kimmy さん プロフィール

  •  
kimmyさん: kimmyの百科事典
ハンドル名kimmy さん
ブログタイトルkimmyの百科事典
ブログURLhttp://kimmy85.exblog.jp/
サイト紹介文kimmyワールドをのぞいてごらん。面白旅行記・笑える日常ネタ・技術不足の銅版画だよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/11/03 01:09

kimmy さんのブログ記事

  • ちょんまげ金魚
  • 以前、個展やら手作り店で売った奇妙なモノたち。イカとクラゲは完売したけど「たこちん」はこんなに売れ残った。かわいそうな「たこちん」。タコには見えないということでリメイクしてみた。「ちょんまげ金魚」同じく以前大量に作ろうと思ったが挫折し自分用となった一点物のタコ足の武器入れ中に入れられないタ... [続きを読む]
  • 実験報告
  • このたびエキサイトブログの「プラチナブロガー」に選ばれました。そーゆーわけで初めてこのブログを覗かれる方のためにkimmyってこんな人、という出来事を。それは中学生の頃。親の目を盗んで3つの実験をしたダスよ。当時、クロールで折り返す「クイックターン」の取得に励んでいたのである。家でも練習できないかとこんなことを思... [続きを読む]
  • その100「デスロードの花と影」
  • わが家を出入りするときには必ず通らなければならないデスロード。市道である。シ道である。シの道である。そして こう命名。デスロードの両脇はわが家の敷地。そこに昨年末チューリップの球根を200個ちかく植えた。いいかげんな水遣りだったのにこのように咲いたダス!川の斜面に咲いていた山吹を... [続きを読む]
  • 狙われる男
  • 4月はinの誕生日。今年は特別な誕生日なのでプレゼントをどうしようかブラック・デザイナーと密談。アイスクリームが大好きだからそーいえばこんなことを言っていたのを思い出した。せいぜい3000円くらいの腕時計をそこから選びたいようであった。数時間後なにかを探し当てたらしきブラック・デザイナーが... [続きを読む]
  • プント大将出陣
  • 3月に生まれたジャンボ赤子プントくんの初節句が迫っていた。どんなものが、いかほどで売っているのか調査していたブラック、デザイナー。思った通りダースベイダーっぽい。現物を見ずして注文したこの兜は以前、テレビで「創作雛人形」の作家で取り上げられていた方の五月人形であった。雛人形も素敵だったが兜もか... [続きを読む]
  • チャーハン工作員
  • 昨年12月より、また2年半お世話になった教室は移転で遠くなったためやめたのダス。今の教室は流派が違うけど近いので通い始めたのよ。その練習の日。いつもは夕飯を食べてから練習に行っていたけど側転ばかりするので練習から帰って食事にしようと思っていたところだった。肉が嫌いな私だけどここの餃子だけは食べられるのよ。... [続きを読む]
  • 偽シンデレラ
  • ある日の朝。仕事に向かうブラック・デザイナーが合鍵を持っているので閉めさせていただいた。それからまもなくブラック・デザイナーからメールがありカギが入ったクツを履いた時点でわかりそうなものでしょ。仕事から帰宅したブラック・デザイナーに想像しただけでおかしいと言うとブラック・デザイナーの指摘どおりメールを見... [続きを読む]
  • 目ン玉ちゃん
  • わが家で飼っていた歴代の犬はみんなアウトローなそと犬であった。おかっぱ犬は始めての室内犬。そしてトリマーさんのお世話になる始めての犬。毛が伸びてくると元ソーリのあの人に似てくる。常にベリーショートの私にはこれはもう床屋でしょう状態。いつものお店にお願いし2時間半後にお迎えにいった。... [続きを読む]
  • イボ主
  • 大腸内視鏡検査中の痛みと前後の断食で即身仏になりかかったジイ。その検査前にお医者さんにお願いをしたそうだ。ポリープをとると大腸に傷が出来るためなのか数日、アルコールを控えなくてはならないそうだ。なんのための検査だ?!そしてジイはポリープをしっかりとられた。結果…その次の日にも…... [続きを読む]
  • 内視鏡を生きぬいて
  • 時を同じゅうしてこの二人が同じ病院で恒例の大腸内視鏡検査をした。前日からのinの食事スケジュール。夕食後、下剤を飲み始める。そして午後一番にGO!空腹に弱いinは検査後ふらふら。病院近くにマックがあったときは自覚がないままビッグマックを食べたらしい。今回はコンビにでなにやら買いこんだ。これも無意識... [続きを読む]
  • プントくん
  • 昨年末アイケドロールに私のデジカメで写真を撮ってもらったときポーポーのお下がりのデジカメ。いまどき、みんなスマホか一眼レフのいいカメラでこの手のはもう持たないみたいね。ブラック・デザイナーもポーポーもいいカメラを持っている。この二人がしているストラップは宮崎あおーいがカメラのCMでしていたものを... [続きを読む]
  • 格差飯
  • ブラック・デザイナーと出かけたときのこと。お昼時になった。私は肉、生魚が食べられないがそれ以外は文句を言わない。そう、このレストランに昔はエビフライとかピザがあった。だから何かしら逃げ場はあると思ったらすべてステーキとハンバーグになっていた。以前、ハオチンとしかたがなく入ったレストランもまったくメニューに... [続きを読む]
  • キューポラ
  • アルミどんが見ていたものの片隅にあるものを発見。それがこれ。アルミどんによると「鉄」がイメージって何者?そこで調べてみた。川口市は鋳物の町で有名で鉄を溶解する炉を「キューポラ」という。 それがモチーフになったゆるキャラが「きゅぽらん」なのである。それ以外に... [続きを読む]
  • 猫じゃらし状態
  • 先日ハオチン、inの3人で講演会を聞きに行ってきたダス。講演者は若いドクター。ドクターはプロジェクターの画面を赤いレーザーポインターで指し示して説明。ところがこのレーザーポインターなるものフットワークが軽く赤いポイントをずっと見ていると…酔ってしまいそう。これっておもしろ動画でよく見かける猫じゃらしを追う猫のような... [続きを読む]
  • わき腹を喰われて
  • 車庫の上にある物置。ジイ以外めったに入らない。ジイの家に入りきらないジイの背広が入った回転ハンガーやその他もろもろ。久しぶりにのぞいてみるとそこはネズミによる襲撃痕であり引き裂かれたものが散乱していた。ここには私のお雛様もある。数年前のブログで紹介したが私のひな祭りは2つのケース入り人形だけ。その1つがなぜか裸の歯... [続きを読む]
  • 不気味な歯
  • 先日、inと「沈黙」という映画を見に行ったとき近日公開の映画の看板があったのでなかに入り込んで写真を撮ってみた。ティム・バートンの映画。この白い双子が気になっていた。メキシコでいち早く見たポーポーもこの双子が気になって仕方がなかったそうだ。ということでハオチンと見に行った。ミス・ペレグリン役のエバ・グリーンは... [続きを読む]
  • 臭体離脱
  • ブラック・デザイナーが帰宅するなりこんなことを言った。主玄関が一緒のブラック・デザイナーとジイ。仕事から戻ったブラック・デザイナーが玄関を開けると…いつも臭いがこの日はいつもと違う臭さだった。だからジイの生存確認に来たわけ。こんなことになっていないか。安心したまえ。夕方、買い物から戻る途中でバス停に向かうジイを発見。でかいコートを着た姿はま... [続きを読む]
  • ジイの看板
  • 今年の年始にトラバッハを含む4人で初詣に行った帰りジイがこんなことを言った。ジイを巻き込んだオレサギ撲滅キャンペーンはまだ続いていたのである。その後、このことをすっかり忘れてしまった皆の衆。それから1ヶ月トラバッハが偶然にジイの看板を見かけ写真をipadに撮ってきた。以前のポスターはジイの写真であったが... [続きを読む]
  • 絵はがき4 没落貴族の旅
  • 私がふざけて呼んでいる没落貴族のブラック・デザイナー。そのブラック・デザイナーが美大生だった頃の写真を整理していて面白い写真があるというので見せてもらった。大学主催の「ヨーロッパ6カ国を巡る20日間の旅」に参加。貴族の国々に没落貴族が旅立ったのだった。面白いというのはフランスのベルサイユ宮殿の鏡の間の写真。シャンデリアがすばらしいはずの鏡の間。本来な... [続きを読む]
  • どこでもジイ (自由部門)
  • 昨年、「オレオレサギ撲滅」のための貢献をしてきたジイ。11月にはジイがモデルのポスターまで出来上がった。ブラック・デザイナーからすると許しがたい画質の悪さのポスターであった。11月のある日のこと。バスでうとうとしていた私は降りる停留場のアナウンスで目が覚めた。あわてて立ち上がると…ジイがいた。バスに貼られ... [続きを読む]
  • ジイと買い物 (自由部門)
  • ジイとinの3人でホームセンターへ買い物に行った。ジイはバイクに乗ってドラッグストアによく行くのに初めてきたかのような驚き。いつもは買うものしか見ていないんだろうね。するとジイがほしいものがあると言った。ボディソープのことを言っているようだ。ずいぶん洒落たことを言うな。誰に入れ知恵された?なにがいいかわからないのでと... [続きを読む]
  • 妄想的撃退 (自由部門)
  • わが家の始まりはこんな感じ。緑の部分が住まい。一階の3分の2は物置であった。お絵かき教室を始めることとなった時に物置部分を部屋にした。そして「鼻くそ事件」により一間分の増築。九龍城、はたまたウィンチェスター邸のように増築に次ぐ増築があこがれだったがわが家が建っている場所はこんな場所。そんなギ... [続きを読む]
  • 危険なコート (自由部門)
  • ダウンコート。私が絶対に着ないコート。暖かいのはわかっているけど今まで一度も着たことがない。なぜだろう?ブラック・デザイナーが服を買ってきた。ブラック・デザイナーが選ぶ服は変わったものが多い。それを見るのが楽しみ。おとんがやっていたら服を直してもらえない気の毒な人。これは普段着。そして、通勤用のコー... [続きを読む]
  • 留められない (自由部門)
  • 数日前のこと真夜中に目が覚めた。背中と腕の付け根の痛みで。背中がバリバリと痛むので横を向くと今度は自分の腕の重みで付け根が痛む。原因はこれだろう。三点倒立のまま側転する練習をしたから。そのときに首を支えた肩体重に耐えた腕の付け根にきたのであろう。そしてもう一つの原因にこれもあげられる。... [続きを読む]
  • チューボー窟 (自由部門)
  • 冬の澄み切った空の月を見ると思い出す。中学時代の剣道部の先輩のことを。なにから何まで良く出来たあこがれの常夏せんぱい。社会人になって「鎖鎌」をならっていると言っていたがあれから長い年月が過ぎ今はどうしているでしょう。同じ先輩でもこの二人は違った。腕もよくないし、すぐに怠ける。けれど奇妙な魅力があって好きだった。苗字に「月」がつくので... [続きを読む]