克太タツミ さん プロフィール

  •  
克太タツミさん: ロプノールのメダカ
ハンドル名克太タツミ さん
ブログタイトルロプノールのメダカ
ブログURLhttp://katutadan.blog89.fc2.com/
サイト紹介文長編オリジナル小説(SF、ファンタジー)がメイン。ラノベでは少し物足りない人へ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2010/11/04 01:35

克太タツミ さんのブログ記事

  • これこれ
  • 『逢魔のキロク』を書いていた時にはずいぶんお世話になりました。動画序盤にある(横向きのビル)ステージを体験したいがために、押し入れからXbox引っ張り出してプレイしたものです。ファントムダストHDプレイ動画リメイク版ポシャったのは残念だけど、上の動画見て安心している自分もいたりして・・・一番影響を受けたのは物語や空気なので、正直元を綺麗にするだけで十分というのはあります。(ちょっと不安にさせるトレイラー [続きを読む]
  • 記念に
  • やはり貼り付けておこうニコ動のコメントにもあったけど、日本の少女がアメリカ人に「ギブミーチョコレート」言わせてるのはちょっとジワジワきますね。いやそれにしても凄い・・・ [続きを読む]
  • 庭先で楔を打たれている感じ?
  • 今回はシナリオ2「油田水域 Oil Field Waters」。東シナ海におけるガス田開発を巡る日中の衝突を描いたシナリオです。最近あまりニュースに上らなくなってはいるものの、軍事施設化によるより深刻な脅威が懸念されていることも忘れてはいけません。さて、両政府は互いに本格的な戦争は望んでいない云々となっていますが、シナリオ1に比べると先制攻撃のペナルティが少なく、中国に至っては全くありません。表向きの言葉とは裏腹 [続きを読む]
  • 島嶼防衛の難しさよ
  • せっかく『アジアンフリート』のルール覚えたので、他のシナリオもやってみようかなと。シナリオ1の『Sink the Dokto』。韓国が自国の政情不安から目をそらすため、竹島に軍事施設を設営しようとするシナリオ。このシナリオの面白いところは、日韓どちらかが先制攻撃を宣言しない限り戦闘を行えず、宣言した側には30VP分の大きなペナルティがあるということです。(つまり戦闘が発生しないままゲーム終了という可能性もあるわけで [続きを読む]
  • 48h以内に北のミサイル基地を破壊せよ!
  • コマンド・ザ・ベストの『アジアンフリート』をソロプレイしてみました。東アジアで起こり得る様々な危機をシミュレートできるゲームなのですが、今回僕がプレイしたシナリオですべきことは表題の通り。こんなご時世なのでやってみようと思ったわけです。とはいえ僕が持っているのは2007年に出た無印のみなので、当時との兵器や情勢の違いを味わいながらのプレイとなりました。(その後の追加ルールや変更などもない状態でのプレイ [続きを読む]
  • アンダークラウドのエンディング曲イメージ
  • 今さらだけど、小説『アンダークラウド』でエンディング曲としてイメージしていたのがこの曲です。スピッツ/小さな生き物公式にあるのでちゃんと貼れるのが嬉しいですね。全体のテーマ曲としてイメージしている同じくスピッツの『ガーベラ』はとてもメロウな曲調なのですが、紆余曲折を経て――というかそれがあったからこそここに居るという、非常に成熟した希望の歌でもありました。そのアンサーとして、この『小さな生き物』が [続きを読む]
  • 『KISS IN THE DARK』に関するお知らせ
  • これまで『KISS IN THE DARK』はオリジナルのものと、追加エピソードや文章を加えた『KISSING IN THE DARK』の2本が公開されていましたが、『KISSING IN THE DARK』のみを公開とし、オリジナルは外すことにしました。それに伴いタイトル表記を『キス・イン・ザ・ダーク』に変更します。また続編の『KISS IN THE DARK 2』についても(現在未公開)、一部文章に修正を加えた後、『キス・イン・ザ・ダーク 2』として再公開する予定です。 [続きを読む]
  • アンダークラウド エピローグ2
  • 今さらという感じになりますが、アンダークラウドにエピローグをもう一つ追加することにしました。この世界の未来への影響を考えるに於いて、やはり想起人――アナムネシアンのその後の行動は書いておくべきだと思ったからです。ウォード達は最終的に天を目指すのことになると思いますが、それとは対照的な存在として、彼らの成否に大きな影響を及ぼすことになるのではないかと思います。       ・       ・     [続きを読む]
  • 修正とブログ上での反映
  • 『アンダークラウド』の手直しを行っていますが、終盤のキスシーンはいらないという結論に達し、取ることにしました。ただ今回の直しはほとんどブログ上には反映させていないので、たぶんしばらくは残ったままになると思います。また当初は今と全く違うエピローグで作品は締められていました。そちらの方がより過去の謎に対するヒントが込められていたのですが、負の印象が強すぎるということで今のエピローグに書き直した経緯があ [続きを読む]
  • 粛々と
  • 現在『アンダークラウド』の手直しを行っています。ブログ上では明らかにおかしな箇所のみの修正となりますが、ご了承下さい。そんなわけで、次の小説に取りかかるまでにはもうしばらく時間をいただくことになります。まだ漠然と浮かんでいる程度ですが、もしうまくまとめられるようなら次は続編になります。ただし単体で成立する構成にできそうもなければ、全く別の新作を書くことになると思います。先行きが不透明なので、まだ書 [続きを読む]