duck4 さん プロフィール

  •  
duck4さん: duck4のデンマーク留学
ハンドル名duck4 さん
ブログタイトルduck4のデンマーク留学
ブログURLhttp://duck4.blog74.fc2.com/
サイト紹介文デンマークのフォルケホイスコーレ留学の中に、フィールドワークをした内容を、1冊の本にまとめました。
自由文ヒュッゲの国デンマークのフォルケホイスコーレに留学をした、私は、多くの人々と出会いました。その留学の目的は、デンマークの教育、生涯教育、福祉事情を、学校、企業、福祉施設、農家、幼稚園を訪問して、フィールドワークをして、それを、一冊の本にまとめることでした。そして、日本にも、一生涯学べる、ホイスコーレのような学校の存在を、皆さんに知ってもらいたいと思いました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/11/02 21:24

duck4 さんのブログ記事

  • 中継地の大沼のハクチョウさんたちの傾向とは!
  • バードハウスを管理しているいつものスタッフさんに聞いたところ「慣れているのはオオハクチョウさんで、おそらく、ヒトの生活圏の近いところで繁殖を行っているからでしょう」とおしゃっていました。七北田川でもオオハクチョウさんの方が、よくduck4に近づいて来る傾向があります。(近くを歩いている2羽のオオハクチョウさんの幼鳥!)そして、大沼で見ていると、近くにいるのがオオハクチョウさんの方が、比較的多かったので [続きを読む]
  • 稚内大沼で出会った目が充血しているオオハクチョウさん!
  • 4月下旬の稚内にある大沼。このシーズンは、北のシベリアへ戻るハクチョウさんたちが集まる中継地になります。今年もまた来ました。そこで、見ていると1羽気になるオオハクチョウさんを発見。首に何かついていました。それは、泥のようです。(首に泥をつけたオオハクチョウさん!)しかし、それだけではありません。何か、目が充血しています。(充血した目!)(反対側の目も!)duck4も今まで出会ってきましたが、目が充血し [続きを読む]
  • 餌場と塒を往復するハクチョウさん!
  • 餌場と塒を往復するハクチョウさん!餌場と塒が隣接しているので、中継地には本当に適しているのでしょう。牧場では、たくさんのハクチョウさんが新鮮な草をついばんでいました。(牧場を餌場にしているハクチョウさん!)ここは、稚内の大沼にあるバードハウスのそば。この日は、空気が澄み渡っていたので、ユキに覆われた利尻富士がくっきりと見えました。スタッフさんのお話によりますと、「この風力発電用の風車の回転する音が [続きを読む]
  • 春本番で遠出する滞在組!
  • 一方、4羽の滞在組のハクチョウさんの斑ちゃん、チンさん、シンさん、アドちゃんは、上流の堰まで出かけていました。そして、遠くから「コーイ!コイ!」と白鳥語で呼んだのですが、近づいてくれませんでした。もしかしたら、水が勢い良く流れていたので、近づけなかったのかもしれません。この堰の近くにあるサクラ並木まで出かけるようになると、もう飛来組の姿もなく、滞在組のハクチョウさんたちのみになります。(滞在組の斑 [続きを読む]
  • リクちゃんのお顔の特徴!
  • とある朝。七北田川には、7羽の滞在組のみになりました。そして、2つの群れに別れて行動していました。ひとつの群れは、リーダーの斑ちゃん、チンさん、シンさん、アドちゃんで、桜並木がキレイな上流にある堰まで出かけていました。一方、ミルクちゃん、ティちゃんともう1羽ケガをしているオオハクチョウさんのリクちゃんが一緒にいました。どうやらリクちゃんも滞在組の仲間入り!?を果たしたのでしょうか。(ミルクちゃん、 [続きを読む]
  • 電線で休んでいるツバメさん!
  • 春になり住宅地でもツバメさんが飛び回る姿を見かけるようになりました。きっと、巣の場所を見つけ、つくり、子育ての準備を始めているのでしょうか。七北田川でもツバメさんが水面ギリギリを飛びまわっています。水を飲んだり、体を清潔にして水浴びをしたり、また食べ物の虫でも探しているのでしょう。でも、そんな飛び回っているツバメさんを撮影するのは至難の業。もしチャンスのときは、電線で休んでいる時です。おそらく、こ [続きを読む]
  • 七北田川のカワアイサさんのお友達!
  • 七北田川の常連さんの鳥さんのひとつ。それが、オスのカワアイサさんです。近くにメスもいました。ツガイだったのでしょうか。(カワアイサさん!)カワアイサさんは、渡り鳥ですが、頻繁に見かけます。もしかしたら、ここにいついている仔なんでしょうか。(カワアイサさん!)(サクラの花びらと幹の鼓動!)大雨で感じる季節の移ろい!大雨が降るようになり、川が増水するということは、季節が、春から初夏へと向かっていること [続きを読む]
  • 七北田川のアオサギさんのお友達!
  • カメラを向けると、すぐ飛び去ってしまうアオサギさん。でも、この時は気づかず、おさまってくれました。倍率の高いカメラで撮影したからでしょうか。それとも、duck4に気づいていなかったのでしょうか。毎年、春なると、ここから約2〜3キロほど離れたところにサギさんたちの繁殖コロニーがあります。4月にもなったので、そろそろ子育ての準備のため巣を構えているのかもしれません。子どもが生まれると、よく餌場と巣を行き来す [続きを読む]
  • 七北田川のカルガモさんのお友達!
  • 1年中いてくれる鳥さんと言えば、それは、カルガモさんたち。給餌中には、滞在組の周りに集まってきて、横取りしています。特に、マイペースなアドちゃんなんかはよく被害にあっています。小回りがきくので、体の大きなハクチョウさんには、あのような俊敏な動きは出来ないからなんでしょう。ただ、そんなカルガモさんも油断すると、ハクチョウさんに捕まって、痛い目にあっているところを何度ともなく目撃しています。そして、ち [続きを読む]
  • 片足を骨折している子どものコハクチョウさん!
  • ミルクちゃん!クチバシに水滴が着いているミルクちゃん。水を飲んでいたのでしょうか。(水滴がついているミルクちゃん!)ミルクちゃんの特徴はV字のヘアスタイルです。そして、いつの間にか、いそいそとそばに近寄って来ます。特に、duck4に慣れています。(ミルクちゃん!)この時は、皆と一緒にいましたが、結構、マイペースで1羽でいることもあります。そんなときは、独りきりになりたいのかな!?と思ってしまいます。(ミ [続きを読む]
  • 丸く見えるアドちゃん!
  • 休日の夕方。七北田川には、6羽の滞在組、リクちゃん、ツガイのオオハクチョウさんのカップル、子どものオオハクチョウさん。計10羽いました。そして、翌朝、同じところには、子どものオオハクチョウさんがいなくなり、計9羽になっていました。子どものオオハクチョウさんはどこに行ったのでしょうか?最近、行くと、話しかけてきてくれるチンさん。「ク!コォ!コォ!コォ!」と時々首を上下動かしたりと、duck4がいる間、鳴 [続きを読む]
  • 満開のサクラとふて寝するアドちゃん!?
  • サクラが満開になった仙台。七北田川にも10羽のハクチョウさんがいます。そのうち、6羽の滞在組とリクちゃんは、居残るでしょう。ただ、2羽のツガイのオオハクチョウさんと子どものオオハクチョウさんは、居残るのか、それとも一緒に渡っていくのか目が離せないでいるduck4です。(一緒にいる子どものオオハクチョウさん!)(チンさんと同じおかっぱちゃんとその夫婦!)話は変りますが、ハクチョウさんは泳ぎながら眠るのでし [続きを読む]
  • 満開のサクラと10羽のハクチョウさん!
  • 多くのハクチョウさんたちは、もうすでに北海道入りしているようです。例えば、浜頓別町のクッチャロ湖でも1000羽ほどが羽を休めていますし、日本最北端の稚内市にある大沼でも1000羽ほどが集まっているようです。そんな多くのハクチョウさんたちが雪どけが進んでいる中継地の北海道に集まっている中、サクラが満開になった七北田川にも10羽のハクチョウさんがいました。6羽の滞在組、オオハクチョウさんのカップル、1 [続きを読む]
  • 10羽のハクチョウさんになった七北田川
  • 「ク!ク!ク!ク!」と話しかけるリーダーの斑ちゃん。まるで、鳴いて、「こっちを見てよ!」とでも言っているようでもあります。クチバシに独特な黒い模様があるので、いつ見てもいかつく感じてしまいます。(斑ちゃん!)また半開きなので、どことなく目も鋭いのか、眠いのか!?どちらとも言えるような表情をしていました。(斑ちゃんのまなざし!)ところで、今朝。10羽のハクチョウさんたちがいる七北田川。そのうち子ども [続きを読む]
  • オオハクチョウさんとコハクチョウさんの子ども!
  • サクラが開花した仙台。そして、七北田川にもまだ12羽のハクチョウさんがいます。そのうち2羽は、オオハクとコハクの子どもです。そこには、6羽の滞在組。羽をけがしているリクちゃん。あのカップルのオオハクチョウさんもいます。この日は、前日に、たくさん雨が降り、今年に入って初めて川が増水していました。(滞在組のシンちゃん!)(ちょっと羽が土色に色しているアドちゃん!)(羽をけがしているオオハクチョウさんのリ [続きを読む]
  • ちょっとお疲れなのチンさんなのかな!
  • チンさん、最近お疲れモードなのでしょうか。見ていて、そんな感じを受けます。しかし、「ク!コォ!コォ!コォ!」と大きな声で鳴いていたので、duck4の思い過ごしだったら良いのですが。特に、チンさんも、duck4によく白鳥語で話しかけてくれる1羽なのです。(チンさん!)それから、あのナカヨシ夫婦のオオハクチョウさんもまだ残っています。どうやら、急ぐ旅ではないようです。ただ、北海道の中継地にはたくさん集まり始めて [続きを読む]
  • 滞在組、ツガイ、リクちゃん、4羽の子どもたちのいる七北田川!
  • 今朝は、アドちゃん、シンちゃん、2羽の飛来組の成鳥のツガイが、いつもの定点観測ポイントでduck4を待っていました。そして、新しいカメラでアドちゃんを撮影してみました。後で、見てみると、アドちゃんは細い仔なのですが、ふっくらして見えます。いつもと表情が違うので、ちょっと驚きです。でも、アドちゃんは、「ク!ク!」の優しく鳴きながら近づいて来てくれました。(アドちゃん!)こちらは、この1週間ほど見かける2 [続きを読む]
  • 今日も15羽のハクチョウさんたち!
  • 夕方、中洲に行ってみると、13羽のハクチョウさんたちがいました。うち、ティちゃん以外は、皆、オオハクチョウさんたちです。うち4羽は子どもたちでした。ちなみに、中州を占領して休んでいたのが6羽の滞在組でした。(中州周辺にいた13羽のハクチョウさんたち!)翌朝、行ってみると、たった1羽でいたコハクチョウさんの子ども。近づいていくと、離れて行ったので、そのあとを追うのを止めました。(1羽の子どものコハク [続きを読む]
  • 14羽のハクチョウさんとサクラ!
  • いつもの定点観測ポイントに行ってみると、最初、ティちゃんを除く5羽の滞在組のハクチョウさんたち。そして、もう1羽は子どものコハクチョウさんでした。(5羽の滞在組と1羽の子どものコハクチョウさん!)ところで、この子どものコハクチョウさんは、duck4のところには近づくことなく、たった独りでここから飛び去って行きました。もう1羽の子はどうしたのでしょうか。いませんでした。(飛び去る1羽のコハクチョウさん!) [続きを読む]
  • ハクチョウさんとサクラ!
  • 七北田川のいつもの定点観測ポイントでは、6羽の滞在組、オオハクチョウさんのリクちゃん、2羽の子どものコハクチョウさん、4羽の子どものオオハクチョウさんがいました。そのうち2羽のコハクチョウさんの子どもたちは、たぶん、餌場へと一緒に飛んで行きました。でも、4羽の子どもたちは、いつも給餌する地元の方を待っていました。今シーズンは、いつもとは違う展開になっているので、duck4もとても驚いています。(6羽の滞 [続きを読む]
  • 15羽のハクチョウさんたち!
  • 「おはよう!」「ク!ク!ク!」「アドだよ!」そんな様子で写真に写ってくれました。とろで、この日は、6羽滞在組と4羽の飛来組(うち3羽は子どもたち)がいつもの定点観測ポイントにいました。(アドちゃん!)そのうち2羽は、子どものコハクチョウさん。群れに置かれたのでしょうか。ケガをした仔も飛べるようになり、餌場まで出かけられるようになりましたが、今のところは居残っています。ずっと、見て来ましたが、まった [続きを読む]
  • ハクチョウさんの同級生!
  • まもなく仙台でもサクラが開花する頃になりました。しかし、七北田川には、まだ5羽の飛来組が残っていました。(滞在組と飛来組の子どもたち!)完全に親鳥とは離れて、子どもたちだけのハクチョウの学校のようです。5羽もいると、それぞれの個性もあり、同じ仲間を攻撃したり、いつも独りぼっちで離れたところにいる子などもいます。(2羽のオオハクチョウさんの子どもと奥にいるのがコハクチョウさんの子ども!)すると、5羽の [続きを読む]
  • 5羽の子どもたちが!
  • 滞在組の斑ちゃん、チンさん、シンさん、ミルクちゃんたちの中に混じって、4羽のオオハクチョウさんの子どもたちと1羽の子どものコハクチョウさんが、また残っていました。(滞在組に混じっているいる子どもたち!)ところで、手前にいるのが、オオハクチョウさんの子ども。奥にいるのがコハクチョウさんの子どもです。そして、子どものコハクチョウさんの方は、「フー!ウー!ウー!」と鳴いて、オオハクチョウさんの子どもたち [続きを読む]
  • 群れの通過を見て急に飛び立つ4羽の子どもたち!
  • 4月になっても、まだ4羽の子どものオオハクチョウさんたちは残っています。地元の方も、「成鳥がいれば、連れて行ってくれるのに!」と話していました。例年だと、サクラが開花する頃までは、飛来組のハクチョウさんが立ち寄るので、それに期待しているところであります。(4羽の子どもの飛来組と滞在組!)すると、対岸で休んでいたはずの4羽の子どもたちが、空を見上げるようにして、首を伸ばしました。その気配に気づいたduc [続きを読む]