duck4 さん プロフィール

  •  
duck4さん: duck4のデンマーク留学
ハンドル名duck4 さん
ブログタイトルduck4のデンマーク留学
ブログURLhttp://duck4.blog74.fc2.com/
サイト紹介文デンマークのフォルケホイスコーレ留学の中に、フィールドワークをした内容を、1冊の本にまとめました。
自由文ヒュッゲの国デンマークのフォルケホイスコーレに留学をした、私は、多くの人々と出会いました。その留学の目的は、デンマークの教育、生涯教育、福祉事情を、学校、企業、福祉施設、農家、幼稚園を訪問して、フィールドワークをして、それを、一冊の本にまとめることでした。そして、日本にも、一生涯学べる、ホイスコーレのような学校の存在を、皆さんに知ってもらいたいと思いました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/11/02 21:24

duck4 さんのブログ記事

  • もしかしたら片足を怪我しているかも!?
  • 3月下旬になっても30羽ほどのハクチョウさんたちが、duck4の定点観測ポイントには、まだいます。ところで、週末行った餌場でのフィールド調査で確認できた、頭部にコブのようなものがあるオオハクチョウさんとそのパートナーが姿を現しました。頭の形が特徴的な仔だったので、覚えていました。写真の一番後ろにいるのがその仔です。(一番後ろにいるのが頭部にコブのようなものがオオハクチョウさん!)そして、この日も、またケ [続きを読む]
  • ハラハラドキドキさせられる別れ!
  • この日の朝も、また浅瀬で羽をしている子どものコハクチョウさんが動かず休んでいました。近づいて来てくれればと、地元の方とも話していましたが、やはり、ケガの状態が思った以上にひどいのでしょうか。心配です。そして、上流では、まだコハクチョウさんの群れがいました。あの工事のヒトが両岸にロープを張ったところを離れてきたようです。そこには、あのduck4にも近づいて来るコハクチョウさんのYちゃんもいました。(近づく [続きを読む]
  • ハクチョウさんが降下する川に4本の作業用ロープが!
  • ハクチョウさんが降下する川に4本の作業用ロープが!夕方、七北田川に行ってみると、両岸に4本もロープが張られていました。そして、その下を1羽のハクチョウさんが泳いでいました。(黄色のロープが張られたところを泳いでいる1羽のハクチョウさん!)すると、数羽のハクチョウさんが、このロープを張ったところに降りようとしました。そして、とっさに、「あぶない!」と心の中で叫びました。それに気づいたわけではありませ [続きを読む]
  • 調査結果を比較すると!
  • 3月中旬になり、七北田川がある仙台でも最高気温が10度以上を超えるようになりました。本当に、暑さ寒さも彼岸までというように、春めいてきました。ただ、今シーズンは、まだまだ多くのハクチョウさんたちが残っています。この日も90羽ほど、ここで一夜を過ごしたようです。そのうち20羽はオオハクチョウさんでした。繁殖地には5月中旬に着けばいいので、まだ急ぐ必要がないのですが、これだけの数がいるので驚いています [続きを読む]
  • 100羽から80羽に!
  • 3月の仙台は、まだまだ寒いです。今シーズンが例年よりもユキが少なかったのですが、数日前に、ちょっと降りました。また、この日の早朝には100羽ほどのハクチョウさんがいました。その8割近くがコハクチョウさん。例年だともうほとんど飛び去ってしまうので、この時期までたくさん残っていることに驚いています。(5羽の子どもたちを連れた家族と斑ちゃん、チンさん、シンちゃん!)(100羽ほどいた雪の日!)そして、翌 [続きを読む]
  • そばをうろつくミルクちゃん!
  • 他の仔たちに気が取られていると、いつの間にか、すりすり近づいていることがミルクちゃん。この時、浅瀬に上がって、duck4の近くをうろついていました。「ここにいるから、こっちを見てよ!」とでも言っているようでもあります。(目立つように通り過ぎるミルクちゃん!)そして、目立つように通り過ぎるミルクちゃん。それも、白鳥語で話さない代わりのコミュニケーションのひとつなのでしょうか。ハクチョウさんたちと接してい [続きを読む]
  • 砂の上は苦手なのかなチンさん!
  • 浅瀬の上を歩いているチンさん。どうも砂の上は苦手なようで、よたよた歩いていました。それとも足腰が弱っているのでしょうか。歩いているチンさんの姿を見ていて、ちょっと心配になりました。(首を下に向けて歩くチンさん!)(水かきが内股のチンさん!)(視線を外すチンさん!)でも、チンさん。アドちゃん、ミルクちゃんの次に、そばまで歩いて来て、近づいて来てくれます。もし、足腰に持病がある仔なら、そこまでしないは [続きを読む]
  • オオハクチョウさんのYちゃんに対して騒ぎ出す滞在組!
  • 日の出から1時間もすると、ほとんどのコハクチョウさんたちは、餌場に出かけてしまいます。しかし、オオハクチョウさんたちは、出かけようとはしません。お出かけが、ゆっくりのようです。すると、他の事に気を取られていると、こちらに向かって泳いで来る1羽のオオハクチョウさんがいました。(近づく1羽のオオハクチョウさん!)「こっちを見てね!」と言わんばかりに、duck4の目の前で羽を広げてアピールをする仔。それは、ア [続きを読む]
  • 足の白いオオハクチョウさん!
  • 1羽気になるオオハクチョウさんがいました。それは、水かきが白い仔です。見ると上の方が白くなって見えます。足に何らかの持病があるのでしょうか。アドちゃんの水かきの裏にも白く見るときがありますが、おそらく、コンクリートブロックの上を歩いたりして磨耗したのでしょうか。そう思うこともあります。また、この仔は、早朝1羽でいたので、仲間から遅れたのではないかとちょっと心配もしています。(水かきが白くなっている [続きを読む]
  • 6年目の3.11で思うこと!
  • いつもの定点観測ポイントには、5羽の子どもたちを連れたオオハクチョウさんの家族がまだいました。おそらく、南で越冬していて、立ち寄ったのかもしれません。(5羽の子どもたちを連れたオオハクチョウさん一家!)また、多くの越冬していた強いオオハクチョウさんがすでに旅立ってしまったので、滞在組のハクチョウさんたちも、ここに戻って来ました。そして、アドちゃん、ティちゃんを除く滞在組は、あの震災の後の逆流する津 [続きを読む]
  • 今シーズンは多い七北田川!/東日本大震災から6年!
  • 今シーズンは多い七北田川!3月9日に宮城県内500箇所で行われた今シーズン第3回目の渡り鳥一斉調査結果によりますと、33,063羽のガン、カモ、ハクチョウ類が確認されてそうです。うち、ガンさんが14,838羽(+14,166羽)。カモさんが17,812羽(17,812羽)。ハクチョウさんが386羽(+18羽)でした。ちなみに、duck4の定点観測ポイントでは、149羽(+141羽)でした。いかに、今シーズンは、突出して多 [続きを読む]
  • もしかしたら!
  • 今シーズンのブログの常連さん。スミス夫妻、フランソワさん一家、親と別れた2羽の子どもたち、薄い黄色のクチバシの成鳥さん、よく、目の前に姿を現したオオハクチョウさんたちです。きっと、duck4のこともわかっていたはず。しかし、この日の早朝を最後に見ていません。もしかしたら、もう旅立って行ったのかもしれません。この日は、皆勢ぞろいしていたので、もしやと思い、心の中で次のように語りけていました。「どうか、ま [続きを読む]
  • 強がる両者!
  • ハクチョウさんは、結構、プライドが高いとことがあるようです。そう思った瞬間は、2組の家族の小競り合いからです。最初、2羽の子どもたちを連れた家族が、興奮状態になったと思いきや、そのあと5羽の子どもたちを連れた大家族が、羽を広げて自分たちの存在を意思表示を始めました。(興奮状態になる2羽の子どもを連れた家族!)(大きな声で鳴き出す家族!)こうなると、両者、意地と意地の張り合い。子どもたちの方が、親鳥 [続きを読む]
  • 後を追いかけるアドちゃん!
  • 「アドちゃん!おはよう!」いつもの定点観測ポイントに、来ていました。(アドちゃん!)そして、数えるために上流へと歩いて行きました。まだ、七北田川には、ハクチョウさんが100羽以上います。今シーズンは、たくさんいます。そんなコハクチョウさんの群れを素通りで後を追いかけて来たアドちゃんがいました。浅瀬で、立っていると、また近づいて来ました。(再び近づくアドちゃん!)「アドちゃん!後を着いてきたんだね! [続きを読む]
  • 中継地の七北田川!
  • 七北田川には、まだ100羽以上のハクチョウさんがいます。ただ、最近、見慣れないオオハクチョウさんが飛来するようになりました。それも2組の家族です。1組目のオオハクチョウさん一家は、親と2羽の子どもたちのクチバシに、黒い部分に黄色い斑点があります。この子達は、親のクチバシの模様が遺伝したのではとすぐわかりました。もしかしたら、見分けられるかもしれないと、来シーズンへ向けてのひそかな愉しみにしていると [続きを読む]
  • これから宜しくリクちゃん!
  • 2羽新たにケガをしているハクチョウさんのお話を紹介しましたが、そのうち1羽の幼鳥のオオハクチョウさんを見かけません。もしかしたら、治癒して飛べるようになったのかもしれません。ただ、12月に羽をケガした成鳥のオオハクチョウさんは、自然治癒できず、このままだと居残ることになるかと思います。昼間は、独りぼっちでお留守番をしています。でも、一緒に旅をして来た飛来組の仲間の仔たちもまもなくいなくなるはず。「今 [続きを読む]
  • 後ろが気になるアドちゃん!
  • ずっと、duck4の後をつけてきたアドちゃん。この浅瀬にやって来ました。そして、たぶん、こんなことを言いたかったのかもしれません。「アドだよ。ついてきたんだよ。こっち見てよ!」そんなアドちゃんに接するたびに、やはり、カワイイと思ってしまい、つい甘やかしてしまいます。そのことをお見通しのようです。(アドちゃん)すると、アドちゃん。何か、緑色の葉っぱを発見。おそらく、誰かが、まもなく渡りをするハクチョウさ [続きを読む]
  • いつものところに戻って来た滞在組!
  • 今朝も、まだ100羽ほどのハクチョウさん。でも、旅立ちもまもなくでしょう。そんなことを思うと、ちょっと感傷的になります。そして、やっとこの時期になると、顔なじみのハクチョウさんに出会うことがあります。それが、この2羽のオオハクチョウさん。左側が羽をケガしているリクちゃん。近づいて来てくれるといことは、duck4のことをわかっているのかもしれません。右側の仔は、クチバシにY字の黒い模様があります。クチバシ [続きを読む]
  • 新入り家族の飛来で騒々しい朝に!
  • いつもの定点観測ポイントには、見慣れない2羽の幼鳥を連れてきたオオハクチョウさん一家が飛来して来たようです。こうなると、自分たちの縄張りに新たな侵入者が入ってきたと驚く滞在組。特に、リーダーの斑ちゃん、チンさん、シンちゃん、ミルクちゃんは、臨戦態勢に入りました。羽を広げて、大きな声でけたたましく鳴くこで追い払おうとしました。それに対して、新入りの家族も興奮のボルテージが上がり、あたりが騒然としてき [続きを読む]
  • まもなくお別れ!
  • まもなくお別れ!七北田川には、まだ100羽以上のハクチョウさんが逗留中。特に、今、コハクチョウさんが多いです。もしかしたら7割ほどコハクチョウさんでしょうか。オオハクチョウさんが少数派になっています。ただ、近づいてくるのは、圧倒的にオオハクチョウさん。ということは、ここで越冬していて、duck4のことを知っているからだと思っております。そして、もう3月。いつもの年だと3月上旬には、七北田川で越冬していた [続きを読む]
  • 飛んで来た斑ちゃん!
  • 浅瀬でコハクチョウさんたちを数えている時、上流の橋からduck4に近づいて来る鳥影。それは、あのアドちゃん。呼んでもいないのに、いつの間にかここにいたのには驚きでした。きっと、この時間に来ることがわかっていたのでしょうか。アドちゃんの記憶力のすごさを実感いたしました。(アドちゃん!)それから、上流から帰って来ると、そこには、ミルクちゃん、シンちゃん、アドちゃん、ティちゃんがこちらに向かって泳いで来まし [続きを読む]
  • 信頼してくれているのかなチンさん!
  • 「チンさん。そのおかっぱヘアスタイルかわいいよ。」と話しかけてみました。すると、チンさん。「そうかしら!」心の中でつぶやきながら、嬉しそうな表情でレンズを覗き込んでいました。(おかっぱ頭のチンさん!)チンさんの特徴のひとつに、このヘアスタイル。他の滞在組のハクチョウさんには、このような髪型の仔はいません。そして、この時は、胸を張ってこちらを見つけているようです。(胸を張って見つめるチンさん!)とこ [続きを読む]
  • 塒と餌場の定点調査!
  • 週末に、七北田川の塒と近くの餌場の定点観察を実施しているduck4。2月から7回行いましたが、いろいろわかってきました。ちなみに、1回目は、早朝6時30分から7時の間。約150羽ほどのハクチョウさんたちが定点観測ポイントにいて羽を休めていました。2回目は、午前10時から10時半の間。この時間帯には15羽のハクチョウさんたちが七北田川にいました。その中には、もちろん、6羽の滞在組、スミスさん夫妻、フランソ [続きを読む]