kimmy さん プロフィール

  •  
kimmyさん: kimmyの百科事典
ハンドル名kimmy さん
ブログタイトルkimmyの百科事典
ブログURLhttp://kimmy85.exblog.jp/
サイト紹介文kimmyワールドをのぞいてごらん。面白旅行記・笑える日常ネタ・技術不足の銅版画だよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2010/11/03 01:09

kimmy さんのブログ記事

  • 猫を背負って
  • 私は犬派である。猫を飼ったことがない。なのに私には猫がいる。そう背中に…自覚はないがれっきとした猫背らしい。ずいぶん前に口が悪いダダ秋田に、こう言われた。洋裁を仕事としていた今は亡き おかんが仕事柄か猫背であった。今は亡き職人だった おとんも仕事柄かけっこ... [続きを読む]
  • アルミどんの悪夢
  • アルミどんとジイの家は主玄関が共有である。その主玄関から入るジイの家の扉からは閉めていても悪臭がにじみでてアルミどんを悩ませる。ジイはちゃんとした会合に行くときにはスーツを着てアルミどんが言うところの「きれいなジイ」になる。が、普段はアルミどんが言うところの「汚いジイ」である。... [続きを読む]
  • 縮みゆくジイ
  • 私の周りには数人の間者がおりいろいろな情報が私の耳に入る。間者の一人、アルミどん。なにやら報告があるらしい。今回もジイネタ。ある日のことアルミどんのところにきれいなジイが追加のスピードくじ券をもってきたそうだ。アルミどんが言うところの「きれいなジイ」とはスーツを着ているジイのこと... [続きを読む]
  • 獅子座三連発2017
  • わが家の女子は全員、獅子座。 獅子座三人衆である。獅子座にはいるとまず最初にメキシコ在住のポーポーが誕生日を迎える。誕生日のころに日本にいることがないのでいつも誕生日カードを送る。シアトルに留学していたときからずーーと。では、その誕生日カードの一部をご披露いたそう。全部じゃないのはシアトル時代のものは紛失して... [続きを読む]
  • 千葉の旅9「最終話」
  • 親戚のスツーコさんとはお初の同室である。なので寝方の名乗りをあげた。こんな広い部屋で2人きり。スツーコさんのトイレにはまったく気づかず千葉の夜は更けていった。翌朝の朝食は飲みすぎのブラック・デザイナーのことを考え8時という遅い朝食で予約した。アルミどんが起こしにきたので3人で朝温泉へ。... [続きを読む]
  • 千葉の旅7「紙パンツでエステ」
  • ホテルに着いたら私たち女子組にはエステが待っていたのでその前にあわてて温泉に入りー2時間コースのホテル内のエステへ。エステはカンボジア旅行のとき以来である。前後がマジックテープの施術着に着替える。そして中は紙パンツをはくのであった。ブルマみたいなのだわーー。この旅行の数日前まで風邪をひ... [続きを読む]
  • 千葉の旅6「闇に響く泣き声」
  • ホテルのチェックインまで少し時間があったのでこの日の最後の観光へ。全長1.6キロある地下壕。そのうち見学できるのは250メートル。戦争遺跡なんだけど、資料が残っていないのでよくわからない地下壕なんですと。見学には受付で入場料を払い貸し出し懐中電灯とヘルメットをかぶる。それでは出発!大福寺の崖観音堂と同じく... [続きを読む]
  • 千葉の旅5「崖の大福」
  • 昼飯後、向かったのはここー!タイトル「崖の大福」からこんなの想像してなかった?いえいえ目指したのは大福寺の崖観音堂。さあ、上りましょうと思ったら。以前、来たことがあるというのでジイは下でビワ法ジイ。それでは「少年王御一行」改め「カメラ小僧御一行」が上ります。... [続きを読む]
  • 千葉の旅4「ビワ法ジイ」
  • お昼は道の駅で。ホテルでの夕飯が豪勢という事でみんな軽く冷やし中華とした。女子はこの量でもよかったのだが男子たちは、この軽い昼食があとでアダとなった。昼食後、このあたりの農産物を扱っているお店でビワを買った。9個で500円は安い!ビワはこのあたりの名物なのである。みなさま、それぞれの食べ方があり... [続きを読む]
  • 千葉の旅3「残念な記憶力」
  • 昼飯の場所を探してさらに南下。途中、こんな温泉施設がありinが聞いてきた。「南総里見八犬伝」はちょっとだけ知っている。こんな感じで…。姫様を守る8人の武将がいてーーたしかー、みんな名前に犬の字がついていたみたいでーーなぜかこんな人物が浮かぶのよねーー。正解は「犬飼現八」と「犬塚信乃」。どーしてこう... [続きを読む]
  • 千葉の旅2「少年王御一行」
  • 千葉を南下し鋸山へ。山中には日本寺というお寺がありこんなに見所がある。しかしこれらを全部見ようと思ったら大変なことでわが御一行には畑以外の道に弱い86歳のジイおなかがすくと、とたんに元気がなくなるアルミどん少年王ツタンカーメンのような日よけの被り物をしたプント君を抱くブラック・デザイナー。どこからともなく現れ、日傘を差し出すスツーコさん。こ... [続きを読む]
  • 千葉の旅1「妄想開始」
  • ブラック・デザイナーの関係で取れた千葉内房のホテル。いつものメンバーに今回初登場の親戚「スツーコさん」を加え車2台で出発。まず向かったのは以前ブラック・デザイナーが行ったことがある場所で私も行きたいと思っていたところ。それが富津岬の先端にあるこれ。五葉松をかたどった展望台。すごいんだけど思っていたのよりずいぶんきれいな気がする。もっとおどろお... [続きを読む]
  • 毎月の北海道旅行?
  • ジイの台所の壁にはこんなホワイトボードの予定表が掛けられている。毎日、予定がいっぱいのジイ。赤字の予定に注目してもらおう。inの北海道旅行である。友人数人との北海道旅行。が、それは先月6月のこと。今は7月。ジイの予定表も7月。なぜ6月のin... [続きを読む]
  • 虫の名は
  • 先日、スペイン語のヘンチーナ先生にほめられた話。ヘンチーナ先生は日本人男性と結婚していてお姑さんと同居していた。昨年、そのお姑さんが亡くなりずいぶん昔に亡くなったお祖母さんの分と一緒に遺品整理をしたそうだ。遺品買取業者が来て査定。義母のものはそんなに古くないので買い取ってもらえなかったがお祖母さん... [続きを読む]
  • できる気がしない
  • 左の腰から臀部、太ももが痛い。こんなふうに。原因はおそらくカポエィラの練習でやった三点倒立。首や肩じゃなく腰?そんな腰痛をかかえて中国武術の練習へ。先生はこんな人。この日、パンパカパン先生は生徒にせがまれ、バク転をひろう。それを見た小学生生徒たちは... [続きを読む]
  • メジェド400
  • アジサイが咲き乱れるマチュピチュの花壇には以前、こんな邪魔者がいた。えび茶400である。昨年、これが破裂し撤去となった。そのときのことはここを見てねそれがこんなコンパクトになりいまではカラーの葉っぱがおいしげりこの装置は隠れアジサイがこんなにすっきりと見えるようになった。この装置なぜ必... [続きを読む]
  • 空中浮遊
  • 下品だけど、ためになるアニメ「シンプソンズ」。その中で主人公ホーマーがハンモックでココナッツカップのビールを飲むシーンがある。ブラック・デザイナーはそれをまねしたくて2011年のカンボジア旅行の際にハンモックを買った。1つ250円のハンモックを物置に吊るしポーポーと一緒に念願がかなったのは6年前のこと。... [続きを読む]
  • 悲しいくじ引き2017
  • 今年も「のーきょー」のくじ引きがやってきました。今回のくじ引き回数は映画「ユージュアルサスペクツ」風にお知らせいたす。昨年2016年がどーだったかはここを見てね。さて先陣を切ったのはジイ。すぐに私に報告。昨年は3500円で4人中の2位。さて今年の結果は…じゃーーん!... [続きを読む]
  • お姫様だっこ
  • inはテレビで紹介されると行きたくなる人。浮世絵に興味があるとは思えないが行ってみた。やはり…大好きな顔出しパネルが置いてあったけどこの「河童」顔を出す意味がないような??でも顔を突っ込んでみた。ミュージアムショップで何か買いたかったのだけどーーービビッと... [続きを読む]
  • 天空のトラクター
  • 今年87歳になる、ちっこいジイ。いつもブログで訴えているが畑仕事をするジイはいつも汚れている。ジイは後期高齢者なのに何台もの乗り物を乗りこなす。紹介しようまずはシートに背中をつけたくない足元に鎌や包丁が転がっている貼らなくてもいいのにロージンマークを貼って走る6年前に死んだそと犬く... [続きを読む]
  • ジイの黒マル
  • ジイは畑に苗を植え付ける際に畑のうねにプラスティックフィルムのマルチシートを敷く。これは雑草対策、保湿などらしい。苗を植えつけるための穴があいたものもあるが割高らしい。ジイは円くカッターでくりぬいて穴を作る。ジイは野菜作り万年一年生。昨年の失敗をまた繰り返し今年も穴の間隔が狭い。密集しすぎて犠牲... [続きを読む]
  • どっきりペン?
  • 86歳ジイが掛けていた保険が満期を迎えそれを今後どうするかで保険の担当者がやってきた。ジイは高齢のため家族の立会いが必要とかで私が立ち会った。サインが必要とかでーペンを差し出されーサインをするジイ。すると、もう一人の保険担当者のタブレットにジイのサインが映し出された。どーしてそうなるの... [続きを読む]
  • ピョートル
  • 1ヶ月ほど前から庭でこんな鳴き声がするようになった。タヌキである。毎年ではないがわが庭にはタヌキが出没する。今年のタヌキはよく鳴く。そこで、このタヌキを「ピョートル」と命名。私が作った小道にピョートルがいたのでベランダから鳴きマネしてみるとちゃんと返してくる。ピョートルは... [続きを読む]