『お赤飯』 さん プロフィール

  •  
『お赤飯』さん: 『お赤飯』の広島機関区
ハンドル名『お赤飯』 さん
ブログタイトル『お赤飯』の広島機関区
ブログURLhttp://ameblo.jp/jrf-ef200/
サイト紹介文広島から鉄道の話題を中心にクルマ・地元情報などをレポートします。機関車ネタ炸裂中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供320回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2010/11/04 11:09

『お赤飯』 さんのブログ記事

  • 【機関車】広島機関区を出入りするEF210
  • 【お赤飯】です! 本線を疾走する列車もいいですが、機関区内をゆっくり移動する電気機関車もイイ感じ。 天神川駅ホームから見えるいつもの光景です。 (129号機&153号機が停車しています) (連結しています) (130号機も停車中) (そこへ309号機が帰ってきました) (所定の停車位置に向かいます) (ここで赤旗が振られて停車しました) (ちゃんと手歯止めが置かれます [続きを読む]
  • 仕事で行った岡山駅にて・・・
  • 【お赤飯】です! 山口出張の次は岡山出張です。 岡山駅直前にある岡山機関区を新幹線から見下ろすのはお約束。 EF210に紛れて、広島では見られないEF64やEF65が並んでいました。 そして岡山駅に降り立つと目の前の車両にテンションが上がります。 山陰に向かう特急やくもや四国へ向かう快速マリンライナー。 しかし目的地は隣駅の西川原駅の近く。 渋々、乗りなれた115 [続きを読む]
  • 【貨物】ベテランとヤングの桃太郎ペア
  • (広島方向。ここから上り坂が始まる) 【お赤飯】です! 厳しい上り勾配の瀬野八区間。 そこにつながる上り勾配はこの場所から始まります。 中野東駅の手前のストレートから左カーブ付近です。 本務機EF210-2と補機EF210-306の組み合わせで貨物列車が走り抜けました。 1998年生まれと2015年生まれなので、年の差は17年もあります。 (上り貨物列車が来ました) [続きを読む]
  • 【機関車】にぎやかな広島車両所
  • (7番・8番・9番線に3形式) 【お赤飯】です! 広島車両所には豪華な4つの形式が共演していました。 整備場にはEF200-2、EF210-105、EF510-15が入庫中。 屋外ヤードにはEF66-24&EF66-52が長期放置中。 ここでEF200とEF510は久しぶりに見ます。 (今やEF200の最若番機、2号機) (EF210 105号機は少々くたびれぎみ) (富山からの来客はEF510 15号機。全般検査中) (頭上のパ [続きを読む]
  • 【機関車】HD300-23の活躍風景
  • 【お赤飯】です! またまた大竹駅の続きです。 EF66 131号機が牽いてきた貨物列車を荷役線まで運びます。 ここの貨物駅は旅客ホームを中心に山側と海側の2ヶ所に分かれています。 ちょっと複雑な構造を持つ貨物駅です。 列車後半部分を海側に入れた後、残りを山側へ運びます。 (右側手前から左奥に列車を運びます) (EF66-131の脇を行くHD300-23) (列車パワフルに押し [続きを読む]
  • 【機関車】大竹駅のEF66 131号機
  • (駅に戻ってきました) 【お赤飯】です! 大竹駅で仕事を終えたEF66 131号機。 しばらくパンタグラフを上げていましたが、近くまで行ってみると電源OFF状態に・・・。 駅ホームから車両観察するのにちょうどいい感じです。 (ここにはJR貨物の駅長事務室もあります) (郷水第2踏切から見るとパンタは上がっていた) (改札を入るとパンタグラフは下がっていました) (跨 [続きを読む]
  • 【貨物】HD300-23の入換作業
  • (131号機は列車を23号機に引き継ぎ、退避する) 【お赤飯】です! 終着の大竹駅に到着し、そのまま列車入換作業を行ったEF66 131号機。 貨物待避線に列車を入れて業務完了しました。 ここからは常駐しているハイブリッド機関車HD300が引き継ぎます。 静かでクリーン、そしてパワフル・・・。 広島県と山口県の県境に位置する大竹駅で23号機が躍動します。 (始動して動き [続きを読む]
  • 【貨物】EF66-131、入換完了
  • (列車をバックさせる131号機) 【お赤飯】です! (昨日からの続きです) 大竹駅に到着したEF66 131号機。 列車をバックさせ、待避線に入線させて作業は終了。 131号機は列車から切り離されて休憩に入りました。 (列車を所定の位置に停車させます) (この後の作業を引き継ぐHD300-23と並ぶ) (131号機は列車から切り離されました) (ゆっくりと前進します) [続きを読む]
  • 【貨物】EF66-131、大竹駅に到着
  • 【お赤飯】です! 大竹駅構内にある郷水第2踏切です。 ここから貨物列車の入換をじっくり見てみました。 踏切上を貨物列車が行ったり来たり、停車したり・・・。 貨物荷役線の位置的に長時間の踏切遮断は日常茶飯事の場所です。 EF66 131号機の下り貨物列車が到着し、そのまま入換作業に入りました。 (大竹駅の西側にある郷水第2踏切) (2番線に停車している上り貨物列車が [続きを読む]
  • 【機関車】下関にいたEF66 27号機
  • 【お赤飯】です! 幡生機関区にいた人気者、EF66 27号機。 後輩122号機と並んで日向ぼっこ。 せっかくなんで観察してみました。 ついでに122号機や検査後でピカピカだった頃と比較してみました。 (道路から見えた27号機) (122号機やEF200、EF210に囲まれて日向ぼっこ) (時々、故障が発生しているのが心配な大ベテラン) (2015年の全検時。美しかった・・・)&n [続きを読む]
  • 【貨物】EF210 16号機の勾配下り
  • (最後の4本目を待つ) 【お赤飯】です! 予告どおり、同じ地点の下り桃太郎EF210の貨物列車は4日連続。 また130番代かなー、と思いきや。 岡山の初期型、18号機でした。 小型の桃ロゴや下枠交差式パンタグラフ搭載で硬派なベテラン桃太郎。 前の3本とは違ってテンションが上がりました。 (来た。この時点でテンションが上がる) (16号機。パンタグラフの存在感は大事で [続きを読む]
  • 【貨物】EF210 130号機の勾配下り
  • (3本目を待つ・・・) 【お赤飯】です! さあ、3日連続の同じようなブログ記事ですがご了承ください・・・。 ちょうど4本連続で下り列車が来る時間なんです。 EF210 131号機、135号機と続いて3本目は・・・、130号機。 まったく変化の無い130番代ばっかりの3日間のブログ記事。 こんなことになって、マジでごめんなさい。 (あー、また桃太郎かー) (え 130 [続きを読む]
  • 【貨物】EF210 135号機の勾配下り
  • (なかなかのカーブです) 【お赤飯】です! 昨日のブログとまったく同じような記事ですが・・・。 131号機に続き、135号機が下ってきました。 こちらの列車はゆっくりと走行しながら通過しましたよ。 前走の旅客列車に追いつくのを防いでいるようです。 (このカーブの先には「中野東駅」があります) (下り貨物列車が来ました) (じつは・・・、ゆっくりと走行しています)&nbs [続きを読む]
  • 【貨物】EF210 131号機の勾配下り
  • 【お赤飯】です! 八本松駅〜瀬野駅間の急勾配を下り、約3キロの地点。 中野東駅〜安芸中野駅間にある「権現第6踏切」です。 実際にはここまで下り勾配が続いていて、この先は平坦な行程になります。 EF210 131号機が豪快に下っていきました。 (歩行者用の小さな踏切です) (背後の川にはカモがスイーッと・・・) (瀬野駅方向。このカーブまで勾配が続いています) [続きを読む]
  • 【機関車】朝霧のなかのEF210-301
  • 【お赤飯】です! 西方専門のEF210こと、300番代は関西〜下関間の運用・・・。 さらに四国への乗り入れと広島に滞在して瀬野八補機としての重要な役割。 301〜309号機、精鋭9両の活躍は今年も注目です。 朝霧のなか、補機運用から広島に戻ってきたのは301号機でした。 (朝の広島貨物ターミナルに戻ってきた) (かつては試験機でもあった301号機でした) (凛々し [続きを読む]