステムや、マイナンバーカードを発行する機器の改修費用を盛り込む方針で、関係政令の改正を進めます。 日本では夫婦別姓が認められていないため、大半の女性は結婚後、夫 [続きを読む]
  • 横断死亡事故の高齢者は、何らかの交通違反
  • 全国で昨年、道路を横断中に死亡した歩行者1040人について、警察庁が特徴を分析した結果、半数は信号無視など何らかの交通違反をした65歳以上の高齢者だったことが分かりました。特に、車の陰からの飛び出しは200件を超えており、同庁は、高齢者に対する指導・警告を積極的に行うよう全国の警察本部に指示しました。 昨年の交通事故死者は4117人で前年より4人増え、15年ぶりに前年を上回り [続きを読む]
  • 還付金名目で200万円詐取疑い
  • 医療費の還付金を支払うと偽って高齢者から現金約200万円をだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策4課などは運送業の牧主正人容疑者(29)=埼玉県川口市青木2=ら男4人を電子計算機使用詐欺容疑で逮捕しました。同一グループとみられる男11人も詐欺未遂容疑で逮捕されました。 同課によると、このグループは昨年から今年にかけ、少なくとも全国18道府県の49人にうその還付話をもちかけ、計約3千万円を詐取し [続きを読む]
  • 自動音声ガイダンスで詐欺
  • 警視庁は東京都世田谷区の20歳代女性が電話の自動音声ガイダンスを使った新手の架空請求詐欺の被害に遭ったことを発表しました。同庁によると、女性の携帯電話に5月下旬、着信履歴があり、折り返し電話すると、有料動画配信会社の「料金管理センター」を名乗る自動音声が流れ、「料金未納のため訴訟に入る」などと説明されました。 女性はその後、電話口に出た男の指示に従い、コンビニ店のマルチメディア端末 [続きを読む]
  • 高裁はグーグル検索で逮捕歴の削除認めず
  • インターネット検索サイト「グーグル」で検索すると、自分の逮捕歴に関する記事が表示されるのは人格権などの侵害だとして、埼玉県内の男性が米グーグルに検索結果の削除を求めた仮処分申請について、東京高裁は削除を命じたさいたま地裁の仮処分決定を取り消し、男性の申し立てを却下する決定をしました。杉原則彦裁判長は「事件から5年が経過しても逮捕歴の情報の公共性は失われておらず、検索結果を削除すると表現 [続きを読む]
  • 140万円超の債務整理「司法書士はできぬ」と、最高裁判決
  • 司法書士が弁護士に代わって債務整理の業務を担当できる境界が争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第一小法廷(大谷直人裁判長)は、「債権の請求額が140万円を超える場合は、司法書士は担当できない」とする初判断を示しました。「依頼人が得られる利益額が140万円以下なら担当できる」と解釈してきた司法書士の業務範囲を狭めるもので、金利の過払い分の請求など今後の業務に大きな影響が出そうです。 司 [続きを読む]
  • 知人の駐禁除外標章を不正使用の男を逮捕
  • 他人の駐車禁止除外標章を不正に使ったとして、大阪府警は大阪市中央区高津3丁目、職業不詳片山正郷(しょうごう)容疑者(25)を偽計業務妨害容疑で逮捕しました。男は「違反にならないよう掲げていた」と容疑を認めており、標章の悪用をめぐる同容疑での逮捕は府警では初めてです。 南署によると、片山容疑者は5月13日と25日の午前中、自宅近くの府道で、車内に知人男性の標章を掲示してパーキングチケ [続きを読む]
  • 大阪地裁がマンションの「民泊」差し止め
  •   マンションの部屋に旅行者を宿泊させる「民泊」の是非が争われた仮処分裁判で、大阪地裁が、マンション管理組合の主張を受け入れる形で、部屋の区分所有者に差し止めを命じる決定を出しました。民泊を禁じる司法判断が明らかになるのは初めてす。決定は今年1月27日で、管理組合の弁護士によると、理由は示されませんでしたが、所有者側は異議を申し立てませんでした。 同弁護士によると、大阪市内にある100 [続きを読む]
  • カルガモ走行」でETC不正通過の男を逮捕
  •   バイクで首都高速道路の自動料金受領システム(ETC)を不正に通過したとして、警視庁交通捜査課は道路整備特別措置法違反容疑で、東京都板橋区成増の建設作業員、楫(かじ)鉄平容疑者(32)を逮捕しました。 同課によると、楫容疑者は昨年8月から今年1月、車間距離を詰めて走る「カルガモ走行」と呼ばれる方法で、58回にわたり不正にETCを通過し、計5万3940円分の支払いを逃れようとしました。 [続きを読む]
  • アダルトサイト「未納」と、2000万円詐欺
  •   埼玉県警は、同県深谷市の会社員男性(60)が特殊詐欺で、計2096万円分をだまし取られたと発表しました。 深谷署によると、5月末、アダルトサイト使用料の未納を指摘するメールが男性の携帯電話に届き、男性が記された番号に電話すると「28万円の未納がある。27万7千円は過払い金で戻ってくる」などと言われ、コンビニで電子マネー28万円分を購入しました。その後、別の男から「他のサイトでも94 [続きを読む]
  • 「くまモン」無断使用で告訴
  •   熊本県は県のPRキャラクター「くまモン」を、人形焼きのデザインに無断で使用したとして、県内の移動販売業の男2人を著作権法違反容疑で県警に告訴しました。くまモンの不正利用に関する刑事告訴は初めてで、県警は2人を熊本地検に書類送検しました。 県の発表によると、2人は今年1、3月、県内のスーパー敷地内で、県の利用許諾を受けずに、くまモンをかたどった人形焼きを移動店舗で販売し、県の著作権を [続きを読む]
  • 最高裁が花押を「印」と認めず
  •   毛筆などで記す「)花押(かおう」が遺言書に必要な「押印」に当たるかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は、「押印とは認められない」と初めての判断を示し、遺言書を無効としました。その上で、花押を押印と認めた1、2審判決を破棄し、相続について審理を尽くすため、福岡高裁に審理を差し戻す判決を言い渡しました。 判決によると、遺言書は、琉球王国の名家の末裔(まつえい)にあ [続きを読む]
  • ウィンドウズ10更新「強制的」で釈明
  •   日本マイクロソフトは、利用者がキャンセルしなければ最新基本ソフト「ウインドウズ10」に自動更新される仕組みを変えない考えを示しました。 「10」への更新は現在無料だが、7月30日以降は1万7600円(税抜き)かかるようになりますが、マイクロソフトは自ら予約日時を設定し、パソコンに予告通知を表示する仕組みを5月に導入し、キャンセルしなければ自動更新されるため、知らぬ間に更新されたと感 [続きを読む]
  • 無許可でダンス、無罪判決確定へ
  •   2012年に、大阪府公安委員会の許可を受けずに客にダンスをさせたとして、風俗営業法違反罪に問われた大阪・キタのクラブ「NOON」の元経営者、金光正年被告(53)が、最高裁第三小法廷(木内道祥裁判長)の決定で一、二審の無罪判決を支持し、検察側の上告を棄却しました。昨年1月の二審・大阪高裁判決は、「男女が組になって接触するダンスをさせる営業」が風営法で規制されていると指摘し、金光被告が経営 [続きを読む]
  • 所属モデル女性にAV出演強制させ、社長ら3人逮捕
  •   所属モデルを強引にアダルトビデオ(AV)の撮影現場に派遣したとして、警視庁が東京都渋谷区の芸能プロダクションの社長ら男3人を労働者派遣法違反容疑で逮捕されました。同庁は、男らが内容を知らせないまま交わした契約書を悪用して出演を強要したとみて調べています。 捜査関係者によると、社長らは2013年頃、所属していた当時20歳代の女性モデルを本人の意思に反して都内の撮影現場に派遣した疑いで、女 [続きを読む]
  • 「食べログ」最高裁は投稿削除認めず
  •   飲食店の口コミサイト「食べログ」に掲載された投稿などの削除要請に応じてもらえず、営業権などを侵害されたとして、和食店を経営する札幌市の男性が、サイト運営会社「カカクコム」(東京)に削除などを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は原告の上告を退けました。これで原告の請求を棄却した1、2審判決が確定しました。 1、2審判決によると、男性側は2012年、食べログの会 [続きを読む]
  • 偽造カード事件・3分間で7回引き出す
  •   偽造されたクレジットカードが全国のコンビニエンスストアのATMで一斉に使われて多額の現金が引き出された事件で東京都内の事件で、逮捕された男は僅か3分間に7回にわたって現金を引き出していたことが分かりました。警視庁は、男に依頼した指示役など実態の解明を進めています。 逮捕されたのは、東京・北区の建設作業員、和泉智之容疑者(34)で、警視庁によりますと、先月15日、東京・荒川区のセブン [続きを読む]
  • コンビニATMから14億円不正引き出し
  •   全国17都府県のコンビニエンスストアで、偽造クレジットカードとみられるカードが使われ、現金自動預払機(ATM)から計約14億円が一斉に引き出されていたことがわかりました。いずれも南アフリカの銀行から流出したカード情報が悪用されたとみられ、警察当局は、背後に大規模な国際犯罪組織があるとみて捜査しています。 捜査関係者によると、ATMを設置した銀行側が5月15日午後、都内のコンビニAT [続きを読む]
  • 後見弁護士らの着服が昨年37件で、過去最悪
  •   認知症高齢者や親権者のいない未成年者らの財産管理などを行う後見制度で、弁護士や司法書士らの「専門職」による着服が昨年1年間に37件(前年比15件増)確認され、2010年の調査開始以来、過去最悪だったことが最高裁の調査でわかりました。 被害総額は、金額を特定できない2件を除き、計1億1000万円に上りました。その一方、親族らを含む後見人全体の着服件数は521件(同約37%減)、被害金 [続きを読む]
  • 中国が海外購入品の課税強化
  •   中国政府は、海外の旅行先などで買った商品を国内に持ち込む際の課税を強化する措置を導入しました。中国財政省によると、酒や化粧品にかけられる税率がこれまでの50%から60%に、高級腕時計は30%から60%に、食品が10%から15%にそれぞれ改められるなど、多くの品目で引き上げられています。また、中国国内の一部の空港では海外から持ち込まれた手荷物の検査をこれまでより厳しく行っていきます。さら [続きを読む]
  • タンス預金増加で1万円札を1億8千万枚増刷
  •   財務省は、2016年度に印刷する1万円札を前年度より1億8000万枚(1・8兆円分)多い12億3000万枚(12・3兆円分)とする計画を決めました。1万円札の印刷枚数はここ数年、年間10億5000万枚で横ばいでしたが、日本銀行が始めたマイナス金利政策の影響で利息が低下した銀行預金ではなく、自宅などで現金を1万円札で保有する「タンス預金」が増えています。 マイナンバー(共通番号)制度 [続きを読む]
  • 「猫多すぎる」と,猫カフェ業務停止
  •   東京都は猫とふれあいながら飲食できる猫カフェの運営会社「ねこのて」(東京都墨田区)に対し、繁殖の制限や病気の治療について、都の指導に従わなかった動物愛護法に基づき、1か月間の業務停止を命じました。都によると、猫カフェの業務停止は全国初です。 発表によると、同社が墨田区内のビル2階で運営する店舗の利用者から「猫が多すぎる」といった指摘があり、都は昨年12月、立ち入り検査を実施し、猫が [続きを読む]
  • 大阪府警が逮捕者の814人を生活保護支給停止
  •   逮捕・勾留された容疑者への不必要な生活保護費の支給を防ぐため、大阪府警は大阪市に容疑者情報を通知する全国初の制度を4月1日から正式実施すると発表しました。 この制度は勾留中に公費で食事や医療を提供される容疑者に対し、生活保護の「二重支給」を防止するのが目的で、大阪府個人情報保護審議会が今年2月の答申で正式実施を認めました。制度自体は平成26年7月から試行しており、市は今年1月までに [続きを読む]