milk さん プロフィール

  •  
milkさん: 道後の町、松山でプロトコールを伝えたい
ハンドル名milk さん
ブログタイトル道後の町、松山でプロトコールを伝えたい
ブログURLhttp://ameblo.jp/letoitrouge/
サイト紹介文道後の町、松山でフランス料理店をしています。愛犬ミルクと娘のプー。何物にも代えがたいワンコたち。
自由文10月27日にプーはお星様になりました。11年過ごしたプーを、突然失った母親犬のミルク。
日を追うごとに「なぜプーはいないの?」と悲しそうな顔をします。大丈夫だよ、ママがいるから。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2010/11/02 16:26

milk さんのブログ記事

  • 桜色の舌平目♪
  • 春のメニューがはじまっています。 今回の魚料理は舌平目。 きれいな桜色です。 帆立のムースをはさみ、ふっくらと焼き揚げたら・・・・・、 魚は瀬戸内の新鮮なものが入ります。松山で飲食なさっている方は皆さんそうですが、恵まれてるな・・・・と思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[コースメニュー]Ⅰ、5品コース    70 [続きを読む]
  • ボルドーのシラー
  • 昨年でしたでしょうか、福岡市とボルドー市が姉妹都市ということで、中州に「オーボルドー」というワインバーができました。 不思議なご縁で、このバーの取締役に就任していらっしゃるかたが、私の出身高校の2つ後輩。ということで、彼女のお奨めのワインを一本購入いたしました。 「ボルドーでもシラーがあるんですよ」との言葉に惹かれたワインです。さっそく、昨夜のおうちワインに。 南仏のシラーほどは重くな [続きを読む]
  • ワイン会のおしらせ
  • すばらしい景色です。 いつも一緒にワイン会のワインをセレクトしてくださる向井酒店の三好さんは、現在南アフリカを旅行中です。 マスターオフワインの大橋さんについて、南アフリカワインについて研修しているはず。 タイムリーなことなので、4月の「マダムセレクトワインを楽しまnight」は、南アフリカの土産話と今飲むべき南アフリカワインを楽しみます。 MWの大橋さんから、どんなことを吸収してくるの [続きを読む]
  • ブルゴーニュ ルージュ様々
  • 昨夜のおうちワインです。 同じブルゴーニュ・ルージュでも、造手によって味わいは様々です。こちらのロベール・シルグは自然派(リュット・レゾネ)ワインです。とても繊細なので、お手元に届きましたら十分休ませてお召し上がりください。 今までいただいたブルゴーニュ・ルージュの一部。 一番手が伸びるのはジョセフ・ロティ、こちらもリュット・レゾネとか。 ブルゴーニュ [続きを読む]
  • 春のメニューになりました。
  • ここ数日間冬のような寒さに、あわてて冬物を羽織る日が続いておりましたが、桜も開花宣言など確実に春の声を届いています。 ル・トワ・ルージュのメニューも春のメニューに変わります。 こちらは、春野菜のテリーヌ。十数種類のお野菜が入っていますよ。トマトウォーターのゼリーでほのかな酸味もアクセント。 フランス料理=舌平目・・・・というイメージの方、意外と多いのです。今回はその舌平目を魚料理 [続きを読む]
  • すてきなポーセラーツの小物入れ?
  • 人のご縁とは不思議なものです。先日のワイン会もそう、ソムリエの資格を取らなかったら集まらなかったメンバーです。 そして昨夜、ル・トワ・ルージュを訪ねてくださった佳奈さんもそんなお一人です。昨年の、丸山洋子先生の出版パーティーで初めてお会いしたのですが、思えば不思議なご縁です。 会席料理の趣味の域を超えた腕をお持ちの佳奈さん、FBでそのお料理を拝見するのが楽しみです。先日彼女のFBに素敵な陶器の [続きを読む]
  • グロ・フレール・エ・スール
  • 2月から始めたワイン会でございます。女性だけで美味しいワインを楽しみました。 前回いただいた、ヴォーヌ・ロマネ1erをエシェゾーと比較しながら味わいました。このヴォーヌ・ロマネには、エシェゾーのブドウが入っているといわれています。それも、30年近く経っていると。 確かに飲み比べてみると、値段と比較すると味わいの差は大きくはないですね。 ただ、其々の余韻は異なってきます。エシェゾーの鼻に抜 [続きを読む]
  • ブルゴーニュの自然派ワイン
  • 最近は「自然派ワイン」がとても人気です。 印象としては、ライトな感じがいたします。ル・トワ・ルージュで取り扱っているワインにも「自然派」はあるのですが、作り手自体もそのことを大きくは掲げていません。 今回は「自然派ですよ」と謳っているワイン・・・・、なんだか変な表現ですけど。 画像はbyシェフ。わたしは欠席でございました。なので、味の感想も言えません・・・・。 シェフが取ってくれた [続きを読む]
  • 舌を鍛える。
  • 今日は午後から、ソムリエ協会のテイスティングセミナーを受講いたします。ソムリエ協会の重鎮、石田さんのレクチャーを受けます。先に受講した方にうかがうと、ビシビシとワインコメントを求められるとか。石田さんの著書、こちらで予習してまいりましょう。?? [続きを読む]
  • アンパンマンに乗って。^ ^
  • 皆様、連休はいかがおすごしですか?今日は第三月曜日ですので、ル・トワ・ルージュはお休みでございます。さて、これからJRで神戸まで。松山からは特急しおかぜ、アンパンマンの列車で有名です。岡山で新幹線にのりかえます。旅のお供のキャリーバッグ。これは、20年近く使ってます。最近、航空会社の扱いが悪くすっかり汚れてしまいました。新しいのを買ったのですが、このサイズが一番使いやすく、結局今回も旅のお供です。さあ [続きを読む]
  • フォアグラ嫌い。
  • お客様のなかで、「フォアグラ食べれないんです。」という方は意外と多いものです。”生臭い”というイメージがおありのようです。 先日も、そんなお客様。でも、お連れの方が大好きでいらして絶対に食べようとお誘いになる。私も援護射撃をしまして、しぶしぶ注文することに・・・・。 今のフォアグラ料理は「フォアグラのブリュレ」です。 「いかがでした?」とお伺いしますと、「とてもおいしかったです。」とい [続きを読む]
  • ローズド・マラケッシュ
  • 「オイル美容」という言葉が使われて、もうかれこれ。私が独身の頃に注目浴びていたのがスクワランオイルでした。サメの油ですね。でも、品質が悪いと生臭いんです。 オイルを使う時は、品質を十分に考慮しなくては逆効果になることも。 私が長く使っているオイルの一つに、ローズド・マラケッシュのアルガンオイルがあります。アルガンオイルの火付け役ともいえるブランドです。 その中でも特に気に入っているのが [続きを読む]
  • ハニーのあんよ。
  • 去年の7月以来、4回目のハニーのアトピーの診察、様子を見て処方されたお薬が送られてきました。 かつて、ハゲハゲだったあんよも・・・・ なんということでしょう、普通になりました。背中のぶつぶつも無くなり、7月以来シャンプーは相変わらず禁止。でも、何の問題もありません。 ハニーばっかりとってたら、モコが「私も撮って。」ってやってきました。ばっちりカメラ目線。 今日も良いお天気です。今日 [続きを読む]
  • 美しい料理・・・・。
  • ディナーメニューにもランチメニューにもお出ししている「サーモンと帆立とアボガドのタルタル」(キャビアはディナーのみ)。お客様にお出しすると、「わ〜〜、きれい」とおっしゃってくださいます。 私の中では地味な料理・・・・なんですが。 でも、とても美味しいのです。サーモンとアボガドとほたて、トマトなどを合えたものですが、丁寧に切られた食材は美しいと感じます。 シェフが丁寧に丁寧に切っている姿 [続きを読む]
  • 春の味をいただきました。
  • 恒例の休日のお出かけでございます。 久し振りに、はまさくさんへ。春のお料理をいただきました。 ワインはこちら。ヴォーヌ・ロマネは、ちょっとインパクトにかけたかな・・・・。もう少し置いた方がいいのかしら・・・・。来年まで待ちましょう。 先日、ご来店のお客様が「次は牡蠣のグラタンだから、やっぱり白でしょ。」とおっしゃったのですが、ボルドーのシャトー・ピエライユをお勧めしました。メルロ主体の [続きを読む]
  • 春うらら・・・・。
  • 春らしいお天気です。我が家のモコとハニーも、ベランダに出してよとおねだり。あっちとこっちでひなたぼっこ・・・・・。 私的には花粉が気になるところですが、今日は1日モコとハニーと過ごしましょう。 4月からの忙しい日々のために、エネルギーチャージでございます。 皆様も、素敵な1日を。 [続きを読む]
  • セージのちから。
  • 花粉症ですね・・・・数年前に受けた皮膚科の先生が、私の肌のトラブルについてそうおっしゃいました。 やっぱりそうなんでしょうか、ここ最近顔のところどころが赤くなっています。 眉のあたり、目の周り、小鼻の脇・・・・。 でも外に出ないわけにはいきませんので、帰ってきたらとりあえず洗顔です。オセアントのジェル・ムッサン。そうそう、ボトルとデザインが変わったのです。テクスチャーも変わりましたが、 [続きを読む]
  • 春のブルー
  • ブルースター・・・・水あげの悪い花ですが、これはしかりと水揚げされています。こうなると逆に、花もちがいいのです。 ブルースターのブルーは、とても品がいい・・・・と私は思うのです。品のいいブルーと言えば「ロイヤルブルー」に代表されますが、このブルーにはグレース・ケリーのような品の良さを感じます。 マナーって上品に振る舞うというイメージがありますが、本来は「欲」の抑制のために生まれたものとも言 [続きを読む]
  • 卒業シーズン
  • 昨日は、講師をさせて頂いている専門学校の卒業式でした。先生の2年間の苦労が報われる瞬間です。辛かったこと、大変だったこともうれし涙に変わっていきます。 以前、「教えることほど尊いものはないですよ。」という言葉に押されて私も講師を始めましたが、教えるより教えられることの方が多いですね。これほど自分が学べる場所はないかも知れません。 先生、ありがとうと送られた花束。こちらこそ。 そして昨日 [続きを読む]
  • オーガナイズ
  • 一昨年、「つるちゃんのライフオーガナイズ講座」を受けました。 ”習い事あるある”ですが、講座を受けて時間が経つとついついなおざりになってしまう。先月から時間を見て、まだ手を付けていなかった子供部屋を片づけました。 壁に設えた本棚に、長男の科学書を含めもう見ないであろう本がたくさんあります。それを思いっきり片づけました。 こんなときは、あそこにお世話になろう!!と、出張を依頼して2週間ほ [続きを読む]
  • 夢のみかん。
  • 愛媛は、言わずと知れたみかん王国。松山にきたころ、お弁当の上に皆みかんを乗せていたのが印象的でした。 その頃の高級ミカンと言えば伊予柑。でも、食べにくさもあって今はちょっとすたれた感は否めません。 そして、毎年のように新しいみかんが開発されてきました。昨年、衝撃を受けたのが「甘平」です。 その甘平をエンジェル君が届けてくれました。それも東西の横綱ともいうべき「せとか」もいっしょに。その [続きを読む]
  • 京料理 木乃婦から学ぶ。
  • 昨日はランチタイムにお休みをいただき、「京料理 木乃婦」のご主人、高橋拓児さんの講習会に行ってまいりました。 シェフが支部長を務める辻調理師学校のOBで構成されたコンピトゥム愛媛県支部開催の講習会でした。もちろん、一般の方も参加OK。 この会では、これまでも有名料理人にお声をかけて講習会を開催してまいりました。それも、料理学校のトップともいえる辻調の名前のなせる業ではないでしょうか。 [続きを読む]
  • 鬼がいる町
  • 愛媛県には、日本で唯一「鬼」の字が付く「鬼北町」があります。 道の駅には、こんなすごい形相の鬼の像があります。あまり趣味のいいものではありませんが、迫力があるので結構人気のようです。 去年、その鬼がさみしかろうとお嫁さんが来て子供まで。 こちらも趣味がいいと共感するものではありませんが、「うるせいやつら」のラムちゃんににてると、これまた人気のようです。 実はこの鬼北町、雉の養殖に力 [続きを読む]
  • 人生フルーツ
  • 昨日は、思いがけず「人生フルーツ」を観てまいりました。 90歳になる建築家、津端修一さんご夫婦の日常を映したもの。ドキュメンタリーの中で修一さんがお亡くなりになるのは驚きました。 人生はフルーツという。いつかその実も落ちて大地に戻り、また実をつける。確かにね・・・・・。 昨夜のお客様は、なんということでしょう・・・・皆様、お誕生日や結婚記念日でいらっしゃいました。こうして、時を重ね甘い [続きを読む]